CoCoSiA(ココシア)

ルーズな人の14個の特徴(続き5)

特徴などを見てルーズな人とうまく付き合うためにはどの様にすれば良いのだろうと思う人もいるかもしれません。

例えばあまり親しくしなかったり、最初から期待しなければ良いというようなことを考える人もいますが、それであってたりもします。

ではどの様なことなのか詳しく見たいと思います。

1.あまり親しくならない方が良い

あまり親しくならない方が良いというのもあります。

例えばどんな事があっても親しくならずに、約束などもしない普通に話すだけの仲であれば良いということです。

これは約束をすればするほどイライラしてしまうという可能性があるからです。

まともに付き合うとイライラします

まともに付き合うとイライラすることが多いと思います。

例えばいつも時間に遅れてしまうとイライラしたり、何回言っても直ぐに遅刻をしたりとする人っていますよね。

その様な人を見るととてもイライラすることが多いのではないでしょうか?

まともに付き合う前に、軽い感じで付き合うということであれば大丈夫でしょうが、普段からその様な人がいるという人は今一度考え直すことをオススメします。

2.最初から期待しないこと

最初から期待をしないことという方法もあります。

約束を仮にしたとしても相手はどうせ遅れるだろうという気持ちを持つことが大事です。

それによりあまりルーズな人に対してもイライラをするというような事を無くすことができます。

例えば他のところで見たいものを見たり、自分の1人の時間を来るまで楽しむなんていうこともできるので、最初から期待しないというのも大事なことなのです。

3.ミスした場合の被害を大げさに伝える

ミスした、遅刻したなどの場合には大げさに伝えることも大事です。

例えば「遅れたせいで並べなくなった」というようなことを言えば相手にも危機感というものを感じることができるのではないかと思います。

この様なことを伝えるのはとても重要なことで、大げさに被害にあっているというのを伝えることで相手の考えを改めなおすことができるのです。

危機感を煽ったほうがいい

特に危機感を煽ったほうがいいというのもあります。

先ほど言ったように「遅れた人のせいで◯◯ができなかった」というような言い方をすると遅れた人は本当に申し訳なく思うでしょうし、逆に開き直るという人もいるかもしれません。

ですがこれは人としてダメなことなので、危機感を煽るかたちで相手にもちゃんと知らせることが上手に付き合う1つの方法でもあるのです。