私たち人間は人によって見た目が全く違っていますよね。

見た目や内面が全く同じな人間はこの世に存在していません。

双子であったり、兄弟などであればかなり外見が似ている場合もありますが、全て同じだという事にはなりませんし、あくまでとても似ているだけです。

人によって見た目も違えば、価値観、考え方などは違って当たり前であり、それが個性となって一つの魅力になります。

そう考えると、自分の見た目が人と違うという事はとても良い事ですし、誇らしい事なのです。

ですが、世の中では見た目が良いとされる人、悪いとされる人が存在しているのも事実です。

例えば、身長が高い方がかっこよく見えたり、身長が低いと頼りなく見えたり、目が大きいと美しく、目が細いとクールな印象を与えるなど様々な印象が変化するようになります。

見た目が良いか悪いかで考えると、やはり見た目が良い方が周りからも好印象を持ってもらいやすいので、理不尽な世の中かもしれませんが、自分の見た目を良くするためにたくさんの人が努力をしているのも事実です。

そんな見た目を左右するひとつの要因でもある、頭の形を今回はテーマにして、頭の形が悪くなってしまう原因、そして頭の形が悪いことから起こるデメリットについてご紹介していきたいと思います。

️頭の形が悪いという悩み

これはかなり個人差がある悩みになるかもしれませんが、自分の頭の形が悪いということに対して強く悩みを抱いている方は、想像以上にたくさんの方が存在しています。

なぜ自分の頭の形が悪いと悩んでしまうのかと考えた時に、自分の頭の形が悪いことによってヘアスタイルが決まらなかったり、自らのルックスが悪くなってしまってる原因だと考えているからです。

頭の形が綺麗に整っている人からすれば、頭の形で悩む理由が全くわからないかもしれませんが、頭の形が悪い人に関しては大きな悩みとなりうる存在です。

知っている方も多いかもしれませんが、頭の形に関しては生まれつき絶対に決まっているようなものではないのです。

元々私たちは生まれた時には、頭蓋骨が完全に結合している状態で生まれているわけではありません。

生まれた直後の頭蓋骨の状態は、5つの平らな骨が靭帯によって繋がっている状態になっています。

つまり、生まれた直後はそれぞれの骨の間に隙間が存在しており、頭頂部の部分はとても大きな隙間が空いてる状態になっています。

さらに骨が柔らかい事もあり、2歳になるまでは隙間が空いている状態が続きます。

これを踏まえて考えてみると、私たちが赤ちゃんの時に過ごしてきたポーズによって頭の形は若干ながら変化するようになっているのです。

これが頭の形のそもそもの始まりであり、これが頭の形を形成する最初の大きな要因であるという事になります。

ある程度気を付けられている家庭で育った場合は、綺麗な頭の形になっている場合もあるかもしれませんが、無意識の家庭の場合は場合によっては頭の形が悪くなってしまい、それが今現在悩みの種となっている方がとても多いのです。

️悪い頭の形のいろいろ


頭の形は産まれた直後から2歳になるまでの間にどのようなポーズをして過ごしてきたのかということが大きな分かれ目になるということに触れましたが、この年齢の時には、そもそも頭の形がどうのという事に考えを及ぼせるような年齢でもない為、防ぐ事自体がかなり難しい問題になります。

ですので、この時期の過ごし方を改善するのも親の気持ち次第なので、個人レベルではどうする事もできないのが現実ではあります。

では、もしもこの時の過ごし方で頭の形が悪くなってしまうような過ごし方をした場合、最終的にどんな頭の形になってしまうのかという事をいくつかご紹介していきたいと思います。

あなたが今頭の形で悩んでいるのであれば、これからご紹介する悪い頭の形に該当する可能性があるかもしれませんので、自分の悩みを踏まえながら確認してみてください。

左右非対称

頭の形が悪い場合の一つの例としては頭の形が左右非対称になっている場合が考えられます。

そもそも、本来私たち人間の頭の形に関しては左右対称な人間の方が少ないのが現実です。

先ほども触れたように、子供の頃どのように過ごしてきたのかということが頭の形を形成するひとつの要因になり得るのですが、どんなに気遣って育てていたとしても、そこまで頭の形を四六時中気にしたりするのは相当な集中力がなければ難しいことです。

