なんかあの人ちょっと気になるんだけど、なかなか距離が縮まらない・・・という人はいませんか?
そんな彼はもしかしたら、”シャイ”な人なのかもしれません。

最近は自分からガツガツと女性に対してアピールをしない、「草食系男子」と言われる人たちが多くなっているようですが、シャイな男性もそのような草食系な男性に多いようです。

でも、シャイな人ってちょっとこちらが仕掛けたくなるような魅力も持っていたりもしますよね?
シャイな男性に母性本能をくすぐられる、なんて女性も結構多いんですね。

そこで今回は、シャイな男性の特徴と、そんな男性とどのように距離を縮めていけるのか、ご紹介していきますよ♡

自分が「シャイな人」かどうか、診断してみたい人はこちら →

シャイな人、周りにいませんか?

あなたの周りにもシャイな人っていませんか?
「シャイ(shy)」って言葉は英語で「恥ずかしがりの」という意味です。

日本語でもそのような意味で普段でもよく使いますよね。

シャイな男性ってつまり、恥ずかしがり屋さんなので、初めての人とすぐに打ち解けることができなかったり、異性と話すのが苦手という人が多くいます。

多くの場合人見知りでもあるので、一見とっつきにくそうに見えますが、根はとても優しかったり、友だち思いだったりすることもしばしばで、そんな本来の彼の姿を見てしまうと一気に惚れてしまうということも多いのではないでしょうか?
でも、そんなシャイな人と仲良くなりたいと思っても、結局どうしていいかわからない、こちらが何もしないと距離が縮まらないということがあるかもしれません。

シャイな彼自身も、どうやって初対面の人やまだ知り合ったばかりの人と仲良くなればいいのか、わからないのかもしれませんね。

では、シャイな人とどうしたら仲良くなれるのでしょうか?
そして、もしあなたの気になる人がいて、「あの人ってシャイなのかな?それともこちらに全く興味がないだけ?」と思う時にチェックしたい、シャイな人の特徴をご紹介します。

シャイな人の特徴12個


ではまず、シャイな人ってどんな特徴があるのでしょうか?
恥ずかしがり屋でもなく、いつも人と接するのが大好きで誰とでもすぐに打ち解けられるようなタイプの人にはわかりづらい言動の特徴というものがあるかもしれません。

だから、誤解されることも多いのがシャイな人の悩みでもあるんです。

なので、この特徴をちょっと調べてみるなら、シャイな人のことがもっと良く理解できるかもしれませんね♪

感情表現がニガテ

シャイな人は、自分の気持ちを表現するのがニガテです。

逆に、人との関わりに全く緊張もしないし、だれとでも全然仲良くなれるような人って、リアクション上手だったり、感情表現が豊かなので仲間内の中でも中心的な人物カモしれません。

そんな人たちの影で、自分のことをそんなに主張しないような男性はシャイである人が多いです。

だからといって、何も考えていないとか自分の意見がない、といったことはありません。

しっかりとした考えや感情がありますが、それを周りの人に積極的にアピールしたり表現することがないだけです。

だから、他人からは「何を考えているのかわからない」ということをよく言われます。

でも、何を考えているのかを自分から表現するのは苦手なので、それを上手に引き出してくれたり、察してくれるような人には徐々に気持ちを表現するようになっていくかもしれません。

ちょっと目線が下気味

恥ずかしがり屋の人は、人の目を見て話すことを苦手に感じる人が多いんです。

得に、異性の前や初対面の人の目をじっと見つめることが恥ずかしくてできない!という人は結構います。

よく「人の目を見て話しなさい」とは言われるけど、シャイな人は目が合うととっさにそらしてしまう、という傾向にあります。

それは、その相手を必ずしも嫌いとか興味がない、ということではないんです。

ただ、恥ずかしい・・・という思いがそうさせてしまっていることが多いんですね。

仲の良い一緒にいることを安心している友達同士ならそんなことはないのですが、まだ恥ずかしいという気持ちが残っていたり、緊張している時には目を見ることが難しいので、ついつい目線はいつも下に向いてしまいます。

