あなたはこれまでに自分が取った行動に関して後悔した経験をしたことがありませんか?

人間なら誰しもが一度はこのような経験をしてしまった事はあると思います。

なんであの時あんな行動を取ってしまったのか、今の自分では考えつかないような事もあると思います。

過去に戻れるなら過去に戻ってやり直したいと思うはずですが、残念ながらそれはできません。

だからこそ大事なのは過去を振り返って嘆く事ではなく、過去の行いから反省したり、それをヒントにして今後に生かして同じ失敗を繰り返さないように学ぶという事です。

しかし、それは簡単なようでとても難しい事です。

常に意識していれば問題ないかもしれませんが、私たちはいろんな事をその場その場で考えながら生活しています。

時には切羽詰まった状況だったり、思いがけない時に起きてしまう事でつい以前と同じ失敗を繰り返してしまったりするようなことがあるからです。

だからこそ、根本的に問題を解決するためには自分の行動を変えるために自分自身を変えなければいけません。

自分自身を変えるという事はとても難しい事ですし、簡単には行えませんが、そうしないといつまでたっても自分を変えることができずにいつまでも同じ失敗や行動を繰り返してしまう可能性があります。

なので、今回は行動を変えるということをテーマにして、行動を変えるために行っていただきたい注意点などについてご紹介していきたいと思います。

行動を改めたい!どうすればいい?注意点は?

あなた自身自分の行動を改めるためにはどのようにすれば良いと思っていますか?

これは人によって考え方が全く異なると思います。

しかし、考えてみると失敗してしまった原因を探り、なぜ失敗してしまったのかということをよく確認して次に同じ事を繰り返さないようにすれば自然と失敗は少なくなっていくはずです。

時々何度も同じようなことを繰り返し間違ってしまうような人がいると思いますが、そのような方はそもそもなぜ失敗してしまったのかという原因を究明していないことによって同じ失敗を繰り返してしまっている可能性がとても高いです。

なぜならば明確に自分が失敗した理由を把握しておけばその原因を回避しようと学習をすることができます。

以前に失敗したから今回は別の方法でやってみよう、この方法ならばおそらく失敗はなくなるはずだ、と考えることができるからです。

しかし原因が分かっていない方はどうして失敗してしまったのかわかっていないので、いつまでも失敗の原因となり得る考え方や行い方を取り続けてしまうのです。

なので同じ失敗を繰り返さないためにはまず原因の究明そして改善これが絶対的な条件になり得ると考えることができます。

しかしながらそれを行うにあたって様々なことを考えたり、様々なことを予測したりしなければ、当然原因を見つけることができません。

だからこそ行動を変えるということはある程度様々な事を考えなければいけないので、とても大変なことなのです。

行動を変えるってどうやって?


行動を変えるためには自分が失敗してしまった原因などをよく考えてその原因を回避するために新しい方法を考えたり、実行できるように意識を変えなくてはいけません。

これを正しく理解していないといつまでたっても間違った事を繰り返し続けますし、同じ行動を取ってしまいやすくなります。

なので回避する新しい方法を考え、身に着け、行動する力が絶対に必要になります。

これだけの事を行うとそれなりに大変なだったりしますが、これを面倒くさがっていては何も始まりません。

そもそも私たち人間は新しいことを行ったりするのが苦手だったりする心理を持っています。

これはどういうことかと言いますと私たちはいつも行っていることを行うのはそこまで苦痛に感じないのですが、新しくやらなければいけないことが増えてしまうと苦痛に感じたり、それがストレスになったりしやすいのです。

たとえば自分が一番やりやすいと思ってる方法で物事を行っている時に、他人からある作業を追加されてしまったとなるとストレスがかかってしまいませんか?

いままでで行ったことのない新しい作業を追加されてしまうとどうしても面倒くさいと感じたりしてしまいやすいのです。

だからこそ、それを考えたり取り入れたりするのは苦痛が伴うので大半の方が放置してしまったり、考える事を辞めてしまったりするのです。

しかしそれは自分の成長を妨げているという事だと気付く必要性があります。

自分を変えるためには、自分が行動をしなければ意味がありません。

行動するのが嫌なのであればいつまでたってもあなたは変わることができないということです。

例え面倒だったとしても行動の重要性をきちんと理解していれば、積極的に行動できる考え方を身に着けられるようになりますので、まずはこの概念をきちんと理解するところから初めてみてください。

