皆さんは、「アイコンタクト」と聞くとどんなシュチュエーションが思い浮かびますか?

「スポーツでのアイコンタクト」「仕事でのアイコンタクト」「恋愛でのアイコンタクト」「友達とのアイコンタクト」…様々なアイコンタクトが存在します。

そして、アイコンタクトには良いアイコンタクトも悪いアイコンタクトも両方あります。

そんな中でも、今回は、主に恋愛や友達などの異性からの日常生活におけるアイコンタクトについてです。

アイコンタクトにドキドキしてしまう異性から貰うと嬉しいシチュエーションを、色々ご紹介していこうと思います。

読んだ後直ぐから使えるアイコンタクトも多数紹介していますので、気になる異性が居ると言う人はもちろんのこと、新しい出会いを探して居る人も是非じっくり読んで活用して下さいね。

アイコンタクトをもらったらどうする?

恋愛に限らず、アイコンタクトは日常生活もでふとした瞬間に貰うとドキリとすることがありますよね。

特に日本人はシャイなので、あまり長い時間目を合わすことが得意ではない人が多いそうです。

とはいえ、全く目を合わせられない訳ではありません。

そして、日本には古くから「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるくらいで、アイコンタクトという言葉ではないですが、「目を合わせる」ことの大切さはちゃんと理解しています。

しかし、実際にアイコンタクトを貰ったらどうすればいいのでしょうか?

アイコンタクトを上手く使う為には何に気を付けるべきなのでしょうか?

ここからは、アイコンタクトの意味から、実際にアイコンタクトを貰った場合の対処方法、そしてアイコンタクトの上手な使い方まで、詳しくご紹介していきます。

アイコンタクトって?

アイコンタクトは日常的に、普通に使われるコミュニケーション方法のひとつです。

なので、なんとなくは理解している人が多いかと思います。

では、そもそも「アイコンタクト」の定義としてはどんな意味となっているのでしょうか?

次からはアイコンタクトの意味から、使い方などについてご紹介していきます。

意味

「アイコンタクト」とは、辞書の説明などを見ていると、『相手の目を見たり、視線を交わすなどをして、態度や意志を伝達しようとする事』を指すようです。

やはり、コミュニケーションをとる方法の一つとして認識されているようで、多くの国や場所で利用されています。

上にも書きましたが日本では「目は口ほどにものを言う」ということわざもあり、日本国内でも古くから言葉は違いつつも活用されているコミュニケーション方法です。

もう一つは、サッカーや野球などのスポーツでおこなう場合で使われる「アイコンタクト」もあります。

こちらも、言葉の意味としてはほぼ同じで「目と目で意思疎通を図る本当」だということです。

使い方

次は使い方です。

とはいえ、アイコンタクトは特に意識をせずに行っている人も多いでしょう。

では、意識をしてアイコンタクトを使う場合は、どんな違いがあるのでしょうか?

意識をしてアイコンタクトを使うことで、どんな効果を得ることが出来るのでしょうか?