なので、シャイな人は割かし目線がいつも下気味です。

目線が下気味だと「わたしに興味がないんだ」と思ってしまいがちですが、でも、その彼から殺気とかがでていなければ、そうとは限らないので早まってあきらめてしまってはいけませんよ。

もし、こちらのことを見てくれなくて目線が下気味のようだったら、横並びになって話すようにするとシャイボーイは安心してもうちょっと会話してくれるかもしれません。

無口である

恥ずかしがり屋の人は、まだ慣れていない人との会話を苦手とします。

緊張しちゃって、無口になったり、何かを話したくても言葉が出てこないなんてことがあるわけです。

本当は心の中では「もっと話したい!」と思ってはいても、なかなか自分の気持ちなどを表現することもできないし、話をどんどんふっていくこともできなくて、結果無口な人と思われてしまう、なんてこともあるんですね。

特にシャイボーイの特徴として異性の前では無口になってしまいます。

だから、せっかく気になる人と二人っきりになれたのに何も話せずに終わってしまった・・・なんんてニガイ思い出を持っている人も多いのではないでしょうか?
無口な人はクールな人と思われて、結構女性から人気ですが、無口の理由は恥ずかしいとか人見知りが原因であることも多いのです。

人は、他人の心を読むことができないので、言葉で気持ちを表現してくれたり何を考えているのかを表してほしいと思っています。

でも、シャイな人は感情表現が苦手なのと同時に無口でもあることが多いので、周りから「何を考えているかわからない」と言われやすいわけですね。

そっけない態度をとる

シャイボーイは、別に相手が嫌いなわけでなくてもそっけない態度をとってしまうことがあります。

だから、こちらがあいさつをしても反応が薄かったり、メールを送ってもそっけない態度で終わってしまうこともあります。

そして特に、好きな異性の前ではなんと周囲が「え?どうしてそんな態度をするの??」と不思議に思うほどのそっけない態度で接することがあります。

それは、恥ずかしい気持ちや自分の恋愛感情がばれてしまうことへの恐れがあるからです。

自分の感情を人に知られたり、オープンにすることを苦手とするうえに、相手にバレてはいけない!という必死の思いが働いて、極端な好き避け行動をとることもあります。

もし、相手からそっけない態度をとられると、「自分は好かれていないんだな」と壁を感じてしまいますよね?
それで、シャイボーイ本人は本当はその人に興味があってもそっけない態度で、相手に誤解を与えてしまうことも多いようです。

不器用さん

そして、シャイボーイは不器用さんでもあります。

相手の心をコントロールして、どうにかうまくやってやろう、というする賢さがないのです。

それで、自分の気持ちを相手に表現することも得意ではないので、誤解されやすく、そして真意というものが伝わらないということもしばしばなのです。

その結果、自分に自信をなくしてしまうこともあります。

恋愛においても、先ほどの好きな人にこそそっけない態度をとることと、この不器用さが加わると、好きな人に対する態度は、かなり露骨なものになり、人一倍避けてしまったりすることもあるようです。

でも根は優しい

一見、人との付き合いが難しそうな人に感じますが、じつは根はとても優しくて、その人を良く知る人たちからはとても好かれていたり、信頼されていることが多いのもシャイボーイの特徴です。

特に、同性の友だちから「あいつはいいやつだよ」と言わせるくらいの人の良さを持っていたりします。

だから、シャイな人は初対面の人からは誤解されやすかったり、付き合いにくいなと思われがちでも、時間をかけて付き合っている人たちからはちゃんとその良さを知ってもらっているのです。

ここが、シャイボーイが女性に結構モテるポイントであったりもします。

一見そっけない態度で、こちらに全然興味を示してくれないような男性の、ふとした時の優しさとか気遣いなどに触れるといっきに落ちる女性が多いわけですね。

自分の話をあまりしない

シャイな人は、自分の話をあまりしません。

基本、相手から聞かれたり振ってもらえないと、自分のことを発信することができないので、グループ会話の中では特に自分のことを話しません。

それには、自身のなさというものが関係していることもあります。

「こんな自分の話なんかして、相手はつまらないだろな」
そう考えてしまうと、自分のことを話すのをやめてしまったり、相手の反応が気になって自分のことを話せなかったりするわけです。

