女性からの好意を感じ取ってアタックしたのに玉砕したという経験を持つ男性も多いのではないでしょうか。

逆に、自分が好きだった相手に恋人ができてしまってから「え?両想いだったんじゃなかったの?」なんて他人から言われてびっくりすることも。

男性に泣いている女性の写真を見せると、悲しいのか恐ろしいのか嬉しいのか、どうして泣いているのか分からない人が大半だそうです。

それだけ女心を理解するのは難しいのかもしれません。

女性からの“本当の”好意のサインを見逃すのはもったいないので、確かめる方法を見ていきましょう。

自分では気付かないうちに女性から好意を向けられているかも!?

「うわー!俺って全然モテない!」と叫んでいる男性も実はモテているかもしれません。

好みではない女性からの好意をノーカウントにしているだけということもありますが、そもそも好意を向けられていることにすら気づいていない男性は多いです。

女性同士から見ると「あの子はあんなにアタックしているのに、こりゃ脈がないのかね」と思うような振る舞いを男性はよくやっています。

本当に脈がないからそう振舞っているならまだしも、男性も実は好きなのにお互い奥手なんてこともありますよね。

それで女性の方が先に諦めてしまって他の男性と恋仲になってしまっては後悔するでしょう。

そうならないために、女性の好意のサインを知っておく必要があります。

見逃さないで!女性からの好意サインの確かめ方16個

女性の好意のサインは、女性自身はバリバリ出しているつもりでも男性は注意深く見ないとよくわからないものばかりです。

「もっと露骨にしてよ!」と思うかもしれませんが、そうできない可愛さを理解してあげましょう。

それでは、好意のサインについて解説していきます。

なお、下記に挙げる項目は、を読んだだけでは早合点してしまうものが多いので、注意点も確認してくださいね。

LINEの返信が速い


LINEの返信が速ければそれだけ大切に思っている可能性は高いです。

興味のない相手、極力関わってほしくない相手のLINEは通知をオフにすることが多いです。

それに、ホーム画面でチラッと内容を数行確認して、急ぎでないようであれば相手が再度連絡してくるまでスルーすることすらあります。

そうではなく、とりあえずすぐに見て返信したくなるくらいには好意的に思っているということですから、嫌われてはいません。

ただし、あまりにも毎回速い場合は、単にSNSに粘着するタイプの女性かもしれないので見極めた方が良いでしょう。

スキンシップが多い

おばちゃんタイプの女性でなければ、異性に触ることに少なからず抵抗があるので、スキンシップが多いなら好かれていると見て間違いありません。

ちなみに、おばちゃんタイプというのは「やぁだもう~ギャハハ」と言いながら人の肩をバッシバッシ叩く人のことです。

距離が近い

好きな人とは自然と距離が近くなります。

パーソナルスペースというものがあって、友人など親しい関係であれば接近しても不快ではない距離は平均45cm~1.2mまでとされています。

そして、家族や恋人などの好いている人に許される距離は0~45cm。

つまり、満員電車や席の狭い飲み屋など特別な場合を除き、45cm以内への接近でも避けない場合には、かなり好意をもたれていると判断できます。

よく目が合う

こちらはそれほど見ていないのによく目が合うということは、相手が見ているということです。

好きでもない人をよく見るとすれば、よほど奇抜なファッションをしているくらいのこと。

自分がそうでないなら、好意をもたれていると思われます。

目が合えば恥ずかしいので逸らすでしょうけど、見ていたという事実には変わりないので、逸らされたからといって嫌われているわけではありません。

くだらないLINEが続く

くだらないLINEが続けられるということは、二人の性格や趣味の相性はそこそこ良いはずです。

「この人話しやすいな」とお互いに思っているから続くのであって、どちらかが合わないと感じていればスタンプ連打で会話を切り上げようとするでしょう。

用もないのに連絡してくる