そして、その概念をもってこれからご紹介する具体的な自分の行動を変える方法を実践してみてください。

そうする事であなたの行動は確実に変えることが出来るはずです。

自分を見直す

まずはじめにご紹介する行動を変える方法は自分を見直すということです。

これはどういうことかと言いますと自分の行動を変えるためにはまず自分自身を見直して自分自身を客観的に見るということが求められます。

自分のことは自分が一番よく知っていると誰しもが思っているかもしれませんが、それは自分を主観的に見てしまった場合の印象でしかありません。

自分を客観的に見るということが意識しなければできないことです。

なので自分の行動を変えるためにはまず自分自身を客観的に見ることから始めてみてください。

自分自身を客観的に見ることによって本来の自分に気がつけるようになるはずです。

もしかしたら主観的に見ている自分の印象は実は間違っているものになっているかもいれません。

そして最終的に本来の自分自身を見つけることによって、自分の何が原因で物事に関して失敗をしてしまうのか、なぜ行うことが出来ないのか、という原因を見つけ出すことが出来ます。

そうすれば後はそれを改善して改めて身に着けるだけでうまくいく可能性があります。

そこを変えれば自分の行動を変化することが出来るようになるはずです。

記録をつける


次にご紹介する行動を変える方法は記録をつけるということです。

これはどういうことかと言いますと、自分が改善したいことに沿って自分なりにそれに関する記録をつけてみるということが大切です。

自分の行動によって何らかの物事がうまくいかないという場合にはより細かく記録をつけることによって改善することができる場合があります。

細ければ細いほど後から見直した時にその時にどのように行ってどういう結果が出たのかということが必ずわかるようになると思います。

どうしてたくさんのデータを手元に保有することによって見返した時に自分のどういう行動が原因で失敗をしてしまっているのか、もしくはうまくいかないのかということがだんだんわかるようになります。

たくさんの情報があればあるほど他の情報と照らし合わせることができるようになり、そもそも失敗している原因やうまくいかない原因などがより顕著にわかるようになるのです。

しかし手元にデータがない場合はそれを判断する明確な根拠がない状況になってしまうので、いつまでたっても原因がわからずじまいになってしまい自分の行動を変えるチャンスを失ってしまうのです。

だからこそ必ず何らかの問題に当たった場合はその問題に関する記録をつけるようにしてください。

そうすることによってあなたの行動を変えて成功させるためのヒントを作り出すことができるはずです。

良い行動・悪い行動を書き出す

次にご紹介する行動を変える方法は良い行動・悪い行動を書き出すということです。

もしもあなたが自分の行ってる行動を変えたいと思うのであれば、自分自身の良い行動であったり、悪い行動などを思いつく限りノートなどに書き出すのが改善する良い方法になります。

なぜあえて書く必要性があるのかと言いますと、ノートだと理解てそれを視覚化する事によってより自分の事を客観的に分析できるようになります。

書かないで考えるだけですべてを行ってしまうと、どうしても自分の行動をすべて把握して一気に思い出すという事は難しくなるので、漏れがある可能性が出てくるからです。

しかし視覚化してすぐに確認することが出来るようにしておけば簡単に振り返ることができるようになります。

そして自分の悪いことに関して一つ一つ改善点を掘り下げて考えることができるようになります。

そうすることで、自分の悪い部分を改善する方法を網羅することが出来ます。

そし最終的に改善点や気を付けなければいけない部分まで考えた上で部屋の目の付きやすいところやトイレなどに張っておけば何度も日々確認して振り返り、自分の行動を変える誠克習慣として取り入れることがしやすくなります。

なので必ず良い行動・悪い行動を書き出す作業を癖づけるようにしてください。

いきなりはNG!ちょっとずつ変えていく

次にご紹介する行動を変える方法はいきなりはNG!ちょっとずつ変えていくということです。

これはどういうことかと言いますと、どうしても自分を変えたいと思ってモチベーションが上がっている時には自分をすぐに変えたいと焦ってしまって、実現できなさそうな思い切った改善案を自分に課しやすくしてしまいます。