それを踏まえて考えてみると、若干ながらの左右のズレというものは必ず存在してしまうものになるのです。

しかしながら、今回ご紹介している頭の形が悪い左右非対称の形に関しては、著しく左右の形が非対称な場合が多いと思います。

若干のズレ程度なら悩みにはならないと思いますが、大幅に頭の形が左右非対称になっている場合は悩みの種になったりすることがあるはずです。

頭の形が左右非対称になっている場合は、自分の頭を様々な角度から確認した時に、若干のズレが生じている可能性がとても高いです。

大きなズレになればなるほど、自分の顔を正面から見た時に顔の形自体も場合によってはズレてしまっている可能性もありますので、左右非対称は大きな悩みの種になりやすいと考えることができます。

絶壁


頭の形が悪いとされているひとつの代表例として考えられるのが絶壁です。

絶壁とはどのような頭の形なのかと考えた時に、その名前の通り頭の後ろの部分がまるで絶壁のようになっている場合に使われている言葉です。

絶壁を確認するためには自分の顔を真横から確認してみるとよりわかりやすくなると思います。

一般的な頭の形をしている方であれば、横から見た時にある程度丸みを帯びた状態で後頭部のラインが演出されているのですが、絶壁の方に関しては真横から後頭部を見た時にストンとまっすぐにラインが引かれているかのようなまっすぐなラインになっています。

これがいわゆる絶壁の頭の形であり、あまりよろしくない頭の形であると言われています。

頭の形が絶壁になってしまうことによって、ヘアスタイルを整えようと思った時に、綺麗に整えられなくなったり、寝癖が付いた時に後ろがぺたんこになってしまってボリュームが少なくなってしまったりする悩みが生まれがちになってしまいます。

比較的日本人の中にはかなり絶壁の頭の形をしている人が多く、たくさんの方の悩みになっていると考えることが出来ます。

頭が長い

自分の頭の形が悪いと感じる方の中でかなり多い理由の一つが頭が長いとされていることです。

頭の形が長いことによって自分のコンプレックスになり得ている方というのは想像以上にたくさん存在しています。

なぜ頭の形が長いことがコンプレックスに感じるのかと考えた時に、そもそも頭の形が良いとされている理想型としては卵型の形が良いとされています。

なぜ卵型の形が理想の形なのかと問われると、人間の顔の形をバランスよく見た時に、卵型の形の方がバランスが整っているように見えやすいのです。

それを踏まえて考えてみると、頭の形が長いことによって自分の顔のバランスが悪く見えてしまったりすることがコンプレックスになりやすく、結果として頭の形が長いと頭の形が悪いと感じてしまいやすくなるのです。

デコボコしている

頭の形が悪いとされている例の中には、頭の形がデコボコしていることが一例として挙げられます。

頭の形がデコボコになってしまっている場合、当然ながら髪の毛を整えたりするときに、整えにくくなってしまったりする場合が多くなります。

頭の形がデコボコになっている場合は、デコボコに合わせて髪の毛をセットしてあげないと、必ずバランスが悪くなってしまうようになります。

休みの日であれば問題はありませんが、仕事の日なのに関してはあるけれど身なりを整えてから出社される方もたくさんいると思いますので、毎朝自分の頭の形が悪いことが原因でイライラしてしまう問題の種になってしまう事が多いので、デコボコの頭の形がストレスを生んでしまう可能性がある、悪い頭の形だと判断する事が出来ます。

へこみがある

頭の形が悪いと言われている人の中には、頭のどこかにへこみが存在している場合も考えられます。

頭にへこみが存在している場合、へこんでいる部分のバランスが悪くなってしまいますので、短髪などにすると違和感を感じるようになりますし、ヘアセットもとても大変になる可能性があります。

小さいへこみであればそこまで問題にはならないかもしれませんが、大きなへこみだとかなり悩みの種になってしまう可能性がありますので、頭の形が悪い例の一つであると判断できます。