アイコンタクトの使い方が判り、より上手く使うことが出来る様になれば、日々の生活もさらに円滑に行える気がしますよね。

さらに、好意のある異性に向けても、アイコンタクトを上手く使うことが出来れば、その思いを成就させることが出来るかも知れません。

そこで、二点を重点的にアイコンタクトの使い方をご紹介します。

好きな人とのアイコンタクト

好きな相手が男性の場合、アイコンタクトを上手く利用するためには、相手の目をしっかりと見るようにしましょう。

とはいえ、長い時間じっと見ているのは相手も居心地が悪いです。

なので、まずは2~3秒くらい見つめてみましょう。

相手が視線に気づけば、「気があるのかな?」と思ってくれる可能性が高いです。

好きな相手が女性の場合は、出来るだけ相手の女性をじっと見つめましょう。

男の人は女性と目を合わせることが苦手な人も多いですが、多くの女性はアイコンタクトによって自分が受け入れられると認識するのです。

とはいえ、やはり何分間も長い時間ずっと見ているのは良くありません。

時折数秒じっと見つめるだけ良いですよ。

友達とのアイコンタクト

友達とのアイコンタクト。

これは、意識をして行うというのは意外と難しいかも知れません。

友達との楽しい時間、リラックスして話をしていればしているほど、意識的にアイコンタクトを使うというのは難しいです。

一番簡単で重要なのは、話をするときに目線を逸らさないということです。

人は、相手の目を見て「話が伝わったか」「楽しいと思っているか」という判断を無意識のうちにしています。

なので、相手の目を見て会話をするというのは、それだけ「相手のことを理解したい、自分のことを理解して欲しいと感じている」ということの現れです。

まずは、少しずつでも良いので目を見て会話をする努力をしましょう。

あとは、待ち合わせで再会したときや、あまり大きな声で会話の出来ない公共の場でのアイコンタクトは意識的に行うと、さらに親密さが増すかも知れないですね。

目線を合わせられない人との恋は難しい

上にも書いたように、相手の目を見るという行為は、それだけ「相手のことを理解したい、自分のことを理解して欲しいと感じている」ということの現れです。

上では、友達関係においての状況として、説明をしましたが、実は恋人同士でも言えることです。

むしろ、恋人の方が異性同士となる場合が多い為、お互いをよく知る為にも尚更目を合わせて話をするという行為が重要となります。

とはいえ、目を合わせることが苦手という人も居ます。

そういった人については、後半でも詳しく説明をしていますが、そう言った相手の場合は、少し努力をしてみましょう。

もちろん、目を合わせることが苦手な人が自分である場合は、相手の為にも少しずつでも努力を行うことが大切です。

異性から貰うと嬉しい10個のシチュエーション

ここからは、少し趣旨を変え、異性から貰うと嬉しいシュチュエーションというものを色々ご紹介していきます。

アイコンタクトが苦手な人も、これを見ればきっとアイコンタクトを上手く利用できるようになると思いますよ。

特にアイコンタクトが苦手という訳ではない人は、ここからのシュチュエーションをみて、さらにアイコンタクトを利用する方法を学んで貰えたらと思います。

話をしている時

話しをする時、多くの人は目を合わせて会話をしてくれると、嬉しくなります。

それは、目を見て話すという事は、それだけ相手が自分に興味がある、自分の話に興味あると無意識に感じるからです。

