CoCoSiA(ココシア)

アイコンタクトにドキドキ!異性から貰うと嬉しい10個のシチュエーション


皆さんは、「アイコンタクト」と聞くとどんなシュチュエーションが思い浮かびますか?

「スポーツでのアイコンタクト」「仕事でのアイコンタクト」「恋愛でのアイコンタクト」「友達とのアイコンタクト」…様々なアイコンタクトが存在します。

そして、アイコンタクトには良いアイコンタクトも悪いアイコンタクトも両方あります。

そんな中でも、今回は、主に恋愛や友達などの異性からの日常生活におけるアイコンタクトについてです。

アイコンタクトにドキドキしてしまう異性から貰うと嬉しいシチュエーションを、色々ご紹介していこうと思います。

読んだ後直ぐから使えるアイコンタクトも多数紹介していますので、気になる異性が居ると言う人はもちろんのこと、新しい出会いを探して居る人も是非じっくり読んで活用して下さいね。

アイコンタクトをもらったらどうする?

恋愛に限らず、アイコンタクトは日常生活もでふとした瞬間に貰うとドキリとすることがありますよね。

特に日本人はシャイなので、あまり長い時間目を合わすことが得意ではない人が多いそうです。

とはいえ、全く目を合わせられない訳ではありません。

そして、日本には古くから「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるくらいで、アイコンタクトという言葉ではないですが、「目を合わせる」ことの大切さはちゃんと理解しています。

しかし、実際にアイコンタクトを貰ったらどうすればいいのでしょうか?

アイコンタクトを上手く使う為には何に気を付けるべきなのでしょうか?

ここからは、アイコンタクトの意味から、実際にアイコンタクトを貰った場合の対処方法、そしてアイコンタクトの上手な使い方まで、詳しくご紹介していきます。

アイコンタクトって?

アイコンタクトは日常的に、普通に使われるコミュニケーション方法のひとつです。

なので、なんとなくは理解している人が多いかと思います。

では、そもそも「アイコンタクト」の定義としてはどんな意味となっているのでしょうか?

次からはアイコンタクトの意味から、使い方などについてご紹介していきます。

意味

「アイコンタクト」とは、辞書の説明などを見ていると、『相手の目を見たり、視線を交わすなどをして、態度や意志を伝達しようとする事』を指すようです。

やはり、コミュニケーションをとる方法の一つとして認識されているようで、多くの国や場所で利用されています。

上にも書きましたが日本では「目は口ほどにものを言う」ということわざもあり、日本国内でも古くから言葉は違いつつも活用されているコミュニケーション方法です。

もう一つは、サッカーや野球などのスポーツでおこなう場合で使われる「アイコンタクト」もあります。

こちらも、言葉の意味としてはほぼ同じで「目と目で意思疎通を図る本当」だということです。

使い方

次は使い方です。

とはいえ、アイコンタクトは特に意識をせずに行っている人も多いでしょう。

では、意識をしてアイコンタクトを使う場合は、どんな違いがあるのでしょうか?

意識をしてアイコンタクトを使うことで、どんな効果を得ることが出来るのでしょうか?

アイコンタクトの使い方が判り、より上手く使うことが出来る様になれば、日々の生活もさらに円滑に行える気がしますよね。

さらに、好意のある異性に向けても、アイコンタクトを上手く使うことが出来れば、その思いを成就させることが出来るかも知れません。

そこで、二点を重点的にアイコンタクトの使い方をご紹介します。

好きな人とのアイコンタクト

好きな相手が男性の場合、アイコンタクトを上手く利用するためには、相手の目をしっかりと見るようにしましょう。

とはいえ、長い時間じっと見ているのは相手も居心地が悪いです。

なので、まずは2~3秒くらい見つめてみましょう。

相手が視線に気づけば、「気があるのかな?」と思ってくれる可能性が高いです。

好きな相手が女性の場合は、出来るだけ相手の女性をじっと見つめましょう。

男の人は女性と目を合わせることが苦手な人も多いですが、多くの女性はアイコンタクトによって自分が受け入れられると認識するのです。

とはいえ、やはり何分間も長い時間ずっと見ているのは良くありません。

時折数秒じっと見つめるだけ良いですよ。

友達とのアイコンタクト

友達とのアイコンタクト。

これは、意識をして行うというのは意外と難しいかも知れません。

友達との楽しい時間、リラックスして話をしていればしているほど、意識的にアイコンタクトを使うというのは難しいです。

一番簡単で重要なのは、話をするときに目線を逸らさないということです。

人は、相手の目を見て「話が伝わったか」「楽しいと思っているか」という判断を無意識のうちにしています。

なので、相手の目を見て会話をするというのは、それだけ「相手のことを理解したい、自分のことを理解して欲しいと感じている」ということの現れです。