「私、どうせ、もてないから」と、自分から言う女性は、間違いなくもてません。

女性は、もてない理由を外見が悪いからと決め付けてしまいますが、必ずしも、外見が悪いから、もてないのではなく、内面的な問題の方が大きいのです。

男性を手玉にとる、水商売の女性達の中でもNo1ホステスと言われる女性は、外見がメチャクチャ良い、美人というわけでもないです。

逆に、ホストもイケメンだからNo1になれるわけではありません。

No1になる、もてる人には必ず異性を惹きつける魅力があるのです。

「もてない」という言葉が口癖になっていませんか?

溜息の数の分だけ幸せは逃げて行くように、もてないと自分で決めたら、もてるわけがないのです。

本気でもてたいと思うなら、まず、ネガティブな考え方はやめるべきです。

️なんでわたしはもてないの!?

もてない理由、自分ではわからないものですよね?

そもそも、男性と出会う縁がなければ、もてる、もてないの話にもなりません。

でも、本当に男性と全く出会いがないのでしょうか?

職場に男性の数が少ないとしても、全く、男性と出会わない女性なんていません。

一歩外へ出れば、必ず男性とはすれ違っているはずです。

下を向いて歩いていれば、男性と出会っても縁を見つけることはできませんよね?すれ違っている男性の中に運命の人がいるかもしれません。

彼氏がほしいと思っても、突然に彼氏はやってこない、もてたいと思っても、自分から行動をしないと、もてることはないのです。

何もしなかったら、何も起こらない、だから動き出さないとダメです。

なんでわたしはもてないの?と考えたところで、状況は変わりません。

もてるために、まずはネガティブな考えを変えて行きましょう。

彼氏が欲しいのに一向にできない…


彼氏がほしいのに一向にできない理由は必ずあります。

基本的に彼氏ができないことを環境のせいにしていませんか?必ずしも、男性が多い職場だから彼氏ができるわけでは、ありません。

たしかに男性が多い職場であれば、出会えるチャンスは多くなります。

でも、彼氏が一向にできない女性もいるのです。

チャンスというものは、必ず、誰にでもあるものです。

チャンスを掴めるか?掴めないか?そこが運命の分かれ道です。

彼氏ができないのは、環境のせいにして、チャンスを待っていませんか?自分からアンテナを張り巡らさなければ、チャンスは掴むことが出来ません。

チャンスを掴む女性は、仕草や、ファッションや、表情と全てに関して敏感であり、努力をしています。

彼氏が一向にできない理由は環境ではなく、自分自身のアンテナが働いていないからです。

出会いはあっても進展しない…

出会いがあっとも進展しないと悩んでいる女性も多いですよね。

何故、進展しないか?それは相手の男性が再び会いたいと思えないからです。

一緒にいても楽しいと思えないからです。

相手の男性からアクションを待ち、常に受け身体制でいると男性もあきてしまいます。

男女の関係は、接待を受けているわけではありません。

少なくても彼氏がほしいと思っているなら、尚更、受身体勢はやめるべきです。

男性と出会ったら、極力、印象を残すことが大事です。

空気の読める女性や常に笑顔でいることで相手の男性は印象に残ります。

気の利いたトークができなくても関係ありません。

良い印象に残る努力をするべきです。

男女の出会いは一期一会、次があると思ってはダメです。

私にだけ幸せがこない…


「私にだけ幸せがこない」とネガティブに考えれば考えるほど彼氏はできません。

幸せを遠ざけているのは誰のせいでもなく、あなた自身です。

幸せになる為に、自分は努力していると心から言えるでしょうか?幸せは待っているだけでは、やってきません。

自分から動かなければ状況は何一つ、変わらない。

ネガティブ思考の人は、活発に行動することはありません。

「私だけ幸せがこない」と神様を恨んだところで現実は変わらないのです。

現実を見て、自分から動きましょう。

やることをやってからでも、落ちこむことはできます。

無意識にもてない行動をしているかも?

