もともと未婚で子供を授かり、一人でも出産することを決意した人、DV夫から逃げるように離婚した人、相手が不倫して家に帰ってこなくなった人、経済苦から仕方なく別れた人、事故や病気で夫を失ってしまった人など、シングルマザーになった理由は人それぞれですが、数は確実に増え続けています。

日本でも3組みに1組みは離婚する時代になったと言われていますので、必然的にシングルで子育てをする人が増えて行くことは想像がつきます。

しかし、シングルマザーになるという選択をする人が増えたことと、シグンルマザーが生活しやすくなったということは一緒ではありません。

「一人で子供を育てることがこんなに大変だったとは」「想像していたよりはるかに苦労が多い」と多くのシングルマザー経験者が語っています。

想像より遥かに大変?!シングルマザーが直面する苦労

離婚する時には「夫や問題から解放されて、新たな人生を子供と生きよう!」と将来を夢見たり、未婚で出産する時も「一人でも立派に子育てしてみせる」と意気込んで新生活をスタートさせますが、すぐにその夢や希望が、並大抵の努力では叶わないことや、一人で子育てする上でのジレンマに直面することでしょう。

世間からの偏見、経済的不利な立場、子供との時間が取れない、一人で全てやらなければいけないという負担など、精神的にも肉体的にも疲弊させられることが次々と覆いかぶさってきます。

シングルマザーの生活は、想像をはるかに超える苦労が待っているのです。

ではこれから、実際にシングルマザーが大変と感じている生活上の苦労を具体的に見て行きましょう。

シングルマザーが生活で苦労していること14個


どんなに綿密に計画を立てたとしても、なかなか思い通りにことが運ぶことはありませんが、予期していなかった妊娠や離婚など、もともとの人生設計にない重大なことが起こると、軌道修正を図らざるを得なくなりますよね。

そして、日々起きる問題に何とか対処していくことが精一杯で、人生を立て直す時間やエネルギーがなかなか作れないかもしれません。

しかも、自分のことだけではなく、可愛くて仕方のない存在ではあるが、手がかかり、立派な一人の人として育て上げる責任の伴う子供がいる訳ですから、それは並大抵の苦労ではないことがわかりますよね。

家計が苦しい

もともと専業主婦だった人なら、離婚した途端に職探しから始めなければなりません。

しかし、特別な資格や経験がない限りは、良い条件の職につくのは不可能でしょう。

また、子供が小さい場合は、保育園のお迎えや、病気の時の看病など、どうしても時間的な制約があるので、その条件を認めてくれる職場となると元々選択肢が限られますし、残業や特別手当をあてにすることも難しいので、どうしても収入は低くなります。

ですから当然、家計は非常に苦しい状態になります。

一般家庭の年収が658万円なのに対し、シングルマザー家庭の年収は、平均の3分の1の223万円という厚生労働省の統計を見ても、シングルマザーが抱える経済的苦労は想像がつきます。

子供との時間が少ない


自分が一家の稼ぎとして働かなければいけなくなると、一日の大部分を仕事の時間として使わなければならなくなります。

それにご飯を作り、洗濯して、掃除をして、他の必要な家事を全て一人でするとなると、本当に時間が残りません。

子供の世話をするのが精一杯で、遊ぶ時間なんてとても無いように感じることでしょう。

ですから多くのシングルマザーが、「子供に寂しい思いをさせている」という申し訳ない思いが一番辛いと感じています。

仕事と育児の両立が厳しい

仕事も育児も、どちらも責任が伴いますし、真剣に取り組みたいことですし、時間も思いも取られます。

ですからこの二つのバランスを保つのは非常に大変です。

どちらかに比重がかかりすぎるとどちらかに問題が生じたり、もっとやりたいのにできないというジレンマに絶えず直面します。

しかも子供は、待った無しで成長していくので、絶対にその時でないとダメなこと、その時に必要なケアをしないなら一生その子にとってマイナスになってしまうことも親なら痛感されると思います。