こちらから連絡するばかりでなく、相手からも連絡が来て、なおかつ用もないけど話したいという内容であれば好意がある可能性は極めて高いです。

もちろん中にはただの暇人で、あなたのことを同じ暇人だと思っているから連絡してくる人もいるでしょうけど、社会人であればそこまで暇な人間はいませんからね。

好意と見て問題ないでしょう。

質問系のLINEが多い

会話を続けたいと考えているときには質問をしがちです。

相手が返信してくれるだろうという期待があります。

また、相手のことが知りたいという気持ちがあるからこその言葉なので、質問系が多ければ好意があると判断できます。

喋るときに顔を赤らめる

こんな可愛い女の子を筆者は見たことがないのですが…ピュア女子なら顔が赤らむのかもしれません。

恋をしている相手に顔が赤らむのは、脳内でドーパミンという物質が過剰に分泌され、その働きによって交感神経のスイッチが入り、心拍数が上昇するからです。

そうすると頭に血が上るので顔が赤くなります。

恥ずかしいときにそうなるのと同じ現象です。

どうでもいい相手に対してこのような状態にはならないはずなので、顔を赤らめてくれたら惚れられていると思って間違いないです。

ただ、大人になるとちょっとやそっとのことで顔が赤くなるほど興奮したりはしないので、惚れていれば必ず赤くなるというわけではありません。

「赤くなってないから脈なしか!」とは思わないことです。

よく話しかけてくる

もしあなたが特別な知識や地位を持っているのでなければ、話しかけられる必然性はありませんよね。

LINEと同じで、とくに用もないのによく話しかけてくるなら、あなたと話したいと思っているので、好意または興味があります。

ただし、職場ではこの判断基準が使えません。

仕事をスムーズに運ぶために、周囲の人と日頃から仲良くしておこうと心がけている人は多く、誰にでもたわいない話を振っている可能性があるからです。

プライベートな時間でも話しかけてくれるかどうかで見極めましょう。

変化に気づいてくれる

女性は男性より変化に気付きやすいです。

諸説ありますが、これは男性と女性の脳の使い方の違いだと言われています。

大昔、女性は狩りをしない分、男性が獲物を狩って帰るまで残された者達で集落を守っていました。

つまりは、人とコミュニケーションをとりながら生活しなければならないということです。

その生活を円滑に進めるべく、相手の心の機微や表情の変化に敏感になるのは当然の進化と思われます。

実際、視床下部という感情を処理する部分は女性の方が男性よりも太いのだそうです。

そのため、女性は男性よりも細かな変化には気づいている可能性が高いのですが、気づいてもそれを口に出すかどうかは別問題。

興味もない相手にわざわざ「元気なさそうだけど大丈夫?」と聞いたりはしません。

髪型や洋服を褒めてくれる

女性は普段からマナーとして化粧を強いられたりしていますから、男性以上に外見には目が行きがちです。

女性同士ほど男性のことを細かく見ているわけではないでしょうけど、好きな人のことは自然と見てしまうので、髪型や服に変化があればすぐに気づきます。

そして「素敵になった!」と思えば褒めるでしょう。

正直に言って「前の方が好きだったなぁ」と思えば、褒めはしないですが、好きな人の感情の変化を知りたいので「髪型変えたんだね」とは言います。

できれば理由が知りたいからです。

二人で会ってくれる


女性は男性より腕力がないですから、警戒している男性と二人で会うのはかなり抵抗があります。

「この人はちゃんとしてるから変なことはしない」という信頼がないと、一緒に飲みに出かけたりはできません。

とはいえ、信頼していることと好意とが直結するかというと微妙なところ。

異性ではあるけれども友人という枠も存在しますからね…。

ここで勘違いする男性が結構多いので、しばしば刑事事件に発展することがあります。

二人で飲みに行った、終電を過ぎるまで飲み、どちらかの家に行った、だから行為に及んだ、というやつです。

