第一印象を良くするということはその後のコミュニケーションに大きく関わってくる大切な要因であるということが判明しています。

なぜ第一印象を良くすることによってその後のコミュニケーションに大きく関わるのかと考えた時に、人間は知らず知らずのうちに第一印象で相手を判断してしまっているからです。

第一印象が良いと感じた人間に対しては、自然と相手に好意を持つようになりますので、相手を受け入れやすいのに対し、第一印象が悪ければ、相手に対して嫌悪感を感じる可能性がありますので、その後のコミュニケーションがスムーズにいかない可能性もあります。

もちろん、人間は内面の方が大切なので、あくまで第一印象での話ではあります。

しかし、自分が行っている仕事の内容によっては第一印象がとても大切な仕事も世の中にはたくさんあります。

例えば、営業職の方などは第一印象が良い印象であることがとてつもなく大きなアドバンテージになるはずです。

なぜなら、営業職の方は第一印象をいかに良くして、相手と短い時間でどれだけ信頼関係を結べることができるかということが求められるからです。

信頼関係を結ぶことができれば、自分たちの話を聞いてくれる可能性も上がりますし、自社の商品を購入してくれる可能性も上がるからです。

そして、第一印象良くするということは恋愛においても、同じように大切なことです。

そこで、自分の第一印象を変えるということを男性中心に考えた時に、男性の第一印象を大きく左右する部分である髭を今回はテーマにして、髭が濃い人の理由、そして髭を濃くしない対策についてご紹介していきます。

毎日剃っても生えてくる髭

男性の方で自分の髭に対して悩みを抱えている方はたくさん存在しているはずです。

なぜ自分の髭に対して悩みを抱えているのかと考えた時に、髭は自分の印象を悪くしてしまうひとつの要因になってしまうからです。

そもそも人間は相手に対して清潔感を求めている生き物です。

だからこそ、相手の身なりが不潔で、汚らしい格好している場合は相手と親しくなりたいと思うはずがありませんよね。

それと同じように、男性の髭に関しては場合によっては相手に不快感を与えてしまう可能性があるのです。

例えば、あなたの身の回りに髭が濃くて無精髭のようになっていて汚らしい印象を与えている男性はいませんか?
女性からしてみれば、綺麗に剃ってもうちょっと身なりを整えてほしいと考えるかもしれませんが、男性からしてみればこれはしょうがない問題にもなり得るのです。

なぜかと言いますと、男性のヒゲは体の体毛の中でかなり強い体毛になります。

なので、生命力の強い体毛なのですぐに生えてきてしまうのです。

また、髭は自分の体毛の中でもかなり硬い体毛になりますので、髭を剃るときにカミソリ負けして出血してしまったり、それがニキビになってしまったりして見栄えが悪くなってしまうことは必ず起こり得てしまうことなのです。

なので、どんなに注意をしていたとしても髭が濃い人は相手に対して不潔な印象を与えてしまいやすくなってしまうのです。

だからこそ髭は男性にとって悩みを抱えさせる存在になってしまいます。

朝そっても夕方には青々してくる


髭に関してはとても個人差のある外見の特徴になります。

人によって体の特徴が違うように、男性の髭は男性によって全く印象が異なります。

髭がそもそも全く生えてこないという方もいるかもしれませんし、生えてきたとしてもそこまで多くはないという場合や、映えるけどそこまで目立たない場合、ある程度濃い場合、とても濃くてすぐに生えてくるという方もいる場合もあります。

このように、人によって全く成長速度なども異なってしまいます。

目立たない方であれば悩みを抱えるまでにはならないかもしれませんが、かなり髭が濃い方に関しては朝剃っても夕方には生えてきてしまうという人もたくさんいます。

なので、毎日綺麗に剃らなければいけない環境にある方はとても大変なのです。

剃らなければ無精髭になってしまいますし、剃るとニキビが出来て赤くなってしまう、まさにどう転んでも悩みを抱えてしまいがちになります。

なので、男性自身も髭が生えてくることに対して悩んでいる方は多いのです。

その大変さは女性にはなかなか分かりづらい部分になりますので、たとえ無精髭だったとしても、見えない部分で悩みを抱えてしまっている可能性があることを理解してあげてください。

