私たち人間は他の生き物と違い、際立った特徴を保有しています。

それはどんな能力かと考えると、高度な言語能力を保有しているということです。

高度な言語能力を有していることによって、よりたくさんの人間とより複雑なコミュニケーションを取ることを可能にしています。

もしも今私たちが言語能力を奪われてしまいますと、相手とコミュニケーションをとることがとても困難になりますよね。

パソコンやスマホなどを使えば文字をある程度表現出来ますし、ジェスチャーだけでもある程度意思疎通は可能ですが、それでも言語能力がある方が絶対的に優れたコミュニケーションを行えるはずです。

だからこそ、それを踏まえて考えてみると私たちの言語能力はとても重要な存在であり、相手に伝える言葉というものはとてつもない力を秘めているものであると考えられるはずです。

そして、相手に言葉を発して自分の考えを伝える場合、大切なのは言葉の組み合わせです。

なぜなら、言葉を発せても、上手な組み合わせが出来ないと意味が伝わらないからです。

時々、相手と会話をしている時に相手の話している内容が理解できないという事、ありませんか?
大抵の場合、言葉の組み合わせが間違って文章が支離滅裂になっていたり、筋道が通っていなかったり、適切な表現の言葉を用いずに話してしまう事で、結果的に意味が伝わりづらくなっている可能性があります。

なので、言語能力の重要性を理解できれば、脈絡のしっかりした話をするという事も重要であるという事の気が付くはずです。

そこで今回は脈絡をテーマにして、脈絡のない話をする人の原因や対策についてご紹介していきます。

脈絡のない話をする人は信用されない

あなたは相手に対して話をする時に文章の構成や脈絡などを考えながら話をするように注意していますか?

注意せずとも、きちんと脈絡のある話をすることができる自信があるのであれば問題ないかもしれません。

しかし、その自信がないのに、何も考えずに相手に対して話をしている場合は気を付けなければいけない可能性が高いです。

なぜ気を付けなければいけないのかと考えた時に、相手に対してもし脈絡のない話をしている可能性があるとするば、その相手があなたに持っている印象はもしかすると悪い印象になっているかもしれないからです。

悪い印象だけではなく、まともに話をすることができない、信用することができない人間であると判断される可能性があるので、自分にとってマイナスな結果になってしまうのです。

では、どうして脈絡のない話をする人間が信用されないのかと考えてみましょう。

あなたは話をしている人間が常に物事の一貫したつながりがないような話をしている場合、どのような印象を受けますか?

おそらく大多数の方が、一貫した話ができない、コロコロ自分の意見が変わったり、何が言いたいのかわからない人間であると判断すると思います。

でもそのような人間が信頼するべき人間であるかどうか判断した時に、信頼できると答える方は少ないと思います。

なので、脈絡のない話をする人間は信頼されなくなるので、きちんと文章構成や脈絡を考えながら話をしなければいけないという事に繋がるのです。

脈絡とは?


相手と話をする時にはきちんと文章の脈絡を考えなければいけないということをお伝えいたしましたが、それでは脈絡とは一体どういう意味が存在しているのかということを考えていきましょう。

脈絡とは様々な意味を持っており「①血管②物事の一貫したつながり③筋道」という意味を持っています。

つまり、文章における意味としては②と③が該当すると判断することが出来ます。

現実の世界でも脈絡のない話、つまり物事の一貫したつながりがないような話をする人間がいたりすることがあります。

このような人間の話をしていると、相手のしゃべっている内容を理解することも難しいですし、こちらの話してる内容が正しくは相手に伝わっているのかどうかも不安に感じますよね。