これはどういうことかと言いますと、例えばあなたがダイエットを始めたいと思って毎日ランニングをしようと決意したとします。

モチベーションが上がっている時は自分の見た目を早く改善したいという気持ちがありますので、一日に必ず5キロ走るという大きな目標を立ててしまいやすくなるのです。

モチベーションが高い状態なら続けることができるかもしれませんが、人間のモチベーションはどうしても日々下がっていくものです。

これが最終的にどうなっていくのかと言いますと、おそらく数日後には今日はきついから明日走ろう…となって次第に行わなくなっていくのです。

しかしこれでは意味がありません。

なので、最初の目標設定は継続するという事を第一に考えて、一日に無理なく行えるくらいの目標を立てるようにするべきなのです。

例えば痩せたい→ランニングをしよう!という考えなのであれば、一日に1キロは必ず走る、もしくは1キロウォーキングをする、などの目標を立てるようにします。

少しくらい少なくても問題はなく、継続出来ればそれが当たり前となり、慣れてくると長い距離を走ろうと自主的に行動しやすくなるからです。

なので、継続できないような無理な目標設定は行わずに、毎日継続することができるくらいの目標を立てるべきであり、ちょっとずつ変えていくという事を意識する必要性があるということです。

最終目標を決める

次にご紹介する行動を変える方法は最終目標を決めるということです。

行動できない人間ほど自分にとっての最終目標を定めていない場合が多いです。

例えばダイエットを例にして考えていきましょう。

単純に痩せたいと考えている人間と、明確に最終目標として5kgの体重を落とすと決めた人間では、明確な目標として5kg体重を落とすと決めた人間の方が目標を達成しやすいのです。

なぜかと言いますと、明確な目標を立てることによってそれまでの道筋などを考えることがしやすくなります。

明確な目標設定をしているとその目標を達成するためにはどうすれば良いのか、どう行動すれば良いのか、いつまでにどうなっていればいいのか、という事などを自然と逆算して行いやすくなります。

しかし目標設定をしていない人の場合は明確に何をいつまでに行えばいいのかという概念がないので一日が適当になってしまいやすくなります。

適当になるという事は意識が低くなり、継続する意欲が薄れ、責任感がなくなっていくという事です。

そうなってしまうと行わなくなってしまうのは時間の問題です。

逆算して一日当たりに何をしなければいけないのかということを把握していればそれを達成するために行動を起こすはずです。

そして毎日を繰り返していく中で最終的に気がつけば目標を達成していたということは十分あり得るのです。

なので最終的な目標を決めて逆算することによって自分の行動を大きく変化させることができるといえます。

毎日意識する

次にご紹介する行動を変える方法は毎日意識するということです。

自分の行動を変えるためには、毎日行動を変えるために必要なことを意識する必要性があります。

なぜ毎日意識する必要性があるのかと言いますと、どうしても人間は習慣づいたこと以外は忘れてしまいやすくなったり、面倒くさくなってしまいがちな生き物です。

自分の行動を改善するために新しく取り入れようと思ったことなどを定着化するまでは、毎日考えたり毎日意識したりしないと忘れてしまいます。

毎日意識して毎日実行することによってそれが当たり前となった時、初めて自分の行動を変化させることができ自分を変えることができるようになります。

なので、いかにして自分の日常に新しい変化を取り入れることができるのかということが最も大切なことになります。

だからこそ毎日意識するために自分の部屋の目のつきやすい所に意識しなければいけない内容を書いて貼ったり、絶対に目視しなければいけない場所、つまりトイレの壁などに貼ったりする事によって絶対に忘れない工夫を定着化するまでは行わないといけません。

しかし逆を言えばそれを行うことによって、簡単に習慣化して自分の行動を変化させることができると捉えることができるのです。

思考から変える

次にご紹介する行動を変える方法は思考から変えるということです。

人間は自分自身が思っているよりも簡単に変化することができない生き物です。

生まれ育った環境や身の回りの人間の影響などを受けて私たちは大人になっていきますが、自分にとって当たり前だと思っているような事を大人になった段階でいきなり違うと言われたところで簡単にそれを受け入れることはできないからです。

なのでこれまで定着化しているような事などを変化させるためにはそれなりに大きな刺激を受けたり、行動をしないと変化する事は難しいです。

なので凝り固まった思考を変えなければ変化させることが出来ません。

そのため、自分の行動を変化させるためには自分の思考から変えていただく必要性があります。

では具体的に自分の思考を変化させるためにはどうすれば良いのかということについてご紹介します。

本を読む

自分の思考を変化させるためには本を読むということがおすすめです。

なぜ本を読むことによって自分の思考を変化させることができるのかと言いますと、本を読むことによって様々な刺激を受けることが可能になります。

本にはたくさんの大切な内容が書かれています。

その内容に目を触れて行くことによって、自分がこれまで考えてきたことを変化させるためのきっかけを見つけることが可能になる場合があります。

そのきっかけを見つけることができればあとはそれを取り入れるだけで自分の思考を簡単に改善することができ、行動が変わっていくようになります。

しかし自分の思考を変化させるきっかけをつかむことが出来なければ、いつまでたっても行動が変わることはありません。

なので、自分が変わりたいと思うのであれば自分がどういう人間、もしくはどういう行動ができる人間に変わりたいのかということを考えながら、それに基づいた本を読むと思考を変えやすくなります。

