あなたは、どんな顔をしている男性がタイプですか?

最近は、テレビや雑誌をみると”塩顔”だったり”しょうゆ顔”の男性芸能人がよく出演していますよね。

それは、そんな顔をしている人が人気を集めるようになったからなんです。

外国人のような濃い目の顔ではなく、どこかさっぱりとした雰囲気の顔。

一昔前は濃い目の顔がイケメンといわれ、しょうゆ顔や塩顔男性はその正反対といわれることもあったのに変わりましたね。

そんな塩顔やしょうゆ顔の男性は、どこがかっこいいのでしょうか?どこが魅力的にみえるのでしょうか?

それらを徹底解剖いたします!

男性の顔の種類の”調味料”

男性の顔には、さまざまな調味料で種類を分けているのってしっていますか?

「君はソースだ」とか「しょうゆ顔だねぇ」なんていわれて、そんなにしょっぱい顔をしているのか!?と鏡をみつめることになった方も多いのではないでしょうか。

そんな中でも特に多いといわれている顔の調味料があるんです。

それはいったいなんなのだと思いますか?

また、それらはいったいどのような顔の人のことを示しているのでしょうか。

それら基本事項を確認していきましょう。

トップ2が塩顔としょうゆ顔

男性の顔を表現する調味料のなかには、塩顔としょうゆ顔というものがとても多いといわれています。

それは日本人のことですよ。

日本人てどこか、目が細いイメージがあったり、欧米人のように目鼻立ちがはっきりしていることって少ないですよね。

たまに外国人のような顔立ちをしている男性がいますが、そのような方たちはソース顔といわれています。

それらの顔のことをしょうゆ顔と塩顔とよぶんですね。

あなたは、どんな顔をしていますか?

また、あなたの好きな男性はどんな顔をしている?

その男性の顔を頭に思い浮かべながら、塩顔としょうゆ顔はいったいどのような顔のことをいうのかをみていきましょう。

塩顔とは


塩顔とは、まるで塩のような味気ない雰囲気をしている顔のことです。

とはいっても、口にいれれば塩はしょっぱくてその味を出してくれますよね。

そんなさっぱりしている顔のことをいうのです。

具体的にどんなイメージがあるのかをチェックしていきましょう!

薄めの顔立ち

塩顔とは薄めの顔立ちの人のことをいいます。

先ほども例に挙げましたが、欧米人とは全く正反対の人を示す顔立ちのこと。

そのため、存在感が薄いなんていうことも。

目が細い

塩顔はとにかく目が細い!

欧米人のようなぱっちり二重…というよりは、一重や奥二重が多い印象があります。

肌が白い

色が白いのも特徴的。

それは焼けないようにしている男性もいますが、体質的にやけない人もいます。

それがいやで日焼けサロンで真っ黒にやいているような男性も。

すっきりとした輪郭

すっきりとした輪郭をしているので、シャープな印象が強いです。

そのおかげなのか、行動ひとつひとつが洗練されているように見えることも。

日本人らしい

なんといっても日本人といえば、この塩顔でしょう。

どこにでもいるような顔なので、「ああ、ここは日本だ」と安心できる顔立ちでもあります。

きっとあなたに男の家族がいるのであれば、誰かしら塩顔ではないでしょうか?

それに歴代恋人彼氏に、塩顔が多かったのではありませんか?

中性的なイメージ

塩顔の男性は、なぜだか中性的なイメージが強いです。

また、中性的な方も塩顔の方が多いという不思議。

しょうゆ顔とは

では、次にしょうゆ顔とはどのような特徴をもっているのかを見ていきましょう!

あっさりした顔立ち

塩顔よりもどこかあっさりしている顔立ちをしてます。

それは、パーツがそれぞれ離れていたり、小さめサイズが影響していることも。

平均的で平凡な顔

しょうゆ顔は、塩顔よりもどこにでもいる顔。

そのため、芸能人に似ている人が多いし、「あれ?どこかで見たことがある?」と思うようなことも。

あなたにもそのような経験があるのでは?それは、日本人に多い顔立ちだからなんですね!

