CoCoSiA(ココシア)

徹底して何かに打ち込むべき14個の理由


徹底とは中途半端ではなく、一貫していることを意味します。

仕事やプライベート、中途半端で宙ぶらりんな状態になってしまっている人はたくさんいるでしょう。

何か1つ徹底してやりとげたことはありますか?

恐らく学生時代のテスト勉強や就職活動と答える人が、多いのではないでしょうか。

️徹底して何かに打ち込んだことはありますか?

社会人になってから徹底して何かに打ち込んだことはありますか?

会社に入ると忙しくなり、プライベートも充実出来るか分からないという人もいます。

最近では家に引きこもりで、よくゲームやアニメに徹底して打ち込んでいるという人が増えていますが、決して悪いことではありません。

何かに徹底できるということは、それだけ夢中になっているということなのですから。

徹底して打ち込むことは大事な行動


徹底して打ち込むことはとても重要ですが、そのためには集中して行わなければいけません。

集中力が低い、そして何かを成し遂げようとする意識が低ければ、徹底しようとしても必ずどこかで徹底できなくなってしまいます。

何かに徹底することはとても大事な行動で、仕事やプライベートにも左右されるでしょう。

️徹底して何かに打ち込むべき14個の理由

無気力な状態、気持ちが枯れ果てている状態では集中力が欠けているので、徹底すると決めても上手くは行きません。

何かに目標を設定してから挑んでみましょう。

効率が良いのは、成果や評価の上がりやすい勉強や、仕事などが良いかもしれませんね。

結果を残しやすい


学校の勉強や仕事などは、徹底して頑張った分結果が一番残りやすいです。

見えない結果だと人はあまり頑張ろうという気力がありません。

しかし目に見えて結果を残しやすいものだと、他の人から評価される、いつまでもその結果を良い見本として残しておくことが出来ます。

結果は自分の努力のたまものなので、自分が徹底してやったことは決して無駄ではないのです。

勉強、そして仕事を頑張った人にはそれ相応に徹底して努力し、頑張った結果良い学校、上への地位や給料アップなど、良いことが絶対に待っています。

効率が上がる

結果を残すという目標を立てると、無我夢中で頑張ろうとするでしょう。

そうすることにより、自分のテンションもアップし集中力の持続力も身につきます。

仕事やその他以外のこともそうですが、効率を上げたいと考えるのであれば、1つのことに徹底してやり遂げて下さい。

1つのことを集中してやり遂げていないと、どこかで必ずミスをするものです。

あれもこれもしないといけない、これも気になるけどどうしたらという考えは捨てた方が良いかもしれません。

並行して行わないといけない仕事もありますが、区切りの良いところを見つけて、徹底して細かい箇所も調べて間違い無いと思ったら次に進みましょう。

時間はかかるかもしれませんが、早ければ良いという訳ではありません。

遅い早いではなく、ミスがない方が仕事や勉強などの効率がグンとアップしますよ。

効果が出やすい

物事を徹底して行っていると自然に身体が覚えてくれるので、自分自身忘れないように習慣付けることが可能です。

例えば今までミスばかりしていた人が、意識的に気をつけて3回チェックするようにしていたけど、いつの間にかそれが当たり前のように身についていたという事例があります。

ただ自分ではあまり気が付きにくい効果でもあるかもしれませんが、ふとしたときそれに自分で気がつくか、または他者から指摘されたときに初めて分かるものです。

何かに徹底して行っているとき、なるべく効果が出ているかどうかは気にしないで下さい。

効果を気にしてしまうと、結果はおろか途中で集中できにくくなっていまいます。

効果は早い人で、1ヶ月くらいで出ているかもしれませんよ。

ストレス解消になる

何かに徹底して行っているときは、ストレスを感じにくくなっています。

夢中になって行っている状態なので、周りから何と言われようとも一切気にしなくなっているのです。

いわゆる無我夢中の境地と呼ばれる状態にあると思っておいて下さい。

ストレスがあると何もやる気がなく、毎日生きていることが辛い、ストレス解消をしようとしても余計にストレスが増えていくといったこともあったでしょう。

徹底している状態だと、気力がみなぎっているので、何をしても上手く行くのです。

基本的にケアレスミスなどがなくなり、これで良いかもという中途半端な考え方が減るので、ささいなことで怒られたり注意されることもなくなります

モチベーションが上がる

徹底しているときは、がむしゃらになって行動をしているので、モチベーションも上がりやすくなっています。

やる気がないとモチベーションなんてあがりませんよね?