好きな人ができてもその人に告白したり、アタックしたりすることがうまくできなかったり、恋愛が得意じゃない”草食男子”が最近急増しているようです。

そんな現代でカップルになることは難しい方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はとてももったいないことかもしれません。

もしかしたら、好意をもっている女性もまた、あなたに好意をもっていてお互いにチャンスを逃してしまっているかもしれないからです。

そんなチャンスを逃さない為にも、相手の気持ちに気づくための脈ありな兆候についてご紹介したいとおもいます。

この記事を読みおわった後、「え、あのこ自分のこと好きだったの?」なんて気づく方もきっと出てくるでしょう♪

▼【関連記事】女性の脈あり行動はこちらの記事を先にチェック!
女性の脈あり行動24選一挙まとめ!

女性は好意のある男性に「脈あり」サインを出す!


男性は単純に好意をもっている人にはわかりやすい行動に出たり、わかりやすく話をする方が多いようです。

しかし女性の場合、好意をもっている男性にわかりやすい行動はあまりしない人が多いのです。

その為、男性からみてとてもわかりにくく、逆にあまりよく思われてないんではないかと誤解を招いてしまっていることもあるのです。

反対に、実はそんなに好意を持っているわけではなのに、自分に好意を持っていると誤解を招いてる場合も結構多いようです。

あなたの気づかぬところで、女性はあなたに好意をもっている事を”サイン”として示していたりします。

めんどくさいと思うかもしれませんが、女心は複雑です。

このサインに脈ありなのか?脈なしなのか?

