よく時間にルーズな人っていますよね?

例えば待ち合わせをしているのにも関わらず平気で遅刻をしたり、何も言わないなんていうような人もいるのではないかと思います。

その様な約束ごとに遅れるというのはとても失礼なことで気をつけているという人もいますが、よく寝坊をしてしまう、遅れてきてしまうという人は多くいますよね?

そんなルーズな人というのは共通する特徴があるのをご存知でしょうか?

例えば面倒くさいと思ったり、マイペースで動くというような人はいませんか?

また、自分に甘くしてしまったり人に直ぐ頼ったりするというような人もいると思います。

その様な人というのはたいてい時間などにもルーズであり、マイナスな印象を持たれても仕方ありません。

そんな時でもルーズな人というのはどこにでもいるので、必ず1度は関わったりしますよね。

ルーズな人であればルーズな人にならないように頑張りたいと治そうとすると思います。

今回はそんなルーズな人のためにルーズな人の特徴と、ルーズな人がいて困るという人のために、ルーズな人と付き合うにはどのようにすれば良いのかなど、ルーズとは何なのかについて話をしようと思います。

よくルーズという言葉を聞くけれどどういう意味なんだという人もいるかもしれません。

曖昧でよく解らないという人もいるでしょう。

ルーズソックスという言葉はあるけれどその様な言葉とは意味が違う?なんていう人もいるでしょう。

ルーズにもいろいろな意味があるのでその意味をまずは理解する事からスタートすることが大事です。

ではその確認もする上でルーズについてお教えしたいと思います。

ルーズな人にならないために!

ルーズな人にならないためにはまずはそのルーズという意味を理解することが必要ですよね。

自分では解っていてもいざ時間に遅れたりとだらしない人達がいると思います。

ルーズの言葉の意味の1つにまずだらしないという意味があるので覚えておくようにしましょう。

またこの言葉は他にもゆとりがあるという意味もあったりします。

ではルーズな人になってしまう原因というのは何なのでしょうか?

例えば前日まで起きていて寝坊をしていれば早めに寝るということを大事にすれば良いですし、ルーズな人というのは基本的にその様な計画性というものが少し欠けている人達に多いのではないかと思います。

ルーズな人にならないためには、まず計画性を持って行動をすることが大切です。

常に何時に起きる、何をするというように計画性を早めに練ることでルーズな人から脱することができるのではないでしょうか?

特徴などを理解して自分はどの様に動くのかということを考えることも大切です。

特に性格からくる部分というのも多くあるので、ルーズな人になりたくないと思う人がいるのであれば、自分を見つめ直すところから初めても良いかもしれません。

ルーズとは?


ではルーズという言葉は一体どのような意味があるのでしょうか?

ルーズというのはだらしがないことという意味とゆとりがあるという意味の2つがあります。

時間にルーズということはどちらかというとだらしがないという意味で捉えられますよね。

ゆとりがあることの意味で捉えられた場合はルーズソックスなんていう言葉があると思いますが、こちらのルーズソックスもだらしがない靴下ということでルーズソックスと呼ばれるようになったのです。

今でも履いているという人は少ないのではないでしょうか?

また、ルーズという言葉はゆとりがあるというのもあるので、「納期までルーズに」という言葉があると納期までにゆとりを持ってというような意味になるのです。

少し難しいですがあまり聞かない例だとも思います。

ではどの様な意味なのかを詳しく見ましょう。

だらしがないこと

だらしがないことをルーズと言います。

先ほどから言っている時間に遅れるというようなことを言ったりするときにはこちらの意味でルーズと言う言葉を使います。

よく皆が言っているというのは基本的にこちらの意味で言うことが多いです。

時間にルーズ、仕事がルーズだとなれば仕事がだらしないということにもなるのではないでしょうか?

ルーズな人というのは基本的にだらしないというのが多く、テキパキとした行動ができなかったり、自分に甘かったりする人達が多いのです。

全体的にだらしないという人がいればその人は時間などにもルーズかもしれません。

ゆとりがあること


ゆとりがあることをルーズと言ったりする場合もあります。

例えば「もっとルーズに」という言葉があれば「もっとゆとりを持って」というような表現ができますよね?あくまでも1例ですが、ゆとりがあるという意味も実はルーズなのです。

ルーズという言葉は「だらしがない」という言葉でよく使われることが多いですが「ゆとりがある」ということでも使われることがあるので、その時の言葉を見てどちらの意味かを捉えれるようにしましょう。

そうすることで意味が解ったりするというようなこともあるのではないでしょうか?