日頃の行いが良くないという言葉があります。

自分では気づかないうちに良くない行動を多々していることがあるのです。

もてない理由も、普段のあなたの行動が男性を遠ざけているのかも知れません。

同性には人気がある女性、でも、何故か男性には人気ない人はいます。

同性に好かれるからと言って、異性に好かれるか?それは別の話です。

同性に嫌われている女性も、やたら男性に好かれることはよくあるのことですよね、特に合コンや飲み会に行くと、その差はハッキリと分かります。

自分では無意識にしている行動が、男性を遠ざけ、もてない原因かもしれません。

あの子はもてるのに、私はもてないと少しでも感じることがあるなら要注意です。

無意識にもてない行動をしているのかもしれません。

️もてない女がやりがちな26個のこと

もてない女には共通点があります。

例えば、女性の仲間には「サバサバしている」とポジティブな印象でも、言葉を変えれば「ガサツ」とも言えるのです。

男性にとっては、サバサバしている子ではなく、ガサツな子です。

同性同士は「ガサツな子」と感じていても、美化して言うものです。

わざわざ相手が怒るようなことを同性は正直に言いませんよね?

それは身内意外、全員に言えることです。

知らずに、自分自身の行動が男性にとってマイナスな行動や言動を繰り返していたとしても、友達も職場の仲間も忠告してくれるわけがないのです。

誰でもマイナスな部分は持ち合わせているものです。

「男性にもてない」と感じている人は、もてない女がやりがちな行動をしているのです。

もてない女がやりがちな26個に当てはまっていないか、チェックしましょう。

身だしなみに気を遣わない

身だしなみに気を遣わない、これは基本中の基本です。

美人やブス関係なく、身だしなみに気を遣わなくなったら、お終いです。

男性が彼女にしたくないNo1は、不潔な女性です。

不潔な女性は友人や自分の両親にも会わすことができないからです。

自分の中では、身だしなみがOKなことも、相手にしてみればNOの場合もあります。

例えば、プライベートはノーメイクで過ごす女性は多いと思いますが、デートの時もノーメイクだと、男性はチョット引いてしまいます。

過剰な厚化粧を求めてはいないけれど、やはり人と会うときは最低限の化粧はしてほしいもの、化粧は身だしなみでもあるのです。

また、一緒にお泊りに行ったときにハミガキをしない女性やメイクを落とさないで寝る女性も、男性にしてみるとドン引きする行動のヒトツです。

化粧を落とすとスッピンが見られて恥ずかしいと思い、メイクを落とさない女性はいますが、やはり、メイクしたまま寝ることは汚らしいのです。

毛玉が付いている服や常に同じ服を着ている、髪がボサボサなど外見から感じる身だしなみも注意するようにしましょう。

身だしなみは、必ず注意をすれば直すことができるものです。

女性として、ハンカチやテッシュ、鏡にブラシは常に持ち歩くようにしましょう。

男性は、持ち物でも相手の身だしなみをチェックしているものです。

愚痴ばかり

愚痴ばかり言う女性は、一緒にいたいとは思いません。

お酒の席でチョット盛り上がる程度の愚痴であれば、笑いのネタになることもありますが、常に愚痴ばかり言う女性は周囲の雰囲気を悪くします。

不平不満を永遠と聞かされることは、気分的にも暗くなります。

普段、愚痴を言わない女性が、愚痴をこぼすことで「あれ?辛いことでもあったのかな?」と心配するものですが、常に愚痴ばかり言う女性は信憑性にかけるのです。

愚痴を言うことがクセとなり、たいしたことがないのに愚痴を言っていると思わせます。

愚痴ばかり言う女性は、結果的にワガママと思われてしまいます。

楽しい話は周囲を楽しい気分にさせることができますが、愚痴は周囲を楽しい気分にはしないのです。

イヤなことがあり、愚痴を言いたくなったときに鏡の前で愚痴ると、イヤな顔をして愚痴っている姿が映ります。

「私は、こんな表情をして愚痴を言っている」と、分れば愚痴ることも少なくなるはずです。

自己中心的

自己中心的な女性は、男性にはモテません。

自己中心的はワガママな女性と言うことです。

例えば、可愛い女性でも自己中心的な行動をすることで、男性は疲れてきてしまいます。

相手のペースを考えないで、会いたいときに相手を呼び出したり、気分でドタキャンをすることで、最初の1ヶ月は絶えることができますが、結果的に長くは続かない。

男性が優しさに甘えていませんか?何でも許してくれると思うと女性は自己中心的な考えになりやすいです。

ですが、100%、なんでも許す男性なんていないのです。

自己中心的な行動をしていると、必ず男性をライバルに奪われてしまいます。

男性は母性の強く、癒してくれる女性に弱いものです。

自己中心的な行動をしている女性と、心の隙間を埋めてくれるような空気の読める女性がいたとすれば、男性は誰でも空気の読める女性を選びます。

空気を読まない言動

天然の女性は可愛いと思われがちです。

男性にも天然ボケの女性は現に人気がありますが、それは最初だけです。

長く付き合おうと思いませんし、天然が許されるのは10代のうちだけです。

良く言えば天然ですが、悪く言えば、空気を読まない言動です。

女性は、空気を読まない言動を天然と考える人が多いですが、男性からすれば、空気を読まない言動は、ただのアホです。

まして、社会人になって空気を読まない言動は致命的です。

例えば、合コンでも「つまらない」や「今日はツイていない」を連発したり、職場でも「疲れた」や「早く6時にならないかな」など言うことも、空気を読まない言動のヒトツです。

