セレブリティ…それはなんとも優雅な響きで
一般的に知られているのは「お金持ちで優雅な暮らしをしている人」ですよね。

芸能人や有名人などがとてもリッチな海外旅行をしているところやパーティーしている番組や写真などを見ると「セレブだなぁ」と感じますよね。

一般人にはそう日常ではないようなことをしているセレブリティな人を見ると、「羨ましい」「面白い」「妬ましい」など色んな感情が入り混じるものです。

ですが、今ではセレブリティな人の印象は「お金持ち」というものになっていますが、昔は単純に「お金をたくさん持っている人」という意味ではなかったのです。

元々は違う意味だったセレブリティが何故だか今はお金持ちのイメージですよね。

今回は、そんな謎に溢れて、一般人には程遠いセレブリティな世界の人についてをまとめました!

️セレブリティな人を知る

セレブリティな人とは一般人からしたら雲の上の人で知らないことがたくさんですよね。

テレビや雑誌などでその華麗なる経歴や武勇伝などを知っては驚かされてばかりのはずです。

知れば知るほど興味が尽きないセレブリティな人、一体どんな人なのでしょうか?

️セレブリティとは?


セレブリティな人を知るために、まずはセレブリティという言葉のルーツや元々の意味を理解するところから始めたいと思います。

なんと、昔のセレブリティは今私たちが持っている「お金持ち」というイメージとは違うものだったのです…!

ラテン語のcelebrātus

セレブリティという言葉はラテン語の「celebrātus」という言葉が語源になっています。

「celebrātus」には、日本語では「祝賀」「賛美」などの意味があります。

この「celebrātus」が9世紀から14世紀にフランスで使われていた古フランス語を介して、中世の英語に取り込まれることによって「celebrity」へと変化したものだと伝えられています。

「celebrity」には「繁華」「名声」「群衆」などの意味があり、今の日本でよく使われている「お金持ち」という意味ではなかったのです。

英語のcelebrity

前の章でもお伝えしましたが、英語の「celebrity」という言葉は、古フランス語を介して中世の英語に取り込まれた14世紀ころには既にあったと言われています。

でもこの頃は「名声」などという意味合いが強く、まだ今のように「お金持ち」「裕福な人」という意味では使われていません。

では具体的にどのようなときにセレブリティという言葉が使われていたのかということをここでは少しご紹介していこうと思いますよ。

名声

何かを成し遂げたり、誰かを救ったりして人々から評価を得ることを「名声を得る」と言いますよね。

そんな名声を得た人々のことをセレブリティと呼んでいました。

有名人


著名人や有名人、名士など、誰しもが知っているような有名人もセレブリティと呼びました。

著名人とはいい意味で名前が人々に知られている人の事をいい、人気小説家なとがセレブリティな人に挙げられます。

また、名士とは地主や地元でとても頼られるお医者様などのこといい、こちらもセレブリティの呼ばれます。

ただ、有名人はちょっと毛色が違い、いい意味で有名な人だけでなく悪い意味で有名な人のことも含みます(犯罪者など)。

著名人や名士は「人々から人気がある、尊敬される」という意味があるのですが、悪い意味での有名人もセレブリティに含まれるなんて、ちょっと違和感ですよね。

貧乏でも有名であればセレブリティ

名声を得ている人や有名人のことをセレブリティと呼び、これらの人がお金持ちであることをセレブリティの条件としていませんでした。

どれだけお金がなくて貧乏でも、名声があり有名人であれば誰だってセレブリティな人になるのです。

日本のセレブリティ

日本でセレブリティな人と言えば、世界中のイケメンや有名人に愛される叶姉妹や今やセレブママとして活躍する神田うのさん、インドネシアの元大統領婦人であるデヴィ夫人などを思い浮かべる人が多いと思います。

実際に彼女たちはその豪華な暮らしっぷりや華麗なる生い立ち、経歴などは一般人であるとは言えません。

そんな彼女たちはどんな生活をしているの、みんな興味津々です。

お金持ちで裕福な人

セレブリティといえば、真っ先に「お金持ち」「裕福な人」というイメージがある人が一番多いでしょう。

ほかの章でもお伝えしていますが、本来のセレブリティとはちょっと違いますが、今日本で一番定着しているセレブリティの印象はズバリ「お金を持っている人」でしょう。

一般人とはかけ離れた存在

食べたいものがあればすぐさまにヘリコプターで現地まで飛び、旅行に行きたいと思ったら次の瞬間にはプライベートジェットの乗り込んだり…一般人ならじっくりと計画を練って、仕事の休みを調整したり、予算を考えたりなどして数週間や数ヶ月単位で実行することを、「やりたいことは、すぐやる!!」とお金を惜しまず一瞬で叶えてしまうのがセレブリティです。