なので、相手に好意を持って貰いたい場合は、出来るだけ相手の目を見て会話をする様に心掛けましょう。

特に、男性は相手に自分の話を聞いて貰えていることが嬉しい人間が多いです。

男性が相手の場合は、しっかりと目を見て話を聞いて上げる努力をしましょう。

さらに、どちらの性別でも言えることですが大切な話の場合は、ここぞと言うときに1秒ほど、目を合わせるようにしましょう。

そうすることで、相手にもその事柄が重要なことなのだと伝わり、相手の心が動きやすくなります。

とはいえ、あまりにずっと視線を向けていると相手も居心地が悪くなるのでやめておくことをおすすめします。

遠くから離れている時のアイコンタクト


遠く離れている時のアイコンタクトは、どうしても目が合いにくく難しいところがあります。

しかし、だからこそ目が合った時は嬉しくなるのです。

特に、目が合った瞬間相手の表情がパッと明るくなったりすると、相手も自分と会った事が嬉しいのだという事が分かり、それだけで嬉しいですよね。

待ち合わせなどの時も、こうしたアイコンタクトを気にしておくと、さらに相手との友好的な関係は進む事でしょう。

さらに異性である場合は、こう言うときに目が合う事で、相手が自分に好意を持ってくれているかが判る場合が多いです。

好きな相手が近くにいる人は、遠く離れているときこそ、遠いからとあきらめずにアイコンタクトを取るように心がけると良いかもですね。

すれ違った時のアイコンタクト

すれ違った時のアイコンタクト。

これは、シュチュエーションによって様々なパターンがありますが、今回はテーマ似合わせて好意のある異性とすれ違った場合を想定してご紹介します。

すれ違った時に目が合うというのも、遠くからの時と同様にやや難しいです。

そもそもすれ違う時というのは一瞬で、相手が気づかないという事も多いです。

しかし、そのぶん目が合った時には絶大な効果があるのですね。

なので、もしその場で気になる異性とすれ違った場合や、気になっていた人とたまたますれ違うことがあったときは、アイコンタクトを出来るだけ試してみましょう。

ちなみに、好きな相手には特に笑顔でアイコンタクトをする事が大切ですよ。

そして、アイコンタクトに失敗してもあまり気にしないで大丈夫です。

たとえ、目が合わなくても「たまたま相手はきづかなかったんだろう」と思い再挑戦をしましょう。

すれ違いざまのアイコンタクトはやはり難易度が高いのです。

授業中や仕事中

授業中や仕事中。

なかなか喋ることは出来ないけれど、アイコンタクトくらいはしたい…そう思うシュチュエーションは、恋愛、友達と関係なくあるかと思います。

例えば、「叱られて慰めて欲しい」「愚痴を聞いて欲しい」「嬉しいことがあったから後で効いて欲しい」そんなサインを一瞬のアイコンタクトで送りたい人は多いのではないでしょうか?

そんな時に、偶然でもアイコンタクトが上手く使えたら、とても嬉しいですよね。

とはいえ、「弱っている姿なんて見せたくない」、そう思っている人も居るかも知れません。

しかし、意外と相手は貴方のそんな姿も嬉しく思っています。

そういったアイコンタクトを受け取る事も嬉しいシュチュエーションのひとつです。

目があって笑ってくれた時

偶然、目があった瞬間に相手がニコリと笑ってくれたら、それだけで、たとえさほど意識したことの無い相手でもドキリとしたり、嬉しくなったりしませんか?