ですから、仕事と育児を両立させるために、子供の年齢に合わせて仕事を変えることを勧める人も多いです。

偏見の目

ひとり親家庭は年々増えており、2010年には、シングルマザーは約108万人、シングルファーザーは約20万人ほどになっていますし、その後も増え続けています。

それに伴い、世間でも一人親への子育て支援など、サポート体制も以前より充実してきています。

あなたの周りにも、シングルで子育てをされている方が数人はいらっしゃるのではないでしょうか?ですから、ひとり親家庭に対する偏見はなくなったと思っている方は多いことでしょう。

しかし実際には、「幼稚園で挨拶しても無視された」「経済的なことで嫌味を言われた」「シングルになった理由を噂で流された」など、近所の人やママ友、または職場の人や教師など身近な人に、偏見に満ちた態度を取られたり、悪意ある冷ややかな視線に晒されたりするのが現実だそうです。

相談できない

子供を育てていると悩みは尽きません。

さらに仕事のこと、お金のこと、恋愛のことなどシングルマザーには悩みがたくさんあります。

しかし、多くのシングルマザーが相談できる相手がいないと嘆いています。

実家の親には心配をかけたくなかったり、偏見を経験していると、友達を信用することも難しくなってしまいます。

元旦那さんでも、別れた理由などにより感情的に難しくなっていると、たとえ二人の子供のことでも、自分が必要な慰めやアドバイスをくれるとは思えなかったり、相手が再婚していると気を使って話しにくですよね。

ですから、本音で話せたり、自分だけではどうしても解決できないような問題を一緒に考えてくれるのは、シングルマザーの支援団体や公共の相談窓口、シングルマザーコミュニティーだけだと言われている方も多いです。

子供のことを全部1人でやる

子供を育てるということは、一生続く大仕事です。

起床させ、朝食を食べさせ、体調を気にかけ、通園や通学の支度をさせ、送って行き、自分も出社。

仕事終わりで子供を迎えに行き、夕飯の支度をし、今日がどんな一日だったか、学校で何があったかを聞き、感情的なケアをして、夕飯を作り食べさせ、宿題など勉強を見たり、明日の学校の予定を確認し、お風呂に入れて、歯磨きをさせてから寝かしつける。

これが子供一人に対して、普通の一日にするべきこと全てです。

目の回る忙しさですよね。

これが、毎日毎日365日何年間も続くわけです。

しかも病気になったり、感情的に難しくなると、やるべきことはもっと増えます。

これを全て母親一人でするのです。

どれだけのプレッシャーと苦労か想像してみてください。

不安や寂しさ

シングルマザーになった時から「自分がしっかりしないと」「ちゃんと育てないと」というプレッシャーを一人で抱え、相談できる人も少ないシングルマザーは、その責任感から将来を不安に思ったり、無性に寂しくなったりします。

子供が寝た後のふとした時間に、思わず涙がこぼれたり、自分でも言い表せない感情が込み上げてくることもあります。

さらには、学校行事で子供が寂しそうな姿を見たり、友達が幸せな結婚生活を送っているのを見ると、「なんで自分はうまくできなかったのか」「子供に辛い思いをさせてしまっているのでは」と自分を責めたり、限界を感じることもあるでしょう。

家事がなかなか進まない

仕事をしながらの育児だと、やるべきことが山ほどありますし、ハードワークで体も疲れるので、優先順位の高いこと、つまりは子供を食べさせたり、寝かしつけることだけを必死でこなして、家の掃除や洗濯物などは後回しになってしまうことでしょう。

