人間には様々な感情があります。

その中には、嬉しい気持ちもあれば悲しい気持ちもあります。

時には虚しい気持ちになったり怒りに震える事もあるかもしれません。

そんな状況であったとしても、私たちは常に前を向いて生きていかなければなりません。

様々な感情がある中で、人は時に侘しさを感じる事もあるかもしれません。

『侘しい』という言葉を聞くと、どこか寂しい雰囲気を感じる事でしょう。

ですが、実際にその侘しさを言葉で説明してみてと言われると意外と難しい部分もあり、なかなか上手く出来ない事もあるでしょう。

この様に、日本語の中には普段何気なく使っている言葉の中にも、きちんと説明する事が出来ない言葉がいくつも存在しています。

それらの言葉も、雰囲気だけを知る事によってなんとなく使う事は出来るでしょう。

ですが、本当の意味で言葉を理解しているというのはきちんと意味を知る事が大事なポイントとなるでしょう。

その為にも、言葉の意味を一つづつしっかりと理解してい行く事は、とても大事なポイントの一つです。

そこで今回は、まずは『侘しい』という言葉の意味についてご紹介させて頂きます。

日常生活で使用される方も居るかもしれませんが、本や映画などの状況説明の中でも多く使われる事のある、侘しいという言葉。

なんとなくの雰囲気をしっかりと知る事により更に自分の中にある知識を増やしていきましょう。

侘しい気持ちを解析しよう!

実際、生活していると自分の力ではどうする事も出来ないような大きな出来事に見舞われる時があります。

何とかしようとあがいた所でどうする事も出来ない。

誰かに助けを求めたいけれど、それも出来ない。

そんな時、人は侘しい気持ちになるのかもしれません。

侘しい気持ちは、単純に説明する事が出来ません。

『悲しい』『虚しい』『哀れ』など多くの負の感情を含んでいる言葉の一つです。

その為、その言葉が本来持つ意味をしっかりと理解せずに使用してしまうと、言った本人と聞いた人との間でギャップが生じてしまう事があります。

そんなすれ違いが多く発生すると自分が意図していない形で相手に自分の思いが伝わってしまう事があります。

その結果、大きなすれ違いが生まれトラブルに発展してしまう恐れもあるのです。

そうならない為にも、しっかりと意味を知る事は大事な事だと言えるでしょう。

日本語であれば、きちんとした意味を知らなかったとしても雰囲気で話を進めることが出来るかもしれません。

そうした日々を送っていたとしても特に不都合を感じる事もないのでしょう。

ですが、それでは一向に成長する事は出来ません。

自分の心の中にあるボキャブラリーを増やしたいと思うのであれば、言葉に興味を持ち多くの事にアンテナを広げる努力をする事が大事なポイントでしょう。

一つ一つの言葉には、必ず意味があります。

その言葉の意味をしっかりと知る事が出来るように過ごしてみてはいかがでしょうか。

1.侘しいとはどういう意味?