職場では、誰もが早く帰りたいと思っていますし、疲れているものですが、言葉に出さないように、表情に出さないようにしているのです。

頭で考えるよりも、言葉が先に出てしまうことは、社会人としても致命的です。

何気なく発言した言葉が、周囲の空気を乱すこともあるのです。

正直に言えば良いというものではありません、空気を読むことが大事なことです。

自意識過剰

自意識過剰すぎることも、男性には嫌われます。

自意識過剰は、自分に自信がありすぎることで、謙虚さがないということです。

「私なら出来る」「私は他の人より優れている」という、上から目線的な考えが男性とすれば、可愛くない女性だと感じてしまうのです。

奥ゆかしさがない女性は、一緒にいてもイライラとするだけです。

自意識過剰な女性は、一緒にいても自慢話や武勇伝に酔いしれます。

男性で言えば、オラオラ系の性格と言ったところです。

自分の自慢話ばかりしていては、男性もうんざりとするのです。

男性は、女性に話を聞いてもらいたいものです。

女性だって、自意識過剰な男性の自慢話など聞きたくないはずです。

男性は特にプライドが高い人が多いです。

自意識過剰な女性に「私はコレできるけれど、まさか出来ない?」など言われたら、絶対にカチンとくるはずです。

自意識過剰な女性は基本的に空気も読めない女性ですから、相手がイライラしていることも、カチンときていることも分からないのです。

だからこそ、自意識過剰になれるのです。

自分に自信がない

自意識過剰もイヤですが、自分に自信がない女性も男性はうんざりします。

自分に自信がない女性は、基本的に性格がネガティブ思考です。

何かする前に必ず、「自分には向いてない」「自分は出来ない」と否定的な考えになり、周囲を暗い雰囲気にさせてしまうのです。

暗い女性と一緒にいて楽しいはずがありません。

自信がないネガティブな気持ちは、周囲にも連鎖してしまいます。

逆に前向きな人といると、周囲もポジティブ志向になれるものです。

気持ちというものは、自分だけの問題ではなく周囲を巻き込むものですから、自分に自信のない女性は、男性からも好かれません。

「この女性いると気持ちが暗くなって、滅入ってくる」と思わせてしまうのです。

結果的に、「この女性とは会いたくない」と言われてしまいます。

約束を守らない

約束を守らない女性は、男性にもてる以前に異性からも嫌われる対象です。

約束を守らない女性は、ドタキャンをしたり、約束時間に遅れてくることはもちろんですが、仕事の効率が悪い、部屋の掃除をしていない等にも言えることです。

特に仕事は自分のペースで作業ができるものではありません。

自分の作業は後輩や上司が関わることもあり、その先にクライアントがいるのです。

自分一人がルーズな仕事をしていると、会社全体に迷惑をかけることにもなります。

約束を守らない女性は、簡単な話、自分勝手な性格ということですよね?自分の中心で物事を考えてしまいます。

相手の立場になって物事を考えることができない人は、最終的に思いやりにかけるのです。

約束をした以上は、約束を守ることが当然の義務です。

約束を守らない人に限って、相手が約束を守らないと怒るもの。

自分に甘く、他人に厳しい人こそ、約束を守らない女性と言えます。

相手を振り回してしまうルーズな女性は男性にもてません。

思い込みが激しい