そんな女性の”脈ありな兆候”をご紹介していきたいと思います♪

①髪をかき上げる

よくテレビドラマなどでもみる一番の”脈ありサイン”と言えば、これじゃないでしょうか。

男性と違い、女性は感情表現がとても豊かです。

無意識の表情、しぐさ、行動にもとても現れてくるので、よく見ていると色々なサインをしていることがわかると思います。

そして、特に女性が髪の毛を触る仕草は無意識にも感情が仕草としてでていることも多いのです。

あえてわかってほしくてサインとして出す人も多いので、比較的読み取りやすいポイントになるかと思います。

髪をかき上げる=好意的な感情のサイン

この髪をかきあげる仕草というのは、とてもわかりやすい女性の感情表現です。

髪を触るというのは女性にとって感情のバランスをとっていたり、無意識に感情を表している時にしてしまう仕草なのです。

この髪をかき上げる仕草は心理的に自分をキレイに見せたい現れや、相手に髪をなでられたい心理を無意識で自分で補っているなど色々な心理状況を言われています。

また、緊張しているときや、落ち着きたい時などにもこの仕草をしやすいと言われています。

一緒にいて、目があった状態で髪をかき上げるときは、あなたに好意があり触れられたいと思っている好意的なサインの可能性があります。

あるいは自分の顔をもっとよく見てほしい

長い髪は女性らしさをの現れだったりもします。

自分自身の女性らしさを見せたい時や自分に興味を持ってほしい時。

自分の顔をもっとよくみてもらいたい時に、髪をかきあげることで視線を自分にむけさせようとしている場合もあります。

ただ、目を合わせてくれない場合は・・・

この”髪をかきあげる”という仕草、実はマイナスな感情を表してる場合もあるのです…。

男性が話している最中などにそちらを向くこともなく髪を触っていたり、目を合わせることなく髪を触っている時。

そんなときはあまりその男性に興味がないし、退屈だと感じているのかもしれません。

髪を触る仕草には心理的状況を表していることが多い為、わかりやすくもありますが、わかりにくかったりもするのです。

興味がない時や、動揺している時、恐怖心があるときなども心を落ち着かせたいが為に髪に触れることも多くあるようなのです。

女性が髪にふれる仕草をした時は、こちらを向いているか、目が合うかなどの見極めもとても重要となります。

②唇を舐める


”唇を舐める”という仕草は女性だけでなく、男性にも多いと思います。

しかし、男性は唇が乾燥してしまっている時などにすることが多いのですが、女性はそうではないことがほとんどのようです。

女性において、この”唇を舐める”という行為は”ここぞ!”という時にすることが多いのです。

そして、男性に比べて女性は、唇を刺激することで快感を生み出しやすいとも言われていて、口紅をぬるだけでも美への満足の快感を得たりするようです。

なので、女性にとっての”唇”実は意外に乾燥しているからというものではなく、男性へのアピールにとっても重要なポイントなのでしょう♪

唇への動作は性的欲求に直結

女性が唇を触る仕草を見てドキッとする男性も多いのではないでしょうか。

この唇を使った仕草や動作には、性的欲求に直結していると言われています。

女性の唇は女性器の例えとしてモチーフにされていたりするのです。

そんなこともあり、唇はセクシーなアピールを表す部位で、唇を舐めたり、触れたりする仕草には性的な欲求の表れとして捉えることもできるのです。

男性をドキッっとさせるためにわざとやっている女性もいるかもしれませんね。

ぺろっと舌を出すのも脈ありサイン

舌をぺろっと出す仕草も女性の”脈ありサイン”と言われています。

唇を強調するのはアピールです。

唇に触れたり、舐めたりする仕草には、唇の存在をアピールしている仕草でもあります。

そして、唇をとがらせてみたり、下唇を噛んだり、舌をぺろっと出したりする仕草は、恥ずかしさの裏返しだったりするのです。

女性はストレートに感情を持つ生き物です。

しかし、自分から伝えるにはストレートすぎて、恥ずかしくて言葉にするのは難しいので少しづれたことをしてしまうのでしょう。

「はずかしいけど、キスしたい」「唇に意識がそらせないかな」など、相手を試してこんな仕草をとる場合があるのです。

ただ、これもまた男性の方をみている感じではなかったり、目があわなかったり、雰囲気がそういう感じではないときは、脈ありサインではありません。

女性とその場の雰囲気を感じ取って、勘違いしないようにしましょう。

③他の男性の話


小さい頃、好きな人にちょっかいをだしたりしませんでしたか?

好きだからこそ、気になってるからこそ素直になれず、だけど気にしてほしくて意地悪をしてみたり、ちょっかいをだしてみたり。

大人になった今でもそんな子供をみたら、かわいいなと思いますよね。

大人になっても手法が変わっているだけで、実は同じようなことをしてしまっているのです。

男性だけではなく、女性もまた好意のある男性の気を引きたいからこそ、気持ちをストレートに出すことができずに、”いじわる”をしてしまうものなのです。

気になる女性が他の男性の話をしているのは、気持ちのいいものではありません。

ですが、好意のある男性の前で他の男性の話をすることで、やきもちを焼いてほしいのです。

そして、積極的に男らしさを見せてほしい気持ちがあるのでしょう。

好意のある男性に自分を特別扱いされたいからこそ、素直になれず気を引くためのいじわるにほかの男性の話をしてしまうのです。

あなたを嫌いなのではなく、逆にあなたに好意があるからこそ、”脈ありサイン”を送っています。

あなたがどう思うかを見ている

この好意のある男性の気を引くためのいじわるは、好意のある男性の気持ちを確かめてもいるのです。

好意のある男性が他の男性の話をされてどう思っているのか、自分に好意をもってくれているのか、どう反応してくれるのかをみているのです。

好意をもってる女性に他の男性の話をされたらあなたならどう思いますか?

どんな反応をするでしょうか。

あなたの行動を実はしっかりみています。

突然、よくしゃべるようになったり、話を変えるようにしゃべりだしたり、逆に無口になってしまったり、不機嫌になってしまったり。

どれも女性は心の中で喜びます。

自分に関心があるからこそ反応してくれているんだと思うからです。

よくしゃべるようになったり、話を変えるようにしゃべりだすことで男性が自分へアピールしてくれていると、少なからず他の男性の話で張り合ってくれてると思うからです。

また、無口になったり、不機嫌になることで、男性は他の男性の話をしたことで、自分のことが好きだから嫉妬してくれたからこその反応なんだと思うのです。

あなたが無反応なら彼女はがっかり

なにかしら反応してくれることで自分へ好意があり、相手にやきもちをやいてくれていると思えるので、女性は喜び男性への気持ちに自信をもちます。

逆に、何も反応してくれなかったということは心の中でがっかりしているはずです。

それはなぜか?