「ルーズ」を使った例文

ルーズを使った例文をいくつか紹介したいと思います。

ルーズという言葉を使った文章で有名なのは「時間がルーズ」ですがこれ以外にあまり聞かないという人も多いのではないでしょうか?

様々な人が一度は使う言葉でもありますが「ルーズに何かをする」という表現にはあまり聞きなれないと思いますよね。

ルーズを使った例文というのはこれ以外にもいくつかありますが、その一部をご紹介したいと思います。

彼は時間にルーズな人だ

「彼は時間にルーズな人だ」という文章があります。

これはよく皆さんが使う言葉ですよね。

これはどういうことだ?という人もいると思いますが、ルーズという言葉はそのままだらしないという意味であり、時間にだらしない、時間に遅れてくる、という意味でこの様な例文が使われていることが多いです。

ルーズな人と聞くとだらしない人という意味で通ることがほとんどなので、基本的にだらしない人であるということを認識しておけば大丈夫なのではないかと思います。

彼女はこのスカートをルーズに履きこなしていた

「彼女はこのスカートをルーズに履きこなしていた」と聞くと「彼女はこのスカートをだらしなく履きこなす」という意味では通じませんよね?だらしなく履きこなすという言葉は日本語としてはおかしい表現です。

この場合は「ゆとりを持って履きこなした」という意味が正しいでしょう。

「彼女はこのスカートをゆとりを持って履きこなした」と聞くと、悠々と履きこなしている感じがしますよね。

この表現の場合はルーズに履くということや、他にも様々な使い方をして「ゆとりを持つ」という意味を使う表現も多いです。

ルーズという言葉が出たときはどちらの意味かをまず考えて、文章に当てはめてみてはいかがでしょうか?直ぐに違和感を感じるとなれば、もう1つの意味であるということになると思います。

ルーズな人の14個の特徴

ルーズという意味を知ることができたと思います。

基本的には「だらしない」という意味で使われることが多いですが「ゆとりを持つ」という意味でも使われたりしたと初めて知った人もいるのではないでしょうか?そんなルーズな人の特徴というものが共通してあります。

例えば面倒くさがりでいつも遅れてくる、作業が遅い、時間にルーズだというような形に思う人や、マイペースな人も実はルーズな人の特徴の1つなのです。

ルーズな人というのは自分では意識していないつもりですが、周りから見るととても解りやすい性格が多いのではないでしょうか?他にも他人に頼ったりする、自分に甘く、ミスが多いというような人も実はルーズな人なのではないかと思います。

いろいろな特徴というものがありますが、自分に当てはまったり、どこか心当たりがあるという人もいるのではないでしょうか?ではルーズな人の特徴である14個のことについて詳しく見てみたいと思います。

今一度自分を見つめなおしたりすることも大切ですよ?

1.面倒くさがり

ルーズな人の特徴の1つとして面倒くさがりな特徴があります。

例えば約束をした日に寝坊するとなったと途端に面倒くさくなったりどたんばキャンセルしたりするという人、いませんか?また物事をする上で常に面倒くさいと思う人もいるのではないでしょうか?面倒くさがりな人というのは何をするにしても面倒だと感じてしまい、自分のことしか考えなくなってしまいます。

例えその日に約束をしたとしても当日に面倒くさくなって行かないなんていう人もいるのではないでしょうか?

面倒くさがりという性格は直ぐに直るものではありませんが、時間に遅れたりルーズになっているという人、いませんか?この性格の人はよく多いように見えます。

対処としてはまずは計画を持って実行するように行動をするということが大切になります。

どんな事があっても時間通りに行動をするというようなことをすれば改善されるのではないでしょうか?

また、心当たりがあるという人は、もしかして整理整頓などもあまりできないのではないでしょうか?行動の計画というのは整理整頓にも繋がるものがあります。

常に整理整頓というものをしているのであれば、行動も順序よく計画的に動けるようになるので、意識をしてみてはいかがでしょうか?

2.物事の優先順位が独特

物事の優先順位が独特であるという人もいますよね?中には物事を後ろからやるという人もいると思います。

例えば仕事でも難しいのからやるのか簡単な方からやるのか、ランダムに目についたものをやるのかというこの3つに分かれると思いますが、その時の順序がよくランダムになるという人は優先順位が独特な人であるということになります。

これは独特というよりあまり物事に関して関心などがなく、どんな順番でも大丈夫だろうという気持ちからその様にさせていることが多いです。

また物事の優先順位というのは、どんな事でも優先すべきことを先にやるのが普通です。

会社などでもこれを先にしてくれと言われたりすることがありますよね?その時にいかにして他の作業をせずにその1つの仕事を優先してこなすかで変わってくるのです。

自分の周りの人にそのような人や、自分がそうかもしれないと思う人はいませんか?もしそうだとしたら、その人はもしかするとルーズな人なのかもしれません。

常に行動などをする時には順位というものがあるので、そこを意識するとより行動などにメリハリがつくのではないでしょうか?

