最近よく耳にするようになった、「晒す」という言葉。

インターネットの普及に伴って、今は簡単に個人の情報がネット上に晒される世の中になってしまいました。

今この記事を目にしているあなた自身も、公の場に自分の情報が晒されてしまった、なんて経験があるのかもしれません。

そんな恐ろしくも、無関係の人にとっては常に好奇心の対象である「晒し」の元々の意味や、どういったものが晒されるのかについて詳しくご紹介していきます。

晒すってどういうこと?詳しく説明していきます

晒す、と聞くと、どのようなことが思い浮かびますか?

「雨風に晒す」「人目に晒される」といった言葉の他にも、「晒し首」などという恐ろしい昔の風習を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

大抵は、何かに晒すといった意味合いで使われることが多いですが、その使われ方があまり良いことに対してではない場合は、晒すという言葉は私たちにとってネガティブなものに思えてしまいます。

しかし、そもそもはどのような意味合いで使われていたのでしょうか?その詳しい意味合いについて、これからご紹介していきます。

晒すの基礎基本


晒すという言葉は、元々どのような意味で使われていたのでしょうか?また、本来はどのような使い方をされていた言葉なのでしょうか?

私たちが日頃当たり前のように使っている言葉は、本来の言葉の意味とは異なった意味として使われていることも、最近ではあまり珍しくはありません。

いわゆる「誤用」なのですが、例えば次のような誤用があります。

「確信犯」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

この言葉、現代では「悪いと分かっていながら悪事を働くこと」という意味で使われることが多いのですが、実は間違った使われ方なのです。

確信犯の本来の意味は、「信念に基づき、『正しいことだ』と思い込んで行う犯罪」です。

本来の意味では、確信犯は自分の犯罪を「悪い」ことではなく、「正しいことだ」と思い込んで行っているのです。

これが現代では「悪いと分かっている上で犯罪を行う」といった意味に誤認されています。

このように、言葉の本来の意味とは異なった使われ方をされている言葉も少なくはありません。

では、「晒す」という言葉はどうでしょうか?本来の意味や使い方、類義語などを見ていきましょう。

辞書的な意味

晒すという言葉の辞書的な意味はたくさんあります。

例えば風雨や太陽の下で何かを当てて干すことを意味したり、また野菜などの臭みを抜くために水に浸しておく行為を意味する言葉だったりします。

これらは動作としての意味ですが、そのほかにも広く人目に触れるようにしたりすることを「恥を晒す」と言ったり、また避けることが出来ない難しい事態に身を置くことを、「危険に身を晒す」と言ったりもします。

さらには、新聞などをじっと見る動作を「目をさらす」と言うこともあり、日常的な動作から精神的なものに至るまで、広い意味合いで使われることの多い言葉です。

使い方

使い方は、辞書の意味で挙げたようなものが多いです。

何かを自然の天候に当てたり、水に浸したりと物理的な動作として使われることが一般的です。

また、人目や危険に身を置くことのように、物理的なものではなく、現状や精神的な意味合いで使われることも少なくはありません。

ただし、「新聞や本などに目をさらす」といった言葉の使い方をされることはあまり一般的ではないでしょう。

ネット社会となった現代では、SNSのようにインターネット上で不特定多数の人間が見られる環境に個人情報などを公開することを「晒す」と表現することが多く、この使われ方はかなり近代的と言えるでしょう。