クセがなく涼しげ

しょうゆ顔は、欧米人のようなソース顔に比べるとあっさりしているのでクセがありません。

それにパーツもそれぞれ離れているので、見ていて嫌な気持ちになることがないことも。

涼しげな顔立ちをしているので、どんなに汗っかきであってもベッタリなイメージにならないんです。

パーツは塩顔よりはしっかりめ

しかし、顔のパーツの濃さは塩顔よりもとても濃いといわれています。

目は二重が多いし、目鼻立ちがどこかくっきりしている。

塩顔よりのソース顔が少しプラスされた顔…といったら分かりやすいでしょうか?

健康的なイメージ

パーツがしっかりしているので生命力を感じることが出来ます。

そのため、どこか健康的なイメージをうけることも。

ということは、塩顔男性はどこか軟弱なイメージを与えてしまうということなんですよね。

塩顔の芸能人といえば

塩顔の特徴をご紹介しましたが、なかには「塩顔ってどんな顔なのか全くまだ想像できない!」という方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、今話題のあの芸能人で塩顔とはどんなものなのかをご説明していきます。

いったい、塩顔の芸能人といえば誰がいるのでしょうか?!

星野源

歌手だけではなく俳優としても活躍している星野源さんは、代表的な塩顔ですよね。

パーツはそれぞれ小さく、それでいて分散しているんです。

でも、星野さんのあのクールな一重まぶた、そして頬の面積がたまらないなんていうことも。

それに、塩顔男性には”黒ブチメガネ”が似合うことを証明してくれた方でもありますよね。

どこかメガネをかけるだけでさらにマジメな雰囲気になるので、また違う人として接する楽しみも。

及川光博

ミッチーこと及川光博さんも塩顔!

ちょっとこれには驚いた方がいらっしゃるかもしれないですね。

なんとなく及川さんは「濃い顔」の印象があるからでしょう。

及川さんは、歌手だけではなく俳優としても活躍されています。

そのなかでたまにメイクされていることがあるので、濃い目に思えてしまうのかも。

しかし、すっぴんの及川さんはパーツ小さめで薄めの顔立ち。

でもそんな薄めの顔立ちをマイナス要素に受け取っている人にとっては、「顔ではなくキャラで濃い存在になることができる」ことを証明してくれましたよね!

高橋一生

俳優として活躍中の高橋一生さんも塩顔男性。

つぶらな瞳、それでいて欧米人とはいえないようなパーツの離れ具合。

そこに惚れてしまう女性も多いんですよね。

また、そんな塩顔男性が笑うと高橋さんのようにクシャとした笑顔になる方がとても多いので可愛さもある男性が多いことも。

それは高橋さんを見て一目瞭然ですね。

坂口健太郎

若手俳優の坂口健太郎さんも、二重とはいえないまぶた、小さな瞳、白い肌ですね。

この方も典型的な塩顔といえるでしょう。

塩顔男性って坂口さんだけではなく”黒髪”の人が多いのは、それが似合うからでしょう。

たしかに白と黒のコントラストは美しくみえますものね。

また、坂口さんのようにつぶらな瞳の男性=塩顔男性はどこか”優しい性格をしている”ようにみえることも。

【その他の塩顔芸能人については、こちらの記事もチェック!】

しょうゆ顔の芸能人といえば

では、次に塩顔よりもちょっと濃い目の顔をしているしょうゆ顔の男性芸能人をチェックしていきましょう。

福山雅治

まずは、あらゆる世代に人気の福山雅治さん。

福山さんは、ちょっと濃い目の印象が強いのですがよ~くお顔をみてみるとしょうゆ顔であることに気づくはず。

ぱっちりとはいえない二重、かといって小さすぎるというわけではない目。

ま、お鼻もシュッとしていてきれいな顔立ちをしていますよね。

また、クセがないからこそ、さまざまな年代の男女にモテるのかもしれません。

クセがある顔って特定の人にしか人気になることができないですからね。

大野智

ジャニーズの嵐のリーダーをつとめる大野智さんも、しょうゆ顔。

嵐のメンバーの中では、どこか落ち着いている雰囲気をもっているような気がしませんか?

