CoCoSiA(ココシア)

自己憐憫な人の10個の特徴や改善方法(続き5)

基本的に自分のことを考えるというのはとても良いことですが、その頻度が多ければ多いほど今度はネガティブな感情になってしまい、自分を責めたりすることも多くなると思います。

それを防ぐためにも自分のことよりも他人のことを考えるようにするというのが大事になるのです。

気持ちを外に向ける

気持ちを外に向けるというのも大事になります。

例えばいつも内向きな考えをしたり、あまり外に向けて考えを言ったりしないという人が多いのではないでしょうか?

その様な考えをするのではなく、常に外に向けて考えるということを大事にすれば良いのです。

この様な自己憐憫な性格というのも改善をすればとても良いと思いますよね。

まずは外のことについて考えてみてはどうでしょうか?

3.毎日軽く運動をする習慣を身につける

毎日軽く運動をする週間を身につけるだけでも改善されることがあります。

体というのは動かすことによりポジティブさを出してくれます。

なので積極的になったり、自分から何か行動をしようと思う気持ちを出させてくれるので、運動をするというのはとても良いことなのです。

学生の頃は活発だったのに今ではあまり動かないという人は、その原因の1つが運動になるということです。

4.小さいことを気にしないようにする

小さいことを気にしないようにするのも1つの方法です。

よく自分を責めたりするという人は小さなことに対しても敏感に考えたりする人達が多いです。

基本的にその様な考え方をしない人というのは常にポジティブな思考であり、仮に考えたとしても自分で自己解決できるような人達ばかりですよね?

小さいことを気にするのではなく、本当に自分にとって問題だと思うことを重点的に考えてみてはいかがでしょうか?

5.プラスの言葉だけ発するようにする

プラスの言葉だけを発するようにするのも自己憐憫にならない対策の1つです。

常にネガティブな考えを出しているとマイナスな発言ばかりするようになり、更に言って自分を傷つけてしまうなんていうこともあると思います。

自分のことをマイナスに考えるというのはその発言を言っている可能性も高いというkとです。

まずはプラスの言動だけを発するように努力をしてみてはいかがでしょうか?

自己憐憫は自分で気付かないうちになってしまう

自己憐憫は自分で気付かないうちになってしまうことが多いです。

例えば何か相談をしている際に友達から指摘をされたり、家族が心配になって病院に連れていくと解るというようなことにもなるのです。

特に若い人はよく考えたりして考え込むこともあるので注意をするようにしましょう。

10代後半~20代の女性に非常に多い

女性などはよく物事を深く考えてしまうことが多いと思います。

特に10代後半~20代の女性というのは成長をするにあたり悩みなども多く増えたりしますよね?

その影響により考えすぎて自己憐憫になってしまったというようなこともあるので注意をするようにしましょう。