髭が濃い事がコンプレックスの人も多い

女性からしてみれば男性が髭が生えてくるということは当たり前のことだと思っているかもしれません。

しかし、男性からしてみればそれが自分にとってのコンプレックスだと感じているような人も多く存在しています。

なので、どんなに相手が髭が濃かったとしてもそれをバカにするような発言をしたり、指摘したりするようなことはあまりしない方が良いかもしれません。

自分自身の髭が濃い事は誰でも自覚しています、なぜなら毎朝剃っているのですから。

男性が髭が生えてくるのは当たり前なので、その点をコンプレックスに感じなくても良いじゃないかと思うかもしれませんが、女性でも自分の体毛が濃かったりすることに対してコンプレックスに感じたりするような人もいると思います。

それと全く同じことです。

会社によっては髭を生やすことが許されている会社もあるかもしれませんので、そのような会社であれば特にコンプレックスに感じるようなことは少ないかもしれません。

しかし、若い年代の方が髭を生やしていることに対して会社の人間が良いと考えない人もいるかもしれませんし、そもそも会社の方針で髭を生やすことが禁止されている会社も少なくありません。

なので、改善したくても改善できない環境にある場合は悩みを抱えてしまいやすいのです。

こういった会社のルールなども踏まえた上で男性の悩みを発生させてしまっているということを理解しておかなければいけません。

女性の大半が髭嫌い


女性一人一人の考え方によるものになるので、個人差があるかもしれませんが、一般的に女性は髭があまり好きではありません。

自分自身に似合うようにおしゃれに髭を伸ばしているような方であればまだ抵抗が少ないかもしれませんが、無精髭になってしまっていたり、髭が青くなってしまってるような人に対しては不潔な印象を持ってしまいがちになります。

なので、汚らしい印象を避けることができないので、好まれることが少ないのです。

肌がきれいな人の方が好きなのは当たり前なので、綺麗に整えられた髭や、ツルツルな肌をしている方が圧倒的に清潔感を感じて好印象は持たれやすいです。

それを踏まえてみると、汚らしい髭は自分の印象を落としてしまう行為になりますので、男性は自分の姿をよく確認して、改善する必要性があるかもしれません。

手入れしないと不潔に見える

自分の髭が濃くて悩んでいるのであれば、何かしらの改善点を見つけるべきです。

なぜならば、女性からは不潔だと思われてしまいやすくなりますし、相手の抱く第一印象が悪いものになってしまう可能性が十分に考えられるからです。

なので、髭の手入れをできる環境にあるのであれば、きれいに髭を生やして整えた方が絶対的に好まれる可能性が高まります。

それでもヒゲを生やすことが嫌だと言うのであれば、何かしら髭が濃くならないような対応策を講じた方が良いと思います。

いつまでも悩んでいても何も解決しませんので、濃いヒゲを改善するために努力出来る事を日常生活で取り入れて頂くと自分の第一印象が180度変わる可能性もあります。

少しでもコンプレックスに感じているのであれば、出来る事から始めてみるのも自分を好きになる方法に繋がっていくはずですよ。

髭が濃い理由

そもそもなぜ髭が濃くなるのか?ということはあなたは考えたことがありますか?

一般的に髭が濃くなるということは遺伝によって決まると考えられている場合が多いです。

なぜなのかと考えた時に、例えば自分のお父さんを考えてみてください。

自分のお父さんがとても髭が濃かったり、体毛が濃いような人であれば、自分自身も髭が濃くなったりすることはよくあることです。

その反対に、お父さんが全く髭が生えないような体質である場合は、自分自身も髭が映えてこないような体質になる可能性が高いのです。

なので、生まれ持ったものだと考えられやすく、だからこそ改善することができないと諦めてしまってる方が多いです。

しかし、これは必ずしもイコールの関係にはありません。

体毛が薄い人から生まれた子供でも、体毛が濃くなったりする可能性も十分考えられるからです。

では髭がなぜ濃くなるのかと考えた時にいくつか理由が存在しています。

その理由を、これから項目別に詳しくご紹介していきますので、自分の髭が濃いことに悩んでいる方は自分が髭濃くしている生活習慣をしていないかどうか確認してみてください。