なので脈絡のない話をするような人間にはどうしても信頼性を感じにくくなってしまうのです。

なので脈絡のある話をできるように注意しなければいけないということが一般的な考え方になっています。

それを踏まえた上で、改めて脈絡という言葉の意味をそれぞれ項目別に細かく説明していきたいと思います。

物事のつながり

脈絡という言葉の意味として「物事のつながり」という意味が存在しています。

これは先ほどご紹介した脈絡の意味である「②物事の一貫したつながり③筋道」が該当すると解釈することが出来ます。

様々な物事に関しては様々なつながりが存在してます。

このつながりがあるからこそ私たちはそれぞれをつなげて考えることができるようになり、つながりがわかるようになれば全体が分かるようになります。

なので、つながりのある文章は全体のつながりがわかりやすいので、理解を得ることが出来るようになります。

しかし、物事のつながりがなければ、どうしてもつなげて考えることが難しくなってしまいます。

なので、つながりがない文章は全体を見たとしても物事のつながりが分かりにくい分、物事の全体像が把握しにくくなります。

それは文章においても全く同じであると考えることが出来ます。

なので、必ず相手に何かを伝える際には文章のつながりを意識した上で説明をするようにしないと相手は話の内容がわかりにくくなってしまいやすくなります。

そして、一貫した意見を主張しないのもまた同様です。

話度に自分の意見が変わるような話をされたところで、脈絡がなく、どの話を信じて良いのかわからなくなります。

なので、物事のつながりという意味を持った「脈絡」を話をする際には意識しなければいけないのです。

血管や脈のこと

脈絡という言葉の意味として「①血管」という意味が存在しています。

これは文章の話をする際にはあまり関係ない意味合いになってしまいますが、単純に私たちの体に流れている血管を指し示している言葉だと判断することが出来ます。

例えば手のひらを自分に向けた時に手の付け根には脈がありますよね。

小学生の時にこの脈を図る授業などがあったと思います。

運動をすれば、心臓の鼓動が早くなり、血液の流れるスピードが速くなるため、この手の付け根にある脈の鼓動がどんどん速くなることを確かめたと思います。

このような血管や脈のことを「脈絡」という言葉で表現することが出来るのです。

脈絡のない話をする人の9個の原因とは?


人は誰しもが相手に対して話をする時に伝わりやすい言葉で話をするように心がけていると思います。

相手に対して伝わりにくい言葉を使って話をしているとすれば、単純に自分にとって都合が悪い話なのか、それとも相手に対して意地悪をしたいかのどちらかである場合が多いです。

なので、一般的な場合を考えると相手に対してわざわざ伝わらないように話をするわけがありませんよね。

これを踏まえて考えてみると、相手に対して伝わりにくい言葉で話をしてしまう人は脈絡を意識していないで話をしている可能性がとても高いです。

人によって知識が違ったりスキルが違ったりするので、トーク力に関しても差があるのはしょうがないことです。

しかし、一般的な知識がなかったり、スキルがなくても話をするくらいであれば本来問題無いのです。

学歴が低い方でもきちんと話をすることが出来ていますし、人によっては優秀な学歴を持った人間よりも話し方が上手な人間は腐るほど存在しています。

なので話をする時には知識やスキルなどは大きく関係するものではないのです。

ではなぜ、話をするのが下手なのかと考えると先ほどお伝えしたように、話の脈絡を考えていないからです。

これが出来ていない人は話を上手に伝えたり、まとめたりすることが出来ません。

だからこそ脈絡があるような話し方をする工夫が求められますが、それには脈絡がなくなってしまう原因を知る必要性があります。

だからこそ、ここからは脈絡のない話をしてしまう人の原因を詳しくご紹介していきます。

脈絡のない話をついしてしまいがちな人間はこれからご紹介する原因を自分自身の特徴と照らし合わせて考えてみてください。

そして、そこから脈絡がある話を行う事が出来るようになるためのヒントとして利用してください。

1.マイペースすぎる

脈絡のない話をする人の原因を考えた時に、マイペースすぎるということがひとつの理由に該当します。

なぜマイペースな人間は脈絡のない話をしがちなのかと考えた時に、マイペース過ぎる人間は様々なことに関して自分のペースを持っています。

それは何かの作業を行ったりする時も同じですし、会話を行うときも同じです。

一般的にマイペースはテンポが速いよりも、遅い人に対して使われる言葉です。

なので、会話が一般的な人間よりも遅いという事になります。

相手と会話をする時に大切なのはテンポです。

相手とテンポよく会話をすることによって相手と波長が合うようになり、相手と波長が合えば合うほど気があるようになり、違和感を感じなくなり、信頼感も増していきます。

しかし相手と会話をする上でテンポよく会話をすることが出来なければ、相手は自分と波長が合わない人間だと認識するようになり、最終的に信頼感もそこまで必要以上に感じなくなってしまいやすいです。