そしてそれが溜まっていくと、できていないことにストレスを感じてしまいますよね。

誰かが家事を手伝ってくれたらどんなに楽だろうと夢を描きながら、そんな頼れる人もいなければ、プロに依頼するお金もない現実に打ちのめされるかもしれません。

1人の時間を取りにくい

未婚の母の人は、子供を産む前は独身生活を謳歌していたことでしょう。

子供がいないと、好きな時間に起きて、趣味のために時間を取り分けて、出かけたいところに自由に出かけることができます。

しかし、子供が生まれた瞬間から生活が一変するのです。

自分の時間は全て子供のお世話にもっていかれます。

さらに、すでに子供がいて離婚された方でも、父親と母親の役割を一手に引き受けなければいけなくなったので、自分のための時間は、もはやなくなったと感じることと思います。

友達と遊びにいけない

子供がいれば、生活のリズムは子どの中心で回っていくので、友達から遊びに誘われても、なかなか都合がつかなくなります。

ましてやシングルマザーだと、子供を見ていてくれるパートナーがいませんし、仕事もしているので、自分の友達と遊ぶ時間を見つけるのはより難しくなるでしょう。

また、遊びに行くとそれだけ出費も増えます。

交通費、飲食代などの交際費は真っ先に削る対象になるので、経済的に余裕がない母子家庭の場合は、節約するためにも、外出を控えざるをえないかもしれません。

父親がいないという事実

父兄参観日、運動会の父親参加、家族の絵をかく時、お友達のパパと遊んだ時、ファミリーレストランなどで家族を見た時など、子供が羨ましそうによその家庭を見ていたり、「お父さんが欲しかった」と呟いたりしたら、胸が張り裂けそうになって、”自分の子供には一緒に住んでいる父親がいない”という事実を痛感することになります。

また、子供が病気になった時、反抗的になった時、思春期になった時など、複雑な問題に、自分一人で何もかも対処しないといけないと、父親の存在の大きさと、自分には頼れる夫がいないことを改めて感じ、自分で選んだ道、もしくは良かれと思って進んだ道とはいえ、これで本当に良かったのか自信がなくなることもあるでしょう。

育児と仕事で好きなことができない

「育児と仕事だけで一日が終わる」それはシングルマザーのみならず、多くの母親が感じていることです。

しかし、シングルマザーは、仕事も育児も、父親の分も果たす必要があるので、全てにおいてダブルの働きが求められているように感じることでしょうし、実際そうです。

それだけのプレッシャーとストレスを抱えているからこそ、自分の好きなことをして、気持ちをリセットしたり、明日からも頑張るエネルギーを得る必要性を強く感じると思いますが、現実は、自分の趣味のための時間や、好きなことを楽しむ余裕はほとんどないかもしれません。

買いたいものをかってあげられない

自分の子供だけが、人気のゲーム機をもっていなかったり、お金がかかるスポーツクラブにいかせてあげられないと、親としてとても辛く感じますよね。

子供がそのことで拗ねても切ない気持ちになりますし、気を使って欲しいものを黙っていても、申し訳ない気持ちになりますよね。

物を買い与えることが、子供の教育上良いわけではありませんが、必要物は与える義務がありますし、両親揃っている友達と比べて肩身の狭い思いをしないように、できるだけのことはしてあげたいという思いがシングルマザーには強くあると思います。

しかし、使えるお金に限度があり、どうしても買ってあげられない、させてあげられないので、悔しい思いをすることも多いでしょう。

保育園や幼稚園のイベントに参加できない

働くママは、大事な仕事や、どうしても抜けられない商談が子供のイベントと重なる恐怖をいつも抱えていますよね。

特に、子供が小さいと「絶対見に来てね」と言われたり、見にいけないのがわかると、子供ががっかりするのがわかるので、なんとかならないかと必死で仕事の調整を測ると思います。

