自己憐憫という言葉をご存知でしょうか?

この言葉はことわざの一種ですがこの様な考え方をしているという人もいるのではないかと思います。

自己憐憫というのはいわゆるネガティブな考えという解釈で良いでしょう。

自分のことをかわいそうだと思ったり、気持ちを沈んでしまうというような事を自己憐憫と言うのです。

自分を責めてしまったり、人のことを信じられなくなってしまうというような人に多い特徴でもあります。

自己憐憫というのは今の若い人達には多いことであり、特に若い女性などは自分のことをよく責めたりするのでその影響により自己憐憫な考えになったりするというような人が多いのではないでしょうか?

基本的にこの考えというのは全てがネガティブに捉えてしまうというような事で、ポジティブな考えがあまりできない人に多いです。

それには必ず理由というものがありますよね?

例えば過去に嫌な経験をした、人に騙されてそれ以来自分に不信を抱くようになったなど、理由はいろいろとあると思います。

ですがこれには改善の方法があり、上手くいけばこの考え方を捨ててポジティブに生きたりすることもできるようになるのです。

今ではその様なことは信じられないと思う人がいるかもしれませんが、その様なことになるのではなく、是非1度その改善方法などを試してみてはいかがでしょうか?

人というのもキッカケでこの様になったようにキッカケで変わることだってできるのです!

特にネガティブな考えというのとポジティブな考えというのは直ぐにでも考えや趣向を変えることができ、とても明るくなったりするのではないかと思います。

今まで何で悩んでいたのだろうとなる人もいるのではないかと思います。

今回はそんな自己憐憫な人生を送っている人の特徴とそれに対する対策をお教えしたいと思います。

自己憐憫から脱出する時は今なのかもしれません!

自己憐憫は人生にブレーキをかける

自己憐憫というのは人生にブレーキをかけてしまいます。

例えばふとしたことでつい気にしてしまったり、自分のことをかわいそうだと思い込んでしまって何もしなくなったりするようなことがあると思うのです。

基本的には自己憐憫というのはあわれんで気持ちを沈めることでもあるので、ネガティブな気持ちになりがちです。

人というのはポジティブな思考を持つかネガティブな思考を持つのかでだいぶ変わってくるものです。

例えば何かをしようと思う時にはポジティブな思考が必要になりますよね?ですがこれが何もする気がおきない、何かしようとしていても気力が出ないという状態の時にはネガティブな思考になってしまいます。

この2つの思考というのは人に大きな影響を与えますが、自己憐憫の様な考え方になってしまうとネガティブの考えが更に強くなり、最終的には自分を責めたりかわいそうだと思ったりしてしまうのです。

私は可哀想な子だと思ったり、自分にはどうせできないという思考にもなってしまいます。

自己憐憫というのは全ての生活においてブレーキをかけてしまう可能性があるので十分に注意をするようにしましょう。

自己憐憫とは?


自己憐憫という言葉を使いましたがそもそもどの様な意味なのでしょうか?自己憐憫というのは自分をかわいそうだと思う気持ちになったりあわれんで気持ちを沈めることです。

とにかくネガティブな思考になり自分のことを責めてしまうというような気持ちと考えてください。

この様なことを考えるというのは必ず原因というものがあります。

その原因を突き止めることで、改善などをすることができるので、今実際にその様な環境になっているという人や、友人が自己憐憫な人だという人は手助けなどをしてあげてはいかがでしょうか?

自己憐憫という性格はとても1人では解決することが難しいときもあります。

その時は周りの人が気付いてあげることが大事になるのです。

では具体的にどの様なことを自己憐憫と言うのか見てみたいと思います。

自分をかわいそうだと思う気持ち

自分のことをよく責めたりする人がいますよね?

その時に自分のことをかわいそうだと思ったりする人もいるのではないでしょうか?