類義語

晒すという言葉の類義語として、「曝す」という言葉があります。

この言葉は漢字が異なるだけで、読み方や大体の意味は「晒す」と似ています。

自然の天候に何かを当てたり、水に浸したり、また危険な立場に身を置くことなどの意味の時に、この「曝す」という類義語を用います。

一方で、ネット上に個人情報を公開するように、不特定多数の目に何かを晒す時の類義語としては、「むき出す」「さらけ出す」「露呈」「暴露」などの言葉があります。

読み方

「晒す」の読み方は、「さらす」です。

元々は人名用の漢字ですが、これまで挙げたような意味で用いられることが多いです。

音読みでは「サイ」、訓読みでは「さら(す)」と読みます。

よくある晒し行為


晒すという言葉の持つ本来の意味や使い方が分かったところで、次はよくある晒し行為について挙げていきます。

ここから先は、「不特定多数の目に触れる・触れさせる」といった意味合いでの晒す行為についてです。

すなわち、私たちが日頃よく使っている「晒された」「晒しにあった」という言葉としての行為についてのご紹介をしていきます。

ネット晒し

ネット晒しとは、言葉の通りインターネット上に晒す行為をいいます。

一般的には個人情報など、あまり不特定多数の目には触れられたくないものを意図してあげる、もしくはあげられる行為を指します。

ネット晒しはあまり良い印象が無い人も多いように、良くない行為として行われることが多いです。

例えばある人が犯罪行為で捕まり、それがニュースになった場合に、犯人のことを知っている人が、面白半分で犯人の個人情報をネット上に晒します。

犯罪の内容が派手なものであればそれだけ世間の好奇の目は強くなりますし、また犯罪者が晒されてもそれを非難する人は少数派でしょう。

犯罪者の個人情報が載ると、その身内や親しい人にまで被害が及ぶ可能性も決して低くはありません。

また、晒された内容が嘘や脚色が多いものである場合には、誤った情報に踊らされた一部の過激な人たちが、罪を犯した当人やその親しい人たちに嫌がらせや脅迫行為をすることも現実として過去に起こっています。

このような場合以外にも、芸能人や一般人に限らず、簡単に他人の個人情報をネット上で晒せる世の中になっていますので、ちょっと気に入らない相手や、晒したいと思った相手がいれば直ぐにでも晒せてしまいます。

やり方によっては晒す側は自分の個人情報が分からないように行うことも出来ますので、情報が手に入りやすくなった世の中は、ただ便利になったとは一概には言えないのかもしれませんね。

ネットで写真を晒される

ネット上で特に多いのが、写真を晒す行為です。

よく見かけるのは顔写真やプリクラ、SNOWなどで加工した写真ですが、大抵は個人が特定されないように顔や特徴のある部分はスタンプなどで隠してあります。

きちんと隠す場所は隠したうえで写真を晒しているのであれば、晒されている本人も、不快には感じても相手を特定して訴えることまではしないことが多いです。

一方で、日頃自らSNSなどで自撮り写真を公開している人の場合には、その写真に揶揄するようなコメントを付けられて無断転載された場合には、勝手に写真を転載した相手のアカウントをブロックすることが多いです。

しかし、日頃から自分自身で写真を公開しているためか、犯罪である無断転載(肖像権の侵害にあたる)をされても警察に訴えるようなことはしない人が大半です。

もちろんあまりにも内容が酷い場合には警察に訴える人も中にはいます。

しかし、今やネット上では犯罪であるはずの無断転載行為(肖像権の侵害)が横行しており、それを一々訴える側が大変な状況になっているというのが現実です。

また、顔写真がネット上に晒されるだけではなく、例えば犯罪者や悪い意味で有名になってしまった人の場合には、住んでいる家の写真までネット上に晒されてしまうことがあります。

そうなると付近に住んでいる近隣住民にも迷惑がかかる可能性がありますので、ネットでの写真を晒す行為はやはり良くないものとされています。

時々、ノーベル賞などの特別な賞を受賞した人の写真がネット上で晒されることもありますが、それは晒しというよりは、褒め称えられるという意味合いで公開されていますので、悪質な晒しとは言えないでしょう。

