友達同士の話やSNSなどで、「昨日ネサフしてさ~」と当たり前に耳にするようになったネットサーフィンという言葉。

ネットの海をサーフィンするように私たちは日々さまざまな情報を目にしています。

しかし、ネットサーフィンにも賢いやり方があるってご存知でしたか?

どうせネットサーフィンをするならば、誰しも無駄な時間を短縮して賢くやりたいと思うものです。

そこで、無駄なく賢くネットサーフィンをする8個の方法をご紹介していきます!

ネットサーフィンを賢くするための方法

インターネットが普及するようになってから、移動中や空いた時間など、暇さえあればついネットサーフィンをしてしまう、という人が格段に増えました。

インターネット上にはさまざまな情報が溢れているため、自分の気になる情報からどうでもいい情報まで、ダラダラといつまでも見続けることが出来て、時間潰しには正に最適な手段と言えるでしょう。

特に時間の制限もなく、ただの暇潰し程度であれば意識してネットサーフィンを行う必要などはありません。

しかし、もしも時間に限りがある場合には、出来るだけ短時間で効率よく欲しい情報を集めたいですよね。

そんな時には、どんな方法でネットサーフィンをすれば良いのでしょうか?

賢く欲しい情報を手に入れるための方法を以下にご紹介していきます。

検索エンジンをダウンロード


検索エンジンとは、キーワードを入力することによって関連するWebサイトを探し出して表示してくれるシステムのことです。

私たちが日頃当たり前のように検索欄にキーワードを打ち込んで、見たい情報の載っているWebサイトを見つけることが出来るのも、すべてこの検索エンジンがあるおかげです。

もしも検索エンジンがなければ、膨大な量のWebサイトの中から自分が見たい情報を得ることは至難の業になるでしょう。

賢くネットサーフィンをしたい人は、大前提としてまずはこの検索エンジンを利用しましょう。

パソコンであれば、インターネットにさえ繋がっていれば大抵はパソコン本体に検索エンジンが入っていますので、わざわざダウンロードする必要はありません。

また、スマートフォンから見たい時にも、最近のスマホはほとんどインターネットが繋がっていれば検索エンジンを見ることが出来ます。

とはいえ、その検索エンジン専用のWebサイトもありますので、どうせならばパソコン本体やスマホに専用の検索エンジンをダウンロードして利用すれば、より便利に使うことが出来ます。

スマホで利用する場合にはアプリとしてダウンロードする形になります。

Google

Googleはインターネットの検索エンジンの代表的な大手の一つです。

1998年に設立されてから、現在に至るまで世界中に膨大な利用者を誇っています。

検索エンジンで自分が調べたいキーワードを入力して検索ボタンを押すと、瞬時にロボットと呼ばれるソフトウェアが世界中のwebサイトを巡回して、キーワードに関係するホームページのデータを集めてくれます。

そして、集められたデータを基に独自の計算を行って、検索結果の順序を決定します。

その結果、頻繁に検索に引っかかるWebサイトは検索結果のページの上部に現れるため、情報を集めたい人にとってはとても便利に調べることが出来ます。

設立当初はパソコン上から情報を収集するための機能としてのみ用いられていましたが、現在では検索エンジンとしてのみでなく、携帯電話やOSなど、さまざまな分野にも進出しています。

Yahoo

Yahooは1995年にアメリカで設立された、インターネット最大の情報サービスです。

インターネット内の情報を検索する無料サービスをスタートさせ、それを目的に集まってきた人たちに対して広告を見せるというビジネスモデルで成長を遂げ、現在に至ります。

現在では純粋な検索エンジンとしての機能の他にも、株価や地域の情報、またショッピングやオークションなどのサービスも提供しており、今や広告に依存しないサービスでも成功を収めています。

