CoCoSiA(ココシア)

頭の形が左右非対称!?大人になってからキレイに整えるための方法を一挙紹介!

みなさんは自分の頭の形をどう思っていますか?

普通に形が整っているという人はあまり考えたことがないかもしれませんが、左右非対称や絶壁などのコンプレックスを抱えている人は、鏡を見るたびに自分の頭の形を見てため息をついているかもしれません。

そこで今回は、頭の形が悪くなってしまう原因と頭の形が悪いことから起こるデメリットについてご紹介していきたいと思います。

大人になってから頭の形を整えるというのは簡単なことではありませんが、ちょっとした努力や工夫次第で 改善することは可能です 

改善方法もいくつか取り上げているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

️頭の形が悪いという悩み

頭の形が悪いということに対して悩みを抱いている方は想像以上にたくさんいます。

頭の形が悪いことが、ヘアスタイルが決まらなかったりルックスが悪くなってしまっていることの原因の一つだと考えているからです。

頭の形が綺麗に整っている人からすれば、頭の形で悩む理由が全く分からないかもしれません。

しかし頭の形が悪い人にとっては大きな悩みなのです。

頭の形は生まれつき決まっているものでありません。

生まれたばかりというのは 頭蓋骨が完全に結合している状態ではない ため、赤ちゃんの時にどのように過ごしてきたかによって頭の形は若干ながら変化するようになっています。

これが頭の形を形成する上での最初の大きな要因であるということになります。

️頭の形のいろいろ

あなたが今頭の形で悩んでいるのであれば、これからご紹介する頭の形に該当する可能性があるかもしれません。

自分の悩みを踏まえながら確認してみてください。

左右非対称

頭の形の悩みとしてまず挙げられるのは、頭の形が左右非対称になっていることです。

そもそも 左右対称な人間の方が少ない のが現実です。

先ほども触れたように、子供の頃どのように過ごしてきたのかということが頭の形を形成する上でとても大切です。

しかしどんなに気を遣って育てていたとしても、頭の形を四六時中気にするのはとても難しいこと。

それを踏まえて考えてみると、若干ながらの左右のズレというものはどんな人であっても必ず存在してしまうものです。

絶壁

絶壁とはその名の通り、 後頭部に丸みがなく平らで壁のようになっている ことを言います。

絶壁かどうかを確認するには、自分の顔を真横から確認してみるとより分かりやすいでしょう。

一般的な頭の形をしている方であれば、横から見た時に後頭部のラインが丸みを帯びた状態ですが、絶壁の方は真横から後頭部を見た時にストンとまっすぐにラインが引かれているような形をしています。

これがいわゆる絶壁の頭の形であり、あまりよろしくない頭の形であると言われています。

例えば、ヘアスタイルを整えようと思った時に、綺麗に整えられないこともあります。

そして寝癖が付いた時に、後ろがぺたんこになりボリュームがなくなってしまうのです。

この絶壁の頭の形をしている人は日本人にはとても多いようです。

【絶壁頭については、こちらの記事もチェック!】

頭が長い

頭が長いことがコンプレックスになっている方は想像以上にたくさんいます。

そもそも形の良い頭の理想型は卵型とされています。

人間の顔の形をバランスよく見た時に、 卵型だと一番バランスが整っているように見える からです。

それを踏まえて考えてみると、頭の形が長いことによって自分の顔のバランスが悪く見えてしまうことがコンプレックスになるのです。

デコボコしている

頭の形がデコボコになってしまっている場合、当然ながら髪の毛を整えるときに整えにくくなり、セットにも時間がかかってしまいます。

休みの日であれば問題ありませんが、仕事の日に毎朝自分の頭の形が悪いことが原因で、髪型がなかなか決まらずイライラしてしまうと ストレスも溜まります