お金は当然ですが、その行動力も驚くべきものですよね。

一般人が夢だと思っていることを、あっという間に実現してしまう実力を持つセレブリティは、一般人から遠くかけ離れた存在と言えるでしょう。

元々お金持ちの意味はなかった

前の章でも触れましたが、セレブリティとは名声のある人や有名人に使われていた言葉であり、お金持ちという意味では使われていませんでした。

名声のある人や有名人は結果としてお金を持っている人が多いですが、みんながみんなそういうわけじゃないですよね。

それでもセレブリティという言葉は使われてきました。

今ではすっかり「お金持ちな人」のイメージが定着しているセレブリティですが、一体いつからお金持ちという意味で使われてはじめたのでしょうか?

1990年頃からお金持ちが含まれる傾向に

日本におけるセレブリティは、1990年代から「お金持ち」の意味を含むようになりはじめました。

その影響としては、ゴージャスでリッチな謎の有名人「叶姉妹」によってもたらされたました。

名声を得るために何を成し遂げたかということも謎、人々から尊敬されるような著名人というワケでもなさそう、これまでの「セレブリティ」の意味に該当する要素はなかったかのですが、世界をまたに掛けたゴージャスな暮らしっぷりや振る舞いに人々、特にマスコミは彼女等のことを「セレブリティ(セレブ)だ!」と言い始めたことによって日本では空前の「セレブリティタレントブーム」を向かえました。

叶姉妹を皮切りに、お金持ちのタレントがそのゴージャスな暮らしっぷりや浮き世離れした性格、天真爛漫な振る舞いを発揮してテレビを騒がしはじめたのです。

こう思うと、セレブリティが「お金持ち」「裕福な人」という意味で使われ出したのは割とつい最近だったということがわかりますよね。

つまりセレブリティな人とは

このように、あるとき突然意味が変わり始めたセレブリティという言葉ですが、今でいうセレブリティにあたる人はつまりどういう人のことを言うのかをまとめました!

少し特殊な存在

今でいうセレブリティとは、ただお金を持っているだけでなく人々から注目されるような存在であることがほとんどです。

身近ですぐに会える存在であるというよりも雲の上の存在という少し特殊な存在なのです。

単なるお金持ちとも異なる

お金持ちでも、そこそこの小金持ちだったり、有名ではなかったり、スター性やカリスマ性がなければ現代でいうところのセレブリティとは言い切れません。

桁を外れたお金持ちで、個性も話題性もある人が、現代のセレブリティにあたると思っていいでしょう。

️セレブリティな人の9個の特徴

セレブリティな人のイメージといえば「お金持ち!」というのがほとんどでしょうが、セレブリティな人にはお金を持っていること以外にもまだまだ特徴があります!どれもお金を持っているセレブリティゆえの特徴ばかりで「そう言われれば、そんな感じ!!」と納得するものばかりだと思います。

しかし、なかには一般人でも当然に持っている欲求や特徴があったりして「レベルや次元は違うけど、ちょっと共感できるかも」というものもあります。

ここでは、セレブリティな人の9個の特徴をご紹介していきます!

ブランド品を多く持っている

セレブリティな人と言えば、「豪華なブランド品をたくさん持っている」というイメージですよね。

実際、そのイメージにほぼ間違いはなく、セレブリティな人は超一流のブランド品を「これでもか!」というくらいたくさん持っている人がほとんどです。

よくテレビなどでブランドの新作発表会の様子が流れますが、それに招かれているタレントの多くはセレブリティなタレントばかりですよね。

セレブリティな人はブランドの見せ方をよく知っており、普段から持ち慣れているのでナチュラルな雰囲気でそのブランド品を身に付けることが出来るます。

そんな姿に「ああ~!このブランドステキ!!」と人々をうっとりさせるような魅力があります。

ブランドももちろんステキなのですが、身に付けているセレブリティな人がブランドに慣れているからこそ、その魅力を引き立たせることができるのです。

また、セレブリティな人の持ち物がブランド品ばかりなのは金持ちアピールや見栄とかではありません。

「純粋な気持ちで、いいものを持っていたい」「素材にこだわりたい」という思いから、自然とブランド品に行きつくことが多いです。

また、セレブリティな人の親はまたセレブリティな人です。

親が物を見る目があって素材などにこだわっていたり、ブランド品に囲まれる生活をしていりしているのを見ているので、品質も名前も確かなブランド品を選ぶのが普通になっているセレブリティな人もいます。