また、ユーザーが自分でトップページをカスタマイズ出来たり、フリーメールのサービスが利用出来たりなど、ポータルサイトとしての利便性もあります。

Yahooの日本語バージョンである「Yahoo!JAPAN」は、私たちが日頃最も目にする機会の多い検索エンジンでしょう。

【検索エンジンについては、こちらの記事もチェック!】

入手した情報はメモする


折角調べて入手した情報は、忘れないように必ずメモに残しておきましょう。

一々紙に書くのが面倒だと言う人は、パソコンやスマホのメモ帳にメモしておいても良いですし、調べた内容を印刷しておくのも良いでしょう。

しかし、紙にメモする際にはメモした用紙を失くさないようにきちんと管理しておきましょう。

一方でデジタルとしてメモを残しておく場合には、万一パソコンやスマホの調子が悪くなってデータが紛失してしまう恐れもありますので、バックアップを取っておくと良いでしょう。

関連するリンクに飛ぶ

検索エンジンでキーワードを入力すると、大量に検索結果が表示されます。

それを一つひとつ、Webサイトを見てはまた検索結果のページに戻り、次のWebサイトを見ていくというやり方も出来ますが、表示される検索結果の中には、自分が調べたいものと無関係のwebサイトが混じっていることも珍しくはありません。

そのため、自分が調べたいものだけを見ていきたいという人は、まず自分にとって有益となるWebサイトを見つけましょう。

そして、一つでも自分が求めている内容のWebサイトを見つけたら、今度はそこから関連するリンクへと飛びましょう。

ブログや広告サイト、動画サイトや趣味の創作サイトまで、どのWebサイトでも大抵は自分のwebサイトと、そのWebサイトがおすすめしている他のwebサイトに関するリンクが紹介されています。

例えば漁業に関するWebサイトであれば、関連する他の漁業のwebサイトのリンクが張られていますので、そこから次のWebサイトへと飛びましょう。

中には自分が見ているWebサイトとは全く畑違いの分野のWebサイトへのリンクが張られていることもありますが、大抵は関連しているWebサイトへのリンクですので、WebサイトからWebサイトへとリンクで飛んで情報を集めていくのも有効な手段です。

異なる分野の情報にも触れる

調べたいことがあったら、それに関連することばかりを調べるのは当たり前のことですよね。

しかし、同じような内容ばかりを調べていると、その内にあらかたの情報を調べ尽くしてしまって、後は同じような内容のものばかりが出てくるため、新しい情報を入手することが難しくなってきます。

それでも検索キーワードを変えてまた調べることは出来ますが、もしも調べたい内容の情報量がインターネット内で少ない場合には、検索するのにも限界が出てきてしまいます。

そのような場合には、敢えて自分が本来調べたいものとは異なる分野の情報にも触れておくと良いでしょう。

一見関係のない内容に思えても、意外なところから本来調べたいことと関連性が見つかるかもしれません。

また、どんな情報でも常に対象となるものだけでなく、それに相対するものや付近の情報にも目を光らせておくことで、欲しい情報を正確に入手することが出来ます。

そのため、自分が調べたいものがある時には、その内容だけでなく、それに近しい内容や異なる分野についても触れておくと良いでしょう。

SNSで情報発信する

インターネットで自分が調べた情報をSNSで発信することで、同じような情報を求めている人たちで共有することが出来ます。

また、例えば自分が欲しい情報について、自分よりも詳しく知っている人がSNSを見て情報を教えてくれることもありますし、その逆もあります。

インターネットを使って自分で調べる分には時間や調べる量にも限界がありますが、SNSを通して何人もの人たちと同時に検索を行うことが出来れば、短時間でかなり効率的に情報を集めることも可能です。

そのため、SNSにアカウントを作り、自分がどのような情報を求めているのかを提示し、さらに自分がこれまでに集めた情報も載せておくと、同じような情報網を持っている人たちと関わる機会を作ることが出来ます。

TwitterやFacebookといったSNSが世の中に普及する以前は、自分でホームページやブログを作ってインターネット上に載せるのが主流でした。

しかしそれだと自分のホームページを誰かが見つけてくれなければ繋がりが広がっていくことが出来ませんでした。

一方のSNSでは、自分のアカウントさえ持っていれば、いつでも世界中の同じSNSをやっている人たちと繋がりことができ、また簡単に同じような趣味や共通点を持つ人たちを見つけることが出来ます。

そのため、SNSを通して情報を収集することは非常に便利かつ有益な手段と言えるでしょう。

感じたことも発信すると◎

SNSで情報を収集しようとするとついやってしまいがちなのが、「自分は〇〇の情報について求めています!