思い込みが激しい女性と一緒に行動すると非常に疲れます。

それは、思い込みが激しい女性に丁寧に説明しなきゃいけないからです。

思い込みが激しいことで自分勝手にストーリーを作り、怒り、悲しみます。

思い込みが激しい女性の特徴は、ネガティブ思考だということです。

ポジティブに思い込んでくれるなら、まだ笑って誤解を解くことができますが、ネガティブに自分勝手に思われると誤解を解くことが大変です。

よくある思い込みが、勝手に浮気をしていると思うことです。

ちょっと職場の女性と話しているだけで、仲が良いから浮気しているのでは?と推測して、彼氏の持ち物を勝手に調べたり、相手の女性に文句を言ったりしてしまいます。

思い込みが激しい女性に誤解を解こうと説明しても聞く耳をもたないのも特徴です。

思い込みが激しい女性は、1度思い込んでしまうと手に負えないのです。

誤解を解いたとしても、再び女性の影を感じると疑ってしまうため、堂々巡りを繰り返します。

思い込みが激しいとストーカー化する女性も多くなり、男性にもてません。

【思い込みが激しい人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

悪口を言う

女性は結構、悪口を言う方が多いですが、それは陰口程度の話です。

やはり男性の前で悪口を言う姿は自分の評判を落とすことになります。

悪口を言う人を見ると、客観的に自分もどこかで悪口を言われているのかも?と思ってしまうからです。

本人の前ではニコニコ笑顔でいながら、本人がいなくなると途端に悪口がはじまる。

そのような姿を見ていると本音で話すことができなくなります。

悪口を言うことで二重人格や信用ができない人になるからです。

誰かの悪口を言っている姿は自分自身が思っている以上に嫌な顔つきをしています。

男性から見れば、性格の悪さを感じてしまいます。

とくに20代や30代で悪口を言っているようだと40代や50代になった時の姿が目に浮かんでしまいます。

悪口を言えば、言っている本人に必ず帰ってくることを忘れないようにしましょう。

常識のなさをひけらかす

男性は天然な子や少しお馬鹿な女性を見ると可愛いと思う傾向があります。

頭が良すぎる女性は逆に可愛らしさがなく好かれない。

ですが、常識がない女性と天然の子は全く別物です。

女性は、単純にお馬鹿な発言をする子が男性は好きと思い込んでしまいますが、許される馬鹿と許されない馬鹿が世の中にはあるのです。

例えば、歴史上の人物を間違えていたり、知らなかったりすることや、言い間違いは笑って許せるレベルです。

しかし、「日本の総理って誰?」や「遅刻なら連絡しなくてもOKでしょう」など、ちょっと笑えない発言は、お馬鹿と言うよりは常識がない子と思われます。

しかも、常識がないことを当たり前のように周囲にひけらかす態度は、一緒に行動している第三者が恥ずかしい思いをするのです。

常識のなさをひけらかす本人の中では、知らなくて何が悪いの?と思っていますが、社会人として最低限知っておくべき常識はあります。

常識のなさをひけらかすような女性を彼女に持ち、両親や友人に紹介することを考えると、付き合いたい女性にはなりません。

人の話を聞かない

人の話を聞かない女性は結構、多くいますよね?特に年齢を重ねるほど女性は何故か人の話を聞かなくなります。

人の話を聞かない女性は、基本的に早とちりをしてミスに繋がります。