嫌いな人には笑顔は向けませんよね。

興味が無い人の目を見ることは少ないですよね。

つまり、笑顔とアイコンタクトというのは、それだけで「好意がある」というサインになります。

言葉が無くとも行える好意を伝える手段のひとつだと捉え、自分で意識して行えると良いですね。

上で書いた、「遠くから」「すれ違いざま」でのアイコンタクトでも、この笑顔というのは有効です。

じーっと何秒も見てくれる


じーっと何秒も見てくると言う場合は、かなり自分に興味があると感じて嬉しい人が多いようですね。

とはいえ、いつまでもずっとじっと見ているのは、だんだんと相手を不安にさせる行為となります。

ここで言っている「じーっと何秒も見てくれる」というのは、数秒、多くても数十秒のことです。

もし、このじーっと見るを実践する場合は、長く見過ぎない様に気をつけて行ないましょうね。

いつまでも、何分も何十分も見ているのは、アイコンタクトではなく「監視されている」というようなマイナスな印象になりがちですから。

目をそらさない

これも、上のパターン同様に、「自分を見ている=自分に興味がある」ということで、嬉しく思うパターンです。

相手を見るという行為はそれだけ相手に興味がある事を示し、相手を嬉しくさせる行動なのですね。

さらに言えば、「目をそらさない」というのは、それだけ嘘がないと感じる行動のようです。

その為、「この人は嘘をといていない」と感じ、嬉しくなるのです。

とはいえ、この場合も、長く見過ぎてしまうと、逆に相手を不安にさせることになります。

ある程度話の区切りが付いたところで、視線を外した方が、特に日本人には好意とらえられますよ。

ご飯を食べている時

食事中、ふと顔を見上げた時に目が合いアイコンタクト。

なんていうシュチュエーションも多くの人が嬉しく思う状況の様ですね。

正面で食べていて目が合うパターンも、少し離れた場所で二人だけ目が合うパターンも、どちらも少し特別な瞬間となり気持ちを高揚させてくれます。

特に、飲み会や合コンなどで少し離れたところからのアイコンタクトは、相手に興味をもってもらうきっかけとして、特に有効です。

横にいる時のアイコンタクト

もちろん、横に居て目が合う瞬間というのも嬉しいものです。

横にいるという事は、それだけ親密な状況です。

好きな人が横に居て、さらに目も合うとなると、雰囲気も一気に良くなります。

特に、こうした側に居るパターンの場合は、ここから良い雰囲気に持っていこうとか、場の雰囲気を変えたい時に、じっと側で見つめるなどのアイコンタクトはとても有効です。

是非、恋人や好きな人との時間にこうしたアイコンタクトを上手く利用して見てはいかがでしょうか?

特にマンネリ化している恋人同士には、こういった時間を増やすだけでも有効だと思います。

ウィンクしてくれるともっと嬉しい!

アイコンタクトと同時に、ウィンクもすると言うのは、かなり高度なテクニックです。

しかし、上手に利用できれば、かなりチャーミングなポーズとなり、相手もドキリとする事となりますね。

もちろん女性がやってもチャーミングですが、男性が行なっても意外と素敵なのが、このアイコンタクト。

普段はそんなこと恥ずかしくて出来ないと言う男性も、挑戦して見てはいかがでしょうか?

意外と女性からは好評かもですよ。

真剣な相談をするとき

真剣な相談をするときのアイコンタクト。

それは、それだけ相手を信頼している証だと感じられますよね。

相談の内容が真剣なものであればあるほど、相手の自分に対する信頼度が判るのですが、さらに目が合う時間が長いというのは「それだけ自分を信頼してくれているのだ」という事に繋がり、相手を嬉しくさせるようです。

「目」というものは、多くの人が思っている以上に相手の心を掴むことが出来る場所のようですね。

アイコンタクトはどんなサイン?

「目は口ほどにものを言う」という言葉の通り、アイコンタクトは思いの外相手に自分の意志を伝える事ができるサインです。

「好意がある」「嫌い」そう言った感情は、意外と言葉にしなくても目で伝わる様です。

では、アイコンタクトでどういったサインを意識的に送ることが出来るのでしょうか?

次からは、シュチュエーション別に、アイコンタクトを上手く使う手段として、「相手がどういった気持ちでこちらにアイコンタクトを送っているかを知る方法」をご紹介します。

相手に好意がある

相手に好意がある場合のアイコンタクトの方法は様々なパターンがあります。

特に、好意があるかどうかを知ることについては男女でやや異なる為、まずは男女別のパターンをひとつご紹介します。

①女性が相手の男性に好意をもっている場合は、好きな男性に対して「話をしている時」に視線を送る事が多いです。

女性は共感欲求が強いので、相手に自分の気持ちを知って欲しいと思う人が多いのですね。

なので、話を聞いて欲しいという思いから自然と視線を送ることが多いのです。

②逆に、男性が女性に好意をもっている場合は、聞いている時」に視線を送ることが多いです。

これは、女性とは逆で「相手のことをもっと知りたい」という欲求から、相手の情報を収集するために、話を聞こうと集中をする為です。

男女では、こんな風に逆の意識が働くのですね。

さらに、好意があるかないかを分けるサインとしては「視線を横にそらす」かどうかが実は重要です。

視線があってもすぐ逸らしてしまうなどは、ただ相手が照れている場合などもある為好意を感じている可能性があるのですが、横にそらしてしまう場合は、あまり印象が良くない場合が多いです。