いろんな人に会う

自分の思考を変化させるためにはいろんな人に会うということもおすすめの方法です。

なぜたくさんの人間に会うことで自分の思考を変えることができるのかと言いますと、根本的な問題は先ほどご紹介した本を読むということと全く同じです。

自分の思考を変えるためには自分にとって刺激を受ける必要があります。

そして刺激を受ける方法を考えた時にたくさんの人間に会って、たくさんの人間の考え方を知り、たくさんの人間の影響を受ける事によって刺激を受ける可能性があります。

例えば極端な話をするとすれば、ダイエットができない自分の行動を変えたいと思っていたとします。

そんな時にあなたがたくさんの人に出会う中で過去に大きなダイエットに成功したという人間や、以前あった時はかなり太っていたのに久しぶりに会ったらかなり痩せていた友人に出会ったとします。

そうすることによって自分と共通する悩みを乗り越えた人からたくさんの刺激を受けるはずです。

そうすることで自分も頑張ろうというモチベーションにも繋がると思いますし、自分にもできるんじゃないかという自信にもつながるはずです。

そうすることによって強い刺激を受ければ受けるほどより行動的になれるようになると思いますので、自然と自分の思考を変化させることが可能になるということです。

様々なことにチャレンジする

次にご紹介する行動を変える方法は様々なことにチャレンジするということです。

これはどういうことかと言いますと、そもそも自分の行動を変えたいのであればたくさんのことにチャレンジすることが根本的に大切であるということです。

様々な事にチャレンジをすることによって、様々な経験や体験を行うことができるようになります。

そこで培った経験や体験から新しいことに気づいたり、重要なことを学ぶきっかけがあるかもしれません。

そして常日頃からたくさんのことにチャレンジするということを習慣化することができれば、新しいことを始めるという事がスムーズに行える思考を身に着ける事ができるようになります。

先ほどから何度もご紹介しているように、どうしても人間は新しいことを始めたりするのに消極的になってしまったり、ストレスを感じてしまったりする場合が多いです。

しかし常日頃からたくさんのことにチャレンジしている人間からすれば、それが当たり前になっているので特に躊躇したり、やる前から考えたりする事は少なくなります。

そうすることによってより行動的な自分を手に入れることができ、たくさんの行動を行うことができるようになると今まで行動できなかった自分と比べて大きく変化させることができるようになります。

その過程の中で、今までできなかった行動を簡単に行えるようになるので、結果的に自分の行動を変化させることが可能になるということです。

行動を変える時に注意したいポイント

ここまでは行動を変えるための方法についてご紹介していきました。

もしも今あなたが何かしらの行動を変化させたいと思っているのであれば、ご紹介した行動を変えるための方法を行っていただければ自分を変化させることができると思いますよ。

しかし、ご紹介した方法を実践していただく以外にも、行動を変えるときに注意していただきたいポイントは様々あります。

このポイントを把握していないことによって結局失敗してしまったということにつながる可能性がありますので、これからご紹介する行動を変えるための注意したいポイントを把握して実践するようにしてください。

悪い習慣にならないように

まずはじめにご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは、悪い習慣にならないようにするということです。

あなたが自分の行動を変えたいと思っている時に、どういう行動をしたいのかということを事前によく考える必要性があります。

あなたが取り入れたい行動は本当に良い習慣なのか?という事をよく考えた上で取り入れる必要性があり、結果的に自分に悪い行動なのであれば取り入れる必要性はないですし、その行動を取り入れるために悪い行動を行わなければ身につかないようであれば、それは行動を変える方法を見直す必要性があるという事です。

間違った方法を行っていても自分が損をしたり、後々に困ってしまう事になるだけなので、かならず取り入れる方法、取り入れるためにしなければいけない行動を客観的に見て悪い行動になっていないか常に確認するようにしてください。