冷静さにかけることで、仕事でミスをしたときも更に大きなミスに繋がります。

人の話を聞かない女性と付き合っても自分の話ばかりして彼氏の話を聞かないことで、男性は癒されることがないのです。

男性も職場の話や愚痴のヒトツでも彼女に言って、慰めてほしいときもあります。

ですが、毎回のように自分の話をして満足げな表情をされても、彼氏の心はイライラするばかりです。

人の話を聞かない女性は基本的に自己中心的な考え、自分の考えが正しいと思っているからこそ、相手の話を聞く必要性がないのです。

やはり女性は聴き上手なタイプの方が男性にもてます。

強いこだわりを持つ

強いこだわりを持つことは、良く言えば意志が強く自分を持っている人です。

どちらかと言えば、良いイメージが強いですが、実は悪く言えば頑固者です。

強いこだわりを持つことで、自分の意志をまげることを絶対にしないのです。

自分が全面的に正しいと思い込んでしまいます。

例えば、ちょっとした恋人同士のケンカでも強いこだわりを持つ女性は、自分の方から折れたり、歩み寄ったりしません。

強いこだわりを持つことがプライドと思っているからです。

他人の意見を聞かないことで、時に間違った方向に行ってしまうことがあります。

強いこだわりを持つことは大事なことですが、周囲の意見に耳を傾ける大きな心も必要です。

結局、強いこだわりを持つことは自己満足にしかならないのです。

柔らかな心を持つことで、人間は様々なことを吸収して成長することができます。

頑固な女性は、男性からしてみると面倒で可愛げがない女性です。

自慢話をする

他人の自慢話ほど、面白くない話はありません。

自慢話というものは、自慢話をしている本人だけが楽しいものです。

苦手な男性のタイプは?と聞かれると、女性は自慢話や武勇伝を語る男性と答える方は多いですよね、男性側も女性同様に自慢話をする女性を見るとムカムカしてくるのです。

自慢話は、相手を不快な気分にさせてしまいます。

人間は誰でも満たされている人生を送っているワケではないのです。

好きで毎日、働いている人ばかりでもない、給料に満足しているワケでもないのです。

そんな満たされない生活の中でも仲間と飲んだり、話したりすることで楽しみを見つけているわけです。

「私、年収が1000万以上はあるの」「ウチの家族は皆、東大卒なの」と自慢されても、男性は「だから、何?」と思ってしまいます。

自慢する女性の多くはSNSでリア充をアピールしています。

何故、わざわざSNSでリア充アピールするのか?それは周囲から「うらやましい」「すごい」というコメントや思いにさせる為です。

本人は自慢話をすることで気分が良いのかも知れませんが、男性をはじめとする、第三者は冷やかな目線で見ているのです。

自慢話をする女性こそ、満たされない可哀想な人と思われているのです。

思いやりがない

女性の魅力のヒトツは、男性にはない女性らしい優しさです。

女性は母性本能というものがあります。

その母のような優しさに男性は惹かれていきます。

どんなに外面が良い女性でも、思いやりのなさはチョットしたところで出ます。

例えば、デートでレストランに行ったときに料理が遅くなり、スタッフが謝罪していても、ずっとグチグチと文句を言う女性や、電車で移動しているときに杖をついた年配者が入ってきても席を絶対に譲らない女性などは思いやりにかけます。