しかし、心の底から保育園や幼稚園のイベントに参加したいと願ってどんなに頑張っても、仕事には、どうにもならないことがあるのです。

そんな時、せめて父親がいってくれればという選択肢もシングルマザーにはありません。

子供に寂しい思いをさせたり、がっかりさせることがわかった瞬間から、切なくなってしまいますよね。

シングルマザーの金銭的な問題

シングルマザーの経済状況は年々厳しいものになっています。

昔は離婚しても、子供を連れて実家に帰って子育てをする人が多かったので、家賃や食費などを支払う必要がなかったり、安定した暮らしをしている親からの援助を受けて、肩身の狭さはあっても経済的にそこまで追い込まれることはありませんでした。

さらに、旦那さんも正社員として働いていることが多く、慰謝料や養育費がきちんと支払われることが多かったのです。

しかし、近年では核家族化による受け入れ先きの減少、実家の親にも余裕がないこと、それに正規雇用ではない男性が増え、実家や元旦那さんからの経済的援助はないに等しくなっています。

さらに、未婚でシングルマザーになることを決める人が増えているので、父親が子供を認知していないケースや、責任を取らないことを条件に産んだという母親が増え、そもそも子供の父親からの援助がない状況の人もいます。

教育費がかけられない

国や自治体からの援助があるとはいえ、学費や部活動費、学校で使う様々な道具を全て揃えることは容易ではありません。

小学校入学の時に、体育着や上履き、文房具セットや楽器などを揃えて買いますが、それぞれ2,000円〜5,000円するとなると、相当の出費になり、一括で揃えるのが厳しかったりします。

中学・高校でも子供がやりたい部活を選ばせるというより、お金がかかることは無理と伝えなければならなかったり、受験の際も、お金のかかる私立はそもそも考えないように、払えるのはいくらまでと、子供の将来を考えると教育費をかけてあげたくても、限界を伝える辛さがあるでしょう。

生活費を稼ぐのも大変

数年前にシングルマザーの母親が、生活苦から娘を自らの手で殺害したというショッキングなニュースが世間を騒がせましたが、その母親の手取りは月に7万円ほどで、家賃も払えず、家の強制立ち退きの日に「住むところがないと生きていけなくなる」と考えたと供述しています。

無理心中まではいかなくても、シングルマザー家庭の経済的問題や、生活苦が原因で起きている悲惨な事件はあとを絶ちません。

残念ながら、月に10万円以下の収入しかないというシングルマザーが多いのが現実のようです。

それで、家賃・食費・教育費などを全て賄うのは、どう考えても厳しいですよね。

「なぜもっと働かないのか」「お金がかかるのがわかっててなぜ子供を産んだのか」という冷ややかな意見も、彼女たちを追い詰めているのでしょう。

シングルマザーの基本給は約15万

子供一人を抱えるシングルマザーの生活費は月々15万円かかると言われています。

子供が二人になると17万円、三人だと20万円はかかると言われています。

もちろん子供の年齢や生活習慣、習い事をどれほどさせるかによって変わってはきますが、平均的に上記の額は必要になります。

ではシングルマザーはどれほどの月収を得られているのでしょうか?公的絵補助金や養育費を抜かした、母親が仕事によって得られる、手取り月収の平均は15万円です。

お気付きのように子供一人いる場合の生活費と同じです。

収入と生活必要額が一緒、もしくは毎月マイナスになるのです。

もちろんもっと稼いでおられるシングルマザーもいらっしゃいますが、15万円以下の人もいるのです。

この平均を考えると、シングルマザーがいかに経済的に厳しい状況にいるかというのがお分りいただけると思います。

シングルマザーの社会的困難

シングルマザーの経済的苦境について話し合うと、「そんなに生活が苦しいのは今まで怠けていた自分の責任」「お金がないなら条件の良い仕事を探すべき」「もっと働けば良い」などと、厳しい意見がよく上がります。

確かにそうかもしれません。

しかし、そう簡単に行かないのが世の中ですよね。

未婚で子供を産んだのも、離婚したのも、全てはシングルマザーの責任ではありますが、好きでそうなったのではなく、止むを得ずに一人で子供を育てるという決断をした人も多いのです。