とはいえ、もしも受賞した本人が「写真をネットに載せて欲しくない」と考えているのなら、写真が掲載された時点で本人は「晒された」という認識になるでしょう。

個人情報を晒される

写真に次いで多いのが、個人情報を晒す行為です。

例えば芸能人の場合、公式で本人のプロフィールを公開していますよね?その内容がネットに出回るだけでは、晒しとは言いません。

しかし、本人が公開していないデビュー前の個人情報や写真などを勝手にSNSなどで公開されてしまうと、本人はとっては「晒されている」と感じることでしょう。

特に、その内容が本人にとって隠しておきたいことであれば尚更です。

芸能人のように世の中で有名になるほど、このような具体的で執拗な晒しにはかなり遭いやすいです。

世間に堂々と顔を出し、名前を売っていきたいのであれば、ある程度の晒し行為は覚悟の上かもしれません。

しかし、執拗な晒し行為や中にはねつ造した個人情報を晒されることもあるため、晒される側は気苦労が絶えないことでしょう。

芸能人であれば「仕方がない」と思えてしまう晒し行為でも、一方で一般人が標的にされると話は変わってきます。

今はSNSに匿名でアカウントの登録を行うことも簡単に出来てしまいます。

そのため、自分の素性は隠したまま、晒したい相手の個人情報を晒すことも可能なのです。

例えば気に入らないクラスメイトや職場の同僚に関する個人情報を晒すことも出来ますし、ストーカーのように嫌いな相手のSNSに張り付いて、相手の一挙一動に対して「今日はこんなことをしてる!」と自分のアカウントを使って晒すことも可能です。

誰しも自分と親しい相手のことを晒そうとはしませんので、大抵晒す側と晒される側は敵対関係にあることが多いです。

場合によっては、晒す側からの一方的な敵意や悪意の場合もあります。

晒された本人が気づいて警察に相談すれば一応は解決するでしょうが、相手が別のアカウントを作って同じことをしないとは限りませんし、そもそも晒されていることに気付いていない可能性もあるのです。

ですから、恐ろしいことではありますが、あなたの知らない内にどこかであなたの個人情報が晒されている可能性も、決してゼロとは断言出来ないのです。

フェイスブック

フェイスブックでは、毎日世界中の人たちが自分の情報を発信しています。

他のSNSとは違い、フェイスブックは本名で登録している人が圧倒的に多く、そのため載せている写真にも堂々と自分の姿が映っているものが多いです。

フェイスブックを利用する人の目的はさまざまですが、多くの場合「いろんな人たちと繋がりたい」と考えています。

だからこそ気軽に友人申請が行えるようになっていますし、実際には会ったこともない人とフェイスブック上では友だちになっている人も多いことでしょう。

しかしこのフェイスブックに載せている内容も、どこかで晒しの行為に遭っている可能性も決して低くはありません。

フェイスブックでは個人の生活スタイルが赤裸々に載せられているものも多いです。

そのため、余計なやっかみや妬み、悪意なども発生しやすいのです。

フェイスブックに載せられていた情報を、他のSNSに無断転載してあれこれと個人情報を晒す方法もあります。

仮にそれを晒された本人が知ったとしても、晒しの内容によっては、「晒しだと一々騒ぎ立てるくらいなら、最初から写真なんて載せなければいいのに」と逆に本人が非難されてしまうこともあります。

フェイスブックは自由に個人の情報を発信する場ですから、自分で好きに写真を載せることも、投稿することも出来ます。

一方で、許可を取らずに勝手に個人の情報や写真を転載すれば、それは肖像権の侵害やプライバシーの侵害にあたります。

この事実があるにも関わらず、最近では犯罪をする人間よりも、「嫌なら載せなければいいのに」と何故か被害に遭う人間の方が責められる傾向にあります。

「やらなければいいのに」という論点の擦り替えではなく、そもそもやってはいけない犯罪行為の方が重要視・問題視されるべきであるのに、世の中のこういったことに対する価値観は理不尽な方向へと流れているようです。

ツイッター

ツイッターでは毎日のように、個人情報が流出していると言っても過言ではないでしょう。

冷やかしのためにフォローした相手のツイート内容を無断転載して揶揄するようなコメントを付けたり、非常識な行いをした人間に対して写真や個人情報の流出をしてリツイートで拡散させたりと、あらゆる情報がリツイートによって世界中へと拡散されています。

とはいえ、中には行方不明者や迷子のペットの行方を尋ねるものなど、リツイートによって広がる協力の輪というものもあります。

また、写真や個人情報を載せることは良くありませんが、「こういう出来事があった」とレポート調にして拡散させることで周囲に注意喚起を呼びかけることも出来ます。

ツイッターは瞬時に投稿内容が拡散されていくため、有効に活用すればとても頼もしい機能と言えるでしょう。

しかし、それを悪意を持って利用すれば、必ずそこには晒しの被害者が出来てしまうのです。

インスタグラム

一般的な傾向として、フェイスブックでは自分や友達との交流を載せることが多く、またツイッターでは匿名でアカウントを作っている人も多いことから、日頃は言えない本音や愚痴が投稿されることが多いです。