それは最年長なのも理由のひとつですが、やはりしょうゆ顔だからでしょう。

そのあっさりしている顔だちから、広い世代のファンを獲得しているのかも。

中井貴一

俳優のなかでは芸能界にはいなくてはならない存在になっている中井貴一さんもしょうゆ顔。

これまた顔が濃いように見えてしまうのですが、つぶらな瞳、それでいてすっきりした顔立ちはしょうゆ顔そのものですよね。

また、メガネをかけていることが多いのでしょうゆ顔のイメージをもっていない方が多いのかもしれません。

オダギリジョー

オダギリジョーさんがしょうゆ顔ときいて、これまた驚いている方がいるかもしれないですね。

なぜかというと「濃い顔」のイメージをもっている人がとても多くいるから。

なぜそのように見えてしまうかといいますと、オリジナリティのある髪型、そしてヒゲの存在かもしれないですね。

しかし、そのような全体的な印象ではなく顔に集中してみると”しょうゆ顔”であることが分かります。

目はつぶらですし、それぞれのパーツは小さめ。

だからといって、全てが”薄い”というわけではありません。

そんなオダギリジョーさんだからこそ、濃い目の変わった髪型や服装を着こなしたり自分流にアレンジすることができるのかもしれませんね!

塩顔が好きな人の理由

塩顔男性の人気はどんどんあがってきています。

芸能人だけではなく、あなたの身近にいる塩顔男子にも注目が集まっているのではないでしょうか?

そんな塩顔男子のことを好きになった女性たちは、いったいどんな理由でその気持ちを抱くようになったのか気になりますよね!

キリッとした目がカッコいい


その目がカッコイイんです。

それは遠い昔の女性たちが、時代劇の「流し目」にやられてしまったようにキリッとしている目にキュンキュンしてしまうんですよね。

これは特にMっ気のある女性に多い心理なんです。

なんだかその瞳で見つめられると全てを見透かされているような、でもソレがイヤじゃないし、くすぐったいけどカッコイイ…なんて気持ちに。

中性的な顔が魅力的

中性的な顔立ちをしているので、いかにも男性顔をしている人よりは近づきやすいんですよね。

なぜならば、ごつごつしているいかにも男性顔をしている人ってどこか怖いイメージがあるから。

しかし、中性的な顔立ちの人はどこか優しい顔をしているもの。

女性は基本的に優しい男性がすきなので、どこかそんな優しげオーラのある男性に目がいってしまうんですよね。

それは本能なのかもしれません。

セクシーさを感じる

さきほど流し目のようなものを感じるとお伝えしましたね。

それは、セクシーさを出すこともあるんです。

どこか大人っぽく、そしてミステリアスな雰囲気をだしているので「もっと知りたい」という女性心をくすぐるんですよね。

何も言わずにみつめあっているだけで、なんだか心がドギマギしてしまうなんていうことも。

しょうゆ顔が好きな人の理由

では、しょうゆ顔が好きな人はいったいどんな理由をもっているのでしょうか?

爽やかさがある

しょうゆ顔の人ってどこかさわやかなイメージを併せ持っていることが多いです。

そんなさわやかさに惚れてしまうことも。

たしかになんだか重い雰囲気を出している人となんて、あまり一緒にいたいと思わないですよね。

濃すぎず薄すぎずちょうどいい

しょうゆ顔の人は、塩顔にくらべるとちょっと濃い目の顔をしているとお伝えしました。

そのため、濃すぎないし、薄すぎない顔がどこかで「安心」できる要素になっているなんていうことも。

濃すぎてしまうソース顔も苦手だし、かといって薄すぎる顔も苦手…という方には、とても人気が強いんですね。

アイドルっぽいかわいらしさ

しょうゆ顔の人は、どこかカッコイイというよりは”かわいい”雰囲気を持っていることが多いんです。

それは、薄い顔というベースにちょっと濃い目のパーツが乗っているから。

簡単にいえば、ちょっとメイクした女性とでもいえばいいでしょうか。

それってナチュラルメイクのようなもので、その人自身の良さを引き出します。

そのため、かわいくみえてしまうんです。

そのアイドルっぽいかわいらしさに、男性というよりは”母親や姉御目線”でキュンキュンしちゃうことも。

塩顔としょうゆ顔、あなたはどっちが好き?

今回は、塩顔としょうゆ顔について特集してきました!

いかがでしたか?

あなたはどちらの顔立ちがタイプでしょうか?

日本には、しょうゆ顔と塩顔が多く存在しているのであなたも出会える可能性がないわけではありません。

彼らのよさをしって、日本人に向き合ってみることをおすすめします!

きっとあなたらしい好きな理由を見つけられるはずですよ!