️頭の形の悪さの原因

頭の形が悪くなってしまう原因は一体何なのかと考えた時に、やはり頭の形が悪くなってしまう原因は先ほど触れた幼少期の過ごし方に原因があると考えることができます。

幼少期の時に自分自身がどのような態勢で時間を過ごしてきたのかということが大きな要因になりえます。

実際に、赤ちゃんの時であればたとえ頭の形が悪かったとしても、ある程度矯正にすることが比較的簡単に行うことができると言われています。

つまり、簡単に矯正できるという事は、簡単に形づくという事になりますので、十分この時に子どもの頭の形に気を付けてあげないといけないという事になるのです。

しかしながら、どのような気を付け方をすると頭の形が良くなるのかということなどを具体的に把握している人は少ないと思います。

これを正しく把握しておかなければ、頭の形を矯正してあげるのも難しいと思います。

そこで、ここからは頭の形が悪くなってしまう原因である、幼少期の過ごし方の中で注意しなければいけない場合などをそれぞれのケースごとにご紹介していきたいと思います。

これから赤ちゃんが生まれてくる家庭であったり、今現在赤ちゃんを育てているという家庭の方は参考にして赤ちゃんの顔の形が今どうなっているのか、今後どうしていきたいのかという事を踏まえながら確認してみてください。

ちょっと気を付けてあげるだけで簡単に矯正することが出来ますので、2歳までの赤ちゃんを育てている方は注意してください。

仰向け寝をし続けた

頭の形が悪くなってしまう原因を考えた時に、いつも仰向けで寝てしまっている場合は頭の形が悪くなる可能性がとても高いです。

なぜ仰向けで寝てしまうと頭の形が悪くなってしまうのかと考えた時に、仰向けで寝るという言葉自然と自分の後頭部の部分に重力屋圧力がかかってくるようになるはずです。

それが長い期間続いてしまうということを考えると、自分の後頭部の部分に常に圧力がかかった状態が続きますので、後頭部の出っ張っている部分がだんだんと平らになってきてしまうようになります。

後頭部の部分が平らになってしまう事によって、頭の形がどのように変化するのかと考えると、後頭部の形が絶壁になってしまうようになるのです。

日本人に関してはもともと遺伝で絶壁で生まれてくる子供などもかなり多かったりするので、絶壁で悩んでいる方はかなり多く存在しています。

絶壁にしたくないのであれば仰向けで寝続けることを改善できるようにサポートしてあげる必要性があります。

最初の時期は様々なことに気を使ったりしなければいけないので、とても気疲れする時期にはなると思いますが、子供の事を考えてあげるならばそこまで考えてサポートしてあげると将来頭の形で悩んだりすることは極力無くすことができると思いますよ。

同じ姿勢をとり続けた

頭の形が悪くなってしまう原因を考えた時に、大きな原因となり得るのが同じ姿勢を取り続けてしまった事が一つの原因になっている可能性が高いです。

なぜ同じ姿勢を取り続けることによって頭の形が悪くなってしまうのかと考えた時に、例えばいつも同じ方向を向いて寝てしまっている場合は、いつも同じ部分に重力や体重がかかって負担がかかるような状態になりやすいのです。

つまり、あなたがいつも右側を見ながらでないと寝られないのであれば、必ず自分の顔の右側の部分に体重や重力がかかるようになるはずです。

それを何年も続けてしまっていると考えると、顔の右と左では当然かかってきた圧力がまったく違うようになりますので、形が変化するようになりやすいのです。

なので、いつも同じ姿勢をとり続けてしまった場合は頭の形がそれに伴って歪んでしまうようになりやすくなるのです。

子供のことを思って頭の形を良くしてあげたいと思うのであれば、きちんと子供がどういう姿勢でいつもいるのかということを把握してあげる必要性があります。

子供の癖などをよく確認した上で、頭の形が均一になれるように、丁度良いバランスで姿勢を取れるようにサポートしてあげる事がおすすめです。

向き癖などが身についてしまっている場合は、なかなか違う方向を見て寝るという事ができにくくなったり、安心できなくなったりする可能性もありますので、早い段階で矯正してあげた方が良いかもしれませんね。

頭をぶつけた

頭の形が悪くなってしまう原因の中には頭をぶつけてしまうことも一つの理由として考えることができます。

なぜ頭をぶつけたりすることによって頭の形が悪くなってしまうのかと考えた時に、先ほども触れた通り赤ちゃんの頭はとても柔らかく、2歳になるまではまだ頭には隙間が出来てしまっている場合が考えられます。