知っている人がいたら教えて下さい!」といった内容の投稿です。

それがもしも迷子のペットや迷い人などに関する情報であれば善意によって情報が集まる可能性はありますが、そうでない場合には求めるばかりの投稿は読み手に受けがあまり良くありません。

SNSではあくまでも、個人が感じたことを投稿するインターネット上の公共の場です。

どのような内容であっても、自分が体験したことや感じたことの投稿に関しては読む人は何かしらの反応を示しますが、一方的に情報を求めるだけの投稿では見向きもされないか、デマ情報を流されてしまう可能性が高いです。

そのため、例えば自分が釣りのスポットに関する情報を集めたいと思ったのなら、まずは自分で釣りをして、その写真や感じたことをSNSで発信していきましょう。

そして、自分の持っている情報を載せた上で、「自分は〇〇にはまだ釣りに行ったことがないので、行ったことのある人がいたらぜひ教えて下さい」といった内容で情報を募れば、日頃から興味を持って自分のSNSを見てくれている人たちから何かしらの反応をもらえるかもしれません。

さらには、SNSにはさまざまなコミュニティもありますので、自分が興味のある分野や情報を集めている分野のコミュニティがあれば、そこに所属して情報を集める方法も良いでしょう。

掲示板もチェック

ネットサーフィンをする上で、個人や団体、法人などが運営しているホームページで自分の知りたいことを調べたり、SNSを利用したりすることも重要ですが、時には掲示板もチェックするようにしましょう。

「2ちゃんねる」「FC2ザ掲示板」のように多ジャンルを扱っている大手掲示板の他にも、受験に関する情報に特化した「ミルクカフェ」、女性のための情報掲示板「ガールズちゃんねる」など、さまざまなニーズに対応した掲示板がインターネット上には多くあります。

「掲示板」のキーワードで検索をかけるだけでたくさんの検索結果が出てきますので、それらを見ていき、自分の求めている情報に関連する掲示板を見つけたら、日々チェックするようにしましょう。

掲示板は基本的に誰でもスレッドを立てることが出来るようになっています。

そのため、毎日誰かが気軽にスレッドを立てて情報を発信しているため、新鮮な情報を得ることが出来ます。

リアルタイムで掲示板に投稿して自分も参加すれば、比較的簡単に欲しい情報を得られる可能性もありますので、掲示板は定期的にチェックすると良いでしょう。

ブックマークする

ネットサーフィンをしていて、自分が欲しい情報が載っているWebサイトを見つけた時や、それに関連するリンクの張られたページなどを見つけた時には、すかさずブックマークをするようにしましょう。

ブックマークとはお気に入りのことで、パソコンやスマホから今見ているページのURLを保存しておくことが出来ます。

いったんページを閉じた後でも、ブックマークしたところをクリックすれば、再度お気に入りをしたWebサイトのページを開けます。

便利な機能ですので、少しでも「役に立つかも」と思ったページはどんどんブックマークしていきましょう。

ブックマークは常に整理しておく

気に入ったWebサイトがあればブックマークはどんどんすべきですが、調子にのってあれもこれもとブックマークをし続けてしまうと、その内に保存したページが大量になってしまって、何が何だか分からなくなってしまいます。

また、保存したページのタイトルが長々と書かれていたり、一見ページの内容とは関係のないタイトルになっていたりすることもあるため、ブックマークのURLを見ただけでは何について載っているページだったのかが分からなくなってしまうこともあります。

そのため、ブックマークは常に整理をしておくようにしましょう。

ブックマーク機能で保存する際には、そのURLのタイトル部分を、自分で分かりやすく書き換えておきます。

また、フォルダを作って専用のフォルダごとにブックマークしたページをまとめておくのも分かりやすいのでおすすめです。

折角良い情報を入手しても、それを探すタイムロスがあると無駄になってしまいますので、直ぐに自分が見たいものを出せるように、日頃からブックマークを整理する癖を付けておくと良いでしょう。

ネットサーフィンは賢くやろう!