3.無責任

無責任な人もいると思います。

例えば任された仕事を自分のワガママでやらなかった、他の人に渡して自分は楽をしたというような人もいるのではないでしょうか?無責任な人というのも実はルーズな人の特徴の1つなのです。

時間にルーズというのもありますが、約束をしているのにも関わらず平気で遅れてくるというような人もいますよね?

直ぐに怒ったりすることもあるでしょうが「まあいいじゃない」という感じで来るような人もいると思います。

無責任というのは生活においてとても響くものであり、相手がいるとなればとても辛い特徴になるのです。

例えば無責任であれば信用における信頼度というものが下がるのは間違いないでしょう。

あの人はどうせ遅れてくるというような目で見られてもしょうがないと思います。

また、無責任というのを続けていると誰からも相手されないという状況にもなってしまいます。

例えば約束をしているのに何回も遅刻をしたりどたんばキャンセルをされたりとなっていては、相手の人も「諦め」というのがつくものだと思うのです。

その影響により他の人達もどんどん相手にしなくなり、1人でいてしまうなんていうこともあるのではないでしょうか?無責任というのはそれほど人に影響を与え自分にも影響を与えるものです。

ルーズな人の特徴にはこの無責任という考えが多くあるので、心当たりがあるという人は直ぐにでもその性格を治すように心がけましょう。

4.マイペース

マイペースな人も実はルーズな人なのです。

実はマイペースというのは良い言葉にも聞こえますが、少し悪い言葉にも聞こえますよね?

例えば仕事を早く終わらしたいのに変わらずマイペースでしている人を見ると、少しはスピードを上げてほしいと思いませんか?マイペースであればあるほど、人というのはその空間を維持したがります。

自分の空間はこの様な状態というのを解っているので、その空間を維持して周りのペースに合わせないという状況になったり、他の人と波長が合わないというような形にもなるのです。

この様な経験はありませんか?周りの人が焦っているのを見て「何故焦っているのだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?

マイペースな事は自分のペースで行うことでそれはとても良いことだとは思います。

しかし裏を返せばマイペースすぎると周りとの息を合わせられなくなるということにもなるので十分に注意をするようにしましょう。

【マイペースな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

5.すぐ人に頼って代わりにやらせようとする

すぐに人に頼って代わりにやらせようとするという人もいますよね。

その人は面倒くさいと思ってしまい何もせずに人に頼る傾向があるのだと思います。

ですがこの様な人というのはルーズな人であるという特徴を一番に捉えているのです。

例えばこの日までに納品しておいてというものを頼まれても他の人に「頼むよ」ということで渡したりする人というのは少なからずいると思います。

大学の時にレポートや代わりに出席表を出してくれと言っている人達と似ている感覚がありますよね?

その様な人達はルーズな人の代表と言っても良いでしょう!

すぐに人に頼るということは自分でしようと思う気がなく、いつでも楽をしたいという考え方をしているのです。

なので、どんな事があっても人に直ぐ頼ったり自分の力でしようとしないという人は、もしかするとルーズな人なのかもしれません。

よく約束をしているのに遅れるというのも、自分にとってはそこまで重要ではないという考えになり、行かないということにもなったりします。

これは他で例えるのであれば、納期に近づいていても何もせずに他の人に仕事を渡すというのと同じになるのです。

頼るということは良いことですが、何もせずに頼るというのは一番の間違えです。

ルーズな人もその様な考え方をする人が多いと思うので注意をするようにしましょう。

6.物事にあまり興味を持たない

物事にあまり興味を持たないという人もいると思います。

関心のあることであれば良いのですが、ほとんどの物に興味を持つことができないという人もいるでしょう。

それは友人関係でもそうですし、約束などに遅れたと思っても何も感じないというのと同じです。

物事に興味が無いというのは関心が無くなるということになり、全てのことが「どうでもいい」という感情になってしまうのです。

これはルーズな性格になっても仕方のないことであり、何もかもに興味を持たなくなってしまいます。

基本的に人というのは関心や意欲などがあって行動をするので、その行動となる源が無いと、何もやる気がおきないという状況になるのではないでしょうか?