その様な気持ちになっている場合は自己憐憫の可能性が高いです。

自分のことを責めたりするということはあると思いますが、かわいそうだと思うことは普通あまりないと思います。

自分だけどうしてという様な考え方をし始めたのであれば自己憐憫になる前兆でもあります。

自分自身のことをかわいそうだと思ったりし始めたという人は自己憐憫になっている可能性が高いです。

ネガティブな考えを常にしていたりするとその様な考えにもなってしまい、他の人と比べたりして更に自分を責めるというようなこともあるので負の連鎖が続くのです。

ですがこの性格というのも原因があるからこそなるのでそれを取り除くことができれば、ポジティブさを持って生活をすることができるようになるでしょう。

自分をあわれんで気持ちを沈めること


自分をあわれんで気持ちを沈めることも自己憐憫と言います。

自分のことを他人のように感じてしまいその環境を見て気持ちを沈めたりするというようなことです。

よく「どうせ自分は…」とネガティブな考えをして気持ちを沈めたりするような人がいますよね?自己憐憫の場合はその頻度がとても多いということになります。

どんな事があっても自分をあわれんでしまい、他人のように自分を見てしまうということにもなるので注意をするようにしましょう。

自己憐憫の原因

自己憐憫になるというのには必ず原因というものがあります。

例えば人というのはいろいろな人と接することが多く、その時の嫌な出来事や辛い出来事をずっと引きずったり、思い出したりするようなことが多いです。

例えば両親が厳しく育てたというのであれば、両親の愛情というものがあまり解らなくなり、反抗期になったり、落ち込んだりしまいがちになったりするという人もいるでしょう。

また人にだまされた経験もあるという人は特にダメージがでかいと思います。

こちからして見る相手を信用していたのにも関わらず相手が嘘を言った、だましていたとなればとても落ち込みますよね?必ず自己憐憫になる際にはこの様な原因というものがあるのです。

ではどの様な形の原因があるのか、もっと詳しく見てみたいと思います。

1.両親が厳しく育てた

両親が厳しく育てたというパターンもあります。

例えば日頃の生活の態度やマナー、しきたりというものは一般的な常識でありますが、それを過度に受けていたという子供もたくさんいると思うのです。

例えばどんな事があっても泣かないということや、直ぐに何か失敗することがあったら酷く怒られたりとしたりした人もいるのではないでしょうか?その様な環境の中にいると自分を責めてしまうというのも解りますよね?

いざ自分自身がその様になってしまった時に誰にも助けることができず、ただ自分を責めてはかわいそうと思い込んでしまうのも無理はありません。

親がどの様な人だったのかにより、厳しく育ててたくましい子になるのではなく、その逆になってしまうという可能性もあるのです。

その頻度が多かったり厳しすぎるということになると今度は虐待ということになり、事件にもなりえます。

両親の影響というのは子供は最も受けやすいので、仮に厳しく育てたということであれば、その時のことを引きずって自己憐憫になっている可能性が高いということになるでしょう。

2.褒められた経験があまりない

褒められた経験というものがあまりないという人も実は自己憐憫になりやすいです。

例えば学校の先生や、親から褒められることが少なく、当たり前というようなことをしていると思われ何も言われないという人もいますよね?

テストで100点を取ったりしたとなった時に褒められるのが普通ですが、当たり前と思われたら少しガッカリしますよね?

折角頑張ったのにどうして褒めてもらえないのだろう、自分だけがこんなにも苦労をしているのにどうして誰も何も見てくれないのだろうというような褒められた経験があまりないという人も自己憐憫になる可能性が高いのです。

この時に一番に考えることは自分だけではないということを考えるのが一番です。

例えば褒められた経験が少ないとなっても他の人は褒められているという考えではなく、他の人も自分と同じなのではないかと考えることが大切になります。

今の現代社会でも、人を褒める上司というのは少ないですよね?

なのでその時は自分以外もこの様な態度をしているのだと割り切ることも大切になります。

3.人にだまされた経験がある

人にだまされた経験があるという人も自己憐憫になりやすい傾向があります。

これは相手のことを凄く信用していて接したりしていたのにだまされて違うことをされたというような経験があると自己憐憫になりやすい可能性があるのです。

過去の出来事というのは特に嫌な思いではずっと残っていたりしますよね?

人にだまされた経験があるというのは、信頼におけることであり、その人のことをもう二度と信用できなくなるくらいのことになるのではないかと思います。

それがキッカケで友人を失ったりするという人もいるのではないでしょうか?その時に自分のことをかわいそうな子だと思ってしまう人もいます。

自分のことを他人のように思っていては自己憐憫になっていく一方です。

仮にだまされたりしたとしても自分のことを他人のように思わないことが大切です。

仮にそこを引きずっているのであれば、もっと良い人に巡り会えるというポジティブさを持つことが大事です。

よく◯◯デビューというものがありますよね?あれも気持ちの切り替えの1つだと思います。

この様な切り替えというのはとても大事になるので、是非実践をしてみるのも大事ですよ?