その気もないのに家に上がったり上げたりした方も、一般的な流れからいえば落ち度があるかもしれませんが、「親友だから何もないと信じていた」ということもあるでしょう。

お付き合いするという関係に発展しない限り、勝手に好意を確信してグイグイいくのはやめておいた方が身のため。

二人で会ってくれる程度には好かれていると思ってデートを重ね、告白なりなんなり、恋人関係になれるまで頑張ることをおすすめします。

頼ってくる

当然、近寄っても欲しくない人に頼ることはありません。

そういう意味では好意がないわけではないです。

ただ、小悪魔系女子の場合はむしろ男性からの好意を察知して「上手く使ってやろう」くらいに思っていることもあります。

そこまでではなくても「この点において頼れる存在」程度の認識であることも多いので、恋愛感情を持たれているかは不明です。

頼られる頻度で考えてみましょう。

「別に俺じゃなくてもいいよな?」「自力でできるんじゃないの?」ということも頼ってくるのであれば、頼るという手段で近づきたいと思ってくれている可能性はあります。

親身に話を聞いてくれる

親身になって話を聞くのは、一般的に興味のない相手にはしないことでしょう。

忙しい中でも時間を割いてくれて、話の腰を折らずに促してくれて、共感し、求められれば的確なアドバイスをするというのは大変疲れるので、どうでもいい人にはできません。

とはいえ例外もあります。

姉御肌の女性の場合は普段からさまざまな人に相談をもちかけられているので内心では「またか…」と思いつつ、相手のことを無碍にもできないので、親身になって聞いてくれるでしょう。

また、書くまでもないことですが、キャバクラ嬢やホステスの場合も該当しません。

好きとか嫌いとかは全然関係なく、接客のプロとして客の話を聞いているだけですから、支払った金額の対価として話を聞いてもらっていると考えましょう。

そのようなケースではなく、聞き上手という定評もない女性が親身になって話を聞いてくれるのだとすれば、それは“あなたに対してだけ”である可能性があります。

それであれば好意と判断できそうです。

行きたいところをアピールしてくる

“アピールしてくる”という部分が肝心です。

女性は何の気なしに「ディズニーランド行きたーい」とかは言います。

これは「肩こりシンドーイ。温泉いきたーい」と変わらないニュアンスです。

“アピール”とまで呼べるかどうかを見極めましょう。

半ば独り言のような言い方ではなく、あなたに対して言っているかどうかというのは、声のトーンや顔の向きなどでわかるはずです。

とくに好意が認められるのは、あなたがいないと成立しないようなことをしたがっているかどうかですね。

運転免許を持っていない女性がドライブに行きたがるとか、あなたの地元であるとか、それは“あなたに”言っていることで間違いないです。

声のトーンが高い

接客の業務中でもないのに声のトーンが上がるのは好意を持っている相手に対してくらいのものです。

あるいは、まだ猫をかぶっていたい初対面の人。

どちらにしても「良く見られたい」ときだけなので、もう付き合いもそこそこ長いのに声のトーンが高いのであれば、好意を寄せられているといえます。

恋バナをしてくる

女子会では恋バナをよくするかもしれませんが、異性に恋バナばかりを話す女性は、そう多くはありません。

気のない異性に勘違いされても困りますから、本当に恋愛以外の話題が頭の中に無いような場合は別として、基本的には避けるはずです。

つまり、恋バナをしてくるということは、かなりプライベートの話題もできる仲であると認識していることを示しています。

少なくとも他の異性よりは関係が密ということですから、強力なライバルが出現しない限り、頑張り次第で恋人になることも可能でしょう。

恋愛相談だったら脈無しかもしれない

その女性に好きな人がいる場合は、具体的な内容の恋愛相談をされることがあります。

これも一応恋バナですが、こちらに脈は無いです。

具体的な相談というのは「この服ってあんまり男ウケ良くないのかな」「男の人が急に黙るときって何を考えているのかな」など他の男性の存在がチラつくようなものを指します。