そしてインスタグラムでは写真をアップすることがメインですので、自撮りした写真を加工して載せるなど、ちょっとおしゃれな雰囲気を出そうとする人が多い傾向にあります。

綺麗な景色やオシャレな写真、特にモデルや芸能人などのインスタグラムは人気がありますが、中には「ちょっと痛い」と思われるような投稿写真も見られます。

インスタグラムも本人の自己満足でやっていることなので、誰がどんな写真をアップしようと自由なのですが、そういった写真を見つけてはネット上に晒している性質の悪い人もいます。

インスタグラムの晒しで検索すると、直ぐにさまざまな晒しのサイトが検索結果に表示されるなど、今やインスタグラムの晒しも当たり前のように行われています。

晒しに気をつけること

今やネット上では当たり前のように晒しの行為が横行しています。

そのため、いつ自分が晒しの被害に遭うか分かったものではありません。

ネット上では悪い情報は広がるのがとても速いですが、肝心の晒されている本人がそれに気づいていないということも珍しくはありません。

その場合、他の人から教えてもらって初めて自分が晒されているのだということに気づき、ショックを受けて投稿した内容を削除したり、アカウントを消したりします。

しかし、時すでに遅く、晒された内容だけはその後もネット上で面白おかしく批判される対象になってしまうことも少なくはないのです。

ネット上で晒しを行う人、そしてそれに便乗して拡散する人、批判のコメントを残すような人たちは、大抵全く知らない相手のことを馬鹿にしています。

顔も知らない相手だからこそ、平気で罵ったり、馬鹿にしたり出来るのです。

晒した本人は晒しの被害者と知り合いの可能性もありますが、それに便乗する多くの人は、元々は無関係なことが多いのです。

そうした人たちは、自分が晒される側になって初めて晒しの被害に遭うということが、どんなことなのかに気付きます。

しかしそれに気付くことのない人たちは、懲りずに顔も知らない誰かのことを晒し続けるのです。

そんな悪質な晒しの被害に遭わないためにも、自分が気をつけるべきことについて以下にご紹介します。

SNS上で余計な発言はしない

SNS上で炎上したり、晒しに遭ったりする原因として、本人が見ている人を煽るような、余計な発言をしていることが多いです。

本人は無意識で発言していることでも、見る側にとって気に入らないということは大いにあります。

そうして誰かの不快を知らず煽ってしまった結果、SNSで晒されてしまうのです。

例えば、仕事でとてもお金を稼いでいるかのように写真やコメントを投稿したら、「嘘乙w」「わざわざアップして自慢かよ」などと、嫌味なコメントと共にその投稿が晒されてしまうことがあります。

この場合、お金の写真をアップして、同時にどれだけ自分が稼いでいるかというアピールが、見る側にとっては不快に感じられたのでしょう。

本人は稼げたのが嬉しくてつい投稿してしまったのかもしれませんが、それが結果として晒されることになってしまうのです。

「人の不幸は蜜の味」という言葉が示すように、人は自分よりも不幸な人を見て安心したり同情したりする一方で、自分よりも幸せそうな人を見ると妬んでしまう性質を持っています。

そのためどうしても、本当に幸せそうに写真やコメントを投稿している人を見つけると、叩いてしまう人も中にはいるのです。

いくらSNSが自由に発言出来る場ではあっても、そうしたやっかみを持ちやすい人たちを刺激しないためにも、あまり余計な発言はしないように注意するべきでしょう。

個人情報は控える

不特定多数の目に触れるネット上に自分の個人情報を自ら晒すような真似は止めましょう。

例え具体的な氏名・住所・電話番号等を載せていなかったとしても、自分の車の写真を載せたり、近所の写真を載せたり、素性が分かるような具体的な発言を投稿してしまうと、そこから個人情報を特定した人が自分の情報を晒さないとは限りません。