物事にあまり興味を持たないという人もいると思いますが、興味を持つようにするには自分から何かを見つける努力をしなくてはいけませんよね?

例えば趣味を探すというのも自分から動くことであり、とても大事なことなのです。

人は興味があるものを探すために、時にはネットなどを使用して趣味を探そうとしたりしますよね?少しでも気になるものがあればニュースを見るというのと同じです。

何か1つでも気になるもの、好きなものがあればそれに徹底して興味を持つことが大切です。

ルーズな人もこの様な考え方をしたりするという人も多いかもしれませんが。

物事にあまり興味を持たないということが無いように頑張りましょう!

7.自分に甘い

自分に甘いという人も実はルーズな人の特徴でもあります。

これは時間にルーズという意味で考えるとよく解るのではないでしょうか?

例えば時間に遅れても「ごめんごめん」という形で気兼ねなく謝る人がいると思いますが、その様な人は毎回同じことをしているのではないですか?

自分に甘いため何回も同じミスをしたりしてしまうものなのです。

この様なことを続けていると周りからも注意される目で見られたり、時には怒られたりとすることもあるのではないでしょうか?

自分に甘いというのは自分は悪くないというような考え方にもなってしまうので注意をするようにしましょう。

8.親に甘やかされて育った

小さい頃は親に甘やかされて育ったという人もいるのではないでしょうか?

その時のことがまだ残っていて、今でも甘えて育っているという人もいるのではないかと思います。

親に甘やかされて育つというのは、例えば小学生の頃などでは読書感想文というものがあったと思いますが、その時に親に手伝ってもらった、やってもらったという人も多いのではないでしょうか?

その様な人というのは実はルーズな人にも多い特徴でもあるのです。

基本的に嫌なことは全部親に言って対処をしてもらった、甘えさせてもらっていたという人は時間にルーズであったりする可能性が高くなるのです。

9.身なりがだらしない

身なりがだらしないという人もいるのではないかと思います。

例えば身なりというのは服装をきちんとしているか、整っているかということであり、会社に来たりする時にいつもだらけているという人もいますよね?

その様な人はもしかするとルーズな人の可能性が高いのではないかと思います。

身なりがだらしないというのは、自分の表れでもあるということをご存知でしょうか?

鏡みたいなもので、自分の心境なども実は服装によって変化していくものなのです。

例えば今日はどの様な服を着ようと迷ったりすることがありますよね?

その時の気分で変えるということは、その時の自分の気持ちをそのままにしているということなので、身なりがだらしないという人はルーズな人の可能性も高くなるのです。

10.部屋やカバンの整理整頓がなっていない

部屋やカバンの整理整頓をしていないという人もいますよね?実は整理整頓というのもルーズな人の特徴に入るのです。

なっていないということは、それだけ部屋が汚いということになりますよね。

ごちゃごちゃしていたりする部屋を見るととても嫌な気分になったりする人もいると思います。

これとルーズがどの様に関係をするかと言うと、整理整頓というのはまずどの様に動かすのか、片付けるのかということが重要になると思います。

例えば服をまずは片付ける、次にコートを仕舞うというような順序を組み立てて行うことが整理整頓です。

カバンの中身もまずはこれを入れて、次にアレを入れてというような物を入れる順番を決めたりするのではないでしょうか?この様な行動というのは全て計画を持って実行することということになるのです。

なので時間にルーズということは、計画的に実行できずに遅れてしまうということにもなるので、整理整頓ができていないという人はもしかしたら時間にルーズな人なのかもしれません。

これは一番解決方法があり、例えばメモ帳にスケジュールを書いたりすることで自分の生活の管理というものができるようになると思います。

面倒くさいと思う人も多いかもしれませんが、整理整頓と同じく日頃の生活も順序というものがあるのでそれを参考にしてみてはいかがでしょうか?

11.物やお金を借りても返さない

物やお金を借りても返さないでいるという人がいますよね。

基本的に貸して貰ったら返すことが礼儀であり、それをしなければ借金ということにもなりかねません。

その様な人というのは基本的にルーズな人が多いです。

何時までに返してというように物の貸し借りというのはとても重要な約束だと思いませんか?物の場合もそうですが、そのまま返さないとなれば盗んだのと同じようになってしまいますし、お金に関してはよく事件などもおきたりしますよね?