その生活習慣を改善することによって、もしかすると髭が薄くなる可能性があるかもしれませんよ。

男性ホルモンの分泌が多い

なぜ髭が濃くなるのかと考えた時に、自分の髭に対して大きな影響力を持っている存在として男性ホルモンの分泌量が因果関係にあると考えられます。

なぜ男性ホルモンが自分の髭が濃くなる事に関与しているのかと考えた時に、男性ホルモンに関しては自分の体毛が伸びるように指示を与える存在です。

しかし、頭髪はそれには含まれていません。

なので、男性ホルモンの分泌が多い人は頭髪が薄くなりがちで、それ以外の体毛がとても濃くなる可能性があります。

世の中に存在している禿げている人をよく観察してみてください。

おそらく頭は寂しいことになっているのに、それ以外の体毛はぎっしりと生えている可能性が考えられます。

これは典型的な男性ホルモンの分泌量が多い人間の特徴です。

その反対に女性ホルモンに関しては髪の毛を伸ばそうと指示をしてくれるホルモンなので、男性と比べて女性は禿げている人が少ないですし、体毛が濃い人はあまりいません。

なので、男性ホルモンの分泌が多い人は髭が濃くなりやすくなってしまうのです。

しかし、髭を濃くしたくないからと言って自分の男性ホルモンの分泌量を操作できるように男性はいませんよね。

そんなことができるのであれば誰だって行なっているはずです。

なのでなかなかこの部分に関しては改善点を考えることが難しい部分になるので、髭に関する悩みを抱えたままにしてしまっている方が多い理由にもつながっています。

タバコを吸っている

髭が濃いことに悩んでいる男性の方でタバコを吸っている方はいませんか?
もしかしたらタバコを吸っていることが原因で自分の髭が濃くなっている可能性が考えられます。

なぜタバコを吸うことによって自分の髭が濃くなってしまうのかと考えた時に、タバコを吸うことによって男性ホルモンの供給量が高くなってしまうということが医学的に判明しているからです。

具体的には、タバコを吸っている人間とタバコを吸っていない人間の男性ホルモンの量を測った時に、タバコを吸ってる人間の方が男性ホルモンに含まれている一種の分泌量が約10%前後高いという事が判明しています。

男性ホルモンが多くなると先ほどご紹介したように体毛を生やす効果が強まりますので、髭が濃くなってしまうのです。

なので、タバコを吸っていると自分の髭を濃くしてしまう生活習慣になり得てしまうと判断することができます。

肉類が多い食事

私たちは生きるために毎日食事をしなければいけませんが、人によっては食生活が偏ってしまっている場合もあると思います。

例えば、コンビニでご飯をいつも買ったり、自炊をしていたとしてもいつも食べるのはお肉だけなどが該当すると思います。

髭が濃くて悩んでいる方の中には肉類を摂取する回数が多いので濃くなっている可能性も考えられます。

なぜ、お肉を食べると髭が濃くなってしまうのかと考えた時に、肉を中心とした食生活をしている方の方が男性ホルモンの分泌が多くなる傾向があることが分かっています。

そして、男性ホルモンが多くなってしまいますと、髭が濃くなるような作用が起こり得てしまいます。

また、お肉だけではなく、野菜も時には男性ホルモンを助長してしまうような効果を与える可能性が考えられます。

それは、玉ねぎや、ニンニク等が該当しています。

これらの食品に関してはその成分上男性ホルモンの効果を繰り返すような効果を持っていますので、これらの食生活を中心に毎日過ごしていると髭が濃くなりやすくなってしまいます。

なので、牛丼などばかり食べているような人は特に注意をしなければいけません。

スタミナ丼なども該当しますので、髭を薄くしたいのであれば控えるようにした方が良いかもしれませんね。

男性は特にお肉が好きだと思いますので、人によっては辛く感じるかもしれませんが、お肉中心の生活ではなく、野菜中心の生活にシフトするように考えてみると髭が薄くなり過ごしやすくなるかもしれません。