ネガティヴ気味

シャイな人は思考がネガティブ傾向にあります。

なんでも自分からはあまり発信できないことや、相手と積極的にかかわっていくことが難しいことから、もっと消極的になってしまうこともあります。

「こんな自分なんて・・・」という思いが強かったり、「どうせ・・・」という気持ちがあったりして、積極的に自分を人にアピールすることができないのです。

このネガティブ気味な思考が、もっとシャイにさせ、シャイだから、もっとネガティブになってしまう・・・というサイクルがあるのかもしれません。

自信がない

恥ずかしがり屋の人は、自分に対しても他人にことに対しても高い評価をあまりしません。

ある実験ではシャイな人に初対面の相手と対談してもらった後アンケートを取った結果、シャイな人は相手が実際に思っている以上に自分のことをコミュニケーションにおいて低評価していました。

自分のことを「親しみにくい」「社会性がない」と思ってしまうようです。

つまり、自分に対して自信を持てない人が多いということです。

そして、人の目が気になる傾向にあるので、恋愛においても積極的にアピールすることができなかったりします。

人は自分に自信がないと、他人に対してあまり積極的に関われなかったりしますよね。

自分への自身のなさは、人に嫌われるのが恐いとか、周りから変な目で見られたらどうしよう・・・という気持ちにつながるので、余計自分からの積極的な行動ができないわけです。

さらに、相手の消極的な異性にも敏感で、それを感じ取ると「こんな自分ですいません・・・」といった気持ちさえ感じてしまうようです。

自分と他の人を比較してしまう傾向もあり、もし自分に興味を示してくれる女性がいても、その自信のなさから「どうして自分のことが好きなんだろう」という疑問がわき、結局相手を突き放してしまうこともあるようです。

同性の友達の前では意外とノリが良い

初対面の人や他人に対しては無口だったりするシャイボーイですが、同性の友達の前ではけっこうノリがいいという特徴もあります。

いつも一緒にいるような仲の良い友だちに対しては、まったく普通に溶け込んでいて、とても楽しそうにしていることが多いです。

まだ仲良くない人とは距離を感じる彼も、同性の友だちの中では別に浮いている感じもないし、ノリについていけていないなんてこともなくて、とても楽しそうにしているなら、きっと彼はただ恥ずかしがり屋さんでしょう。

シャイボーイは同姓の友だちとの関係は全く問題ないけど、異性の前ではとても恥ずかしがり屋さんになって、まったく話さなくなったり、とっつきにくいような感じになったりします。

LINEなどの返信が遅め

シャイボーイって、LINEの返信が遅めなんです。

本当は連絡をもらってうれしいのに、すぐに返信しなかったりします。

どうしてそうなのか不思議に思いますが、もしすぐに返信したら気持ち悪がられるかなって思ってしまうのです。

本当はうれしいけど、それを知られるのも恐いという心理もあるようで、ついつい時間を空けて返信することが多いようです。

本心では「今すぐに返信したい!」と思っていても、その高まる気持ち自体が恥ずかしくて逆に返信できない、ということがあるんですね。

つまり、いろいろと考えてしまうからこそ、素直になれないんです。

シャイボーイは、何かはしゃいだり自分の気持ちのまま素直に行動することができないので、好きなからのメールだと、なおさら返信を遅らせてしまうことがあるみたいです。

LINEの文章が短文

さらに、LINEの返信が短文で終わり、ということもあります。

「そうだね」とか「了解」とか、そっけない文章だけだったりするのです。

普通、そんな短文の文章だけが送られてくると、自分には興味ないんだなと脈なしだと感じてしまいますよね?
だって、もし少しでも好意があるならLINEって少しでも長くしていたいし、ついついもっとやり取りを引き延ばすためにがんばっちゃいます。

でも、シャイボーイの場合その逆だったりするんです。

本当は自分のことをあれこれと送りたいし、好きな人とならもっとやり取りしたい、という気持ちがありつつ、それでも何を言ったらいいかわからないし、相手の反応が気になるし、相手はもっとやり取りしたいのかわからないから、短文しか送れないということもあるわけです。

だからシャイボーイが相手の場合、LINEの文章が短文だからといって、必ずしも「嫌われた」と思わなくていいのですね。

自分が「シャイな人」かどうか、診断してみたい人はこちら →

シャイな人の恋愛傾向は?