4.人にいじめられた経験がある

人にいじめられた経験があるという人もいるでしょう。

例えば何もしてないのにも関わらずいじめのターゲットにされていじめられたという人もいると思います。

その場合は何とか解決しようと試みても結局解決できず、中学校卒業するまでずっと続いたなんていうようなこともあると思うのです。

最近ではTwitterなどをしている子供達も多いですが、その様なSNSで悪口を言ったり、いじめのターゲットを決めたりするというような人もいるそうです。

いじめられたときはどうして自分がと思うのが当然のことであり、原因というのも無いと思います。

他の人から見ると「かわいそう」というだけで終わりますが、なった本人は「どうして自分だけ…」という考えになりますよね?その時に「自分は過去にいじめられたかわいそうな子だ」という考えをしてしまうのであれば、それは自己憐憫になっているということになります。

過去のトラウマというものはずっとついてくるものですが、それを拭う方法もあるのです。

いじめというのは今でも問題になっていて、事件にまで発展するようなこともあると思いますが、人をいじめるということだけは絶対にしないようにしましょう。

5.うつ病になってしまっている可能性も

うつ病になってしまっているという可能性もあります。

うつ病の場合は自分のことを深く落ち込んだりしてしまう病気のことですよね。

例えば何も気力がなかったり、常にマイナスな思考で考えたりするような人に多いのではないかと思います。

うつ病になっているのかどうかというのは本人ではあまり気付かないことが多いです。

人に言われて気付いたりするような人も多いでしょう。

うつ病になった時はとにかく人のことを気にしたり、自分にはできないとネガティブな考えになってしまうことが多いです。

その時に「自分はかわいそうな子だ」と考えるようになってしまったという場合は原因がうつ病にあるのではないかということになります。

うつ病というのは今では何人もの人がかかっている病気なので、そのうつ病と向き合うというのも1つ大事なことということを覚えておきましょう。

自己憐憫な人の10個の特徴

自己憐憫になってしまう原因についてお話しました。

必ずそのようになったのは、過去に何かあったのか、性格が変わってしまったなど様々な理由があるのです。

そこで自己憐憫になってしまう人の特徴をいくつかあげたいと思います。

例えば何をやっても上手くいかないとなればネガティブな考えになってしまい、自分を責めることも多くなりますよね。

他にも過去にいじめられた経験から人間不信になったりするというような人もいると思います。

自分ではそこまで気にしていないのにいつも暗い顔をしていると指摘される人もいるのではないでしょうか?

自己憐憫になるというのはとても辛いことですがその特徴を知っておいても良いと思います。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

1.何をやっても上手くいかない

何をやっても上手くいかないということがあると思います。

その様な人も自己憐憫になりやすい特徴の1つなのです。

何をやっても上手くいかないというのは、仕事や恋愛、友人関係など全ての事が上手くいかないと考えてしまう人が多いでしょう。

特に自分を責めてしまうという人は自己憐憫な人の特徴でもあるのです。

何をやっても上手くいかないとネガティブに考えてしまう人も多くいると思いますが、その時にいかにポジティブさを持つかということが大事になるのです。

決して何をやっても上手くいかないと自分のことをかわいそうと思わないようにしましょう。

2.人間不信である

人間不信であるという人も実は自己憐憫の可能性が高いです。

原因の中に、だまされたということがあると思いますがその様な経験をした人は人間不信になっても仕方ありません。

特に何があっても信じることができない、唯一家族や親友は信じることができても他の人の言うことが一切信用ならないという人もいると思います。

自己憐憫の場合はその場合でも自分だけはという考えをしてしまいがちです。

例えば軽い嘘や冗談というのも本気で捉えてしまい、人のことを誰も信じることができないというような人も中にはいるでしょう。

人間不信になりかけているという人がいるのであれば、注意をすることが必要になるでしょう。

【人間不信については、こちらの記事もチェック!】

3.自意識過剰

自意識過剰な人というのもいると思います。

その様な人も実は自己憐憫になりやすい人の特徴なのです。

自意識過剰というのは、自分が他の人達にどの様に思われるのかを気にするということですよね?その時に相手からどう見られているのか心配になったりするという人もいるのです。

