医学的に言えば血液型と性格は関係ないらしいのですが、日本においては後天的に関係してくるとも言われています。

アメリカはa型とo型がほとんどなので、あれだけの人口が血液型で性格が分かれるといわれてもピンとこないのですが、日本は各血液型の人口がそれぞれ一定数あります。

そのため、血液型による占いや性格判断をしても浸透しており、その刷り込みによって性格が左右されるそうです。

つまり、日本人であれば血液型によって性格などを大まかに把握できる可能性が高いわけですね。

今回は、その中でも「O型男性」についてどんな特徴があるのか、上手く付き合うにはどうしたらいいのかをご紹介します。

️o型男について探っていこう!

o型男性は基本的に社交性が高いので接しやすく、恋愛にも発展しやすい傾向があるのですが、いざ付き合ってみると一筋縄ではいかない不思議な存在です。

まずはo型男性の特徴について見ていきましょう。

o型男ってどんなイメージ?

「おお」ざっぱのoや「おお」らかのoと言う人もいると思います。

細かいことを気にしない、人あたりがいいなどのイメージが先行していますが、その実はどうなのでしょうか。

実際にお付き合いしてみてわかる一面もたくさんあります。

おおざっぱ、おおらかの裏にある考え方がわかると理解しやすくなりますよ。

o型男を彼に持つ彼女さん必見


o型男性と付き合ってみたら、何を考えているのか、どうしたらいいのかわからない、という彼女さんも多いはず。

蓋を開けてみると全然おおざっぱじゃない一面があったり、おおらかなんてどんでもない!ということもありますよね。

そんなときは、これから記述する項目で思い当たることがないか確認してみてください。

️o型男の性格の特徴

まず結論から言ってしまうと、o型男性は基本的に他人に興味がありません。

冷酷というわけではないのですが、興味がない人にほど優しく振舞えるという特殊な人物で、その傾向が節々に見られます。

具体的にどういった特徴として現れるのかを見ていきましょう。

楽観的


トラブルや悩み事が生じても、ウジウジ悩んだりはしません。

すぐに立ち直って未来を楽観的に捉たり考え方を180度回転して行動できます。

たとえば仕事で進めているプロジェクトで、納期に間に合わない可能性が出てきたとします。

o型男性はみんなが絶望的な顔をしたり喚き散らしたりしている中、「まぁどうにかなるだろ。というか、どうにかしよう。」とすぐに納期に間に合う施策を考え始めます。

では何故そうなれるのかというと、これが結論に関係してきます。

自分に降りかかったトラブルや悩み事は、「自分で解決しちゃえば済むじゃん!」と考えるため、ウジウジする時間が無駄だと思うのです。

また、問題が起きても目的が達成できればいいので、自分で到達できそうであれば他人の感想や批判を気にしません。

非常に現実的で効率的な結論を出します。

これが他人に気を遣っていたり、他人に協力を求めるタイプだと、そうはいきません。

全員の合意をとるまであくせくし、既存の方法から脱するまで時間がかかってしまって上手くいかない、ということになります。

つまり、o型男性の楽観主義は良い意味で自己完結型ゆえにトラブルや悩みごとに対しては利点として働くことが多くあります。

ただ、楽観的に物事をとらえることで得られた成功体験も多いので、少々楽観的になりすぎるという懸念もあります。

さすがに楽観的すぎるんじゃないか、と思えば理詰めで止めれば納得します。

社交的

誰とでも割と早く打ち解ける傾向があります。

とはいえ、表面的です。

相手に心を開かせても自分では開いていません。

これがとても上手で、実際にはこれっぽっちも心を開いていないのに、あたかも本音で喋っているかのような非常に巧みなコミュニケーション能力をもっています。

また、それらが効果を発揮しやすいように誰からでも良い人と見られるような外面をバッチリ固めています。

他人に関心が深くないため、そのように振舞うことができます。

干渉し合う関係は好みません。

お互いがwin winの関係になればよく、相手の悪いところをあえて指摘したり改善を求めたりしません。

また、自らが指摘されたとしても笑顔で受け流しその場の雰囲気を良好に保ちます。

そのため対外的に成功をおさめやすく、周囲からの信頼が厚くなります。

それが続くと様々な人を紹介されることが増えるため、ますます社交性が磨かれていきます。

その結果モテる男性も多いです。

立ち直りが早い

楽観的と同じく、自己完結型なので自分の中で決着がつけばすぐに立ち直ります。

たとえば、人から人格を否定されるような発言をされて、その場では傷ついたとしても、その人が自分の人生にどれだけ影響があるかを冷静に考えます。

そうすることで、「この場をやりすごしさえすれば未来永劫関わることもなかろう」と思い明るく返答できるのです。

また、自分の人生は自分のものだという意識が強いため、楽しい時間を過ごす方向に考え方を素早く切り替えて行動します。

仕事上のミスやトラブルが起きても感情にダメージをくらう前に改善策を立てて取り組みます。

それらの思いもよらぬ出来事が人生に関わるほどの大問題なのかどうかが判断基準となっているため、そもそもあまり落ち込みません。

男らしいと思える部分です。

平和主義

平和主義であることと、全ての人が平和になるように努めることは別の考え方なのでo型男性のことを理解する上では要注意です。