そして会話を続けていくためにはテンポよく相手とたくさんの会話を広げていく必要性があります。

しかし、相手がマイペースな返答を行えば会話が広がっていくチャンスも失われてしまいます。

会話が遅くなれば遅くなるほど内容も相手に伝わりにくくなってしまい、人によっては脈絡のないような話をする人間だと印象づけられてしまいます。

なので、マイペースすぎる人間は脈絡がない話をする原因であると判断することが出来ます。

2.人の話を聞いていない

あなたは相手と話をする時にきちんと相手の話に耳を傾けて会話を行っていますか?
これは、意外とできていない人が多いです。

相手と会話をする上で相手の話を聞いていないということは、会話をする上で致命的な欠点になってしまいます。

そして相手の話を聞いていないことによって、脈絡のない返答をしてしまいがちになるので、脈絡のない話をする人間の大きな特徴にもなってしまいます。

では、なぜ人の話を聞かない人間は脈絡のない話をしてしまうのかと考えていきましょう。

まず大前提として相手と話をする時に大切なのは相手の話を理解して、それに沿った返答をしていくことです。

例えば会話は自分が一方的に相手に対して話をする行為ではありませんよね。

会話は自分と相手がお互いに話をすることによって生まれる行為です。

なので、一方的に片方の人間が相手に対して話をするのは会話ではありません。

それを踏まえて考えてみると、相手の話している内容に対して、きちんとそれに沿った適切な返答、そして話題提供などの技術が会話には必要になります。

それをテンポよくを行っていくことによって会話がどんどん広がっていくようになるのです。

だからこそ、相手の話を聞かずに自分の会話だけを行ってしまった場合、相手からすれば自分の話を聞いてもらっていないということで不満に感じるはずですし、自分の話している内容に関してちぐはぐな返答をされたと感じてしまうようになります。

これでは全体の脈絡に沿っていない話になってしまい、相手は会話したくないと考えてしまいます。

なので、人の話を聞いていない人間は脈絡のない話をする人間の特徴だと判断することが出来るのです。

3.天然ボケ

天然ボケな人間も脈絡のない話をしてしまう原因になりかねません。

なぜ天然ボケな人間は脈絡のない話をしてしまいがちなのかと考えると、そもそも天然ボケな人間はあまり人の話を注意して聞くような性格をしていない可能性が高いです。

決して自分勝手というわけではないのですが、話をしている最中にもその話に集中せずに、他の事を考えたり意識していたりすることが多いので、人の話を注意して聞いていないということが原因になります。

それ以外にも天然ボケな人間はもともとマイペースな性格をしていることが多いです。

天然ボケな人間がハキハキと相手の話の内容に合わせて返答している姿を想像することは難しいはずですよね。

それよりもゆっくりとスローペースで話が噛み合わないようなことを話したりする姿を想像することが多いはずです。

なので天然ボケな人間は結果的に脈絡のない話をしてしまうことが多くなってしまい、好き嫌いが分かれてしまう傾向にあります。

いずれにしても本人に悪気がないということは理解した上で、天然ボケな人間は脈絡のない話をしてしまう原因になるということを理解してください。

4.天然を装うためであることも

脈絡のない話をしてしまう原因の一つとして先ほど天然ボケが原因になるということをご紹介しましたが、時には本当は天然ボケではないのに、天然ボケを装うために脈絡のない話をあえて行っているような人間も存在しています。

なぜわざわざ天然を装う必要があるのかと考えた時に、一般的に男性は女性に対して癒しを求めていることが多いです。

なので、サバサバした女性や、男らしい考え方を持っている女性などを苦手とする傾向があります。

それよりも女性らしいおっとりとした性格の女性だったり、柔らかい印象を与える優しい女性が好まれることが多いです。

それを踏まえて考えると、天然を装うことによって異性である男性からモテようとするために装っている可能性があるという事になります。

わざと天然ボケを装っている人間って時々見かけませんか?
あのような人があえて脈絡のない話をして天然ボケを装っている可能性が高いということです。

なので、脈絡のない話をしてしまう人間=天然ボケという定義の中には場合によっては例外もあるという事を理解しておいてください。

5.思いついたことを片っ端から話す

人間によっては自分が思いついたことをどうしても口に出したいという性格の人間がいますが、この人間に関しても脈絡のない話をしてしまう原因になりえます。

なぜ、思いついたことを片っ端から話すことが脈絡のない話をしてしまう原因になるのかと考えた時に、思いついたことを口に出すということは、その場にあった内容を話せる場合もあれば、その場にそぐわないような内容を話してしまう可能性も十分に考えられるからです。

相手の話を聞いている時に、相手の話だけを自分の頭の中で想像している人は思っているより少ないです。

人間の中には相手の話を聞いているときに別のことを考えたりする人もいれば、相手の話を半分程度聞いて、それ以外のことを考えてるような人、そして全力で相手の話を聞いているような人もいます。

しかし相手の話を全力で聞いていないと、相手の話している内容を聞き逃してしまう事もあるはずです。

その結果、相手に返答をするときに理解していないので、脈絡のない返答をしてしまったり、相手が話している時に考えていた別の話を突発的に話してしまって、脈絡のない話をしてしまったりする可能性があるということです。