自分の趣味に興味を持ってくれる

職場の女性などがプライベートのことに興味を持ってくれるのだとしたら、好意を持っている可能性は高めです。

とくに趣味について詳しく知りたがっている場合には、それが今後の女性の言動次第で好意を確定することもできるかもしれません。

映画やアニメが趣味なら女性もそれにハマる、イベントや外食らな連れて行ってもらいたがる、などです。

あなたのことを理解し、近づきたいと思っているとわかる言動が見受けられれば、おそらく好かれています。

他の男性と対応が違う

LINEの返信が遅いと苦言を呈されることの多い女性が、自分のLINEにはいつも素早く返してくれる、気が強いと評判だが自分には優しい、など他の男性に対する対応とはどうも違うと感じることがあれば、好意による差といえそうです。

視線が合わない

こちらを見ている気はするのに目を向けると逸らす、という場合は好意をもたれている可能性が高いです。

二人でいるときには、チラチラと見ようとはするものの視線を合わせようとはしない、というのもあります。

もちろん、最初から全くこちらを見る素振りすら見せないのであれば、何一つ興味がないのでしょう。

“視線は来るのに”合わせようとはしない、というのがポイントです。

くだらないことで笑ってくれる

まず笑顔でいてくれる時点で、それが苦笑いでなければ嫌われてはいません。

さらに、くだらないことでも笑ってくれるなら好意的に思っているでしょう。

バラエティ番組などを見ていればわかりますが、イケメン俳優やアイドルはちょっと面白いことを言うだけでテロップが入ってとても面白く仕上がります。

しかし、ブサイクな人はよっぽど面白いことを言わないと「何を言ってるの?」という空気になります。

世知辛いですね。

そもそも好意をもたれていないと、自然な笑いというのは生じません。

とはいえ、自分が上司で女性が部下という場合は十中八九苦笑いなので笑顔の質はよく見極めましょう。

これは男の勘違い!脈ありじゃない言動

好意のサインについて見てきましたが、ここで勘違いしやすい女性の言動についても少し見ておきましょう。

女性経験豊富な男性から見ればしっくりくると思いますが、わりと間違えて猛アタックに進んでしまう男性は多いです。

「いいですね」「素敵ですね」

「褒められた!これは俺のこと好きでしょ!」と勘違いしやすい褒め言葉が「いいですね」と「素敵ですね」です。

声のトーンも高くて、本当にそう思ってくれている感じがする時ほど脈ありだと感じてしまいます。

しかし、敬語であること、褒め言葉に具体性がないことを鑑みると、これは単なる社交辞令である可能性が極めて高いです。

スイーツを見て「かわい~!」と言っているのと同じテンション。

とりあえず言っておけという感じなので「ありがとー」くらいに返しておくのが無難です。

喜び勇んで自慢したり説明を付け加えたりするとダサくなります。

話しかけると明るく対応してくれる

話しかけると明るい笑顔で対応してくれる、でも相手からはとくに話しかけてこないという場合は、社会人のマナーとして笑顔を貼り付けているだけ。

意外と嫌いな人にほど素の顔を見せず「これ以上関わってくんなよ?」という自己防衛で笑顔になることが多いです。

露骨に不機嫌な顔を見せてトラブルを招くのを避けています。

接客と同じですね。

これを見極めるときは、相手の表情筋がどう動いているかを細かく見る必要があります。

微動だにしない場合は、訓練された笑顔であるため、心から笑ってはいません。

恋人の有無を聞いてくる

「恋人いますか?」だけを聞いてくるのであれば、好意ではありません。

単純に気になったから、あるいは恋人募集中の女友達のために聞いているだけです。

一般的な女性は、好きな人の恋人の有無は本人に直接聞くのではなく、リサーチをかける傾向にあります。

相手の持ち物、休日の過ごし方、周囲の話など状況証拠を集めて、自分に好意があるとはバレない内に結論を出し、アタックしても良い相手かどうかを見極めるのです。