平和主義の人なら周りの仲裁など上手くやってくれそう、と思うと大間違い。

o型男性からすると、周りが喧嘩しているのは「めんどくさ」というだけの話で、「こっちは平和にやてるんだから余所いけよ」としか考えていません。

たとえば友人グループ内で喧嘩が勃発したとしてもo型男性は「ははは、喧嘩してる。

元気だなー」くらいしか思っていないのに、平和主義なんだから仲を取り持って欲しいと期待したところで動きはみられません。

時が経てばお互い飽きて自然と元に戻るだろうと考えており、仲裁するにしてもせいぜい「まぁまぁそのくらいにしときなよ」くらいのことしか言いません。

熱心に仲介して平和をもたらそうとする場合は、仕事で遅延が発生するとか、周囲の関係性が崩れることで目標達成に亀裂が生じるなどという時です。

その喧嘩を放置することが自分にとってデメリットになるかどうかが判断基準となります。

そういった場面では喧嘩が起きないように人の心のバランスを丁寧に読み取り、周囲がイライラを溜めこまないようにフォローして回ることもあります。

自分の周りが平和であることを望む意味では平和主義と言えます。

おおざっぱ

あえて「おおざっぱ」にしていることが多いです。

大体のことをますはザックリ対応してから、何を改善した方がいいかなどを考えます。

効率的ですが、最初から緻密さが求められることや単純作業には向いていないかもしれません。

あえて、のため何にでもおおざっぱなわけではなく、マイルールの中ではきっちりと物事を遂行しようと努めます。

どこに何を置く、掃除はどこまできっちりやる、と自分で決めていることからは逸れません。

ただし、他人が決めたルールなどに納得していなければ適当にやります。

あるいは、基本的に興味がないことにはおおざっぱです。

悩み相談などをされても、ポジティブだけど大枠な返答をします。

それほど大切ではない他人の悩みはo型男性にとっては興味がないので、良さそうなことを言っておけばいいかな、という感じです。

具体的には、勤める会社が違う付き合いの浅い友人が、o型男性が会ったこともない上司への愚痴を展開していたとします。

するとo型男性は社交性を発揮して、さも興味ありげな顔で「いっつも頑張ってることはその上司じゃない人がわかってくれているんだし、そんなダメな上司ばかり気にすることはないよ」などと言います。

根本的な対応策などは話していないのに相手が満足するような言葉を選択するわけです。

おおざっぱに見えることが多いのもこういった特徴からですが、大切な人や物事に対しては真摯に取り組みます。

おおざっぱだから任せられないなどとは思わずに、o型男性にとって大切な人と認識してもらったり、物事の重要性を伝えれば何も問題ありません。

周りの目を気にする

嫌われないようにビクビク怯えているというのではなく、極力自分に面倒事が降りかからないように周りの目を気にします。

嫌われたら面倒くさそうな相手とか、好かれておいた方が後に役立つような相手には気を配ります。

周囲からすると媚びていたり嫌われないように振舞っているかのように思えますが、o型男性がそうした行動をとる背景には利害が存在しているので、嫌われたら面倒くさそうな相手でも金輪際関わらなくても良さそうな相手であれば無視します。

嫌われようと好かれようと会わない以上害がないからです。

遊び好き

人生を楽しむことが大切という考え方なので遊びは全力でやります。

そのため、仲の良い男友達や趣味仲間が多いことも特徴の一つです。

自分だけでも楽しめることも多く持っているので、常に活動的で魅力的な男性にみえることでしょう。

しかし、その魅力はひとたび彼女となると苦労の種となります。

彼女との時間が遊びの時間より楽しければ彼女を優先しますが、遊びの時間の方が勝っている場合には遊びを優先してしまうのです。

デートの予定があっても遠方の友達と会えるとなればデートをキャンセルしたり、次の日が朝からデートの予定だとわかっているのに前日に友達と飲み明かして寝ていたり、などもしばしばです。

o型男性にとって、彼女と遊びとは全く別の次元のことであって、本質的にどちらかを優先に考えているというわけでもありません。

単純にその日の予定として楽しいことを優先しただけで、彼女をないがしろにしているなどとは思っておらず、全く悪気はありません。

ただ、そのことばかりを取り上げて文句を言ってくる彼女であれば一緒にいる時間が楽しくなくなるのでテンションが下がり、その内距離を置き始めます。

流されやすい

「意図的に」流されやすいといった方がいいでしょう。

自分で決めなくてもいいや、と思っていることについては基本的に人の意見に流されておきます。

決定力がなくて流されているわけではなく「自分で決めない」というのを決めているわけです。

そのため、実は優柔不断ではありません。

「俺って優柔不断だからさ」という言葉を鵜呑みにして彼女が何でも決めているとo型男性は黙ってどこかに行ってしまいます。

優柔不断な自分を演じておくことで、社交性の高さからむやみやたらとリーダーにされるのを回避しているだけなので、なんでも決められるのは望んでいません。

また、自分が決定者になる場合でも、ついてこない人を巻き込んでまで何かをやりたいという熱はそれほど持ち合わせてはいないし、その人を説得することが時間の無駄になるので「賛同できなければあなたはいいよ」というスタンスです。

