CoCoSiA(ココシア)

脈絡のない話をする人の9個の原因と対策とは?


私たち人間は他の生き物と違い、際立った特徴を保有しています。

それはどんな能力かと考えると、高度な言語能力を保有しているということです。

高度な言語能力を有していることによって、よりたくさんの人間とより複雑なコミュニケーションを取ることを可能にしています。

もしも今私たちが言語能力を奪われてしまいますと、相手とコミュニケーションをとることがとても困難になりますよね。

パソコンやスマホなどを使えば文字をある程度表現出来ますし、ジェスチャーだけでもある程度意思疎通は可能ですが、それでも言語能力がある方が絶対的に優れたコミュニケーションを行えるはずです。

だからこそ、それを踏まえて考えてみると私たちの言語能力はとても重要な存在であり、相手に伝える言葉というものはとてつもない力を秘めているものであると考えられるはずです。

そして、相手に言葉を発して自分の考えを伝える場合、大切なのは言葉の組み合わせです。

なぜなら、言葉を発せても、上手な組み合わせが出来ないと意味が伝わらないからです。

時々、相手と会話をしている時に相手の話している内容が理解できないという事、ありませんか?
大抵の場合、言葉の組み合わせが間違って文章が支離滅裂になっていたり、筋道が通っていなかったり、適切な表現の言葉を用いずに話してしまう事で、結果的に意味が伝わりづらくなっている可能性があります。

なので、言語能力の重要性を理解できれば、脈絡のしっかりした話をするという事も重要であるという事の気が付くはずです。

そこで今回は脈絡をテーマにして、脈絡のない話をする人の原因や対策についてご紹介していきます。

この記事の目次

脈絡のない話をする人は信用されない

あなたは相手に対して話をする時に文章の構成や脈絡などを考えながら話をするように注意していますか?

注意せずとも、きちんと脈絡のある話をすることができる自信があるのであれば問題ないかもしれません。

しかし、その自信がないのに、何も考えずに相手に対して話をしている場合は気を付けなければいけない可能性が高いです。

なぜ気を付けなければいけないのかと考えた時に、相手に対してもし脈絡のない話をしている可能性があるとするば、その相手があなたに持っている印象はもしかすると悪い印象になっているかもしれないからです。

悪い印象だけではなく、まともに話をすることができない、信用することができない人間であると判断される可能性があるので、自分にとってマイナスな結果になってしまうのです。

では、どうして脈絡のない話をする人間が信用されないのかと考えてみましょう。

あなたは話をしている人間が常に物事の一貫したつながりがないような話をしている場合、どのような印象を受けますか?

おそらく大多数の方が、一貫した話ができない、コロコロ自分の意見が変わったり、何が言いたいのかわからない人間であると判断すると思います。

でもそのような人間が信頼するべき人間であるかどうか判断した時に、信頼できると答える方は少ないと思います。

なので、脈絡のない話をする人間は信頼されなくなるので、きちんと文章構成や脈絡を考えながら話をしなければいけないという事に繋がるのです。

脈絡とは?


相手と話をする時にはきちんと文章の脈絡を考えなければいけないということをお伝えいたしましたが、それでは脈絡とは一体どういう意味が存在しているのかということを考えていきましょう。

脈絡とは様々な意味を持っており「①血管②物事の一貫したつながり③筋道」という意味を持っています。

つまり、文章における意味としては②と③が該当すると判断することが出来ます。

現実の世界でも脈絡のない話、つまり物事の一貫したつながりがないような話をする人間がいたりすることがあります。

このような人間の話をしていると、相手のしゃべっている内容を理解することも難しいですし、こちらの話してる内容が正しくは相手に伝わっているのかどうかも不安に感じますよね。

なので脈絡のない話をするような人間にはどうしても信頼性を感じにくくなってしまうのです。

なので脈絡のある話をできるように注意しなければいけないということが一般的な考え方になっています。

それを踏まえた上で、改めて脈絡という言葉の意味をそれぞれ項目別に細かく説明していきたいと思います。

物事のつながり

脈絡という言葉の意味として「物事のつながり」という意味が存在しています。

これは先ほどご紹介した脈絡の意味である「②物事の一貫したつながり③筋道」が該当すると解釈することが出来ます。

様々な物事に関しては様々なつながりが存在してます。

このつながりがあるからこそ私たちはそれぞれをつなげて考えることができるようになり、つながりがわかるようになれば全体が分かるようになります。

なので、つながりのある文章は全体のつながりがわかりやすいので、理解を得ることが出来るようになります。

しかし、物事のつながりがなければ、どうしてもつなげて考えることが難しくなってしまいます。

なので、つながりがない文章は全体を見たとしても物事のつながりが分かりにくい分、物事の全体像が把握しにくくなります。

それは文章においても全く同じであると考えることが出来ます。

なので、必ず相手に何かを伝える際には文章のつながりを意識した上で説明をするようにしないと相手は話の内容がわかりにくくなってしまいやすくなります。

そして、一貫した意見を主張しないのもまた同様です。

話度に自分の意見が変わるような話をされたところで、脈絡がなく、どの話を信じて良いのかわからなくなります。

なので、物事のつながりという意味を持った「脈絡」を話をする際には意識しなければいけないのです。

血管や脈のこと

脈絡という言葉の意味として「①血管」という意味が存在しています。

これは文章の話をする際にはあまり関係ない意味合いになってしまいますが、単純に私たちの体に流れている血管を指し示している言葉だと判断することが出来ます。

例えば手のひらを自分に向けた時に手の付け根には脈がありますよね。