CoCoSiA(ココシア)

シングルマザーが生活の中で苦労して...(続き2)

仕事終わりで子供を迎えに行き、夕飯の支度をし、今日がどんな一日だったか、学校で何があったかを聞き、感情的なケアをして、夕飯を作り食べさせ、宿題など勉強を見たり、明日の学校の予定を確認し、お風呂に入れて、歯磨きをさせてから寝かしつける。

これが子供一人に対して、普通の一日にするべきこと全てです。

目の回る忙しさですよね。

これが、365日何年間も続くわけです。

しかも病気になったり、トラブルが発生すると、やるべきことはもっと増えます。

これを全て母親一人でするのです。

どれだけのプレッシャーと苦労か想像してみてください。

不安や寂しさ

シングルマザーになった時から「自分がしっかりしないと」「ちゃんと育てないと」というプレッシャーを一人で抱えてしまうでしょう。

相談できる人も少ないシングルマザーは、その責任感から将来を不安に思ったり、無性に寂しくなったりします。

子供が寝た後のふとした時間に、思わず涙がこぼれたり、自分でも言い表せない感情が込み上げてくることもあります。

さらには、学校行事で子供が寂しそうな姿を見たり、友達が幸せな結婚生活を送っているのを見ると、「なんで自分はうまくできなかったのか」「子供に辛い思いをさせてしまっているのでは」と自分を責めたり、限界を感じることもあるでしょう。

家事がなかなか進まない

仕事をしながらの育児だと、やるべきことが山ほどあります。

ハードワークで体も疲れるので、優先順位の高いこと、つまりは子供を食べさせたり、寝かしつけることだけを必死でこなして、家の掃除や洗濯物などは後回しになってしまうことでしょう。

そしてそれが溜まっていくと、できていないことにストレスを感じてしまいますよね。

誰かが家事を手伝ってくれたらどんなに楽だろうと夢を描きながら、そんな頼れる人もいなければ、プロに依頼するお金もない現実に打ちのめされるかもしれません。

1人の時間を取りにくい

未婚の母の人は、子供を産む前は独身生活を謳歌していたことでしょう。

子供がいないと、好きな時間に起きて、趣味のために時間を取り分けて、出かけたいところに自由に出かけることができます。

しかし、子供が生まれた瞬間から生活が一変するのです。

自分の時間は全て子供のお世話にもっていかれます。

さらに、すでに子供がいて離婚された方でも、父親と母親の役割を一手に引き受けなければいけなくなったので、自分のための時間は、もはやなくなったと感じることと思います。

友達と遊びにいけない

子供がいれば、生活のリズムは子どの中心で回っていくので、友達から遊びに誘われても、なかなか都合がつかなくなります。

ましてやシングルマザーだと、子供を見ていてくれるパートナーがいませんし、仕事もしているので、自分の友達と遊ぶ時間を見つけるのはより難しくなるでしょう。

また、遊びに行くとそれだけ出費も増えます。

交通費、飲食代などの交際費は真っ先に削る対象になるので、経済的に余裕がない母子家庭の場合は、節約するためにも、外出を控えざるをえないかもしれません。

父親がいないという事実

父兄参観日、運動会の父親参加、家族の絵をかく時、お友達のパパと遊んだ時、ファミリーレストランなどで家族を見た時など、父親の存在について考えさせられるかもしれません。

子供が羨ましそうによその家庭を見ていたり、「お父さんが欲しかった」と呟いたりしたら、胸が張り裂けそうになって、”自分の子供には一緒に住んでいる父親がいない”という事実を痛感することになります。

また、子供が病気になった時、反抗的になった時、思春期になった時など、複雑な問題に、自分一人で何もかも対処しないのです。

その時、父親の存在の大きさと、自分には頼れる夫がいないことを改めて感じ、自分で選んだ道、もしくは良かれと思って進んだ道とはいえ、これで本当に良かったのか自信がなくなることもあるでしょう。

育児と仕事で好きなことができない

「育児と仕事だけで一日が終わる」それはシングルマザーのみならず、多くの母親が感じていることです。

しかし、シングルマザーは、仕事も育児も、父親の分も果たす必要があるので、全てにおいてダブルの働きが求められているように感じることでしょうし、実際そうです。

それだけのプレッシャーとストレスを抱えているからこそ、自分の好きなことをして、気持ちをリセットしたり、明日からも頑張るエネルギーを得る必要性を強く感じると思います。

ですが、現実は、自分の趣味のための時間や、好きなことを楽しむ余裕はほとんどないかもしれません。

買いたいものを買ってあげられない

自分の子供だけが、人気のゲーム機をもっていなかったり、お金がかかるスポーツクラブにいかせてあげられないと、親としてとても辛く感じますよね。

子供がそのことで拗ねても切ない気持ちになりますし、気を使って欲しいものを黙っていても、申し訳ない気持ちになりますよね。

物を買い与えることが、子供の教育上良いわけではありませんが、必要な物は与える義務があります。

両親揃っている友達と比べて肩身の狭い思いをしないように、できるだけのことはしてあげたいという思いがシングルマザーには強くあると思います。

しかし、使えるお金に限度があり、どうしても買ってあげられない、させてあげられないので、悔しい思いをすることも多いでしょう。

保育園や幼稚園のイベントに参加できない

働くママは、大事な仕事や、どうしても抜けられない商談が子供のイベントと重なる恐怖をいつも抱えていますよね。

特に、子供が小さいと「絶対見に来てね」と言われたり、見にいけないのがわかると、子供ががっかりするのがわかるので、なんとかならないかと必死で仕事の調整を測ると思います。

しかし、心の底から保育園や幼稚園のイベントに参加したいと願ってどんなに頑張っても、仕事にはどうにもならないことがあるのです。

そんな時、せめて父親がいってくれればという選択肢もシングルマザーにはありません。

子供に寂しい思いをさせたり、がっかりさせることがわかった瞬間から、切なくなってしまいますよね。