職場でも、新入社員が入ってきても声ひとつかけない態度や、困っている人を見ても声かけないで見てみないふりをする。

男性に対して笑顔で接していても、デートしたときや職場で思いやりのない行動をしていたら、100年の恋も冷めてしまいます。

思いやりのない行動は、意外と相手に見られているのです。

赴くままに感情を出す

赴くままに感情を出す女性は男性にもてません。

感情がなさ過ぎる女性も一緒に行動していて楽しいと思えないですが、赴くままに感情を出すことは、時として空気が読めない女性になってしまいます。

赴くままに感情を出す女性のほとんどは、喜怒哀楽でいえば怒哀です。

喜びや楽しさを出しているなら、男性も可愛いなと思えるかも知れませんが、怒哀は本来、第三者に見せない方が望ましいのです。

また、数分前まで楽しんでいると思えば、チョットした言葉で怒る。

赴くままに感情を出してばかりいると情緒不安定な人と思われてしまいます。

このような女性と付き合うと男性としては振り回されると思ってしまいます。

赴くままに感情を出すことは、それだけトラブルを引き起こすケースも多くなります。

例えば職場で赴くままに感情を出していると上司とぶつかることも多くなり、その度に職場を辞めたりすることにもなります。

結婚をしても姑や御近所さんと上手に付き合うことができないと思われてしまいます。

言葉遣いが汚い

言葉遣いが汚い女性は育ちが見えてしまいます。

どんなにキレイな服を着て清楚な顔立ちをしていても言葉使いの悪さが化けの皮をはがしてしまいます。

男性の前で上品に振舞っても、女性同士でいると言葉使い、酔っ払ったとき、怒ったときに言葉遣いが汚くなる女性は、それが本性です。

本性は隠そうとしても出てしまうものです。

男性にもてる女性は、やはり品が良く可愛い女性らしさが漂う人です。

「マジで?」や「ヤバイ」は、女性の中では差ほど汚い言葉と思わない人が多いですが、社会人として、上司の前で使える言葉かと言えば違います。

何かを食べて思わず「うまい」という言葉も汚い言葉じゃなく感じますが、女性が本来使う言葉ではないです。

必要以上に上品に話す必要はありませんが、普段の言葉遣いをチェックしてみてはいかがでしょうか?同性同士で話している会話を男性に聴かれている可能性があります。

男性に好かれない、もてない原因は、言葉遣いが汚いせいかもしれません。

酒癖が悪い

お酒を飲むと本性がでると言われますよね?酒癖が悪い女性は絶対に好かれません。

お酒を飲むことで気持ちが大きくなってしまって、思わずビックマウスになる女性もいます。

男性にもてる女性は、お酒が弱い女性です。

一緒に飲んでいてほろ酔いになるからこそ、男性は可愛いと感じるのです。

ほろ酔い状態だと他人に迷惑をかけるような態度にはなりません。

酒癖が悪いと思われる行動は、相手にケンカを売るような口調や態度になったり、相手のことを考えずに朝まで無理やりつき合わせたりすることです。

酒癖の悪い女性は相手に対して絡むのです。

どんなに説教しても、話し合っても酒が入っている以上は通じることがありません。

酒癖は簡単に治ることはありませんし、むしろ、アルコール中毒をまねく要因になるのです。

男性からすれば、酒癖が悪い女性とは関わりたくないと思います。

酒癖が悪い女性は、男性の前では飲まないことを徹底しましょう。

たとえ1杯や2杯でも酒癖の悪い女性は、1杯程度で止めることができません、だからこそ、酒癖が悪くなるのです。

すぐに落ち込む

誰だって落ち込むことはありますが、すぐに落ち込む女性は男性にもてません。

面倒な女性と思われてしまいます。

男性は面倒な女性が何よりも苦手で嫌いです。

すぐに落ち込む女性に限って、悩みを聞いてみると小さな出来事ばかりです。

悩むことが趣味になっているのです。

悩んでいることで周囲が心配してくれる、優しくしてくれることに甘えているのです。

例えば、男性の仕事が忙しくてデートがキャンセルになっただけでも、ひどく落ち込んで別れる、別れないと大騒ぎになります。

男性からしてみれば、小さなことで落ち込んで、その度に彼女を慰める行動は大切な仕事にも支障をきたすことにもなります。

何よりも、他人を慰めることは非常に疲れることなのです。

すぐに落ち込む女性は、究極のかまってちゃんです。

とってもわがまま

世界が自分中心で回っていると思っている女性は男性に嫌われてしまいます。

多少のわがままは許せる範囲ですが、とってもわがままな女性は迷惑意外の何者でもないのです。