ネットサーフィンをどのようにやるのかは個人の自由です。

しかし、ネットサーフィンをする人の多くは、虚偽の内容よりも真実の情報を求めており、また自分が欲しいと思う情報を出来るだけ迅速に入手したいと考えています。

インターネット上にはそれこそ情報がごまんと載っていますが、その内の何割が真実で、何割が虚偽の内容なのでしょうか?

人によっては、「8割がデマで2割が真実だ」という人もいますが、それほど虚偽か真実かが不明な情報も多く溢れています。

テレビや新聞に載っている情報を全て真実だと信じてしまう人は、ネットサーフィン中に目にした情報の全てを真実だとして鵜呑みにしてしまうかもしれません。

しかし、誰だって嘘の情報など掴まされたくはないと考えるものです。

そのため、出来るだけ賢くネットサーフィンを行えるようになりたいと思う人は多いです。

ネットサーフィンって何?

そもそも、ネットサーフィンとは何のことを指すのでしょうか?今でこそ当たり前のように「ネサフ」と言われており、人によってはすでにそれを「死語だ」という人もいます。

私たちは日々インターネット上を見て回ることをネットサーフィンと言うことが多いですが、詳しい意味や由来について「そういえば良く知らないかも」という人のために、改めてご紹介していきます。

意味

ネットサーフィンとは、インターネット上のWebサイトを検索したり、リンクを辿ったりしてさまざまなWebサイトのページを閲覧して回ることを意味します。

基本的には仕事で必要な情報を集めるためにする行為をネットサーフィンと言っていましたが、最近では趣味や、ただ漠然とあらゆるWebサイトを見て回ることもネットサーフィンと言っています。

ネットサーフィンという言葉は、インターネットを情報の大波と見立てた際に、それに波乗りをするように次々と情報を見て回ることから名づけられました。

実に言い得て妙なネーミングセンスだったため、あっという間にその呼び名は広まり、今では当たり前のように日常的に使われている言葉です。

やり方

ネットサーフィンのやり方は、基本的には先に挙げた検索エンジンを利用してさまざまなWebサイトを閲覧していくだけなので、子どもでも簡単に行えます。

例えば小学校の夏休みの自由研究課題について調べようと思ったら、インターネットでGoogleなりYahooなり検索エンジンをまず開きます。

そして、「小学校 夏休み 自由研究」のキーワードで検索をかければ、直ぐに検索結果が表示され、目当てのWebサイトを閲覧することが出来ます。

後はキーワードを変えてさらに検索したり、検索したWebサイトに載っている関連リンクから別のWebサイトへ飛んだりして自分が満足いくまで調べれば良いのです。

最近では小学校から授業でパソコンに触れる機会がありますので、子どもでも簡単にネットサーフィンをすることが可能です。

とはいえ、まだ成長過程にある子どもがあまりネットサーフィンをし過ぎると良くないという考え方もありますので、子どもや学生がネットサーフィンをする場合にはある程度親の管理が必要なのかもしれません。

また、大人でもネットサーフィンに夢中になって仕事や勉強、睡眠時間などが疎かになることがありますので、熱中し過ぎるのには注意が必要です。

ネットサーフィンをする機器

ネットサーフィンを行うには、最低限インターネットに接続出来る環境が必要です。

家にネットサーフィンを行える機器が揃っていたとしても、インターネットに接続出来る環境が整っていなければ、ネットサーフィンはおろかインターネットを開くことすら出来ません。

そのため、まずはインターネットの環境を整えることを最優先に行いましょう。

また、外でネットサーフィンをしたい場合には、無料のWi-Fiスポットがある場所に行けば、インターネットに接続することが可能です。

インターネットを開ける状態になったら、そこでようやくネットサーフィンを行うための機器が役に立ちます。

携帯

携帯電話やスマートフォンは、今や誰もが最低1台は持っている時代です。

携帯やスマホは契約した時点で月々限られた容量までは自由にインターネットを利用することが出来ます。

もし容量オーバーになってしまっても、容量を追加すればインターネットの利用は可能です。

さらにその上、無料のWi-Fiスポットに行けば、自身の携帯やスマホの容量を消費することなくネットサーフィンを楽しむことが出来ます。

また、携帯の場合には用いられる検索エンジンが限られている場合がありますが、スマホの場合にはYahooなどの検索エンジン専用アプリをダウンロードすることが出来ますので、普段パソコンを使っているのと同じ感覚でネットサーフィンを利用することが可能です。

