CoCoSiA(ココシア)

アジアンビューティーな人の7個の特徴と当てはまる芸能人!


日本人の美の魅力を凝縮した「アジアンビューティー」。

どこかエキゾチックでヘルシーな印象のアジアンビューティーな女性に憧れている人も多いのではないでしょうか。

日本の女性は、西洋系の顔立ちに魅力を感じる人が多いようですが、他の国の人から見ると、アジア独特のスマートな美しさが魅力的だと称賛されています。

最近では外国人風のメイクが流行ったりしていますが、やはり日本人ならばその特徴を生かしたアジアンビューティーを目指してみてはいかがでしょうか!

西洋人に負けてない!アジアンビューティーの特徴とは?

アジアンビューティーというと、皆さんはどんな人を思い浮かべますか?

日本・韓国・台湾などアジア圏の人たちの顔立ちは、西洋の人たちと全く違います。

西洋ならではのくっきりとした目鼻立ちや、彫の深い顔ももちろん魅力的ですが、アジアの人もアジアならではの美しさがあるものです。

世間でアジアンビューティーだと称されているタレントさんは、そのアジアならではの美しさを武器に、日本だけならずハリウッドなど幅広い分野で活躍の幅を広げていますよ。

アジアンビューティーな人の特徴


実際にアジアンビューティーと言われている人の特徴をチェックしていってみましょう。

日本人として生まれ持った自然な美しさをもっと惹きだしていくために、ぜひあなたもアジアンビューティーの世界を知ってみてください。

美白

アジアンビューティーと言われる人は、肌が白く陶器のような透明感が特徴です。

日本は気候的にあまり過度な日焼けをせず、色が白い人が多いですよね。

白く焼けていない肌は、女性の魅力のひとつだと考えている人も多いでしょう。

しかし実は、美白と言う文化はアジア特有のものだというのを知っていましたか?

シミやくすみがない真っ白な肌に憧れる人が多いアジアでは、美白用のコスメが数多く開発・販売されています。

化粧品を選ぶ際に、美白成分や美白効果を重視している人も多いと思います。

しかし、実は欧米の方では美白用の化粧品というものはほぼなく、美白用コスメはアジア特有のニーズなのだそうです。

美白を気にする日本人は、日焼け対策にも余念がなく、日焼け止めや美白用のサプリ、日傘などを良く活用しています。

ですが欧米は日焼けに対する意識が薄く、日焼けによってできるシミやシワは当たり前という考えなのだそうです。

気候の違いもあってか、シミがあることをデメリットに思わず、それによって顔や体を隠すことはしないらしい。

確かに言われてみれば、欧米の方の人は、日傘をさしているイメージもありません。

それ以上に、日当たりのいい場所で露出した状態で日光浴をしている姿が印象的です。

ヨーロッパの方では、夏に肌を焼くためにバカンスに行って健康的な小麦肌になることがステータスと言われているくらいなので、ライフスタイルの違いも大きいでしょう。

体質的に、アジア圏の黄色人種の肌より日焼けやシミができにくいということもあるようですが、こうした文化の違いには驚きです。

こうした背景もあり、日本人の美白に対する意識の高さと、その努力によって実現した白く透き通った肌はアジアンビューティーの象徴になっているのです。

美白に関する技術も高く、日常的に肌に気を遣う女性が多いこともアジア系の女性の肌が白く美しい要因の一つでしょう。

黒髪


日本人の黒髪は、海外に行くとモテる鉄板ヘア―です。

日本では当たり前の髪色なので、なんの珍しさもありませんが、これが海外では大人気!ダントツで海外男性からのウケがいいヘアスタイルなんですよ。

アジア系女性の美しさのアイコンかつブランドだと言っても過言ではない程、黒髪は立派なアジアンビューティーの象徴。

特に黒髪のサラサラストレートヘアがモテるらしい。

日本では、海外の色素の薄い髪色や瞳に憧れて茶髪や金髪にする人が多いですが、海外の人から見ると黒髪の方がよっぽど魅力的なんだそうです。

黒髪はエキゾチックでセクシーな印象があるため、髪を染めている日本人を見ると「もったいない!」と残念がる人も多いのだとか。

白く透明感の高い肌と、黒髪のコントラストは、非常に幻想的でミステリアスな女性に見えるんですよ。

日本でも、昔から王道のモテスタイルというと、黒髪で清楚な雰囲気の女性が鉄板ですよね。

さらに、日本人の髪はキューティクルがあり、艶やかな髪質なのでそうした魅力が活かせるロングヘアの美しさは各段です。

海外のハリウッドスターやセレブには、黒髪の美しさに憧れてわざわざ髪を黒く染めている人もいます。

隣の芝生は青く見えると言いますが、まさにこれですね。

ないものねだりをするより、自分の持っている魅力を一番に魅せる努力をすることが本当の美しさに近づくための秘訣かもしれません。

わざわざカラーリングをして髪を傷めてしまうとキューティクルもなくなってしまうので、漆黒で艶のある日本人女性らしい生まれたままの姿を磨くべきなのでしょう。

切れ長の目

日本には、なぜか「一重より二重の目のほうが魅力的だ」という風習が根付いています。

しかし、これも海外の人からの視点で見ると魅力の一つ。

アジアンビューティーと言われる人の中には、切れ長でクールな一重まぶたの女性も多くいます。

目はできるだけ大きく二重まぶたの方が可愛らしいという考えから、目元の整形をする人も多いですが、目が細いからといって美しくないといったら大間違い!

はるか昔から、日本の美しい女性の特徴はすらりとシャープな切れ長の瞳というのが鉄板です。