それを踏まえて考えてみると、強い衝撃を頭に受けることによってその衝撃で自分の頭にへこみが生まれてしまうことは十分考えられることなのです。

なかなか赤ちゃんの時に激しい行動をとったりすることは難しいかもしれません。

しかし、何かの拍子にバランスを崩して頭をぶつけてしまったり、何かが当たってしまったりするということは全くないとは限りませんので、頭をぶつけてしまうことによって頭の形が悪くなってしまい、それがずっと続いて悩みになってしまうということも十分考えられるのです。

自分の子供が頭をぶつけないように常に監視をしてあげて、危険なことがあればそれを遠ざけてあげるなどのサポートを行わなければ難しい事なので、子どもの時には必要以上に注意をしてあげた方が良いです。

子宮が狭かった

頭の形が悪くなってしまう原因の一つに、先天的な理由も存在しています。

どのような先天的な理由があるのかと考えた時に、子供が母親の体内にいる時の環境が頭の形を左右する可能性があるということです。

では、どのような環境になっていると頭の形が悪くなるのかと考える時に、子供は母親の体内に入る時には子宮に子供が存在しているようになります。

その子宮が想像よりも狭かった場合に関しては圧迫されてしまって頭の形が少し変化した状態で生まれてきやすくなります。

それを踏まえて考えてみると、お母さんの子宮が狭かった場合は頭の形が悪くなってしまい、それが大きな前転できない原因の一つになりいると考えることができます。

しかしながら、安心していただきたいのは先ほどもご紹介したようにある程度の年齢になるまでは生まれてきた後も頭蓋骨が柔らかい状態になっています。

なので、たとえ先天的な理由で頭の形が少し変化している状態だったとしても、上手に矯正してあげる事で頭の形を良い形に変化させるということは可能なので、なるべく1歳になるまでの頭の形を整えてあげられるように面倒を見てあげると矯正できる可能性が高くなります。

️頭の形が悪いことのデメリット

頭の形があまり綺麗な形ではないことによってコンプレックスを抱いている方からすれば、日常的に様々なデメリットが発生していることがよくお分かりいただけると思います。

しかしながら、頭の形が特に悪くない方からすれば、どのような場面でデメリットに感じたり、コンプレックスに感じたりするのか全く理解することができないと思います。

実際に自分がその環境になってみなければ、なかなか分かりづらい問題でもあると思いますが、きちんとこのデメリットを把握しておかなければ、自分が子育てをするときにこの部分をよく注意してあげられなくなってしまう可能性もあります。

将来的にどのような悪いことが起きるのかということを見据えた上で、子育てをしてあげることによって子供の悩みを少しでも減らしてあげることが可能になると思いますので、それを理解するためにもこれからご紹介する頭の形が悪いことのデメリットについてよく理解するようにしてみてください。

髪型が決まらない

頭の形が悪いことによってどのようなデメリットが発生するのかと考えた時に、髪型をセットしたりするときに髪型が決まらないという問題が発生する可能性が高まります。

ある程度の年齢になると自分の髪型なのにも強く興味を持ったりするようになると思います。

特に思春期の頃になったりすると、かっこいい髪型を取り入れたいと思うようになったり、ワックスやスプレーなどを使ってヘアスタイルをセットしたりしたいという願望が生まれたりすると思います。

しかしながら、頭の形が悪い場合に関してはうまく髪型を決めることができなくなってしまったりする場合があります。

本来であれば気にする必要がない部分に関しても、自分の頭の形が悪いことによって少しテクニックが必要になる場合が生まれるからです。

例えば、絶壁の人間が普通のヘアセットをしたところで若干後頭部のボリュームが足りなくなってしまうように見え、ヘアセットをしても上手に髪型が決まらない場合が多くなります。