シャイな人の特徴をちょっと見てみましたが、あなたの周りのアノ人の行動にも当てはまりましたか?
では、シャイな人ってどんな恋愛傾向を持っているのでしょうか?
もし、あなたがシャイな男性と恋愛をしている、もしくは気になる人がシャイボーイだ、というのなら、彼らの恋愛傾向をぜひチェックして、ちょっと彼を分析してみてください♪

恋愛に興味がないわけではない

シャイボーイは、一見女性とあまり接点を持ちたがらないようにも見えるかもしれません。

でもじつはそうではないんです!
決して恋愛に興味がない、ということではありません。

でも、自分に自信がなかったり、恥ずかしさというものがあって自分から積極的に異性にアピールすることができないだけです。

そして、自分の気持ちを知られたりするのが恐いを感じるので、恋愛においては特にその気持ちを隠そうとします。

それで、好きな人に対して意識ししすぎて避けるような行動をしてしまったり、傷つくことを恐れて
自分からは気持ちを明かさなかったりします。

つまりは、草食系な男子なので女性のほうからアピールされると、恋愛に踏み込めるタイプです。

自分からデートに誘えない

シャイボーイは恥ずかしさと自信のなさから、自分から女性をデートに誘えません。

本当はずっと気になっていて好きなのに、自分から誘うことができないので全く恋愛が前に進まずにそのまま終わってしまうこともあるんです。

なので、もしシャイボーイを好きになったなら、デートのお誘いは女性のほうからしたほうがよいでしょう。

それも、「どこに行こうか?」と聞いて彼に全部を任せるよりも、「○○とか、○○に行ってみたいんだけど、どこか行きたいところある?」というように具体的な提案をしつつ彼の気持ちを引き出すような方法でデートに誘ったほうが彼にとって負担にならないで成功しやすいでしょう。

女性に慣れていない

シャイな男性は自分から女性たちにアプローチしないため、女性経験が少ない傾向にあります。

そのまま年齢を重ねていき、女性経験が全くないあるいは少ないままでいると、それ自体がどんどんと自分への自身のなさになっていることもあります。

それで、恋愛経験が少ないと女性にどう接していいかわからなかったり、女性に対して免疫がないので、上手に恋愛を発展させることができません。

むしろ、好き避け行動をとってしまうことも多く、相手の女性からのはっきりとした気持ちが確認できないと何もできない傾向にあります。

そして、女性といい感じの雰囲気で二人っきりになれたのに、キスしたり、手をつないだりすることができなくて女性からすると「どうして何もしてくれないの?」と好意を疑われる結果になることもあります。

それで、女性に慣れていないゆえに上手に女性をエスコートしたり、女性の気持ちがよくわからなかったり、どうすれば喜ぶのかをあまり理解していなかったりする上に、もともとシャイなので余計に自分からリードしていくことはありません。

それで、彼の気持ちがどこにあるのか、自分に好意を持ってくれているのか、ということは彼の行動やアピールで確認したい、と思うかもしれませんが、シャイボーイはあまりそれを素直に表現しないので、本心を見極めるのはちょっと難しいようです。