お金の場合は借金の取立てなどがきたりするというようなこともあるでしょう。

物やお金を借りた際にはまずは直ぐに返すことは必要です。

そして極力貸し借りをいうことを無くすようにすることも大切になるのです。

12.ミスが多い

ミスが多いという人もいると思います。

例えば何かを任される際によくミスをしてしまうという人はいませんか?解らないでやってミスをするというような人もいると思います。

ミスが多いというのは自分の不注意でなることが多いので、基本的にミスというものは意識をしていれば少なくすることができますよね?

ミスが多いとその分、相手からの信用も失われたりする可能性が高いです。

試合でのミスなどもそうですが、そこからコンプレックスになってしまうという人もいるでしょう。

ミスが多いということはそれほど周りにも影響を受ける物だということを忘れないようにしましょう。

13.人のせいにしようとする

人のせいにしようとする人もいると思います。

仮に喧嘩や自分が原因でなったことに対しても人のせいにして自分はあたかも悪くないというような考えをする人がいると思いますが、この様な人も実はルーズな人である特徴の1つなのです。

特に自分は悪くないと、今までも親などに縋ってきて育っているという人は自分ではなく人のせいだというような考え方の人が多いです。

学生のいじめでもそうですが、いじめる原因はいじめられる人にもあるというような考えをしているという人はルーズな人が多いです。

いじめというのはしなければ起こらないことであり、ちょっかいを出したりするからこそいじめというものが発生してしまうのです。

いじめられた方はとても深く傷ついたりしますよね。

この問題はずっと問題になってくるでしょうが、いずれ解決するように願っています。

話が少しそれましたが、人のせいにしようとするという人はルーズな人であるということを覚えておきましょう。

14.自分さえ良ければいい

自分さえ良ければいいという自己中心的な考え方をする人もいます。

この様な人も実はルーズな人なのです。

自己中心的ということは自分のことしか考えずに行動をすることが多いので、例えば約束をしていたとしても自分がいいやとなれば行かないでいるというようなことにもなるのです。

ルーズな人とうまく付き合うためには?

ルーズな人についての特徴をいくつかお教えしました。

様々な特徴があると知って自分にも当てはまるものがあるのではと思う人もいるかもしれません。

どの様に改善をするかはあなた次第になるので、是非改善をしようと努力をしてみてはいかがでしょうか?

特徴などを見てルーズな人とうまく付き合うためにはどの様にすれば良いのだろうと思う人もいるかもしれません。

例えばあまり親しくしなかったり、最初から期待しなければ良いというようなことを考える人もいますが、それであってたりもします。

ではどの様なことなのか詳しく見たいと思います。

1.あまり親しくならない方が良い

あまり親しくならない方が良いというのもあります。

例えばどんな事があっても親しくならずに、約束などもしない普通に話すだけの仲であれば良いということです。

これは約束をすればするほどイライラしてしまうという可能性があるからです。

まともに付き合うとイライラします

まともに付き合うとイライラすることが多いと思います。

例えばいつも時間に遅れてしまうとイライラしたり、何回言っても直ぐに遅刻をしたりとする人っていますよね。

その様な人を見るととてもイライラすることが多いのではないでしょうか?

まともに付き合う前に、軽い感じで付き合うということであれば大丈夫でしょうが、普段からその様な人がいるという人は今一度考え直すことをオススメします。

2.最初から期待しないこと

最初から期待をしないことという方法もあります。

約束を仮にしたとしても相手はどうせ遅れるだろうという気持ちを持つことが大事です。

それによりあまりルーズな人に対してもイライラをするというような事を無くすことができます。

例えば他のところで見たいものを見たり、自分の1人の時間を来るまで楽しむなんていうこともできるので、最初から期待しないというのも大事なことなのです。

3.ミスした場合の被害を大げさに伝える

ミスした、遅刻したなどの場合には大げさに伝えることも大事です。

例えば「遅れたせいで並べなくなった」というようなことを言えば相手にも危機感というものを感じることができるのではないかと思います。

この様なことを伝えるのはとても重要なことで、大げさに被害にあっているというのを伝えることで相手の考えを改めなおすことができるのです。

危機感を煽ったほうがいい

特に危機感を煽ったほうがいいというのもあります。

先ほど言ったように「遅れた人のせいで◯◯ができなかった」というような言い方をすると遅れた人は本当に申し訳なく思うでしょうし、逆に開き直るという人もいるかもしれません。

ですがこれは人としてダメなことなので、危機感を煽るかたちで相手にもちゃんと知らせることが上手に付き合う1つの方法でもあるのです。