綺麗にヘアセットをするためには後ろのボリュームをオンラインよりも多めに出してあげる必要性があるのですが、これがある程度技術が必要になることもあります。

だからこそ、なかなか慣れていない人だとヘアセットが決まらなくて、貴重な朝の時間が消費されてしまってイライラしたりしてしまいやすくなります。

なので、頭の形が悪くなってしまうと髪型が決まらないというデメリットが発生してしまうということになるのです。

バランスが悪い

頭の形が悪いことによって引き起こされてしまうデメリットを考えた時に、たくさんの方が感じているのがバランスが悪くなってしまうということが大きな理由になります。

なぜ頭の形が悪いことがバランスが悪くなってしまうことにつながるのかと考えた時に、例えば左右の形が大きく崩れてしまうようなバランスの悪い頭の形であった場合は、顔を正面から見た時にバランスが悪くなってしまいやすくなるのです。

なぜバランスが悪くなるのかと考えた時に、左右の頭の形が違うことによって正面から見た時に髪型などもずれが生じるように見えてしまいます。

左右非対称のものを人間が正面から見た時に違和感を感じるように人間の脳はできていますので、その違和感をたくさんの一緒に与えてしまって、自分自身も自分の顔を鏡で見た時にバランスが悪いと感じてしまう安くなるのです。

なので頭の形が悪くなってしまうとバランスが悪く見えやすくなり、頭の形が悪いことに対するデメリットだと判断することができるのです。

歪んで見える

頭の形が悪くなってしまうと、頭の形だけでもなく自分の顔にまで影響を与えてしまう可能性が高まります。

具体的にどういうことかと言いますと、頭の形が悪くなってしまうことによって自分の顔を正面から見た時に自分の顔が歪んで見えるようになってしまうのです。

なぜ頭の形が悪くなってしまうと自分の顔が歪んで見えるようになるのかと考えた時に、頭の形が悪くなってしまってバランスが崩れてしまいますと、それに伴って自分の顔の形なども比例して歪んでしまうようになります。

そうなると、正面から顔を確認した時に、顔の右の部分だけ少しずれてしまっていたり、若干ねじれて見えてしまったりするようになります。

そうなってしまうと顔のバランスが悪くなってしまい、相手に対して正面から顔を見てもらった時に違和感を感じさせてしまいます。

なので、頭の形が悪くなってしまうと、顔のバランスがゆがんで見えるようになるので、大きなデメリットになってしまうと断言することができます。

顔が大きく見える

頭の形が悪くなってしまうことによって、それが原因で自分の顔が大きく見えてしまうデメリットにつながる可能性も高いです。

なぜ頭の形が悪くなってしまうと顔が大きく見えるようになってしまうのかといつと、頭の形が歪んでしまうことによって、正面から顔を見た時に面積が大きく見えてしまう可能性が高いからです。

自分の頭の形が凸っているような形になっていると、当然突き出している部分の面積が大きく見えるようになりますので、最終的な印象としては顔が大きくみえるようになってしまうのです。

なので、頭の形が悪くなると顔が大きく見えるようになるデメリットになり得るのです。

そうなってしまうと、相手に与える印象はあまり良くない印象になってしまいやすいです。

それ以外にも、自分の頭の形のハチの部分が飛び出ていたり、広がっているような形の場合は髪の毛の毛量などの関係で顔が大きくみえがちになってしまいます。

なので、幼少期の時になるべく頭の形を整えてあげるように育ててあげないと、特に女性の場合は顔が大きく見えやすくなると大きな悩みになる可能性が高いので、必ず注意しながら育ててあげるようにしてください。

【顔が大きい人ができる小顔対策は、こちらの記事もチェック!】

服やメイクが似合わない

頭の形が悪くなってしまうと服やメイクが似合わなくなってしまう可能性があります。

なぜ頭の形が悪くなってしまうと服やメイクが似合わなくなってしまうのか?と考えた時に、それは頭がでかくなってしまうからです。

簡単に想像することができるように、あえて芸能人の名前を出させていただくとすれば、芸人のキンタロー。

さんを思い浮かべてみてください。

キンタロー。さんはとても顔の大きいことで有名です。

前田敦子さんのモノマネをしているので、AKB48の衣装などを模したものを着ているのですが、実際に来ているメンバーなどと比べてみると圧倒的似合っていないことがわかります。

背丈などに関してはそこまで大きな違いがないのに、なぜこんなに違和感を感じるのかと考えると、やはり顔が大きいことによって服やメイクが似合わなくなってしまうことの原因であると考えることができます。