もちろん相手と会話中ではなかったとしても、思いつきによって話題を変えて話す人間は前後のつながりがわかりづらいので、この人はいつも脈絡なく話をするなぁと判断されてしまいます。

なので、思いついたことを片っ端から話す人は脈絡のない話をしてしまいがちであると判断することが出来ます。

6.論理的思考ができない

論理的思考ができない人間も脈絡のない話をする原因になってしまいます。

論理的思考とはロジカルシンキングとも呼ばれており、今ではビジネスの現場には欠かせない思考方法の一つとなっています。

論理的思考とは「物事の筋道を立てて、論理的に考える思考能力、一貫して筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方」を意味しています。

つまり論理的思考とは物事の一貫したつながりを表す上で絶対的に必要な能力であると捉えることもできます。

なので脈絡=論理的思考であると判断することが出来ます。

つまり論理的思考が出来ない人間は脈絡のある話をすることが出来にくいと考えられます。

例えば、論理的思考の特徴をひとつご紹介すると、論理的思考を行う場合は一般的に相手に説明するときに結論から先に述べて、その後に理由を付けるという方法が重要だと考えられています。

なぜなら結論から先に伝えた方が結果を意識して話を聞く事が出来るので、全体像を理解しながら話を聞くことが出来ます。

しかし、女性で特に高齢の方に多いですが、結論をだらだらと先延ばしにして延々話を続けるような人っていませんか?
これは明らかに論理的思考ができておらず、話の脈絡が感じられない話の典型的な例です。

なので、論理的思考が出来ない人間は脈絡のない人間であると判断することが出来ます。

【論理的思考を鍛えるためには、こちらの記事もチェック!】

7.コミュニケーション能力が低い

脈絡のない話をしてしまう人間の一つの原因として考えられるのがコミュニケーション能力がそもそも低い場合が考えられます。

ではなぜ、コミュニケーション能力が低い人間が脈絡のない話をしてしまうのかと考えた時に、コミュニケーション能力が低いという事は、コミュニケーション能力が鍛えられる環境で過ごした経験がをあまりない人間である、と判断することができます。

コミュニケーション能力を発揮しなければいけないような環境にいれば嫌でもコミュニケーション能力は発達していくものです。

つまり、それを培う環境にいなければそもそも身につくものも身につかないと判断することが出来るという事です。

なので、コミュニケーション能力が低い人間ほど相手と話してきた経験が少なくなるため、会話が上達せず、会話が下手だということは明らかです。

会話が下手であるという事は、何を喋れば良いか分かっていないということであり、脈絡に沿った話をすることができない可能性があるということです。

なので、コミュニケーション能力が低い人間は脈絡のない話をしてしまう原因になり得てしまうということです。

【コミュニケーション能力を向上させるためには、こちらの記事もチェック!】

8.空気が読めない

空気が読めない人間も脈絡のない話をしてしまう特徴を持っており、脈絡のない話をしてしまいやすくなる大きな原因になり得てしまいます。

なぜ、空気が読めない人間は脈絡のない話をしてしまう原因になるのか、と考えてみると、それは会話のキャッチボールをすることが下手だからです。

なぜ空気が読めない人間は会話のキャッチボールが下手なのかというと、一般的な世間話であったり、相手に対する気遣いができない可能性がとても高いのです。

そもそも空気が読めない人間はコミュニケーション能力が低い場合が多いです。

コミュニケーション能力が低いということは、これまでたくさんの人間と会話をしてきた経験が少ない場合が多く、相手と適切に距離感を縮めていくためにはどうすれば良いのか、相手に対して失礼のない言動をするためにはどうすれば良いのかということを学んできていません。

だからこそ相手に対して世間話をしたり、相手に対して失礼のない言動するということができないのです。

それが会話のキャッチボールが下手なことにつながってしまい、周りからは脈絡のない話をする変な人間だと思われて、ますますコミュニケーションをとる機会が減っていき、いつまでも空気が読めない人間になってしまうのです。

なので空気が読めない人間は脈絡のない話をする原因になる可能性があるという事です。

9.発想が斬新すぎる

脈絡のない話をしてしまう人間の原因の一つとして発想が斬新すぎるということも一つの原因になります。

なぜ発想が斬新すぎると脈絡のない話をしてしまうのかと考えると、そもそも発想が斬新ということは、言い換えてみれば固定概念にとらわれない子供のような思考方法を持っている人間である、と考えることができます。