自己憐憫は自分のことを他人のように見るといいましたが、自意識過剰な性格というのは、これが常にあるということになるのです。

常に他人の目を気にしてしまい、あまり動けなくなるというような人も中にはいるかもしれません。

十分に注意をするようにしましょう。

一番の改善方法としては自分は自分だと割り切ることが大切です。

今の自分はどの様に見られているのかと心配になりますが、他の人達の視線を何か別の物に例えて気にしないという方法もあるでしょう。

自意識過剰な特徴というのは自己憐憫にさせる原因でもあるので注意をするようにしましょうね。

【自意識過剰については、こちらの記事もチェック!】

4.とてもネガティブ

とてもネガティブな考えをしてしまうという人もいると思います。

中には自分のことをひたすらに責め続けるという人や自分はどうせ無理だと考えてしまう人もいるでしょう。

ネガティブな考えというのは物事を常に負のオーラにさせてしまうので、嫌なことが立て続けにおこったり、自分はどうせというような暗い感じになってしまいます。

また何か物事をする際や行動を起こす際にも面倒くさいと思ったり、何もしたくないという気持ちを出させてしまいます。

自己憐憫になってしまった際には常に1日に1回は自分のことをかわいそうと思ったりするようにもなってしまうかもしれません。

とてもネガティブな考えをしているという人がいるのであれば、直ぐにでもポジティブ思考に変えてみることが大切になるでしょう。

5.被害者意識が強い

被害者意識が強いという人もいると思います。

例えば何かあったとなった時に私が被害者だと思う人も多くいるかもしれません。

でも実際には相手が被害者であった場合でも時分は被害者なのにというように少し意識が強い人がいますよね?

その様な人も実は自己憐憫になりやすい傾向があるのです。

6.ストレスをたくさん抱えている

ストレスをたくさん抱えているという人も自己憐憫になりやすいでしょう。

基本的にストレスというのは人であれば誰でも抱えるものですよね。

そのストレスをいかにして消化をするのが重要になると思います。

中にはストレスと向き合うことができずずっと溜め込んでしまうという人もいるでしょうし、他にもいろいろな出来事が重なり一気に欝になってしまったなんていう人もいるのではないかと思います。

ストレスをたくさん抱えれば抱えるほど自分で考えるようになってしまって自分のことを変に意識し始めるという人も出てくるのです。

ストレスというのは解消法が人それぞれですが、たくさん抱えないようにすることが自己憐憫にさせないコツでもあります。

ストレスをたくさん抱え込んでしまうという人がいるのであれば自己憐憫の可能性も高いということを覚えておきましょう。

7.問題解決能力が低い

問題解決能力が低いという人も自己憐憫になりやすいです。

自分の前に問題ができてしまった、トラブルがあってしまったという形になった時にその解決能力がなく、そのままずっと引きずってしまうというような人もいるのではないでしょうか?

問題解決能力というのはその問題に対していかに向き合うことができるのかということを見られることもあります。

いつもその問題から逃げているという人はいませんか?

問題解決能力というのは低ければ低いほどその場所から逃げたくなると思ってしまったり、直ぐにネガティブな考えを出したりします。

その時にでも自分はこの様なことになってかわいそうだと考えてしまったら自己憐憫の可能性が高いでしょう。

問題解決能力が低いとネガティブな考えを引き出してしまい自己憐憫になったりもするので注意をするようにしましょう。

8.いつも暗い顔をしている

いつも暗い顔をしているという人もいるのではないでしょうか?普段から顔が暗いと言われたりするという人もいると思います。

いつも暗い顔をしているとなればそれほど、何か原因があったりするのではないでしょうか?例えば気になることがあったり、心配になることがあったりするという人もいるでしょう。

何か考えてしまうと人というのは表情に出てしまいがちです。

暗い顔をしたりするのもあるので、十分に気をつけるようにしましょう。

9.ため息をつくことが多い

ため息をつくことが多いのも自己憐憫な特徴の1つです。

ため息というのは何かある事についてしまいますよね?自分のことも考えたりする時についてしまうことも多いです。

ため息をつくと幸せが逃げるとも言いますが、ため息というのはとても疲れているときに出てしまうものです。

よくため息をついてしまうとなれば、何か原因になるものがあるはずなので、その原因をまずは突き止めるようにしましょう。

10.自己愛が強い

自己愛が強いという人も自己憐憫の可能性が高いです。

とにかく自分を愛しているという人もいるのではないでしょうか?