なので、頭の形が悪くなってしまうと服やメイクが似合わなくなる大きなデメリットが発生してしまうのです。

️キレイな頭の形への治し方・カバーの仕方

頭の形が丸くなってしまうのは幼少期にどのような過ごし方をしてきたのかということが大きな原因になりえますので、個人で注意しようと思ってもなかなか難しい問題でもあります。

しかしながら、それだけの理由で頭の形を変化させることを諦めてしまうのは早いです。

場合によっては自分の頭の形を変化させることが可能になる可能性もあります。

この方法を知らないから長い期間悩み続けているという人もたくさんいると思いますので、もしも自分の頭の形にコンプレックスを持っているのであれば、これからご紹介する方法を実践してみてください。

もしかしたら自分の頭の形が綺麗になる可能性があるかもしれませんよ。

頭蓋骨の矯正

頭の形を治す方法の一つとして頭蓋骨の矯正という方法が挙げられます。

頭蓋骨の矯正と聞くと怖いイメージを持つかもしれませんが、頭蓋骨の矯正は整体院などで行われているマッサージのようなものと考えてみてください。

骨そのものに歪みが生じている場合は難しい可能性が高いのですが、骨と骨とをつなぐ関節の部分が歪んでいるのであればその歪みを治す事が可能なのです。

例えば、日常生活の方法が原因で歪みが生じている場合は直す事が可能であり、具体的には左右どちらかの方だけ筋肉を使いすぎているなどが該当します。

大人になるにつれてだんだんと頭の形が変化していたと感じている方は、これで元に戻すことができる可能性がありますので、該当する方は実践してみてください。

マッサージをする

綺麗な頭の形に治したいと思うのであれば、マッサージをすることも一つの方法です。

これはどういうことかと言いますと、骨と骨の間に関してはパズルのようにうまく組み合わさっているという特性が存在しています。

その特性を考えた時に、骨と骨の隙間の間に歪みが生じて隙間ができてしまっている可能性が考えられます。

これが広がってしまうと顔が大きく見えてしまいやすくなりますので、この隙間を埋めるように手のひらを使って骨に直接圧力をかけていくことによって隙間をなくしていくことができるようになります。

そうすることによって自分の顔を小さくすることができ、小顔にすることができるようになりますので、頭の形を整えると共に綺麗な小顔になれる可能性があります。

なので、適度にマッサージを行うようにすれば簡単に顔の形を変化させることができるかもしれないのでチャレンジしてみてください。

やり方としては、手のひらの手首を使って垂直に強めに押しながら5秒ほど圧をかけるだけでOKなので、簡単なやり方ですのでお風呂場などで試してみてください。

髪型でカバーする

頭の形が悪いことによって顔が大きく見えてしまうのであれば、美容師さんに相談するなどして髪型でカバーする方法がおすすめです。

小顔にするならどのような髪型にすれば良いのかと考えた時に、まず意識していただきたいのは、人間は本来顔の形がひし形型になるのが理想だと言われています。

なので、ひし形型になれるように自分の顔の形を踏まえて縦にボリュームを出した方がいいのか、それとも横にボリュームを出した方がいいのかということを計算する必要性があります。

その上で、小顔にするのであればやはり前髪をおろして、顔周りのサイドの毛を内巻きにして顔の輪郭などを隠すようにするのがお勧めです。

顔全体を露出させてしまうと、モロに顔が出るようになりますので、それは避けるようにしてください。

小顔効果のある髪型にする事で頭の大きさなどを和らげられるような効果がありますので、意識して髪型をスタイリング、もしくは美容師さんにオーダーしてください。

️頭の形に悩む人は上手にカバーしてあげよう

もしもあなたが自分の頭の形に悩んでいるのであれば、自分の頭の形の悩みに沿った工夫を行うようにしてあげる必要性があります。

上手にその悩みをカバーするような方法を取ることによって、簡単に自分の頭の悩みを改善することができるようになるはずです。

幼少期と比べると、大人になってからの方が頭の形を矯正するのは難しいと思います。

それでもいくらでも頭を綺麗に魅せられる工夫をすることはできますので、色々な工夫の仕方を勉強して魅力的な自分の魅せ方をできるように努力してみてください。