気になる人が居る人は、少しだけ意識して相手を見てみると脈無しか有りかが判るかも知れませんよ。

興味がある時

相手に興味がある場合も、上のパターンとほぼ同じです。

男女の差としては、男性の場合は「話を聞いているとき」にアイコンタクトが増え、女性は「話しをしているとき」にアイコンタクトが増えます。

さらに追記をすると、人は興味のある相手や興味のある話をしているときは、表情も明るくなり、瞳孔も開きます。

そういった目だけではなく、顔全体からも相手の興味があるかないかを計ることは出来るようですね。

だからこそ、興味がある相手に対しては、自分自身としても相手の目を出来るだけ見る努力を行っていくことが大切です。

そして、目があったときは、出来るだけ笑顔を向けて、相手に自分の好意を伝えましょう。

相手を知ることも大切ですが、相手に自分を知って貰うこともアイコンタクトでは大切です、

目が魅力的だから

時折、大人でも目がキラキラと輝いている人というの存在しますよね。

そういった人の目は、知らず知らずのうちについ視線が向かいがちです。

そう言った人は、どうしてそんなにも目が魅力的なのでしょうか?

もちろん、「日々の生活が充実している」や「ストレスもなく人生を謳歌している」からキラキラと輝いている人もいるでしょう。

そして、「目のケアをしっかりしているから」という物理的な理由で、綺麗なキラキラとした目をもっている人も居ます。

しかし、他の場合では、実は貴方を見ているから目が輝いているということもあるのですよ。

貴方がその目に目を奪われた様に、相手も貴方に好意を持っている為目が輝いているということもあります。

恥ずかしがって目を合わせられない人も

これまでは、多くのパターンでアイコンタクトを行うことにあまり抵抗がない人を前提にお話してきました。

しかし、「アイコンタクトが苦手」「人と目を合わせる事が恥ずかしい」と視線を合わせることを不得手と感じている人も沢山居るかと思います。

特に、日本人は欧米などに比べてアイコンタクトが苦手なシャイな大人や子供が多いそうです。

しかし、相手の人となりを知らないと、ただアイコンタクトが苦手なだけなのか、自分に好意が無いのか判らなくて不安ですよね。

そこで、次からは、アイコンタクトが苦手がどんな心理なのかをご説明します。

ただの恥じらいの可能性も

アイコンタクトが苦手な人の多くは、シャイな人が多いです。

「目を合わすことが恥ずかしい」「見られることが恥ずかしい」という人達が多く、決して貴方を嫌っている訳ではありません。

むしろ「敬意や好意があるからこそ、見られることが恥ずかしい」という人が多いのです。

とくに、視線が合ってもすぐに上か下を向いてしまったり、何度もチラチラと見られている場合はほぼ好意を持って貰えていると思って大丈夫でしょう。

貴方も好意がある場合は、あまり気にせずに好意を向けていきましょう。

ただし、焦りは禁物です。

少しずつ、相手のペースに合わせて少しずつアイコンタクトが増えていく努力をしていきましょう。

目を見てくれた時は好きかも?!

上にも書いた様に、アイコンタクトが苦手なひとは「恥ずかしい」という思いが強いです。

なので、普段目を見てくれていなくても、ふとしたときに目を見てくれていたりしたときは、脈有りかもしれません。

しかし、残酷なことですが、場合によっては全く興味も好意もないからこそ、貴方には気にすることなく目を見てくれるという場合もあります。

上にも書いていますが、アイコンタクトが苦手な人は好意がある相手だからこそ「恥ずかしい」という思いがでてしまい、アイコンタクトが出来ない場合が多いです。

なので、そう言った場合は、「興味を持たれていないのか…」とへこまず、まず興味を持って貰う努力から始めましょう。

アイコンタクトに気づいてもらうために

アイコンタクトを上手く使うためには、そもそものところ気づいて貰わなくてはなりません。

もちろん、「視線が合うように出来るだけ相手を見る」や「相手の視界に入る場所にいるようにする」など、その場での努力も必要です。

しかし、それ以外にも日々の努力も実は、アイコンタクトが行いやすくなる秘訣があるのです。

では、そのためにはどういった努力を行えば、よりアイコンタクトに気づいて貰いやすくなるのでしょうか?
次からは、その方法についてご紹介します。

目のケアをしよう

大切なのは、やはり日々の目のケアです。

充血していたり、疲れが溜まって目の色が濁っていては、どうしても相手も目を合わせにくいですよね。

綺麗な澄んだ目は、それだけでも人の目を惹きつけます。

目のトラブルをもっている人は、出来るだけ早く病院に行き目の治療を行い、綺麗な目を手に入れましょう。

そして、特にトラブルはなくとも、つい目のケアは疎かにしがちな人は、まずは週に一度からでも良いので、眼球を回す運動をしたり、目を温めたりして、目の疲れを取ってあげるようにしましょう。

