人の気持ちは、変わるもの。

どんなに好きな相手だったとしてもそれは変わりません。

恋愛は付き合ったらそこで終わりではありません。

そこからが本当のスタートなのです。

もし、恋愛の先に結婚を望んでいるのであれば尚のこと。

自分の気持ちをぶつけるのも大切ですが、あまりにもそれをしてしまうと相手を困らせたりしてしまうかもしれません。

困るだけなら良いかもしれませんが、中には逃げ出されてしまうことも。

後になってから後悔しても、それを取り戻すのは至難の技です。

その為にも、自分のことばかりではなく、相手のことも考える余裕を持つ!ぞれが大事なのです。

特に男性は、元々狩猟本能という機能があります。

それは、逃げるものを捕まえたいという気持ちです。

だからこそ、恋愛でも余りにも自分を追いかけてくる相手より追いかける方に楽しみを感じてしまうのです。

彼女や奥さんがいるのにも関わらず、浮気を繰り返す人などはこの狩猟本能が大きいのかもしれません。

より恋愛を長持ちさせる為には、男性のそういった本能を理解し、うまく対応していかなければならないでしょう。

それでも最近では、草食系の男性が増えていると言われています。

だからこそ、ついつい女性の方が積極的に動いてしまうのかも。

ですが、最初は可愛いかまってちゃんもやり過ぎればうんざりされてしまうかも!?

そこで今回はかまってちゃんについてご紹介させていただきます。

️かまってちゃん彼女には困らされる

かまってちゃんとは、常に自分の事を考えて欲しい女性の事を指します。

『私だけを見て』『仕事と私どっちが大事なの!?』などという、ドラマでしか聞いたことのないようなセリフを本気で言ってしまう女性がいるのです。

男性も、最初は可愛いと感じるかもしれません。

ですが、余りにもその状態が続けばめんどくさいと感じることもあるかもしれません。

口に出して伝えることがなかったとしても、我慢が続けば一緒にいることが嫌になってしまうでしょう。

そうならない為にも、かまってちゃんもほどほどにしなければなりません。

かまってちゃん彼女を持つ彼氏は本当に大変


『かまってちゃんも』と言い方をすれば、とても可愛い人の様に感じます。

実際、自分の好きな相手に対して興味を持ってほしい。

そばにいて欲しいと思うのは自然であり、男性も決して嫌な思いはしないでしょう。

ですが、何事も限度があります。

最初はお互いに盛り上がっているので、何をしても可愛いと感じるでしょう。

ですが、人の気持ちは変わるもの。

例え同じ様に行動していたとしても、最初は許せていたことが自然と許せないことが増えていきます。

その変化に気がつくことができないと、彼の心が離れてしまうことは十分に考えられます。

かまってちゃんの彼女を持つ男性は苦労が絶えません。

たまには1人でゆっくりしたい時もあるでしょう。

特に理由がなくとも、連絡が遅くなることだってあります。

それはわなにも珍しいことでは無く長く付き合えば付き合うほど、そう感じることだってあるのです。

ですが、それをかまってちゃんは納得できません。

どうして?何で?私の事が嫌いになってしまったの??なんて、詰め寄られてしまうかもしれません。

そんなことが何度も続けば、嫌になるのは容易に想像ができるでしょう。

あなたの彼女も実はかまってちゃんかも…?

