CoCoSiA(ココシア)

ソース顔の10個の特徴

今では、男性のことを「草食系男子」や「肉食系男子」などという言い方で分類したりします。

しかし、少し前までは「ソース顔」とか「しょうゆ顔」なんて言い方で分類している時もありました。

人の顔を、ソースやしょうゆで表現する事ができるのかと思ってしまいますが、表現の方法としては主流でしたね。

実際に女性の好みのタイプを聞く際にも、この言葉は使っていました。

はじめて聞いた人は、どういう意味かもさっぱり理解できないかもしれません。

または自分が男性であるのであれば、ソース顔なのかしょうゆ顔なのかも気になるところですよね。

今回は、そんな男性の顔のタイプ、「ソース顔」や「しょうゆ顔」さらに「塩顔」についてご紹介してきます。

ソース顔の人、と聞いてすぐにどんな顔が思い浮かぶ?

では、ソース顔について考えていきましょう。

あなたが「君はソース顔だね」とか「あの人ってソース顔だね」なんて言われたら、どういった顔を想像しますか?

ソースっていうくらいだからだらーとした感じを想像してしまいます。

ソースと言っても様々な種類があります。

いったい、どういったところと比較をしてソース顔というのでしょうか。

例えば、甘いソースなんかがありますよね?

なのでそっから比較してソース顔は、甘いマスクのことをいうなんてことも考えられます。

また他にも辛いソースだってあるわけですから、辛い顔をしているつまり怖い顔をしているなんてことも想像できます。

しかし、ソース顔はソースの味から連想している表現方法ではありません。

ブルドッグソースなんてものもありますから、じゃあブルドッグみたいな顔をしている人のことだとも思ってしまいますが。

それも違います。

正直それは失礼にあたってしまいます。

ソース顔の特徴について見てみよう

ソース顔には、ソース顔の特徴があります。

その特徴はソース顔独特のものです。

あなたは過去に「あなたはソース顔だよね」なんて言われた事はなかったでしょうか。

ソース顔って言われたけど、どんな顔なの?なんて疑問にもっている人もいたことでしょう。

ここでは、ソース顔の特徴や、どんな顔なのかということをしっかりと理解していきましょう。

しかし、ソース顔って得をするのでしょうか?

それとも損をしてしまうのでしょうか?

女性からの好みのタイプとしては、「ソース顔」「しょうゆ顔」「塩顔」で言ったら、最近は「塩顔」が一番人気です。

しかし、ソース顔が好きという女性もかなり多いです。

なので、どちらかといえば得をすることの方が多いのはないでしょうか。

彫りが深い

ソース顔の特徴として、彫りが深い顔のことを上げられます。

彫りが深いと言えば、日本人よりは、外国人を想像しますよね。

外国人のような彫りの深さを持っていればその人はソース顔といえます。

彫りが深い顔には好き嫌いがはっきり分かれますが、正直かっこいいと思います。

どちらかといえばイケメンの部類に入りますし、彫りが深い顔を好きな女性は多いです。

芸能人で例えると、一番初めに思いつくのが平井堅さんですね。

あの方は、非常に日本人離れをした顔で、彫りも深い端正な顔立ちをしていますよね。

個性が強いというか、あまり日本にはいない顔立ちをしているのが特徴的です。

よく海外にいくと、彫りが深い顔をした彫刻なんかを見る事ができます。

こう考えると、ソース顔というのは日本人の顔というよりかは、アメリカやヨーロッパなどにみられる彫りの深さを持つ方のことをいうようですね。

鼻が高く鼻筋が通っている

これも彫りが深い顔の特徴と同じような意味ですが、鼻が高く鼻筋が通っているのもソース顔の特徴といえます。

日本人でも、鼻筋が通った外人のような鼻が高い人っていますからね。

あのような鼻を見ると立派なので、羨ましく思えてしまいます。

鼻の形って人それぞれ好き嫌いが分かれる顔の部位ではないでしょうか?

鼻がにも色々な形がありますし、必ずしも大きくて高い鼻が良いというわけではないと思います。