そして日本社会には、シングルマザーに対する偏見や、厳しい目というのがまだまだ存在しているので、良い仕事につくことが無理だったり、一生懸命働いても必要物に事欠くような収入しか得られないという社会的事情があるのです。

なかなか雇ってもらえない

子供が小さい場合「お子さんが急に体調が悪くなった時、見てくれる人はいますか?それともあなたが面倒を見る必要がありますか?」と、ほぼ100%の確率で仕事の面接で聞かれ流でしょう。

嘘をつくわけにも行かず「自分が行くしかありません」というと、大抵の企業では、それならパートでどうでしょうとか、他を当たってくださいとなってしまいます。

子供が大きくて手を離れている場合は、母親は40代になっており、資格や経験がない場合は若い人を取りたがる会社が多いので、自分の年齢がネックになって断られる場合もあるでしょう。

このようにどの年齢のシングルマザーでも、特別なスキルがない場合は、良い条件の仕事、正社員として就職するのはかなり難しいのです。

手当があまりつかない

シングルマザーが活用できる様々な手当があります。

「児童手当」「児童扶養手当」「児童育成手当」「母子家庭住宅手当」「ひとり親家族医療費助成制度」「生活保護」などです。

しかし、それらは国や自治体から児童的に交付されることはなく、自分で申請する必要があります。

ですから、その制度を知らないと、生活が大変なのに活用することができないのです。

また、手当の中には、収入に応じて支給金額が変わったり、審査されて適用されない場合もあります。

さらにもらえていた手当であっても、収入や資格が変わっただけで、突如として停止されることも多いです。

ですから、行政から支給される手当をあてにしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

シングルマザーでもメリットはある?!

これまでシングルマザーの苦労について考えてきましたが、では離婚しなかった方が良かったのか、もしくは子供を産まなかった方が良かったのかというと、そのように思っている母親は少ないことがわかります。

想像していたよりは大変だったが、子供を産んで良かった、あの時離婚を決意した自分は間違っていなかったと自信を持って語るシングルマザーは多いです。

ではこれからそんなポジティブな意見を見ていきましょう。

精神的に強くなれる

「守るべきものがあると強くなる」と言われています。

母親にとって、子供はかけがえのない存在で、自分はどんなに大変な思いをしても、子供の幸せ、子供の将来、子供との生活を守りたいと願うものです。

離婚など辛い思いを経験すると、自分に自信がなくなったり、将来に対する不安で押しつぶされそうになりますが、子供の笑顔を励みに、なんとか生き抜いたというシングルマザーはたくさんいます。

そんな日々を繰り返していると、自然と精神的に強くなり、何が起きても動じないカッコ良いママになっている自分に気づくことでしょう。

子育てをし終わった時の達成感

シングルマザーになった時には「子供を自分の手で立派に育て上げる」と心に誓われたことでしょう。

そして、必死で仕事をし、毎日精一杯子供に愛情を注いで育て上げました。

そんな毎日があっという間に過ぎていき、子供が20歳になった時、就職した時、もしくは結婚した時に、なんとも言えない達成感を味わうことでしょう。

子供がきちんと独立できる力と、人間力を身につけ、社会人として立派に生活する姿を見たり、愛する人を見つけて自分の家庭を持つことを決意し、幸せそうにしている姿は、シングルマザーとして生きることを決意し、それを無事にやり遂げた自分を心から褒めてあげれると思う瞬間だと思います。

もし子供から「お母さんありがとう」「お母さんの子供でよかった」などと、感謝の気持ちや愛情を伝えられたなら、心の底から湧き上がる達成感と幸福感を感じることでしょう。