「一点豪華でブランドを使っている」「素材は二の次、三の次で、プチプラをいかにたくさん所有して、コーデの幅を広げるか」などと考えている一般人とはそもそも育ちが違うのです。

上質な雰囲気がある

どれだけ超一流のものに囲まれても、人となりが微妙な人っていますよね。

確かにお金持ちなんだけど、「このパーティーには一般人には考えられないくらいのお金がかかってる」「このブランドの魅力は一般人にはわからないだろうなぁ」など、一般人をちょいちょい見下すような発言や雰囲気を漂わせると「身にまとっているものは高級品なのに、なんか下品」「親が金持ちなだけの、絵に描いたようなイヤな金持ちジュニア」と思われてしまいます。

また、一気に事業を成功させて突然お金持ちになった「成金」の場合にはこの傾向が顕著になります(もちろん、成金でもステキな人はたくさんいますよ)。

本物のセレブリティな人は、一般人から見ても確かに感じる「上質な雰囲気」というものがあります。

育ちがいいので、ちょっと浮き世離れしたところがありますが、決して一般人を小バカにするようなことはなく、セレブリティであることを鼻にかけないというのが人から愛される本物のセレブリティというものです。

一夜漬けのようなお金持ちには出せない、生まれついてのセレブリティは雰囲気がひと味もふた味も違うものです。

高級感が漂っている

セレブリティな人は、いつも超一流の「いいもの」に囲まれて生活しています。

住んでいる家はもちろん、家具、着るもの、持ち物、食材に至るまで最高級のものばかりです。

ですがセレブリティな人はそれを鼻にもかけず、当たり前に過ごしています。

何故なら、セレブリティな人にとってはそれが本当の本当に当然のことだからです。

また、教育やマナーも超一流のものを受けているので死角はありません。

もしかしたら勉強が苦手なセレブリティな人もいるかもしれませんが、だいたいのセレブリティな人は語学が堪能(しかも、1つでなく数ヶ国語)なので勉強が苦手という短所を補っても余る部分があります。

普段から色んな異国に行き、極上のおもてなしを受けていると発音もキレイで高級感があります。

セレブリティな人に嫉妬して「せめてバカであれ!」と望んだ人は残念でしたね…(私です)
そんな「いいもの」「いい環境」に囲まれている環境やそれが当たり前の日常を過ごしていると、高級感が漂うようになるのは当然のことです。

ファッション

常にお金を惜しまずオシャレに徹してきた人に囲まれて育ったセレブリティな人は、いつだってオシャレに気を遣っていてみんなの注目の的です。

デザインだけでなく、もちろん素材にもこだわっているので着ているものは全部一流のものです。

みんなが憧れるハイブランドの服だって部屋着になります。

時にはシンプルなデザインのものを着ていて「こないだ◯◯◯(大衆のショッピングモール)で同じようなデザインのものを見たよ!」とちょっと親近感がわくかもしてませんが、それは勘違いです。

似たようなデザインでも、セレブリティな人が着ているその服は一般人が着ているものよりもゼロが1つ(または2つ)ほど多いお値段です。

ですが、そういう類似品を揃えることによってセレブリティな人のステキファッションへちょっとだけ近づくことができます。

セレブリティな人はいつも一流のもの、最先端の流行を見ているので、トレンドに乗っかったオシャレなファッションをしたい人は、テレビや雑誌によく出ているセレブリティなタレントを追い続けてお手本にすると、自然とオシャレ能力が身に付きますよ。

モノは違ったも、できる限り近いものを探してオシャレファッションを楽しみましょう!
また、オシャレなセレブリティな人の中には「1度着た服は、もう着ない」という恐ろしい考えの人もいます。

汚れてもいないのに、何で?って思いますよね…専属でクリーニングや洗濯する人だっているでしょうに…
洋服(しかもハイブランド)の消耗品扱いは一般人にとっては理解に苦しみますよね。

ほかには、衣装部屋と称して莫大な数のブランド服やバッグを収納するだけの部屋やマンションを所有するセレブリティな人も。

ファッションへの情熱や考え方は一般人とは別次元のものです。