例えば、「すぐに会いに来て」と相手の状況を考えずに求める、会いに来てくれないと別れると脅迫をするなど、とにかく自分の思い通りに物事が進まないと納得しない。

わがままな女性は、自分のわがままな態度が可愛いと思い込んでいるのです。

わがままを言うことで周囲が何でも許してくれる環境で育ってきています。

何歳になっても大きな子供も状態、わがままが治ることはありません。

彼女や結婚することを考えることができない、先が見えることで男性は、わがままな女性を見ると引いてしまいます。

わがままな女性は職場でも、わがままです。

自分のやりたくない仕事はしない、都合の良い仕事しかやらないから、男性はもちろん、女性からも嫌われるタイプです。

友達が少ない女性は、わがままだからかも知れません。

男性にもてる以前に、同性から好かれる性格になりましょう。

媚びる

一見、媚びる女性は男性から、もてそうなイメージがありますが、実はもてない。

媚びることで都合の良いヤツと思われてしまうのです。

目当ての男性に媚びるだけなら良いですが、日頃から媚びている女性は自分にとって都合の良い相手を見かけると媚びりまくります。

その姿は男性からしてみれば、水商売の女をイメージさせてしまいます。

媚びる女性は自分から軽い女だとアピールしているのです。

もてる為に笑顔で男性に接することは全然悪いことではありません。

ですが、誰でもかれでも愛想を振りまき、もてようとすることは逆効果です。

たとえ、男性が相手をしてくれても、本気で愛してくれるわけではないのです。

それよりも、尻が軽いという悪い評判が広がってしまいます。

自分から折れない

自分から折れない女性は、男性からもてません。

自分から折れないことは、可愛らしさがないと男性から思われてしまいます。

何故、自分から折れないのか?それは常に男性が折れてくれるから自分から折れる必要はないと思っているのです。

自分から折れないことが当たり前となることで、折れないといけないときも謝れない人間になってしまいます。

ケンカをしたり、意見がぶつかる状況で自分が悪くても謝れないと周囲は離れて行ってしまいます。

わがままも度が過ぎると周囲は呆れかえるのです。

周りが見捨てない前に自分が悪いときは自分から折れることも大事なことです。

自分から歩み寄らないと周囲も折れてくれないものです。

常に相手まかせではダメ、男性にもてたいと思うなら、柔らかな心を持ちましょう。

ありがとう・ごめんなさいを言わない

ありがとう・ごめんなさいを言わない女性も男性にもてません。

ありがとう・ごめんなさいを素直に口に出せない女性は、ひねくれていると思われます。

仕事で誰かに手伝ってもらったら「ありがとう」と言うことは常識ですよね、誰かに迷惑をかけたら「ごめんなさい」ということは当たり前のことです。

ありがとう・ごめんなさいを言えない女性は、常識がない女性と思われていまいます。

例えば、道を歩いているときによそ見をして相手にぶつかったら、「ごめんなさい」と最初に言えば、相手も「大丈夫ですよ」と穏便に済ますことができますよね。

でも、ぶつかって「ごめんなさい」を言わずに無視したら、どうでしょうか?相手は怒り、トラブルになり、ケンカに発展するかもしれません。

たった一言、「ありがとう」や「ごめんなさい」を言えないばかりに雰囲気が悪くなることはたくさんあります。

人間として当たり前のことができない女性は、男性に好かれるわけがありません。

ありがとう・ごめんなさいを言えない女性は、性格が悪く、ひねくれていると思われてしまいます。

男性は素直な女性が好きです。

激しい主張をする

激しい主張をする女性を前にすると男性は「情緒不安定では?」や「更年期障害では?」と、思うかも知れません。

激しい主張をする女性は、相手の話を聞きません。

このような女性を語らうことは無理、話しても時間の無駄と思ってしまいます。

女性は比較的、男性よりも感情を出しやすいところはありません。

男性は腕力がありますが、女性は腕力のかわりに口が達者な方が多いです。

腕力も言葉も同じ、必要以上に激しい主張をすれば言葉の暴力になります。

一方的に激しく主張されることで、男性は言い返すことができません。

男性は、激しい主張をする女性を避けるようになります。

主張をすることは悪いことではありませんが、相手の言葉のコシを折ることはダメです。

相手に意見を言わせないことは、激しく主張をしていることと一緒です。