他にも、コンタクトなどを日常から利用している人は、夜に出来るだけ目を休めたりケアを行うようにしましょう。

寝る前に、目薬を差して寝るだけでも、翌朝が随分変わってきますよ。

あとは、日中もまめに目薬を差し、ドライアイにならないように気を付けましょう。

目のケアをしてきれいな瞳をしているひとは、それだけで人目を引きます。

好きな人に意識をして貰うためにも、目のケアを忘れないようにしましょう。

アイメイクはナチュラルに

アイメイクが濃すぎる人は、特に男性は視線を合わせにくいことが多いようです。

女性としては、バッチリアイメイクをしていないと不安だという人もいるでしょう。

しかし、意外と男性には、濃いめのアイメイクは不評のようです。

どうやら、濃いアイメイクは「遊び人」「怖い」という認識を無意識にしていたり、多くの場合、母親像から遠いというイメージから、無意識のうちに敬遠してしまうことが多いのだそうです。

もちろん、こういったアイメイクをしている女性を好む男性もいるでしょう。

しかし、もし気になる男性の自分に対する視線があまり良いモノではないように感じたならば、好意のある男性に合うときだけでも、まずはほんの少しでも良いのでアイメイクを薄くしてみてはいかがでしょうか?

案外、自分が心配しているほどアイメイクが濃くなくても問題なく、それどころか相手の男性には好評で、アイコンタクトもいつもより増えるかもですよ。

アイコンタクトで気になる人を落とそう!(まとめ)

ここまで、アイコンタクトと異性へ好意について色々とお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アイコンタクトは上手く使えば、相手にこちらの好意を伝えられ、さらに相手が自分に好意をもつきっかけになることもあります。

特に、女性が男性にアプローチをしたい場合は、「見つめる」という行動はかなり、ポイントが高い行動となります。

あまり女性に見つめられなれていない男性の場合だとなおさら、じっと見つめられているだけで「自分に好意があるのかも?」と意識してしまうことが多いようです。

そして、そこから女性のことを意識し、好意へと繋がることも。

女性の場合は、まずは気になる男性に対しては何度も視線を送り、「好意がありますよ」というアプローチを行うことが大切です。

そして、男性の場合は、まずは気になる女性に対して「少しでも目を合わせる」ことを頑張ってみましょう。

総じて、女性よりも男性の方が異性を視線を合わることが苦手な人が多いです。

なので、女性の方もアイコンタクトが苦手な人がことを理解してれていることもあります。

チラチラと見るだけでも、視線が合ったらすぐ逸らしてしまっても良いのです。

少しでも、視線を合わせる努力をすれば、相手の女性も「照れているだけ」だと判ってくれます。

もちろん、「アイコンタクトが苦手」だと言うことを相手の女性に伝える事が出来れば一番良いのですが、そう言った事を伝える事自体がなかなか出来ない人が多いかと思います。

そう言った場合は、やはりアイコンタクトを少しずつでも出来る様になるしか無いので、頑張りましょう。

さらに言えば、照れているだけだと言うことを上手く利用できれば、むしろ相手の好感度を上げることも出来る場合があります。

一番大切なのは、「苦手でもアイコンタクトをつかう努力」です。

そうすれば、徐々に苦手意識も無くなっていき、相手もより心を開いてくれるでしょう。

是非、「アイコンタクト」を上手く利用して、より好意のある相手と素敵な関係を築いてくださいね。