CoCoSiA(ココシア)

行動力がある人の15個の特徴


今回のテーマは「行動力」についてです。

どんなにたくさんのことを考えても、それらを具現化しなければ、全ては机上の空論で終わってしまいます。

そして考えるだけならば誰でもできます。

どんなに明晰な頭脳、偉大な思想でも、行動し形にしなければ結局はただ考えているだけです。

歴史上偉大な功績を残した偉人達は、誰もが並外れた行動力を持っていて、自分の名前を後世に残しました。

行動するかしないかで、人生は変わります。

今回はその行動力の秘密に迫りたいと思います!

行動力がある人の15個の特徴

それでは、巷にいる「行動力がある人」とはどういった具体的な特徴を持っているのでしょうか?

彼らはかなり共通した特徴を持っています。

それらの特徴は、見てすぐに分かります。

下に挙げた15個の特徴は行動力があると言われている人は、ほとんど持っているはずです。

1.責任感が強い

行動力がある人全般に言える特徴が非常に強い責任感です。

その責任感が、考えていることを形にしようと素早い決断をさせるようです。

というのも彼らはその場の改善に繋がるイメージを常に持っているからです。

常に頭を回転させてベターな道を模索し、行動し、それを具現化していきます。

それが周囲にも伝わると、頼られるようになり、後々は責任あるポジションに就くことになるでしょう。

責任感があり行動に移せる人が出世していくというのが、まさにこれを表していますね。

2.時間の使い方が上手い

行動する為にはもちろん時間が必要なので、彼らはイメージを持った瞬間、そのイメージを具現化するのにかかる時間も同時に計算します。

それに沿って、行動するので、当然時間の使い方が効率的になります。

同じ仕事をしているのに、短時間で結果を出せる人は、実践している最中にすでにゴールが見えているのですね。

3.やるべきことが分かっている

行動に移す時に持つイメージには、始まりと終わりも含まれています。

つまり、行動し始める瞬間と、行動した結果ですね。

その二つの点を最短で結ぶ線も当然イメージしています。

頭の中でやるべきことを箇条書きにして、計算して並べ、最短ルートを駆け抜けていくでしょう。

4.理解力がある

行動する前に脳内できちんと「咀嚼」しているからですね。

必要なことはすでに脳内でかみ砕いているので、自信を持って行動できます。

その場を理解していないと、自分の行動に支障が出る恐れがあります。

行動力を持っている人は、それら障害をとにかく嫌うので、予め理解し、どんな状況でも行動できるという「自分」を作り上げることもまた、彼らにとってはごく自然なことのようです。

5.問題解決能力が高い

これもまた行動する為に必要なことを事前にイメージしているからです。

彼らにとって一番のストレスは行動できなくなることです。

それを回避する為に、問題が起きた時の対処法も事前に考えています。

予期していれば、当然解決も迅速になります。

6.無駄なものを省くのが上手い

上手いというよりは、行動する前にすでにある程度排除しているといった方がよいでしょう。

最短ルートによって行動する為には、無駄もまた障害です。

それは時間と労力の浪費でしかありません。

行動というのは、非常に頭も体もエネルギーを消費するので、彼らは行動の燃費をよくするよう常に努めています。

7.人のためにという気持ちが強い

きっと行動におけるプロセスでは「その場の改善」を重要視しています。

その場の改善とは結果「そこにいる人達の為」とも言えます。

例えば、仕事量が多すぎる場合、彼らは効率的に仕事を行う為の算段をします。

それによって、上手く仕事が周りに分配されれば、時間内に仕事を終えることも可能、かつ一人一人にかかる負担も軽くなります。