ではここで『侘しい』という言葉の意味をご紹介させて頂きます。

侘しいとは、辞書で調べてみると『ひどく物静かな状態』『心が慰められない状態』などという意味が出てきます。

ですが、全ての会話の内容をこの意味に当てはめてしまうとどこかずれを感じてしまう事もあるかもしれません。

というのも、多くの人の場合この『侘しい』という言葉の中にはそれ以外の感情を多く含ませているからです。

その為、『侘しい』という表現を静かな環境の例えだと解釈してしまうと相手の話している意図がしっかりと聞き取ることが出来て居ないと言う事になります。

また、自分の使い方が間違っているせいで相手に大きな誤解を与えてしまう事もあるかもしれません。

そうならない為には、多くの人が使う基本的な使い方を身をもって学ぶ事が必要でしょう。

言葉は生き物です。

例え辞書に意味が掲載されているとしても、その意味が多くの方に浸透しているかどうかは分かりません。

反対に掲載されていない意味の方が多くの方は分かりやすく、より知られる形として浸透している場合もあります。

その為、私たちはその事をしっかりと理解して臨機応変に対応する事が出来るように行動して行かねばなりません。

1.心細い

『侘しい』という言葉の意味の中には、心が慰められない状況というものも含まれています。

その為、その状況を簡潔に説明すると『心細い』という表現になるのかもしれません。

ですから、他の人に『侘しい』と言われたとしたら、それは寂しさの表れなのかもしれません。

人の心を直接覗く事は出来ません。

どん明るく楽しく生活しているようい見える人であっても心の中では大きな悩みを抱えている事もあるかもしれません。

ですが、それをわざわざ口に出していう人はいません。

心の中に留めているのです。

何も言わず、一人で解決する事が出来る人はいいかもしれません。

ですが、一人ではどうにもならない出来事を抱えている人の場合は、いつかその重さに耐えきれなくなりSOSを発する時がやってくるかもしれません。

その一つが『侘しい』という言葉の中に込められている事もあるでしょう。

いきなり心を見る事は出来ませんが、常に真面目に相手と接しているうちに自然と相手の気持ちを読み取ることが出来るようになるかもしれません。

そうなれば、相手との距離もさらに縮まる他、いざというう時に助けてあげる事の存在になる事でしょう。

その為にも、言葉の持つ意味をしっかりとくみ取り、相手の意図している内容をくみ取るようにしていきましょう。

2.やるせない気持ち


人には様々な感情があり、嬉しい事もあれば悲しい事もあります。

自分では頑張ったつもりの出来事であったとしても、他人からは評価されない事もあるでしょう。

そんな時人はやるせない気持ちになるのかもしれません。

そのやるせない気持ちの時にでも『侘しい』という気持ちを使う時があります。

侘しいとは、それだけその出来事に対して悲しい気持ちを持っている時に使用するものであり努力が報われなかった事を、結果が出ない=侘しい出来事として表しているのかもしれません。