何も反応しないということは、自分への興味がないと思うからです。

自分への興味がないからこそ、他の男性の話をしてもやきもちを焼くことも、アピールすることもありません。

反応がない時点でこの男性は自分へ興味をもってくれていないだろうと思い、自分からの”脈ありサイン”も意味がなかったと思うのです。

④距離を縮めてくる


女性は男性に比べて警戒心が強めです。

なので、警戒している人のすぐ近くによることはありません。

興味のない男性の隣に自ら座ることもあまりありませんし、近づいて座ることもあまりないでしょう。

だからこそ、距離を縮めて寄ってくる時は”脈ありのサイン”だったりするのです。

このサインは男女共に共通してする感情の表現の仕方ではないでしょうか。

物理的に距離を縮めて近くによっていくことで、相手への警戒レベルもわかるので見極めるにはとてもわかりやすいポイントになると思います。

さて、具体的に距離が縮まるとはどのくらいをいうのでしょうか。

密着するぐらいにまで寄ってくる

みなさんは”パーソナルスペース”という言葉をご存じですか?

人はある距離まで近づかれると不快な気分になったり、落ち着かない気分になってしまいます。

その領域を”パーソナルスペース”と言います。

パーソナルスペースは人それぞれで、だいたい45cm前後と言われています。

男性に比べて女性の方が警戒心が強いので、女性は男性よりもパーソナルスペースが広いと言われています。

そして、その”パーソナルスペース”を女性から超えてくる事こそ、”脈ありのサイン”なのです。

このパーソナルスペースは超えられると不快な気分になることが多いです。

それとは逆に信頼している人や、好意のある人がパーソナルスペース内に入ると、人はドキドキしたり安心感が生まれるのです。

物理的距離は、それだけで二人の親密度があがります。

好きな人のそばにいたいという気持ちは自然と言動にもあらわれます。

大勢でいてもふと気が付くとよく隣にくる女性、ちょこちょこと近くに表れる女性がいたら、きっと”脈ありサイン”をだしているのだと思います。

向こうから触ってきたら確実に!

女性からのボディタッチは男性からみても「自分に気があるんじゃないか」と思う事はあると思いますが、これは男性の勘違いではありません。

男性もまた、パーソナルスペースを超えて触れられた事でドキドキとしてそんな気持ちが生まれます。

女性はそれを狙って”脈ありサイン”をだしているのです。

ボディタッチやスキンシップをとることは恋愛でもとても大切なことで、言葉で埋められない気持ちも、手をつないだり、キスをしたり、抱きしめあって体の一部が触れる事で気持ちを感じあうことができます。

このアクションは男性から起こされることが多いと思いますが、女性からのアクションがあれば、それは男性への明確な”脈ありサイン”なのです。

ネクタイを直してくれたり、ふと埃をはらってくれたりすることは、「いつも素敵でいてもらいたい」という女性心と、身近に感じたい表れなのです。

この行為自体も相手の体に近づかないとできないことなので、信頼や好意のある男性にしかしない場合が多いです。

女性から触れるというのは、結構勇気のいるものです。

だからこそ、それだけ好意や興味があるからこそ触れてくるのだと思います。

⑤相槌が大きい

女性、男性共に、好意ある相手や興味のある相手の話は聞いているだけでもうれしいものです。

感情がストレートに表れる女性は男性よりも、好意ある相手の話にオーバーなリアクションをしがちなのです。

何気なく話した事に対して、「そうなんだ」と大きく相打ちをうってきたり、「それでそれで?」と会話の続きを聞いてくることは、少なからず、その男性に興味があるからです。