直接聞いてくるということは、別に自分がどう思われても良い、という意識があるからでしょう。

メールやLINEが丁寧

メールやLINEの文章がわりと長くて丁寧な場合、一見すると親切そうですが、実は「1回のやりとりで事を済ませたい」意識の表れです。

その文章にスタンプでもついていれば、完全に脈無し。

「いつも丁寧だな」と感じる文章を送られるというのは、好意でも何でもないので勘違いしないようにしましょう。

好きな相手とはたわいない会話を繰り広げたいので、最初から長文を送らない傾向があります。

そして、やりとりを開始した当初は用事があって連絡をしてきますが、だんだん、用もないのに「元気?」や「聞いて!今日ね…」といった世間話が増えてくるはずです。

頑張って好意を送っているかも!恋愛に奥手な女性の特徴とは

奥手な女性というのは、露骨な感情表現をすることができません。

それでも必死に好意を伝えようとしているかもしれないので、機微を見逃さないようにしましょう。

一見ガサツ、恋愛上手に見えても奥手な女性というのはいるので、どんな特徴があるのかを確認しておきます。

自分に自信がない

いつも明るいことばかり言って周りを鼓舞するような快活な女性も、実は自信を持っていないということは大いにあり得ます。

自信がないからこそ他者が弱っているときに共感でき、自分が貰ったら嬉しい、安心する言葉を的確に提示できているのです。

こういった女性は恋愛に関してだけ急に積極性がなくなるため、恋愛絡みの質問をされると困ったり、逆に「なーんにもない!あはは!」と明るすぎる返答をしたりします。

気を付けなければならないのは、自信のない女性は押しに弱い傾向にある点です。

相手に好きだと言われると、自信のなさから肯定してもらえたことに喜びを感じやすく、自分もなんだか好きな気がしてきてしまいます。

ライバルがいる場合には、急がないと奪われてしまうでしょう。

女友達とばかりいることが多い

男性に対して自信がない女性は女性としか仲良くしようがありません。

男性が苦手というのは、誰よりも性の差に敏感だからこそのもの。

ある意味、恋愛に最も興味を抱いているともいえます。

しかし、男性にどう振舞ったらいいのかという経験が圧倒的に足りていないので、自分がカテゴリに入れる女性という枠の中でしか安心できないのです。

男友達が少ない

女兄弟に囲まれて育った男性など、極めて“女子”という生き物に理解ある男性であれば比較的会話しやすい傾向があります。

そのため、必然的に男友達ができる確率は低く、友達にすらなれないので恋愛以前に友達としての男性経験も乏しいです。

好きな男性ができても、アドバイスをくれるのは女性ばかりなので、男性からすれば「それは違う」というものも真に受けます。

そのせいで空回りしがちで「恋愛めっちゃムズイ…」と頭を抱える人も少なくありません。

真面目

真面目な人というのは物事に白黒つけたがる傾向があり、曖昧な関係を持続させることが下手です。

中高生までは「好きです!付き合ってください!」から入る恋愛が多いので分かりやすいのですが、大人になると好きかどうかも分からない内からデートをしたりしますよね。

それが理解しづらく、まだお互いを知り合いましょうという期間なのに、早く関係を完成させようとして失敗します。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ないのに年齢が上がってしまうと、世間の声に惑わされて「20代半ばにもなって付き合ったことがないなんて恥ずかしいんじゃないか」という思いが湧き上がり、なおさら積極的になれなくなります。

彼氏ができたことがない、と言って引かれるのが嫌なのでひた隠しにしようとすることが、恋愛を拒絶する形で表れることもしばしば。

さらに、男性から好きだと言われて付き合えたとしても、付き合ったら何をすればいいのかというのが映画や漫画、恋愛コラムをつづったサイトからの情報だったりするので、たわいない会話など予定調和ではないことへの対応力が低めです。