どんなに頑張っても、時には結果が出ない事もあります。

そのせいでやるせない気持ちになったり投げやりな気持ちになる事もあります。

それを『やるせない』と一口に言ってしまう事は簡単な事ですが、それをあえて違ういい方にする事によって私たちの言葉の表現がより多くなっていくのでしょう。

【やるせない気持ちについては、こちらの記事もチェック!】

3.貧しくてみすぼらしい

これは、直接的に『侘しい』という言葉が持つ意味というよりはそこから連想されるイメージと表現した方がより分かりやすいのでしょう。

何もない空間や、どこか寂し雰囲気を感じさせる状態の事を指しており、その状態をみすぼらしいと解釈する事が出来るのです。

実際に人のお財布事情は分かりません。

とてもお金持ちそうにみえる人も、実は意外とお財布の中は空っぽなんてこともあるかもしれません。

反対に、貧しそうに見える人が全て貧しいかと聞かれればそれもまた難しく、実際にお金を持っているかどうかはその人にしか分からない問題なのです。

実際にはお金を持っていたとしても、見た目的に貧しく見える事もあるでしょう。

そんな時に『侘しい』という表現を使われる事があります。

見た目が貧しそうなど、決して嬉しい表現ではありません。

そう見えてしまう原因があるのであれば、その原因となる物を素早く取り除く事が重要ではないでしょうか。

人のイメージなど、所詮は基本的に見た目です。

その為。

見た目のイメージを変える事によって、考え方を変えさせることが出来るかもしれません。

4.静かで物寂しい

『侘しい』という言葉の中には静かなイメージがあります。

実際には、情景に向けて使用する事の多い言葉ですが、それ以外にも人間に対して行うケースもあります。

人間にはいくつかのタイプの人がおり、元気に話をする事が好きな人も居れば一人でそっと時間を潰す事が好きな人も居ます。

一人で過ごす人は、体制物静かなイメージを持たれるケースが多々あります一人で居る時は、基本話をする理由がありません。

その為、静かに生活しているケースが多く、物静かなイメージを持たれがちです。

だからこそ、そうした人々のイメージを言葉として表しているのが、『侘しい』という言葉なのかもしれません。

侘しいと言われる事は、あまり良いイメージは無いでしょう。

どこか暗い印象もあり、決して褒められているという気持ちになる事はありません。

その為、人に対して話をする時には、『侘しい』という表現は決してし無い方が良いでしょう。

この様に、言葉の意味をよく知らずイメージだけで話をしてしまうと相手を怒らせたりしてしまう事もあるかもしれません。

そうならないようにする為には、自分自身の中にある言葉の知識を多くし、それに合った言葉選びをする事が大事な事なのでしょう。

5.おもしろくない

『侘しい』という言葉の中には、決して楽しいという感情は含まれていません。

その為、その状況になった際にはその現状に納得が行かずつまらない・面白くないと感じる事もあるでしょう。

どんなに反映していたものであってもいつか必ず終わりはやってくるものです。

その時には侘しさや寂しさを感じる事もあるでしょう。

ですが、それが現実なのです。

どんなに面白くない事でも、悲しい事でも受け入れるしか無い時もあります。

その事実を知る事が出来るからこそ私たちはより今を大切に生きていこうと思う事が出来るのかもしれませんね。

6.当惑する

時代は過ぎていくものです。

自分が気が付いて居ないだけで大きく変化している事もあるでしょう。

例えば、昔大変流行したお店や観光地であたったとしても時間が過ぎてしまえば人気が無くなってしまう事もあるでしょう。

その際、人は当惑し侘しさを感じる事もあるかもしれません。

自分の心の中にある、思い出の場所はいつまでも長く残って居て欲しいものです。

ですが、そうはいかない現実があるのもまた事実です。

その為、なくなってしまう事も当然出てくるでしょう。

寂しい気持ちがあるのも事実ですが、それを受け入れて前に進む以外に方法はありません。

いつまでも変わらずにいる事も大事な事です。

ですが、それと同様に変わっていく事を受け入れてそれをさらに進化させていく事も大事な事でしょう。

その事に気が付く事が出来るかどうかによって、今度の人生の進め方を決める事が出来るでしょう。

自分の日々に後悔しないように日々真っすぐな気持ちで進んでいきましょう。

7.不幸な

これは自分の今現在の状況に関する思いを形にした結果なのかもしれません。

心が寂しい。

物静かな程何もない。

そんな状況を自分のなかで不幸だと感じ落ち込んでしまう事もあるかもしれません。

一体なにが不幸で何が幸せなのかは、その人にしか分からない部分です。

例え他人から不幸だと言われようとも、本人が幸せだと感じて居るのであればそれでいいのです。

幸せのものさしなど人それぞれです。

誰かに何を言われる筋合いも無く、自分がそれで良いと思っているのであればそれで良いのです。

ですが、反対にどんなに他人から羨ましがられる人生だったとしても本人がそれを受け入れることが出来て居ないのであればそれは不幸な事なのかもしれません。

そんな状況を『侘しい』と表現しているのでしょう。

人はそれぞれ重要視する事が違って居ます。

その為、どんなに幸せそうに見えるひとであっても深い悩みを抱えて居る場合もあるでしょう。

その事に気が付かないと知らず知らずのうちに他人を傷つける行動をとってしまっている事もあるかもしれません。

そうならない為にも、多くの事に興味を持ち他人を一方向からでは無く様々な状況から見るようにする事が大事なポイントと言えるでしょう。

2.寂しいとはどう違う?