もし気になるシャイボーイがいるのなら、女性が自分でリードしたり、攻めていく行動力が求めれます。

真面目に恋愛をする

シャイで人見知りの人は、一度心を許した相手をずっと大切にします。

だから、深く長い付き合いができることが多いんです。

それで、シャイな男性は一途でまじめな恋愛をする人が多いです。

恋愛においてはとても慎重ですが、それでも一度心を許しお付き合いしている女性をとても大切にして誠実にお付き合いする傾向があります。

付き合ってみると、とても甘えん坊だし誠実に向き合ってくれるというシャイボーイの彼氏を持っている人は少なくありません。

逆に、だれとでも仲良くなって男女ともに友だちの多い人というのは軽い人も多いので遊んでいるっ人もいいんですね。

積極的でいつもみんなの輪の中心になるようなアクティブな人は、すぐに仲良くなりやすいかもしれませんが、真剣な恋愛をするのは難しいかもしれません。

でも、シャイな男性は距離を縮めて心を許してもらえるまでに時間がかかったり、女性のほうからの積極的なアプローチが必要かもしれませんが、その分まじめな恋愛をしやすく、結婚に至るケースも多いでしょう。

オクテである

まじめで一途で誠実なお付き合いができるとはいえ、恋に奥手であることは事実です。

それで、自分からリードしたり強引に迫ってくることはありません。

女性は、ちょっと強引な男性に魅力を感じたり、ちょっと危なっかしい男性にもコロッといってしまう、というところがありますが、シャイボーイが相手だと、時々物足りなかったりすることもあるかもしれません。

でも、シャイボーイは一度相手からの好意を確信すると、積極的になれるところがあるので、女性はあきらめずに明確なアピールをする必要があるでしょう。

この点では、シャイボーイはちょっとめんどくさい恋愛対象で、常に受け身態勢なので、そこで疲れて気持ちが覚めてしまう女性もいます。

アプローチはとても慎重

シャイボーイが女性にアプローチをかける時には、かなり考えそして覚悟を決めてのことです。

基本的には、自分からアプローチをかけるのが苦手なので、相手の女性が確実に「脈あり」と判断できるまでは動こうとしないことが多いのです。

やはり、自分のことも恋愛においても自信がなかったり、「嫌われたらどうしよう・・・」とあれこれ考えるので、動くのはとても慎重になってしまうのです。

好きな人には自分の話をする

シャイボーイは初対面の人や親しくない人に自分の話をすることを苦手とします。

でも、自分の好きな人には自分のことを知ってほしいと思っています。

それで、あんまり自分のことを話さない彼が自分のことをちょっと話し始めたら、それはあなたに心を開いている、あなたに自分のことを知ってほしいと思っている、というサインです。

だから、その時のあなたの反応はとっても大事!
この時、相槌を打って、目を見て話しをゆっくりと聞くようにするなら、シャイボーイは安心してもっと話してくれるようになるでしょう。

逆に、この時にあなたがテキトーな反応をしてしまうと、「こんな自分のことなんてつまらないよね・・・」というようにシャイボーイのネガティブに火をつけてしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

好きな人にはさりげない気遣い

あまり人に積極的にアプローチをしないのがシャイな男性ですが、それでも好きな人にはさりげない気遣いとか親切をしてくれたりするのです。

でもそれは、あからさまなものではなく、本当にさりげないものだったりするので、ちゃんとそれを見逃さないことが大事。

シャイボーイは気持ちを前面に出すことはしませんが、でも本当は心の中ではいろいろと考えているし、好きな人のことをちゃんと観察しています。

だから、ふとした時にあなたの何か落としたものをすぐに拾ってくれたり、なんだか親切にしてくれるなぁと感じたら、それは彼のさりげないアプローチかもしれません。

強引に迫ってくることはありませんが、ささいなことでちゃんと好きな人に近づこうと努力しているので、見逃さないように、そしてその気遣いや親切をしてくれた時には、最高の笑顔で「ありがとう」と言って彼自身がもっと自信を持てるようにしてあげましょう。

自分が「シャイな人」かどうか、診断してみたい人はこちら →

シャイな人と仲良くなるには?

あまり感情を人にさらけ出すことのないシャイな人も、一度心ゆるした相手にはどんどんと距離を縮めていくことができます。

なので、シャイな人と仲良くなるためには、どうしたらその人の心の扉を開けることができるのか、ということがポイントになってきます。

それには、こちらからの努力とアピールが不可欠になってくるのですが、どんな行動で彼の心に入り込むことができるのでしょうか??