無理しない

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは無理をしないということです。

どうしても早く理想の自分になりたいと思い、無理な目標や、継続が難しい目標を立ててしまう人がいます。

しかし無理をしたところで、結局その延長線上に待っているものは継続できないという未来だけです。

また無理をすることによって本来の目的を見失ってしまう可能性もありますし、そうなってしまうとそもそも目標を立てた意味がなくなってしまいます。

なので自分の行動を変化させるために立てる目標は、無理をしない目標設定にしていただく必要性があるということです。

何度もお伝えしますが、大切なのは習慣化させるということです。

自分にとって負担が大きすぎたりあまりにも無謀なことを日常的に行ったりすることはほとんどありませんよね。

根本的な部分を把握した上で無理のしない方法で自分の行動を変えるようにしてください。

反省する

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは反省するということです。

自分の行動を確実に変化させるために気をつけていただきたいのが自分が毎日を行っていることなどに関してしっかりと反省の気持ちを持つということです。

反省をするということは必ず何かしらの改善点が見つかるようになります。

何事に関しても予定通りうまくいくということはなかなかありません。

継続する上で何かしらの問題であったり、困ってしまうような事態は必ず発生してしまいます。

その時にそれを放置するのではなく、必ず反省してもっと良い方法にするためにはどうすれば良いのかということを常に癖付けておくことによって、自分にとって最適な方法で行動を変化させる方法を選択することができるようになります。

余裕をもって行動を変える

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは余裕をもって行動を変えるということです。

どうしても行動変化させるという刺激を受けた時には、その行動を身につけるために焦ってしまいがちです。

しかし焦ったところで良い結果が出るというわけではありません。

確実に自分の行動を変えるためには余裕をもって物事を考えていただく必要性があります。

何かしらの方法をとり入れる際には、自分自身の余裕を残しながら行うようにしましょう。

余裕があれば継続できますし、無理をするようなことはなくなります。

後先のことを考える

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは後先のことを考えるということです。

行動を変えるときには必ず後先のことを考えることによって、的確な方法を選択することができますし、間違いのない目標を設定することが出来ます。

もしも目標を立てる時点で間違った目標を立ててしまっていると後から方向を修正するのが難しくなったりしてしまいます。

なので事前に後先のことをよく考えながら自分の目標を設定することによって、間違いのない目標を立てることができるようになります。

できるだけ早い段階で理想の未来の自分のことを予測しておくことによって、確実に理想の自分を手に入れることができやすくなります。

他人に迷惑かけない

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは他人に迷惑をかけないということです。

もしもあなたが行動を変えるために選択した方法が身の周りの人間に対して迷惑をかけてしまうような方法であった場合は、周りはあなたに対してどう思うでしょうか。

あなたに対して不快な気持ちを持ってしまう可能性が高くなります。

理想的な自分になるために行動を行っているのに、その行動を行うことで一つ自分にとっての新たな課題を作ってしまうことになりかねませんので、必ず行動を変えるための方法は他人に迷惑をかけない方法を選択するようにしてください。

力量の範囲内で変える

次にご紹介する行動を変えるときに注意したいポイントは力量の範囲内で変えるということです。

これはどういうことかと言いますと、自分の行動を変えるために行わなければいけないことを決めたとして、実際に行う中で初めて難しいと感じたり、楽すぎると気がつくようなこともあると思います。

なのでその時に感じた自分の力量によって行う内容を都度変化させることが必要だということです。

自分にとって楽すぎる目標設定なのであれば、もう少し負担を大きくしてみようと考えたり、自分にとってあまりにも難しい目標設定だったと感じたのであれば、継続できるように少し目標設定を落としてみるなどの具体的な調整をすることが大切だということです。

このような微調整をすることによってより自分に適した目標設定を行うことができますので、継続するために微調整を取り入れるようにしてください。

行動することであなたは変われる!(まとめ)

今回は行動を変えるための方法をテーマにして、行動を変える時の注意したいポイントなどをご紹介していきました。

なかなか自分の行動を変えるということは難しいことなのですが、自分の思考を変えることによって行動が変わり、行動が変われば最終的に習慣が変わっていくようになります。

なので必ず全体を見通して、物事の順序を逆に考えるようにしてみてください。

自分を変えたいのであれば習慣を変える必要がある、習慣を変えるには行動を変える、行動を変えるには思考を変える…このようになぜ、なぜ、と考えていけばより本質的な部分が見えるようになると思いますので、理想の自分になる為に何をすべきなのか考え、今回ご紹介した方法を実践してみてください。