今は単なる可愛いあなたの彼女も、もしかしたらかまってちゃんなのかもしれません。

付き合いたての頃は、お互いに気持ちが盛り上がっています。

その為、多少しつこくされたからと言ってめんどくさいと思う事は少ないでしょう。

ですが、それをよく考えてみてください。

今でこそ許すことができる行為も、時間が経てば相手に対してウンザリとした気持ちになってしまいます。

その気持ちの変化に気がつくとができなければ、お互いに悲しい気持ちになってしまいます。

何事も最初が肝心です。

後から嫌になりそうな行為は、出来るだけ早めに相手に気持ちを伝えることが大事なのです。

️かまってちゃん彼女の8個の特徴


ではここで、かまってちゃんの特徴についてご紹介させて頂きます。

かまってちゃんとは、とにかく自分の事を見て欲しい人のことであり、相手の全てを自分のものにしたい傾向にあります。

最初は可愛らしく見えている特徴も時間が経てば面倒になることも十分に考えられます。

あなたが何気なくしている行動も、相手からすればウンザリするような時もあるかもしれません。

その事実に気が付くことができなければ、いつかあなたの傍から恋人が離れていってしまうこともあります。

そうならない為にも自分の行動を冷静に判断することが大事になってくるでしょう。

自分は大丈夫だと思っている人も、相手からすれば立派なかまってちゃんなんてこともあり得るかもしれません。

今一度、自分の行動を振り返ってみてはいかがでしょうか。

甘えん坊

かまってちゃんは、それだけ人に相手にしてほしいという気持ちの現れです。

その為、甘えん坊の人が多いと言われています。

ですが、女性の場合その甘えん坊は計算で作られている物もあるかもしれません。

女性は、男性が思うよりずっとしたたかです。

いかに自分が可愛く見えるか。

相手にとって大事な存在になることができるかを考えています。

その為、そういった行動をあえてすることによって相手に自分の存在をアピールするのです。

純粋で可愛い彼女にも、実は裏の顏があるのかもしれません。

男性の方々はそれを見抜く目を養って見てはいかがでしょうか。

泣き虫

精神年齢が幼い人程、自分の事を常に見て欲しいいと考えかまってちゃんになってしまう傾向があります。

その為、喜怒哀楽が激しく時には大泣きしてしまうことも。

男性の多くは、女性の涙に弱いもの。

せっかっく話し合いをしていても相手に泣かれてしまっては、言いたいことも言えなくなってしまいます。

女性の皆さんも、泣きたい気持ちは分かります。

ですが、いつもいつも泣いていては、その涙の効果も薄れてしまいます。

男性がウンザリするだけで、話を聞いてくれなくなるかもしれません。

そうならない為には、泣かずに話をするのも大事なポイントです。

連絡が多い

かまってちゃんは相手に必要に構われたいと思っています。

だからこそ、相手に対しても、必要に連絡をとってくるなど構ってくる傾向にあります。

その為、男性のなかにはそれを束縛と感じる人もいるでしょう。

自分の時間を大事にしたい人は、かまってちゃんの彼女は次第に重荷になっていくかもしれません。

付き合いたての頃はお互い気持ちが高ぶっているので、なんでも許せてしまうかもしれません。

ですが、その時期にしっかりと話し合いをおこなっておくのも大事なポイントとなるのかもしれません。

相手の希望する内容をきき、お互いが無理の無い関係を作ることが大事なポイントです。

返信を急かす

相手から返信がこないだけで、とても心配したり大騒ぎしてしまうのが、かまってちゃんです。

ですが、誰にだって連絡できない場面はあります。

そこをきちんと分別付けることができるかによって、男性の反応も変わってくるのでしょう。

もし、どうしても連来できなかったことに対して責めるような態度をとってしまえば、相手も嫌な気持ちになります。

自分の寂しかった気持ちをぶつけることも大事かもしれませんが、それをする事によって相手がどう考えるのかも忘れてはいけないのです。

相手の事が好きであればある程、心配になってしまうでしょう。

ですが、信じることもまた大事です。

相手のことをきちんと考えられるのであれば、黙って待つ時間も必要です。

察して欲しがる

自分の気持ちを相手がなんでも感でも分ってくれたらどれだけ楽でしょう。

悲しい気持ちにすぐに対応してくれ、欲しい言葉を言ってくれる。

そんな彼氏がいたら最高です。

ですが、そんな事ができる人は極々稀であり、殆どいません。

男性は、元々女性よりも観察力が劣っています。