同じネットサーフィンをするのでも、パソコンよりも小さくて持ち運びが便利な携帯やスマホでは、ちょっとした空き時間にもネットサーフィンを楽しめますのでおすすめです。

PC

ネットサーフィンの元祖の機器とも言えるのがパソコンです。

GoogleやYahooといった大手の検索エンジンも、元々はパソコンにおけるインターネット上の情報収集のために開発されたものですので、やはりパソコンに最も対応していると言えます。

携帯やスマホでは限界のある容量でも、パソコンならばらくらく対応が出来ますし、画面が大きいため見やすく、また操作もしやすいです。

ただ、どんなに小さなサイズのノートパソコンでも、広げれば机の上や膝の上などに乗せて安定させなければならないため、移動中に開いてネットサーフィンをすることは難しいでしょう。

一方で、カフェや新幹線の車内、室内など安定した場所で利用する際には、ゆっくりと落ち着いてネットサーフィンを楽しむことが出来ます。

良くないネットサーフィンのやり方

賢いネットサーフィンのやり方がある一方で、良くないネットサーフィンのやり方もあります。

「ネットサーフィンのやり方に良いも悪いもあるの?」と思われがちですが、悪いネットサーフィンのやり方をしていると、非効率的でいつまでも時間がかかってしまい、おまけに区切りをつけることも出来ません。

また、熱中し過ぎて他のことが疎かになってしまう可能性もありますので、あまり良くないとされるネットサーフィンのやり方は避けた方が良いでしょう。

では、具体的にはどのようなネットサーフィンの仕方が良くないとされているのか、以下にご紹介していきます。

目的のないネットサーフィン

目的のないネットサーフィンは、最も無駄な時間が長くかかり、また情報収集をする上では非効率的です。

特に何を調べたいということもない時には、ダラダラと画面と向き合ったまま行き当たりばったりでWebサイトを眺めているため、気付けば長時間経過してしまっていることが多いです。

ちょっとした時間潰しに行うのであれば問題はないですが、休日にそれをしてしまうと、気付かない内に一日が過ぎてしまうこともありますので、夜になってから「もうこんな時間か」と何もせず一日を無為に過ごしてしまったことを後悔することもあります。

インターネット上にはそれこそ海のように膨大な情報が溢れていますので、どれだけ眺めていても全く切りがありません。

そのため、休日のように時間の縛りや制限が何もない時には何時間もやり続けてしまう恐れがありますので、特に調べる目的がないネットサーフィンの場合には、最初に自分で「〇時間だけ」と時間指定をしておいた方が良いでしょう。

同じものばかり見てる

自分の好きな映像や動画などがあって、何度も繰り返し観たいという場合には好きなだけ観るのは個人の自由ですが、もし「〇時までに調べものを終わらせないといけない」といった時間の制限がある時にそれをしてしまうと単なるタイムロスになってしまいます。

また、あるものについてネットサーフィンをして調べている時に、自分が好きだから、もしくは分かりやすいからという理由で同じWebサイトばかり見ていても、内容がそれ以上深まるわけでも、より詳しく知れるわけでもありません。