ナルシストという言葉を使いますが自分のことが好きで自分に何かあると自分はかわいそうだと思い込んでしまうという人もいると思います。

自己愛が強ければ強いほど自分のことを客観的にも見てしまうので最終的に自己憐憫になってしまうということにもなるのです。

自己憐憫の改善方法

では自己憐憫の改善方法というのはどの様なものがあると思いますか?

例えば規則正しい生活習慣を実践するというだけでも実は自己憐憫から改善する方法なのです。

自分のことを考えてしまいがちだという人は他人のことを優先的に考えたりすることも大事でしょう。

様々な改善方法がありますがその5つの改善方法についてお教えしたいと思います。

今も自己憐憫のような考え方をしてしまっているという人、友達が困っているという人は是非助けてあげたり、努力して改善をしてみてください。

この自己憐憫というのは改善をすることができるものでもあるので、諦めないように取り組むことが大切になるでしょう!

1.規則正しい生活習慣を実践する

規則正しい生活習慣を実践するというのも大事なことです。

例えば朝早く起きてご飯を3食食べるということだけでも実は改善されることがあるのです。

基本的に自己憐憫になってしまう人の原因というのはネガティブな考えから自分のことを考えてしまうというような形が多いです。

そのため、そのネガティブな考えをまずは取り除く必要があるということになります。

例えばいつも朝起きるのが遅かったり、食事を取っていないとなればうつ病になっている可能性や生活習慣などが乱れてそのようになってしまっているという考えをすると思うのです。

規則正しい生活を実践するというのも実は自己憐憫な考え方を変えてくれるものなので、まずは規則正しい生活を送るようにしましょう。

2.自分のことよりも他人のことを考えるようにする

自分のことよりも他人のことを考えるようにすることも大切です。

自分のことを考える際に他人からみた客観的な視点を自分に当ててみるといいましたが、自分のことではなく相手だけを考えるようにすることで改善されることもあります。

基本的に自分のことを考えるというのはとても良いことですが、その頻度が多ければ多いほど今度はネガティブな感情になってしまい、自分を責めたりすることも多くなると思います。

それを防ぐためにも自分のことよりも他人のことを考えるようにするというのが大事になるのです。

気持ちを外に向ける

気持ちを外に向けるというのも大事になります。

例えばいつも内向きな考えをしたり、あまり外に向けて考えを言ったりしないという人が多いのではないでしょうか?

その様な考えをするのではなく、常に外に向けて考えるということを大事にすれば良いのです。

この様な自己憐憫な性格というのも改善をすればとても良いと思いますよね。

まずは外のことについて考えてみてはどうでしょうか?

3.毎日軽く運動をする習慣を身につける

毎日軽く運動をする週間を身につけるだけでも改善されることがあります。

体というのは動かすことによりポジティブさを出してくれます。

なので積極的になったり、自分から何か行動をしようと思う気持ちを出させてくれるので、運動をするというのはとても良いことなのです。

学生の頃は活発だったのに今ではあまり動かないという人は、その原因の1つが運動になるということです。

4.小さいことを気にしないようにする

小さいことを気にしないようにするのも1つの方法です。

よく自分を責めたりするという人は小さなことに対しても敏感に考えたりする人達が多いです。

基本的にその様な考え方をしない人というのは常にポジティブな思考であり、仮に考えたとしても自分で自己解決できるような人達ばかりですよね?

小さいことを気にするのではなく、本当に自分にとって問題だと思うことを重点的に考えてみてはいかがでしょうか?

5.プラスの言葉だけ発するようにする

プラスの言葉だけを発するようにするのも自己憐憫にならない対策の1つです。

常にネガティブな考えを出しているとマイナスな発言ばかりするようになり、更に言って自分を傷つけてしまうなんていうこともあると思います。

自分のことをマイナスに考えるというのはその発言を言っている可能性も高いというkとです。

まずはプラスの言動だけを発するように努力をしてみてはいかがでしょうか?

自己憐憫は自分で気付かないうちになってしまう

自己憐憫は自分で気付かないうちになってしまうことが多いです。

例えば何か相談をしている際に友達から指摘をされたり、家族が心配になって病院に連れていくと解るというようなことにもなるのです。

特に若い人はよく考えたりして考え込むこともあるので注意をするようにしましょう。

10代後半~20代の女性に非常に多い

女性などはよく物事を深く考えてしまうことが多いと思います。

特に10代後半~20代の女性というのは成長をするにあたり悩みなども多く増えたりしますよね?

その影響により考えすぎて自己憐憫になってしまったというようなこともあるので注意をするようにしましょう。