日本語の中には、似たような意味合いで使われる言葉が多く存在しています。

その為、その言葉の一つ一つの違いをきちんと理解していないと、その都度どの言葉を使用したら良いのかわからなくなってしまう事もあるでしょう。

日本語には、多くの言葉があり直接的な物の話し方をする場合もあれば間接的に表現する場合もあります。

どちらが良くてどちらがダメと言う事はありません。

その都度、状況に応じて選ぶ事が大事な事なのです。

『侘しい』という言葉は、『寂しい』という言葉の類義語としても認識されて居ます。

どちらも明るいイメージは少なくそれによって、どこか暗い印象を持っています。

ですが、この似ている言葉である『侘しい』と『寂しい』の言葉にも多くな違いがあるのです。

まず、『侘しい』という言葉には建物や風景などの人間以外に対する感情で使用される場合が多々あります。

かつては反映していたのにも関わらず。

いつの間にか衰退してしまった。

その時間の流れに対して『侘しい』という言葉が使用されているのです。

反対に、『寂しい』という言葉は人間の子の中で起こる葛藤の一つです。

他人と上手く行かなかった時や、恋人と別れて一人になってしまった時などにおこる感情です。

ですから、この二つには似ている意味はある物の、実際には大きな違いがあると言えるでしょう。

このように、言葉の意味は雰囲気だけで使用していては理解出来ない部分もある事でしょう。

その為、悪気が無かったとしても勘違いして使用してしまったり相手に勘違いをさせてしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまわない為には、言葉の勉強が不可欠です。

言葉を学ぶ事は、何も子供だけが行うものではありません。

いくつになっても興味さえあれば次々に新しい言葉を知る事が出来ます。

大事な事は、自分が使っている言葉に興味を持つ事です。

それをする事が出来るかどうかによって物事は大きく変わっていく事になるでしょう。

より多くの言葉の意味を知る事は、自分自身の自身にも繋がります。

3.侘び寂びという言葉もある

日本には、昔から『道』が付くものがいくつかあります。

剣道・柔道・華道などがそれらの仲間です。

その中の一つに茶道と呼ばれるものがあります。

お茶を入れて飲む会ですが、タダのお茶ではありません。

抹茶を点て、それぞれの味を楽しむ物であり礼儀作法などの詳しい世界です。

そんな世界を『詫び寂び』という言葉で表現する事があります。

『侘び寂び』とは、一般的にいうと日本の美意識の1つと言われています。

侘び・寂びそれぞれの意味は違うものの一般的に見れば二つまとめて、質素で静かなもの問う意味として知られているそうです。

登場してきたのは、室町時代とも言われており歴史の深い言葉の一つです。

侘びと言う言葉には、本来本来は心身の状態などをあらわす言葉の一つでした。

つまりは、どこか寂しいという言葉の意味にも捉えることが出来、より二つの違いは曖昧であったことが用意に想像が付事でしょう。

その人間の内面を表す言葉の一つであった言葉が、美意識を表現する言葉になったのは、中世に近づくにつれての事です。

不足の美を表した表現とも言われておりその言葉がいつしかお茶の世界と結びついて来たのです。

この様に、日本にはゴテゴテ飾り付けずシンプルにそのものの質を楽しむという傾向があります。

その為、あえて静かな雰囲気を持つものが良いとされ、その方が品が良く素晴らしいと言われているのです。

最近では、他の国からの影響もあり日本人の中にある美意識も大きく変わってきています。

それによって新しい発見をするだけではなく、自己表現力なども身に付けることが出来るようになってきつつあるのかもしれません。

ですが、私たちの中には基本的に昔から培われてきた侘び寂びの気持ちがあることにこした事はありません。

その事をよく考え、日本人ならではの感覚も大事に過ごしていきましょう。

4.侘しい気持ちになり易い人とは?