情報を集めたいと思うのであれば、同じものばかり見ずに、あらゆるWebサイトを巡っていくつもの異なる情報を集めるべきでしょう。

そうではなく、いつも同じものばかり見ているのでは、「ネットサーフィン」とは言えません。

さらには、自分が見ているWebサイトの情報が本当に正しいものなのか、その信憑性もハッキリしていない場合には尚更いくつかのWebサイトを回る必要があるでしょう。

ネットサーフィンの注意点

ネットサーフィンをする上で、いくつかの注意点があります。

その注意点をまもらなければ、効率的なネットサーフィンは出来ず、またトラブルの原因となってしまうこともあります。

必ずしも守らなければならないということはありませんが、注意した方が無難な点について以下にご紹介します。

無心になってはいけない

インターネット上には膨大な情報が溢れています。

ネットサーフィンをどれだけやっていても、集中して情報を集めようとしなければ、必要な情報を見落としてしまっていることもあります。

そのため、どれだけ流れ作業になろうとも、無心になってはいけません。

無心になるということは、すなわち集中力が欠けるということです。

まともに思考していない状態で情報を収集しようとしても、中々頭には入ってこないでしょう。

ブックマークする数

1つの事柄に対して情報収集をする際には、ブックマークの数は多くても10前後に留めておいた方が無難でしょう。

それ以上の数になると、どのWebサイトにどんな情報が記載されているのかがごちゃ混ぜになってしまい、自分でも把握しきれなくなってしまいます。

そのため、ブックマークする数は増えすぎないように注意しましょう。

もし、ブックマークの数があまりに多くなってしまいそうなら、少ない情報量のページは別にメモを残して、ブックマークから削除しましょう。

そして、必要な情報がたくさん載っているページだけをブックマークするようにしましょう。

そうすることで、情報をより整理しやすくなります。

掲示板には書き込まない

掲示板をチェックすることは重要ですが、出来れば自分で掲示板に書き込むことは止めておいた方が良いでしょう。

例えば欲しい情報を求める時に、それを引き換えに自分も情報を提示して書き込みをするやり方はありますが、そうでなければ基本的にはロム専(読み手専門)に徹するようにします。

不用意に掲示板に書き込みを行うと、その内容によっては炎上などトラブルの引き金となってしまう場合もあります。

真偽を確認する

テレビの報道や新聞の記事ですらも、時には隠蔽や誘導が隠されている世の中です。

インターネット上に溢れている情報も、当然のように真実もあれば虚偽もあります。

場合によっては真実が虚偽によって埋もれてしまい、嘘が本当だと世の中に認識されてしまっていることもあるのかもしれません。

そのため、インターネット上に載っている情報だからといって、鵜呑みにはしないように注意しましょう。

もし真実かどうか迷ったなら、出来るだけたくさんのWebサイトを巡って、自分なりにそれが嘘なのか真実なのかを見極めるようにしましょう。

間違っても一カ所の情報だけで信じ込まないように注意が必要です。

疑う

先にも挙げたように、インターネット上には嘘の書き込みもたくさんあります。

それを安易に信じてしまうと、真実を知らないままで賢しげに人にそれを話して自分が恥を掻くことになってしまいますし、また時にはそれが他者を傷つける原因となってしまうこともあります。

そのため、インターネットで得た情報を直ぐに鵜呑みにせずに、まずはそれが真実かどうか疑う癖を付けるようにしましょう。

同じ分野ばかりを見ない

自分が集めたい情報があると、ついそれに関連する分野の情報ばかりを探してネットサーフィンをしてしまうことがあります。

しかし、それではいずれ調べる量にも限界が来てしまいます。

そのため、ある程度調べたい分野でネットサーフィンをしたら、今度はそれとは違う分野で、本来調べたいものと関連のあるものについて検索をしてみましょう。

すると、それまでとはまた違った視点で目的のものについて調べることが出来ることがあります。

同じ分野ばかり見ていると、自然と視点や考え方が狭まってきますので、時には異なる分野も見るようにしましょう。

効率よくネットサーフィンをしよう

何もやることがない時や、何となくの時間潰しにネットサーフィンは最適です。

しかし、ただぼんやりと目的もなくダラダラと見ているだけでは、ただの時間の無駄になってしまいます。

集めたい情報があってネットサーフィンをする時はもちろん、特に目的がない時であっても、日頃から無駄な時間をかけずに効率よくネットサーフィンをする癖をつけておきましょう。

そうすることで、本当に急いで調べたいことが出てきた時には、短時間で必要な情報を得ることが出来るため、結果的には自分の為になるのです。