また、最近では投稿された内容が、キーワード検索で発見されることも多いです。

そのため、個人情報が特定されるような内容の投稿は極力控えた方が良いでしょう。

自撮り画像もほどほどに

自撮り画像をアップする際には、極力自分の素顔が分からないように加工した方が良いでしょう。

もちろん素顔のまま公開している人もいますが、素顔で公開する以上は、もしも晒しにあった時に顔のことをとやかく言われたり、自分の顔があちこちに晒されたりすることは覚悟しておくべきでしょう。

特に自撮り画像の場合には、いろんな人から「可愛くない」「ぶさいく」などと貶される可能性が高いです。

実際にはきれいな容姿をしていても叩かれますので、「自分なら大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

さらには、最近では顔をスタンプなどで隠しても、それを外せる機能も登場していますので、自撮り画像をアップするのは身内のアカウントのみなど、ほどほどにしておきましょう。

携帯の位置情報はOFFにする

SNSに投稿する際やログインする際には、自分の携帯の位置情報はOFFにしておいた方が賢明です。

もしも自分の投稿内容が晒しに遭ってしまうと、アカウントの情報から、今自分がどこにいるのかの位置を特定されてしまい、それがさらに晒す側の行動に拍車をかけてしまいます。

中には面白半分に、近くにいる人が位置情報から晒しの被害者の近くまで行って、無断で写真を撮り、投稿したりする恐れもあります。

注意のし過ぎということはそうありませんので、万一のことを考えて携帯の位置情報はOFFにしておきましょう。

さらされるようなことはしない

あなたはどのような内容の投稿であったら、「晒してやろう」と思いますか?もしくは、見ていて不快になりますか?大抵の人は、自分が見ていて不愉快に思える投稿内容を晒そうとします。

つまり、自分が見ていて嫌だと思えるものは、自分自身も投稿しないように気をつけておけばいいのです。

自分のことだけを棚に上げて考えてしまうような人は難しいかもしれませんが、一般的には自分が不快になるような人の投稿内容を、自分も投稿しないように気をつけておけば、よっぽどのことがない限りは晒されることはないでしょう。

もしも晒しにあったら・・・?

どんなに気をつけていても、時には予期せず晒しの行為に遭ってしまうことがあります。

そんな時にはパニックになってしまいますが、冷静さを欠いて下手に晒しの投稿にコメントしたり、自分のアカウントで騒ぎ立てたりすると余計に炎上してしまう可能性が高いです。

そのため、いざ晒しに遭った時に落ち着いて対処出来るように、今の内に以下のことを予習しておきましょう。

通報する

自分の投稿やアカウントが晒されて被害に遭った場合、自分がやっているSNSの運営に対して通報をします。

「自分がこんな風に晒しの被害に遭っている」と詳細を説明し、自分のアカウントと晒している側のアカウントなどの情報を運営に提出します。

すると運営が事実確認の調査をしてくれ、悪質だと判断された場合には、晒しを行った当人のアカウントを凍結させたり、晒されている投稿を消してくれたりします。

運営に通報するのが最もスムーズに事が運びますが、あまり通報回数が頻繁になると相手にされ難くなり、または晒されている投稿の削除や晒した側のアカウントの凍結までに時間がかかることもあります。

