CoCoSiA(ココシア)

塩顔しょうゆ顔どっちが人気?それぞれを好きな人の理由とは?


あなたは、どんな顔をしている男性がタイプですか?

最近は、テレビや雑誌をみると”塩顔”だったり”しょうゆ顔”の男性芸能人がよく出演していますよね。

それは、そんな顔をしている人が人気を集めるようになったからなんです。

外国人のような濃い目の顔ではなく、どこかさっぱりとした雰囲気の顔。

一昔前は濃い目の顔がイケメンといわれていました。

そして、しょうゆ顔や塩顔男性はその正反対といわれることもあったのに変わりましたね。

そんな塩顔やしょうゆ顔の男性は、どこがかっこいいのでしょうか?

どこが魅力的にみえるのでしょうか?

それらを徹底解剖いたします!

この記事の目次

男性の顔の種類の”調味料”

男性の顔には、さまざまな調味料で種類を分けているのってしっていますか?

「君はソースだ」とか「しょうゆ顔だねぇ」なんていわれて、そんなにしょっぱい顔をしているのか!?と鏡をみつめることになった方も多いのではないでしょうか。

そんな中でも特に多いといわれている顔の調味料があるんです。

それはいったいなんなのだと思いますか?

また、それらはいったいどのような顔の人のことを示しているのでしょうか。

それら基本事項を確認していきましょう。

トップ2が塩顔としょうゆ顔

男性の顔を表現する調味料のなかには、塩顔としょうゆ顔というものがとても多いといわれています。

それは日本人のことですよ。

日本人てどこか、目が細いイメージがあったり、欧米人のように目鼻立ちがはっきりしていることって少ないですよね。

たまに外国人のような顔立ちをしている男性がいます。

そのような方たちはソース顔といわれています。

それらの顔のことをしょうゆ顔と塩顔とよぶんですね。

あなたは、どんな顔をしていますか?

また、あなたの好きな男性はどんな顔をしている?

その男性の顔を頭に思い浮かべながら、塩顔としょうゆ顔はいったいどのような顔のことをいうのかをみていきましょう。

塩顔とは


塩顔とは、まるで塩のような味気ない雰囲気をしている顔のことです。

とはいっても、口にいれれば塩はしょっぱくてその味を出してくれますよね。

そんなさっぱりしている顔のことをいうのです。

具体的にどんなイメージがあるのかをチェックしていきましょう!

薄めの顔立ち

塩顔とは薄めの顔立ちの人のことをいいます。

先ほども例に挙げましたが、欧米人とは全く正反対の人を示す顔立ちのこと。

そのため、存在感が薄いなんていうことも。

目が細い

塩顔はとにかく目が細い!

欧米人のようなぱっちり二重…というよりは、一重や奥二重が多い印象があります。

肌が白い

色が白いのも特徴的。

それは焼けないようにしている男性もいますが、体質的にやけない人もいます。

それがいやで日焼けサロンで真っ黒にやいているような男性も。

すっきりとした輪郭

すっきりとした輪郭をしているので、シャープな印象が強いです。

そのおかげなのか、行動ひとつひとつが洗練されているように見えることも。

日本人らしい

なんといっても日本人といえば、この塩顔でしょう。

どこにでもいるような顔なので、「ああ、ここは日本だ」と安心できる顔立ちでもあります。

きっとあなたに男の家族がいるのであれば、誰かしら塩顔ではないでしょうか?