それを理解して「可愛いなぁ」と思ってくれる男性でないと上手くいきません。

女子高育ち

女子校育ち、というと男性はお嬢様系を想像するかもしれませんが、それはお嬢様学校育ちであって、女子校全般で考えると真逆です。

女子しかいない空間で3年間も過ごすと、男性の目がない分、ガサツになる女子が急増します。

無駄毛とかもあんまり気にしなくて良いですしね…。

カッコイイ系の女子の方が人気になることもあって、クールなタイプも結構います。

そういうタイプも必要に迫られてそうなった感があり、内心は可愛い女の子のままであることも。

女子校を出て男性との接触が増えると全然可愛い自分になれなくて、自分を解放できないもどかしさを感じます。

いわゆる“めんどくさい女”になってしまっていることを自分でもわかっているので、時間をかけて優しく解きほぐしてくれる男性には心を開きやすいです。

マイペース

マイペースな人も一見すると奥手に見えます。

一般的な人よりも恋愛に発展する速度が遅くても気にしないので、男性からすると「好いてくれてるとは思うんだけど、決定打がないんだよな」という状況になりがちです。

実際、恋愛感情なのかどうか自覚するまでにも時間がかかるので行動していないだけかもしれません。

マイペースな人に対してこちらが焦って好意を伝えても、大した効果はないでしょう。

相手が自覚してくれるまで、ゆっくり待つ余裕がないと交際に発展するのは難しいです。

一途

一途な人は過去の恋が影響して次の恋に踏み出しづらくなっています。

想いが強く長いのでなかなか忘れがたく、新に出会った人をどうしても前の人と比べて見てしまったりするので気持ちよく付き合うことができません。

叶わぬ片思いが長いということもありますから、本人が諦めるまで他の男性が入り込む余地はないでしょう。

思い出の中の相手はどんどん美化されていくので、到底敵いません。

彼氏がいた期間が長い

彼氏がいた期間が長いと、持続的なお付き合いは得意でも、最初のブーストのかけ方を忘れてしまっているかもしれません。

好意の伝え方はもちろん、自分の魅力が何だったのかすら覚えていないということも。

「恋ってどうやってすればいいんだっけ!?」と本人も焦っています。

空気が読める

女性は全般的に相手の心の機微に敏感であるとは記載しましたが、中でも空気が読めすぎる人がいます。

好きな人に対してだけでなく、周囲の人のあらゆる表情や仕草から、その人の思考を読み取ってしまうため、恋以前に、人疲れしてしまうのです。

毎日疲れ果ててしまうので恋をしようという活力が湧いてきません。

読み取った空気もわりと悪い方に捉えがちです。

表情と言動が一致している人には比較的安堵感を覚えるので、ストレートに好意を伝えてくれる人を好みます。

自分の意見を言うのが苦手

普段からあれこれ読み取っているので、好意に気付くのは早いですが、その分駆け引きしてくる人のことは面倒臭いと感じます。

かといって「私のことが好きなんでしょう?」と聞く勇気はありません。

万が一にも間違っていた場合「自意識過剰な奴だな」という相手の視線を想像すると耐えられないからです。

全般的に自分の意見を言うことは苦手なので、相手から素直な気持ちを伝えて欲しいと考えています。

恋はタイミング!女性からの些細なサインに気付けるようにしよう!

女性は結構、男性から告白して欲しいと思っているものです。

そのため、たくさんの好意のサインを提示して「気付け―!」と願っています。

しかも、女性としてはかなり分かりやすくサインを出しているつもりなので、男性が気付いていないだけだとしても「スルーされた…」と考えて勝手に諦めがち。

正直に言うとめちゃくちゃ面倒くさいですが、その面倒くささに耐えて、女性のサインを見逃さずにアタックできる男性がモテます。

付き合ってからも何かと「お察しください」が多いのが女性ですから、女性が出すサインを読み取る練習も兼ねて、言動の細かなところを見る癖をつけてみてはどうでしょうか。