笑顔で接する

まず、心がけるべきは笑顔です!
朝会った時には欠かさずに笑顔で自分から「おはよう」と声をかけましょう。

最初はあまり返答してくれないかもしれませんが、そのうちに挨拶を返してくれるようになるかもしれません。

そして、ちょっと目が合った時にはニコッと微笑んでみましょう。

シャイボーイは自分に自信がないことが多いので、相手からの好意を感じないと心を開くことはないかもしれません。

笑顔は言葉はなくても、言葉以上に力があったりします。

そして、笑顔は人の心を安心させたりホッとさせるので、それだけでも彼の心の壁を少しづつ壊すことができるかもしれません。

話をちゃんと聞いてあげる

シャイな人は「自分の話なんて…」と思っていることがあります。

なので、あまり自分のことを話さなかったり口数が少なかったりするでしょう。

でも、ちょっと何かを話した時、あなたが親身になって真剣に話を聞いてくれるなら、自信をもててもっと話してくれるようになるかもしれません。

よーく相手の話を聞くということは、相手の信頼を勝ち得ることにつながるので、シャイな彼が話し始めたら、ちゃんと話を聞いてあげて、質問したりして彼の気持ちなどをもっと引き出してあげましょう。

ちょこちょこ話しかける

恥ずかしがり屋の人は、急に相手から迫られてくると引いてしまったりすることもあります。

だから、少しずつ距離を縮めていきましょう。

挨拶からはじめて、何かあったら一言でも話してみるんです。

最初からたくさん会話しようと質問攻めにしたり、こちらの話で圧倒してしまうと、シャイな彼にとっては負担になってしまうこともありますから、ちょこちょこ話しかけて、少しづつ仲良くなるようにしましょう。

そうしているうちに、意外なタイミングで彼は自分をさらけ出し始めるかもことがあるので、それまでこちらの辛抱やあきらめない態度が必要かもしれませんね。

みんなの輪から外れていたら声をかける

シャイな人は、大勢の場になると一人輪から外れてしまったり居心地が悪そうにしていることもあります。

その時を見逃さずに、声をかけましょう。

みんながわいわい盛り上がっていても、彼がちょっと脇に一人で座っているなら一緒にちょっと座って同じ目線で話すといいかもしれません。

シャイな人は、大勢を前にすると話せないという人もいるので、二人だけの安心できる雰囲気で声をかけるといいかもしれません。

褒めてあげる

自信がないシャイボーイの心の扉を開けるためには、褒め言葉は欠かせません。

彼と接していたり見ていて、何か褒めてあげられることを少しでも見つけたらちゃんとそれを言葉にして伝えてあげましょう。

褒めると相手は自信をもつことができます。

そして人は、自分を認めてくれていたり、いいところを見てくれる人を信頼したり、心を開けます。

なので、褒めることを忘れないようにしましょう。

ほどよく自分の深い話をする

シャイな人は、口数が少なく「何考えているかわからない」とよく言われるかもしれませんが、じつは自分の中であれこれと人一倍考えていることがあります。

だから、深い話ができる相手でもあります。

もし、あなた自身が自分についてのちょっと深い話をすると、そのことについても親身になって聞いてくれるかもしれません。

それも、あなたが深い話や自分のことを彼に話すことによって、「あなたのことを信頼していますよ」ということをアピールすることができます。

シャイな人も自分を頼ってくれたり、相手が心を開いてくれることをうれしく思って、相手からそうしてもらうと自分も心を開きやすくなるので、程よいタイミングで自分の深い話をしてみるのもいいでしょう。

ただ、自分の話ばかりを永遠と聞かせると相手はうんざりしてしまいますので、ほどよくがポイントですよ。

シャイさんとうまく付き合おう!

シャイさんは一見、付き合いにくそうに見えるかもしれませんが、じつは仲良くなるととても深くて誠実なお付き合いができる相手なのです。

恋愛においてはとても奥手で、自分からリードしたり積極的に行動することが難しいし、好き避け行動をしてしまうほど恥ずかしがり屋だったり、自分に自信がなかったりすることもありますが、うまく付き合うならきっと心を通じ合わせることができるでしょう!