侘しい気持ちとは、これまで説明してきたようにどこか寂しく、虚しさを感じるような状況に使われる場合が殆どです。

その為、楽しい気持ちと言うよりはどこか悲しい時などに使用される場合が多く、あまり楽しい状況とは言えません。

だからこそ、『侘しい気持ちになりたい』と思う人はあまり聞いたことがありません。

ですが、自分が望んだかどうかは関係なく侘しい気持ちを感じやすい人というものもいるのです。

その人たちの場合には、すぐに侘しい気持ちを感じてしまう事があるので決して嬉しいこととは言えないでしょう。

どんな人が侘しい気持ちになりやすいかどうかを知り、自分自信と比べてみて下さい。

沢山の項目が当てはまった人は、もう既に侘しい気持ちを経験しているのかもしれません。

日常的に侘しい気持ちを感じてしまって居るのであれば、原因をしりどうしたら侘しい気持ちになる事が無く過ごす事が出来るのかを考えてみてはいかがでしょうか。

そうする事により、自分の現状を打破する事が出来るかもしれません。

1.孤独感の強い人

侘しいという気持ちは、繁栄していたものが時間と共に衰退していったりする時に感じる言葉の一つです。

ですが、それ以外にも一人で居る時の静かな空間や、何もない心に対する表現として使用される場合があります。

そういった感情になりやすい人は、多くの場合孤独感の強い人がなりやすいとされています。

孤独感の強い人とは『いつも一人だ』『どうせ誰も私なんか見てくれて居ない』そんな思いがあるのかもしれません。

確かに人間は一人です。

どんなに信用している人であったとしてもいつしか裏切られてしまう事もあるかもしれません。

それは悲しい事ですが、仕方の無い事でもあります。

だからこそ、一人だと感じてしまう事もあるでしょう。

ですが、それでも人は一人では生きていく事が出来ません。

例え裏切られてしまう可能性があったとしてもそれを信じる事が大事なのです。

勇気を出して信用しても裏切られる事もあります。

もう二度と信用するものかと思う事もあるでしょう。

ですが、それでも信用する事を止めなければ、いつか必ず本当に信用する事が出来る人に巡り合う事が出来るでしょう。

人間の心は面白い物です。

自分からはなかなか信用する事が出来なかったとしても、相手が信頼してくれる事によって、自然と心を開く事が出来る場合もあります。

だからこそ、信じる事を止めてはいけないのです。

自分が相手を信用する事によって、相手もまた自分の事を信用してくれる事があるかもしれません。

だからこそ、信用する事を諦めてはいけません。

孤独感が強い人は、自分で自分に暗示をかけてしまっている事もあるかもしれません。

ネガティブな感情を常に持っている事によって、自然の自分の中の気持ちをネガティブな方向にひぱってしまっているのです。

そんな事をしていては、いつまでたっても前向きな気持ちを持つ事は出来ません。

自分の気持ちを変化させる為にも、後ろ向きな考えはさけ前向きに行動して行きましょう。

【孤独感が強い人については、こちらの記事もチェック!】

2.繊細な感性の人

『侘しい』という感情は他人や物に対して。

感情移入しすぎた際にも感じる感情の一つです。

その為、それを強く感じる人と言う事はそれだけ多くの人の感情に寄り添う事が出来て居ると言う事なのかもしれません。

他人の心を考え、寄り添う事が出来る人は、人間としてとても素晴らしい事です。

優しさの極みであり、多くの人から必要とされる人間になる事が出来るでしょう。

ですが、それによって自分自身が疲れてしまうのであれば意味がありません。

他人の事を考えて行動する事は大変素晴らしい事ですが、まずは自分です。

自分の気持ちを擦り減らしてまで、相手の気持ちに寄り添う必要はありません。

最近では、社会の中でも精神的な病気にかかってしまうケースが多々あります。

それは。

それだけ感受性豊かな方が多いと言う事なのかもしれません。

他人の出来事に対して自分の事の様に感じる事が出来るからこそ、心が疲れてしまう事もあるでしょう。

繊細な人は、それだけ優しい人だとも言えます。

侘しいと感じる事が出るのも、心がきれいだからなのでしょう。

ですが、それも度が過ぎれば自分自身を苦しめる事にも繋がりかねません。

その為、その際は自分自身への負担が大きくかからない方法を考え行動する事が大事なポイントとなるでしょう。

