CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ひとりディズニーで思いきり楽しむための5個の方法


「お一人様」という言葉ができてしばらくたち、「一人焼肉」「一人居酒屋」など、レストランや飲み屋さんに一人で行くことに抵抗がなくなってきてるとはいえ、一人でディズニーリゾートに行こうと思ったことがある方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

私もそんなことは考えたこともありませんでしたが、なんとディズニーリゾートに一人で何十回も言っている人が、この世の中には存在していて、しかも、一人ディズニー経験者のみなさんは、口を揃えて「楽しいのでおすすめ♬」と言われているのです。

️ひとりディズニーデビューしてみよう!

遊園地やテーマパークなどのレジャー施設は、「家族や恋人、友達と行くもの」という固定概念が私たちには植えつけられていますよね。

そのような場所は、楽しいひと時を大切な人と共有したり、思い出を一緒に作ることが醍醐味なのでは思い込んでいます。

実際ディズニーリゾートのテレビCMでも、そのように作られていますよね。

ですから自分一人でディズニーに行くなんて思いもよらなかったというのが、大抵の方の感想だと思います。

しかしここは、一度凝り固まってしまっている固定概念を取っ払って、実際に一人ディズニー経験者で、楽しいと言われている人の意見を聞いてみようではありませんか。

ディズニーといえばみんなでワイワイ


地方に住む人なら、学校の遠足や、修学旅行で初めてディズニーに行ったという方も多いことでしょう。

また、東京近郊の方でも、小学生や幼稚園のお友達と一緒に行ったり、親戚や家族みんなで行ったのが、ディズニーデビューというケースが多いと思います。

ですから、その時の思い出が強烈に残っていて、「ディズニーはみんなでワイワイ行くもの」とインプットされてしまうのでしょう。

”夢の国”と言われるディズニーに最初に足を踏み入れ、あの世界観を体感した衝撃は忘れられるものではないですよね。

特に子供の時だと、ずっと憧れていたおとぎ話の世界に入り込んだようで、そのインパクトは鮮明に記憶に残り続けると思います。

カップルの定番デートスポット

少し大きくなり、思春期に入ると、今度はダブルデートや好きな人と一緒にデイズニーに行くことが楽しみになるでしょう。

ドキドキしながら並んだり、隣に座ってアトラクションを楽しんだりした甘酸っぱい思い出がある人もたくさんいらっしゃることでしょう。

大人になってからも、デートの定番コースとして、ディズニーを活用されている方も多いですよね。

季節ごとに変わるイベント、ロマンチックなイルミネーション、雰囲気の良いレストラン、別世界に連れて行ってくれるホテルや街並みなど、恋人との時間を素敵で特別なものにしてくれる、スパイスがディズニーにはたくさんあるからです。

ひとりでもディズニーは楽しめる


そんなデートの定番コースであり、みんなでワイワイ楽しんだ記憶のあるデイズニーに、一人で行くなんて「恥ずかしいのでは」「寂しいのでは」「白い目で見られるのでは」と不安な気持ちになるのも無理のないことだと思います。

確かに”一人ディズニーは精神修行のようなもの”と言われている方もいらっしゃいますが、一人なりの楽しみ方を知れば、寂しい思いをすることなく、一人で行ってよかったと思えます。

デイズニーに何回か行かれたことのある方は、毎回の楽しみ方の違いをよく思い出して見てください。

デートで行った時と、同性の友達と行った時、また家族で行った時には、同じディズニーでも、楽しみ方が全く違ったのではないでしょうか?友達とは、ひたすらアトラクションを乗って、ショップでは被り物をしてふざけて楽しんだことでしょう。

しかし、デートの場合は、雰囲気の良い所で語り合ったり、ロマンティクなムードを演出してくれるアトラクションを選んで乗って、恋人同士ならではのキラキラした楽しみ方をしたことでしょう。

このように、ディズニーには行くメンバー、人数などによって異なった楽しみ方ができるのです。

ですから心配しないでください。

お一人様にも、お一人様なりの楽しみ方があるのです。

それさえ把握すれば、十分に楽しむことができます!

思い切ってひとりディズニーしてみよう

まだ、一人ディズニーなんて・・・と思われている方はいらっしゃいますか?

意外かも知れませんが、ディズニーリゾートで働いたことのある、元キャストの人によると、お一人様のお客さんはとても多く、ご飯を食べに来る感覚で寄ったり、仕事帰りにアトラクションを一つだけ乗って帰ったり、ショーだけ見に来たりされる方はたくさんいらっしゃるそうです。

働いている方達も、帰りにふらっと一人で遊んでから帰ることはしょっちゅうなので、一人で来ている人を見ても、かわいそうなんて思うことは全くなく、むしろ見慣れているそうです。

年間パスポートも発売されていますから、それも驚くとでもないでしょう。

ですから、自分が考えてもみなかっただけで、実際は、一人ディズニーを楽しまれている方は多いのです。

ですから騙されたと思って、これからご紹介する一人ディズニーの楽しみ方を見て、想像してみてください。

きっと読み終わる頃には、”思い切って一人で行ってみようかな〜”という気分になるかも知れませんよ。

️ひとりディズニーで思い切り楽しむ5個の方法

一人でディズニーを楽しむためには、その方法を知っておく必要があります。

みんなと一緒ではできない、もしくは味わえない隠れた楽しみ方がディズニーにはあるのです。

一人だからできる、また一人だからこそ格別な思いになれるというお一人様ポイントを知るならば、寂しい思いをすることなく心から満ち足りた気持ちで楽しめることでしょう。

これから一人ディズニーを満喫し、何度もリピートして楽しんでいる先輩方の意見をまとめた、「ひとりディズニーで思い切り楽しむ5つの方法」をご紹介いたします。

️ショーやパレードを満喫する

まず最初にご紹介する、ひとりディズニーの楽しみ方は、ショーやパレードを思う存分満喫することです。

ディズニーのショーやパレードは、たくさんのキャラクターが一同に揃い、次から次に登場するので、ディズニー好きな人には、好きなキャラクターに会える大チャンスになります。

そして、見応えのあるダンス、ハッピーな気持ちにさせてくれる演出など盛りだくさんの内容で、大人から子供まで皆が楽しめるディズニーリゾートの目玉イベントでもあります。

しかも季節ごとに用意されている限定ものもあるので、デイズニーを訪れる目的にもなりますよね。

しかし、人気があるだけあって、場所取りや待ち時間で、多くのエネルギーと時間を使うので、友達と来ていたり、そこまでどっぷりディズニー好きではない恋人と一緒だと、「見なくてもいっか」「それよりアトラクション乗ろう」と言われてしまうこともあります。

だからこそ、一人ディズニーで、誰にも気兼ねすることなく、自分の好きなものを思う存分見ることは最高の時間になるのです。

ページトップ