「寂しい・・・」そんな風に感じた夜を過ごしたことはありますか?
たぶん、大多数の人がそのような経験を持っていることでしょう。

人はやはり人とのつながりや関わりを必要としています。

そのような人とのふれあいがあることによって、心が満たされたり、毎日が楽しくなったりするものです。

でも、そのようなものが足りないと、もしかしたら孤独や寂しさを感じて、どうしたらいいかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

寂しさを感じる度合いやタイミングというのは、人それぞれですが、特に寂しがり屋の人はどんな特徴を持っているのでしょうか?
さらに、どうしたらその「寂しい」という消極的な感情と戦って、その瞬間をもっと自分にとってプラスにすることができるでしょうか??

寂しい気持ちをコントロールする力は大切

きっと誰でも一度は「寂しい」と感じたことがあるのではないでしょうか?
一人ぼっちの夜とか、せっかくの休みの日なのに誰も連絡できる友だちがいなかったり、恋人と別れたばかりだったり、引っ越しをして知り合いがいない土地に来たばかりの時など・・・人には人生の中でいろいろな時があるので、その中で寂しさや孤独というものを感じるときはあります。

「寂しい・・・」という気持ちは人を不安にさせたり、どんどんと消極的な考え方をさせます。

それで、寂しいと思う気持ちをコントロールして、その瞬間や場面を自分にとってもっとプラスに変える方法を知っていると楽になるかもしれません。

寂しいという気持ちに飲み込まれるだけだと、人生は暗く思えるかもしれませんが、寂しいと思った時こそ、もっと自分の可能性を広げたりもっと充実した毎日を送るためのよいチャンスにすることができたらいいですよね。

もしあなたがとても寂しんぼうで、孤独感と戦っているのなら、その孤独を自分の味方につける方法をぜひ見つけてくださいね!

寂しくなることは悪いこと?


「寂しい」という感情って、マイナスの感情と思うかもしれません。

確かに、寂しいと感じている時って悲しくなったり、不安になったりします。

それに、どうにかしてその状況を早く和らげたい、と思いますよね。

でも、寂しさを感じることって必ずしも悪いことだけでもありません。

その時にこそ、自分を見つめたり、自分の世界や可能性を広げる機会になるのです。

自分を見つめ直せる大切な時間

寂しいと感じる時は、きっと一人でいる時が多いでしょう。

さらに、何か大切な存在を失ったり、さらに自分の心の居場所というものを見つけられなかったりする場合があります。

そんな時には、自分のことをゆっくり見つめなおす良い時となります。

もし、今までは恋人がいて満たされていた時には何も考えずとも毎日を過ごしていて、すべてが当たり前だったかもしれません。