だからこそ、女性の方が子育てに向いていると言われているのです。

その為、女性の僅かな変化を感じ行動する事など至難の技なのです。

女性からすれば、言わなくとも察して欲しいというタイミングはいくつもあるでしょう。

ですが、それが男性には出来ないのです。

女性の方々は、察して欲しいのであればこれでもかというくらい分かりやすくアピールしてみてはいかがでしょうか。

それくらいヒントを与えなければ、男性は理解できない生き物なのです。

お互いの気持ちを納得させる為にはそれくらいの努力も必要となるのかもしれませんね。

独りよがりなツイート

これは、彼女に限った事では無くかまってちゃんの人の大きな特徴です。

相手に心配させるような内容をわざとツイートして、心配して貰いたいという気持ちの現れなのです。

高校生など多感な時期の方に多く、現在の社会ならではの行為だと言えるのかもしれません。

ですが、余りにも独りよがりなツイートを続けていると、相手がドンドンと引いてしまう事もあります、面倒になり誰も反応してくれなくなってしまう事もあるでしょう。

本当に心配してくれた人も、いつの間にか離れていってしまいます。

オオカミ少年になってしまわないように、やりすぎは良くありません。

スケジュールを把握しようとする

かまってちゃんと束縛は紙一重です。

相手の全てを知りたい。

常に自分を見ていて欲しい。

と思うからこそ、相手の時間すらも管理したいと思うようになっていくのです。

これも、お互いが納得しているのであれば、問題はないのかもしれません。

女性に管理されるのが好きな男性もいます。

それで女性が安心するのであれば、それもいいなと思う人もいます。

ですが、中にはそれをうっとおしく感じる人もいるでしょう。

最初のうちはよくとも、段々面倒になってくることだって十分に考えられます。

その為、勝手にスケジュール管理をしようとするのではなく、相手の意見を尊重することを忘れてはいけません。

浮気性

かまってちゃんと聞くと、彼氏に対して常に一途に接しているように感じられます。

ですが、そんな事もありません。

自分の彼氏から、十分に相手にして貰えない場合他の人に癒しを求める傾向にあります。

常に誰かに見て欲しい。

だからこそ、人数を増やす。

なんとも極端な理屈です。

その為、かまってちゃんの彼女を持つ人の場合、相手が納得していないと他の人に走ってしまう傾向があります。

それは決して良い事ではありませんがかまってちゃんの方にはそういった傾向が強く見られるのです。

だからこそ、もし彼女が大事なのであればほどほどに相手にしてあげることも大事になるのかもしれません。

あなたの彼女は大丈夫?かまってちゃんの5つのタイプと特徴もチェック →

️かまってちゃん彼女への男性の意見

基本的に、男性は女性に優しい生き物です。

その為、ある程度のかまってちゃんであれば可愛い性格だと、受け入れてくれるでしょう。

それだけ自分の事が好きだと言う事にも繋がるので、嬉しいと感じる人もいるかもしれません。

ですが、なんでも度を越えてしまうと相手にとって大きな負担となる場合が多々あります。

自分では精一杯やっている事に対して、『モット』『モット』となてしまえば段々面倒に感じる事もあるでしょう。

一度、冷めた気持ちはなかなか元には戻りません。

やり過ぎたと反省した所でもう手遅れになってしまっている場合もあります。

その為、自分でかまってちゃんだという自覚がある人は男性の反応を冷静に判断する事を忘れてはいけません。

自分の気持ちばかりを出し、全てを受け入れてくれというのは虫が良すぎる話なのかもしれません。

️かまってちゃん過ぎるのは危険

どんなに可愛いくて大好きな彼女も、余りにもかまってちゃんの場合、男性は引いてしまうことが多々あります。

その為、相手がまだ可愛いと感じる程度に留めておく事が需要になってくるのです。

人の考え方はそれぞれ違うもの。

自分では全く問題ないと思っているような行動出会ったとしても、相手からすればとても大きな負担となっているかもしれません。

その為、自分の行動を冷静に見極める力を付けることもまた、重要となります。

最近彼氏が冷たくなってきたなんてことはありませんか?

それはもしかしたら、あなたのかまってちゃんにウンザリしてしまっているのかもしれません。

そうならない為にも、自分の気持ちばかりを押し付けるのではなく、相手の気持ちを考える余裕を持つことも、恋愛関係を長続きさせる為には大事なポイントとなるでしょう。

【かまってちゃん診断は、こちらの記事もチェック!】