5.古文のテストで必ず出題された

『侘しい』という言葉は日常的には、さほど登場する機会の無い言葉です。

良く登場すると言えば、古文の世界でしょうか。

昔ながらの言い回しが大く出ている古文の世界出は、今では殆ど使用されていないような言葉が多く出てきます。

その中の一つがこの『侘しい』という言葉なのです。

古文のように今では使用する事が無い言葉が多く出てくるような物は、感覚で読む事は難しくきちんと勉強しなければ読み進めることが出来ないものになっています。

言葉を勉強する事は大変な部分も多くあるとは思います。

ですが。

それ以上に面白さを感じる事ができるのもまた事実です。

自分たちの住んでいる国の言葉の中で、知らないものがあるというのは少々寂しい部分もあるのかもしれません。

すべてを理解しろとは言いませんが、有名処だけはきちんと意味を理解しておくことも大事でしょう。

それを知る事によって、更に自分の中の文学の世界を広げることが出来るようになるかもしれません。

侘しいのよくある使い方

それではここで、『侘しい』という言葉を使った例文をいくつかご紹介させて頂きます。

文字の意味を知ったとしても、それを使用する事が出来なければ意味がありません。

また。

頭の中では意味は理解する事が出来て居るとしても、それを活用する事が出来なければ意味が無いでしょう。

その為にも、例文を読みより深く理解する事はとても大事なポイントと言えるでしょう。

今からご紹介させて頂く例文は、簡単なものばかりです。

そのため、より簡単に言葉の意味を学ぶ事が出来る事でしょう。

1.毎日ひとりで侘しく夕食を食べている

ここでの『侘しい』という言葉には、現状に対する嘆きのような気持が含まれて居ます。

寂しさなどもあり、より悲しい雰囲気になっている事でしょう。

『一人』と言う事を強調していると言う事は、誰かが傍に来て欲しい裏返しの言葉です。

その為、寂しさをアピールしていると言えるでしょう。

話の流れで、こういった言葉が出てきた場合には相手の出方をきちんと見極める方法があります。

もしかしたらその人は、離婚したのかもしれません。

一生独身で、最近寂しくなってきたのかも。

人の感じ方はそれぞれです。

こちらに悪気が無かったとしても相手を起こらせたり悲しませたりしてしまう事は大いにあります。

仲が良かったからこそ、一度のもめ事で連絡も一切取らなくなってしまうような人も出てくる事もあります。

そうならない為にも、相手の事を考えて行動する事が大事な事だと言えるでしょう。

2.彼は侘しい生活をしながら余生を送っていた

形ある物はいつかなくなるものです。

どんなに現役時代はバリバリ仕事をしている人も、迫りくる年齢に勝つ事は出来ません。

段々とフェードアウトして行きます。

それは、形ある野茂が無くなるようでどこか寂しさを感じる事もあるでしょう。

ですが、生活も満足度は人によって違います。

その人が侘しいと思うような生活でさえも、本人が満足しているのであれば全く問題ありません。

その事を考えず発言してしまうと相手を怒らせたり傷つけることもあるかもしれません。

3.心を映すような侘しい雨が降っている

これはいわゆる擬人化という技法です。

雨を人間に例える事によって、自分のこころの中の心情をより分かりやすく文章にしているのです。

自分の心の中を表現する事は難しい部分も多々ある事でしょう。

ですが、ここで比喩と呼ばれる技法や擬人化などの技法を使用する事によって、より多くの人に伝わるようになる事でしょう。

これらの言葉の使い方を学ぶ事によって、ぐっと文章能力を上げることが出来るでしょう。

そうする事により、いままで理解に苦しんでいた文章も簡単に物事を理解する事が出来るようになるでしょう。

4.侘しい寺社を訪ねた

これは、正に『侘しい』という言葉を最も分かりやすく表現した言葉でしょう。

かつて反映したお寺が寂びれてしまった。

人が居なくなってしまい、寄り付く人が居ない。

そんな寂しい恐恐を『侘しい』という言葉を使用して表現しています。

この使い方は、正に基本中の基本です。

物事は何事においても、基本が出来て居なければ上達する事はありません。

その為、まずは基本をしっかりと押さえることも需要なことでしょう。