興味のある男性とない男性への相槌のリアクションは、見比べてみるとかなり差があります。

相槌は会話のバロメーターともいえるので、嫌いな相手との話には早く終わらせたい気持ちが表れ、相槌の回数は少なく、動きも大きくならないのです。

家族や友達などと楽しく話している時も、仕事の場面や気を遣う相手と話している時に比べ、相槌も大きく反応し回数も話を続けたいからこそ増えます。

好意のある男性に対しては”もっと話を聞きたい”、”もっと一緒の時間を過ごしたい”という気持ちが大きいからこそ相槌は大きくなるのでしょう。

笑顔の相槌は「あなたへの好感」を期待している

話をしている時、相手の表情を見ることはとても大切です。

いくら大きく相槌を打ってくれていても、つまらなそうな顔をしていたり、楽しそうじゃない場合もあるのです。

そういう場合はあまりないかとは思いますが、元々オーバーなリアクションをとる人もいれば、社交辞令としてやっている人も中にはいるからです。

なんにせよ、目をみて笑顔で相槌をうっている場合が一番わかりやすいサインです。

笑顔は相手への気持ちの表れです。

あなたに興味があるから、あなたの話も面白い!

いくら聞き上手な女性でも、興味のない相手からの話を聞き続けるのは結構つらい時間です。

逆に聞き上手な女性も、聞くのがあまり得意ではない女性も興味のある男性の話はいくらでも聞いていたいのです。

どんな話でも、一緒にいる時間を過ごすこともうれしいはずです。

何より興味のある男性がどんな話を好きなのか、どんなことが好きなのか、どんな話し方をするのかと、興味のある男性が話すことには聞きたいことばかりなのです。

だからこそ自然と興味も生まれますし、笑顔にもなり相槌も増えて質問も増えていくのだと思います。

脈ありサインはどう返せばいい?

これだけ女性からの”脈ありサイン”を見極められるようになって、好意ある女性が自分に興味をもってくれてることに気がついた時、あなたはどういった行動に出ますか?

この”脈ありサイン”に対しての返し方は重要です。

この返し方次第で、いい方向にも悪い方向にも変わっていきます。

脈ありサインごとに取るべき対応は異なる

一つに”脈ありサイン”と言ってもそのサインによって対応方法は変わっていきます。

まだ興味を持ち始めてきているのに速攻でキスしていいわけでもありません。

対応次第で逆に悪い方向になってしまう場合も多いのです。

相手の出方次第で自分の対応も合わせることが大切です。

焦りすぎは禁物!

いくら”脈ありサイン”だと見極められる行動を女性がとっていたとしても、無理に行動にでることはおすすめしません。

あまり焦らず、少しづつ対応していくことをお勧めいたします。

脈ありサインへの的確な応答方法

 
それではどんな風に対応をしていい方向へもっていけばいいのでしょうか。

分かりやすく大胆なサインにはそのまま突っ走っていくことが可能ですが、そこまで大胆な女性も多くはありません。

とても多い”脈ありサイン”は、さりげなくあなたに好意をもっていることを伝えるものが多いと思います。

そんなさりげないサインには面と向かってはっきりと伝えるよりも、こちらもさりげなく返答していくことが効果的なのではないかと思います。

そして、このさりげない方法は日々の積み重ねがとても大切です。

メールやLINEで好意を伝える

メールやLINEでさりげなく話をすることはとても便利な方法です。

男性からも”脈ありサイン”を示すようにしましょう。

例えば連絡があった場合には早めに返しましょう。

そして、送られてきたものには全て返信を忘れず、相手の話す会話は否定から入らず、必ず肯定から入るようにするのです。

お疲れさまLINEを送ってあげることも効果的です。

ただし「好き」とは言わず、それに匹敵する言葉を

女性は男性から気持ちを伝えてもらいたいものです。

好きや愛してるといったストレートの言葉も自分からではなく、男性から伝えられたいのです。

ただ、まだお互いに付き合っている状態で、LINEやメールでの顔の見えない文字で”好き”や”愛してる”という言葉を言われるのは違います。

初めの”好き”は顔の見える状態できちんと伝えてほしいものなのです。

だからこそ、相手を肯定する返答や全てに返信してくれるなどさりげないサインが必要です。

そして、”好き”に匹敵する言葉を重ねていきましょう。

ところどころで相手をほめたり、”かわいい”や”素敵”など。

LINEなどではスタンプで気持ちが溢れるスタンプやハートをつかったものなど、色々ためしてみるといいと思います。

お互いの気持ちを温めて燃え上がらせてくれる”サイン”をきちんと見極め、素敵な出会いに変わるといいなと思います。