旦那に気を遣うことがない

シングルマザーとしてもメリットの中で、多くに人が言うのが、気楽、自分の好きなように生活できると言うものです。

夫がいると、家事をきちんとやることや、食事の品数についてうるさく言われるかもしれません。

しかし子供と自分だけだと、今日は簡単に済ませようとか、おかずは買って帰ろうなど手抜きをすることができます。

また、休みの過ごし方も、旦那さんがいるなら、彼の望む過ごし方や、旦那さんの実家に顔を出すことが多いかもしれませんが、シングルなら、子供と相談して自分たちの好きなことを好きなペースで行うことができます。

また、夫婦で教育方針が異なり、子育てでぶつかる夫婦も多いですが、母親の自分が最善と思うことを子供に教え込むことができます。

子供との絆が深まる

自分しかいないのだからと、子供に自分の持つ全ての愛情を注いで育てるシングルマザーは多いです。

さらに、寂しい思いをさせているのではという罪悪感や、一緒に居られる時間が少ないという難しい状況だからこそ、せめて一緒に居られるときは全力で子供と向き合うことを決意してたっぷりの愛情と手をかけて育てるのです。

そうすれば、当然子供との絆は深く、強いものになります。

子供もどんなに小さくても、母親が自分のために頑張っていること、自分を宝物のように思っていることを感じ取ります。

そのように愛情を注がれて育つなら、必然的に母思いの子供になるでしょう。

様々な手当がもらえることも

国や自治体には、シングルマザーを支援する制度があるので、正当な理由があるなら、恥ずかしがらずにそれを有効活用することができます。

先ほどもいくつかご紹介しましたが、シングルマザーとして活用できる制度は9つほどあります。

良い仕事に就くために、まず資格を身につける「高等職業訓練促進給付金・高等職業訓練修了支給給付金」など、当面の生活を支えるだけでなく、将来の生活に備えるものもありますので、自分から積極的に調べるようにして、子供との生活をより良いものとするためにどんどん活用しましょう。

児童手当

児童手当は、シングルかどうかに関係なく、所得などの条件を満たせば子供の年齢や人数に応じて受け取ることができます。

基本支給月額は、3歳未満ー15,000円・3歳〜小学校卒業前ー10,000円(第三子以降の場合、3歳〜小学校卒業前ー15,000円)・中学生ー10,000円となっています。

所得制限にかかっている場合は、一律5,000円になります。

所得制限は、扶養家族が0人で8,333,000円・1人で8,756,000円・2人で9,178,000円・3人で9,600,000円となっているので、シングルマザーの平均所得から考えると、ほとんどの人は児童手当を満額もらうことができるでしょう。

児童扶養手当

「児童手当」とは異なり、未婚や離婚、または死別によってシングルマザー、もしくはシングルファーザーになった家庭にのみ支給される手当です。

つまりひとり親家庭のための手当です。

基本の手当月額は、子供1人に対し42,000円・子供2人で47,000円・子供3人以降は、1人増えるごとに47,000円に3,000円づつ追加されていきます。

しかしこの手当も、所得によって支給額が変わり、所得制限がかかった場合は、月額手当=41,990ー(申請者の所得額ー所得制限限度額)×0.0185434で計算された額のみが支給されます。

所得制限は、扶養家族0人で19万円・1人で57万円・2人で95万円・3人で133万円と決まっており、離婚した旦那さんから養育費などをもらいつつ、正社員として働いていると、オーバーする可能性のある金額なので、満額もらえないケースもあります。

上手に活用するためにも、限度額と自分の所得をしっかりと計算して把握しておくようにしましょう。

シングルマザーは苦労がたくさん!でもきっと乗り越えられる(まとめ)

女で一つで子供を育てることには、本当に大変なことだということがよくわかりました。

しかし、無理なわけでも、その道を選ぶべきではないわけでもありません。

様々な事情により、シングルマザーとして生きることを決意された方は、今日考えたような困難に立ち向かう強さを身につけ、身近にあるサポートを上手に活用しながら悔いのない、充実した子育てをされることを心から願っています。

【シングルマザーにおすすめの仕事は、こちらの記事もチェック!】