男性が面倒な女性で関わりたくないと思う前に、冷静さを身につけましょう。

過度なぶりっ子

もはや、ぶりっ子という言葉は死語なりつつある現代で過度なぶりっ子をする女性を見ると男性は引いてしまいます。

ぶりっ子が可愛いと思われる年代は10代が限界です。

30代や40代以上の方が「わからなーい」なんて、ぶりっ子な態度をすればドン引き。

テヘペロレベルの許せるぶりっ子であれば、20代前半までは、まだ可愛いと感じることもあるでしょう。

ツンケンした態度でいるよりも、ぶりっ子な女性の方が男性には好かれます。

ただ、過激なぶりっ子は、「いい歳して、バカじゃないのか」と思われてしまいます。

可愛らしさと、ぶりっ子は全く別の話です。

普段テキパキしている女性が男性に「ちょっと、お願いがあるの」と甘えると男性は「あれ?今日は何か違う」と可愛い一面を感じることができます。

しかし常に男性に猫なで声で甘えてばかりいると、それはただのぶりっ子で通用しません。

また、言葉使いにしても「プンプン」や「分かったニャン」など、ぶりっ子言葉は確実に男性に引きます。

彼氏と2人きりで甘えたい時や、ラブラブモードの時なら喜ばれるかもしれませんが、不特定多数の人の前では、過激なぶりっ子は嫌がられます。

なんでも上から目線

ぶりっ子とは真逆の、なんでも上から目線の女性も男性から好かれません。

男性は女性よりもプライドが高い生き物と考えた方が良いでしょう。

たとえ、年下の男性の前でも「そんなことも知らないの?」や「あなたは分からないかも知らないけれど」など、上から目線で物をいうことは絶対にダメです。

上から目線で言うことは、自分の方が物知りだと言っているようなものです。

相手を見下しているからこそ、上から目線で物を言うのです。

このような女性と付き合ったら日常的に、なんでも上から目線で物を言われてしまいます。

付き合っていると言うよりは、召使にされていると感じてしまいます。

男性は年下であっても、ある程度は女性に頼られたいと感じています。

年下男性であれば、尚更、年上女性にバカにされないようにガードを張っているものです。

女性にとっては、何気なく教えてあげていることでも、男性にすればバカにされていると感じてしまうのです。

賢い女性なら「脳ある鷹はツメを隠す」ことを心がけましょう。

男性は、なんでも上から目線で話す女性が苦手です、男性を立てることを覚えましょう。

男の心を理解しようとしない

男の心を理解しようとしない女性は男性にもてません。

例えば男性が嫌らしい本や画像に興味があっても、「イヤ、絶対にありえない!気持ち悪い」と全否定されると、男性は面倒な女性と感じてしまいます。

男性と付き合ったとしても、男の心を理解しようとしないと常にケンカが起こります。

男性が仕事が忙しくてデートに送れてしまったり、キャンセルされたとしても、男の心を理解しようとしないと「ありえない」と怒りだしてしまいます。

最終的に「私と仕事、どっちが大事なの?」や「上司と私、どっちが大事?」と迫る。

男性は、このような無駄な選択が大嫌いです。

男の心を理解しない女性と一緒にいると男性は疲れてしまいます。

男の心が分からない女性は、男性と女性は別の生き物と考えた方が良いです。

女性が納得できないことも、男性の中では普通のことです。

逆を考えて女性の中では当たり前のことも、男性には理解できないこともあります。

お互い、妥協することや理解をしないと歩み寄れないままです。

男性にもてたいなら、まずは男性の行動や意見を全否定することはやめましょう。

男の心を理解しようと思うことが大事です。

️ここを注意すればあなたもモテ女になれるかも?

男性にもてる女性になるなら、無理に演技をすることはやめましょう。

もてる為に猫をかぶっても、結局は見破られて素が出てしまいます。

もし、自分が男性だったら、どんな女性が好きか考えることで、男性の好きなタイプを自ずと分かってくると思います。

男性から好かれない女性は、同性からも好かれません。

男性は素直で優しい子が大好きですよね、それは女性も同じことです。

好きになる男性は素直で優しい、男らしい方だと思います。

思いやりがなく、品がなく素行が悪い、チャラチャラしている男性を見て好きになるでしょうか?もてる男性は、やはり思いやりがある性格です。

難しく考える必要はありません。

自分なら「こんな女性とは仲良くなりたくない」と思う人間にならなければいい話です。

自分の意識が変われば、自然と男性にもてはじめるものです。