無視する

晒された内容がたいしたことではない場合には、無視するのが最も効果的な方法です。

とはいえ、やはり不快なものは不快ですし、どの程度拡散してしまっているのか気になりますよね。

ちょっと馬鹿にされただけの場合には、暫く沈黙を保ち、時間を置いてから通常通りの投稿をしてみて下さい。

何度も執拗に投稿内容を晒すなど、粘着質な場合には運営に通報しましょう。

消してもらうように要求する

自分の投稿内容が晒されたら、誰でも不快になります。

物怖じしない人は、晒しを行った張本人のアカウントに晒した内容を削除するように要求しましょう。

この際に、感情的にメッセージを送りつけては逆効果です。

相手は面白がって、「削除依頼キターww」などと、自分とあなたとのやり取りまでさらに載せる可能性もあります。

そのため、万一載せられてもいいように、あくまでも冷静なメッセージ内容で削除要求をしましょう。

それでもダメなら通報します。

ひどい場合は警察に

運営に何度通報しても収まらない場合には、酷ければ警察に訴える方法もあります。

やり方によっては多少費用がかかってしまうこともありますが、精神的な苦痛と比較すれば警察に直接捜査を依頼した方が良いでしょう。

大抵の人は警察にまで行く前にさっさとSNSを退会してしまいますが、それで気持ちが収まる人などそうはいませんよね。

やるなら徹底的に晒しを懲らしめたい!という人は、運営へ訴えても効果が得られない場合には、警察にも連絡してみましょう。

晒し返し

こちらの投稿に全く晒されるいわれがない場合には、堂々と被害者として晒しに対し、晒し返すという方法があります。

特に相手が自分とのメッセージのやり取りを、いいように加工して自分に都合の良い内容だけを投稿しているような場合には、元々のメッセージを載せて、堂々と「自分は晒しの被害に遭っています」と世間の目に晒しましょう。

そうすることで、周囲は余計に面白がるかもしれませんが、少なくとも晒しの内容が誤解なのだと気付く人はいます。

黙っていられないという人は、強気で晒し返す方法を試してみても良いかもしれません。

ただし、散々炎上した際の責任は、半分は自分がきちんと持つ覚悟をしておきましょう。

相手と同じ土俵に上がってしまうのですから、ある程度のリスクを背負う覚悟は必要です。

とりあえずSNSは消す

自分の投稿内容が晒された場合に、もっともよく取られる方法が、自分のSNSを消すことです。

アカウントを削除してしまえば、少なくとも晒された内容以外の投稿は誰にも見ることは出来ませんし、また上手くいけば晒されていた内容も一緒に削除出来る可能性もあります。

自分は悪くないのにアカウントの削除を余儀なくされるのは辛いでしょうが、それ以上被害を広めないためには賢明な方法と言えるでしょう。

こうなることも・・・

投稿したものが不特定多数の目にわざと晒されるのはとても嫌な気持ちになりますよね。

誰しも自分が晒されて気持ち良いと感じる人はいません。

しかし、晒しをする側の人間は晒すということに快感を覚えてしまっていることがあります。

その場合、何度も同じアカウントの投稿を執拗に晒し、またちょっと気に入らないと感じた投稿を直ぐに拡散させて晒すことが多いです。

さらに、晒し行為は基本的には悪意のある行為ですが、中にはこんな風に利用されることもあります。

パクツイ

パクツイとは、「パクリツイート」の略語です。

簡単に説明すると、他人の投稿した内容を、あたかも自分自身で投稿したかのように見せかける投稿のことです。

一般的には、世間に受けの良いツイートは大勢の人にリツイートされて拡散されます。

その際にはきちんと誰のツイートを拡散したかが分かるようになっています。

しかし、このリツイート機能を使わずに、人気のあるツイート内容をあたかも自分自身でツイートしたかのように投稿する人がいます。

このパクツイは人気のあるツイートに対して行われることが多いので、大抵はどこかでパクツイだとばれてしまいます。

しかし、それで批判されても自分のアクセス数を稼ぎたい人は時々こうした手段を用いるのです。

他人に迷惑をかける

晒しもパクツイも、他人に迷惑をかける行為です。

顔が見えない、ネット上での出来事だからと安易に考えてしまう人が多いですが、晒しを行えば現実に被害に遭う人がいますし、またパクツイに関しても、大勢の人に迷惑をかけてしまう行為です。

自分がやっている行動が、どれだけ多くの人に迷惑をかけているのかを自覚出来る人は、進んでこのような行為はしないでしょう。

しかし中には無自覚に、または悪いと分かっているのに「ネット上だから」と気軽に考えて行ってしまう人もいます。

晒しにはしっかり対処しておくこと!!

SNSでは何でも自由に発言出来ます。

しかし、不特定多数の目に触れる場所に投稿するということは、何が起こっても不思議ではありません。

例え気軽な呟きだとしても、その発言には責任が発生します。

酷いことを投稿したり、やっかみを買うような投稿をしたりすれば、それが晒されるかもしれないというリスクは常に感じておくべきです。

また、万一自分の投稿が晒された場合にも、慌てず騒がずきちんと対処出来るようにしておきましょう。

そうすることで、安心してSNSを楽しむことが出来るのです。