一般的には大人になるにつれて様々な経験や知識を身につけていくので、知らず知らずのうちに固定概念に縛られながらもの事を考えたりするものです。

しかし発想が斬新な人ほど固定概念にとらわれずに自由な考え方を持っている可能性が高いです。

だからこそ自由な斬新な考え方をする人間ほど、突発的な発言が多くなったり、突発的に物事を考えたりすることが多いのです。

その結果、突発的に話をしたりすることが多くなったりするので、周りからしてみれば前後のつながりがわからない脈絡のない話をするような人間であると判断することが出来ます。

なので、発想が斬新すぎる人間は脈絡のない話をしてしまう原因になり得る可能性があるという事です。

脈絡のない話をする人への対処法

脈絡のない話を行ってくる人間と話をする時はどうしてもストレスがかかってしまいますよね。

1回や2回くらいであれば、面白い人だなぁと思って話をすることができるかもしれませんが、それが立て続けに続くと自分の話したい内容に理解してくれないのに、一方的に脈絡のない話をする迷惑な人間だと感じてくると思います。

大体の場合は本人に悪気がない場合が多いですが、それでも話を受け止める立場からは疲れてしまいます。

そこで、ここからは脈絡のない話をする人への対処法をご紹介していきます。

身近に脈絡のない話をしてくる人がいるならば対処法を身につけて今後対応するようにしてください。

1.話がズレたことをそれとなく指摘する

脈絡のない話をしてくる人間の対処法として話がズレたことをそれとなく指摘するのも良い方法です。

そもそも脈絡のない話をする人間は悪気があって行なっているわけでもなく、そのことを自覚していないで話している可能性が高いです。

なので、話がズレたことをそれとなく指摘することによって気づかせてあげるのが大切なのです。

そして、話のズレを今後しないように注意してあげる事が適切な対処法になります。

相手と長く付き合っていきたいと思うのであれば、この部分は必ず改善してあげた方が相手のためでもあります。

なので、話がズレたことをそれとなく指摘する事は脈絡のない話をする人への対処法になるのです。

2.話の要点を紙に書いて順番に話してもらう

話の要点を紙に書いて順番に話してもらう事も脈絡のない話をしてくる人間の対処法になります。

先ほどご紹介したように、脈絡のない話をしてしまう人間は論理的思考ができていない場合が多いです。

一貫した考え方や、物事の筋道が通っていない話し方をすることによって脈絡のない話になっているので、話したい話の要点をいくつかに分けて、それを順番に話してもらう事で相手の話したい内容のポイントをもれなく理解することが出来ます。

そうすることで脈絡のない話をしないようにすることが出来ますので、話の要点を紙に書いて順番に話してもらう事は脈絡のある話が出来るようになる方法であり、対処法となりえるのです。

3.元の話に戻して再度意見を聞く

脈絡のない話をする人への対処法として、元の話に戻して再度意見を聞く事も大切な対処法です。

なぜ元の話に戻して再度意見を聞く事が対処法になるのかと考えると、元の話に戻して再度意見を聞く事で、脈絡の通っていない部分を認識させることができ、なおかつ脈絡に沿った話をすることができるような状況へ導くことができるようになります。

さらに、話を元に戻すことによって、相手も自分の話そうとした脈絡のない話ができないような、逃げられない状況を作ることが出来ます。

それを何度となく繰り返せば相手は脈絡のない話をしてしまった事に気づき、改善するように気を付けるようになります。

長く付き合っていきたい人間であれば、しっかりと意識させてあげる事で改善のお手伝いができるようになります。

そうすれば必ず周りの人間と今まで以上に良好な人間関係が築けるようになるはずです。

なので、脈絡のない話をする人への対処法として元の話に戻すことが大切なのです。

脈絡のない話をする人は信用されない

脈絡のない話をしてしまっている人間は、自分からすれば大したことないことだと考えているかもしれませんが、自分がされてしまう立場として考えてみると、あまり良い思いをしないということは簡単に想像がつくと思います。

相手から不快な気持ちを持たれるだけならまだ良いですが、人によっては全く相手のことを信用してくれなくなる可能性もありますので、早い段階で改善できるようにしておかないと、自分自身が損をすることになってしまいます。

たった少しの行いで、たくさんのデメリットが生まれるという事をよく理解し、少しでも自分を変えたいと思うのであれば、脈絡に沿った話ができるように自分なりに工夫を始めるようにしてみてください。

それが身に付けられれば、きっとあなたの周りの人間関係が良い方向に改善されていくはずですよ。