時間にルーズ

時間をそれほど大事なものだと考えていない傾向があります。

遅刻すればやたらと説教されるとわかっていれば説教される時間が無駄なので遅刻しませんが、質がよければ良い予定では時間は気にしません。

たとえばデートで5分遅刻したとしても、その後のデートの充実度でいくらでも挽回できる場合には待ち合わせ時間を重視しないというものです。

また、コンサートの入場時間や飛行機の搭乗時間といった絶対に間に合わないといけないものには遅れないので、「やろうと思えば時間守れるじゃん!」と彼女なら怒りたくなるのもわかります。

しかし、普段はいちいち「今日は時間より質」と意図して遅れているわけではなく、無意識にそう判断しているだけで自覚はありません。

というより、絶対に間に合わなければいけないというのがイレギュラーなだけです。

そういうときはすごく頑張っているので毎回だと辛いのです。

5分遅れただけで何もかもがオシマイなんてことの方が少ないでしょうから、大目に見てあげてください。

諦めが早い

なにかに固執することがほとんどないので諦めも早いです。

これは良い意味でもあります。

慣例的なやり方で上手くいかなければすぐに諦めて別の手段を探したり、自分で努力するより人の手を借りた方が早ければすぐに自力でやることを諦めて協力を仰ぎます。

この諦めの早さは効率重視といえます。

コツコツ何かを成し遂げるというよりは最大効率、最速で目的を達成できれば過程や形式は問わない、という判断をする傾向がわかりますね。

あるいは、何かを途中で止めるとすれば、それが効率が悪い、成果が低いという場合であったり、より取り組みたいことが出てきた場合です。

もし何でも中途半端に諦めたり投げ出したりして人に迷惑をかけるようであれば、それはo型男性の特徴というよりその人個人の耐性の無さなので、その性格を責めるべきでしょう。

o型男性だからといって諦めが早くてどうしようもない、などとカテゴリ分けしないことが賢明です。

保守的

革新的ではない、というレベルで保守的です。

毎日刺激が欲しいという考え方は持ち合わせておらず、現状のままで上手くいっていることはそのままで良いと思っています。

既存の方法で上手くいっていることを改悪されたりすると不快に感じますが、喧嘩してまで主張するほどのことでなければ、自分だけ既存の方法でこっそり続けます。

また、突拍子もない発想はあまりしません。

独創的というよりはデータの裏付けや経験を重視したり、様々な人たちの考え方の合意点を見出したりします。

こういった傾向は近い未来のトラブルを回避するための布石といえます。

問題への対処は楽観的な観点から素早く取り組みますが、内心は緊急事態への瞬発力はそんなに高くありません。

表には出しませんが動揺しており、物事が済んだ後になぜトラブルが起きたのかを後悔しつつ考え込みます。

しかし、そうならないよう普段からリスク回避はしているので、あまり大きな事態にならないという利点があります。

空気が読める

社交的で平和主義なので空気も読みます。

その人がして欲しいことを察したり、場の雰囲気が悪くなりそうだったら冗談を言って和ませたりします。

そうするのは、いらぬトラブルを起こさないためです。

また、周囲の人間関係を良好に保つことがこれから何かあった際にも力になると考えています。

自分が主張したいことがある場合も、それが最も効果を発揮できるように場の空気をあたため、合意をとれるように持ち込みます。

バリバリできるビジネスマンというオーラは醸し出さないのに、気づくと何故かいつも彼の言う通りになるのです。

空気を読めるというよりは、どちらかというと空気を操るのが上手いのかもしれません。

負けず嫌い

何かに負けることは嫌いですが、そもそも勝負をしないことが多いです。

相手に喧嘩をふっかけられても買いません。

面倒くさいからです。

ただし、自分の領域に土足で踏み込んで来たり、場を荒らして混乱を巻き起こす相手は徹底的に打ち負かします。

また、勝ち負けの判断基準が人とは違うことも多くあります。

仕事で例えるとわかりやすいのですが、たとえこちらに落ち度がないクレームを受けても、ここで謝罪しておくことが今後の取引の拡大において重要だと思えば速攻で謝罪できます。

一見負けを認めたようで、より大きな勝利を得られるのであれば、それはo型男性からすれば、負けていないということです。

戦うべきときに戦い、戦うなら負けないという姿勢は物事を成功に導きます。

ただ、彼女からすると困るのが、o型男性にとって戦うべきときがわかりづらいことです。

お昼ご飯をパンケーキにするかパスタにするかで戦ってくることもあります。

その時は、o型男性がどうしてもその日にパンケーキかパスタかを食べたいという理由があるのでしょう。

ある意味、他人に興味がないo型男性がそこまで頑なにどっちでもいいようなことを主張してきたなら心を開いていると捉えると笑って済ませられます。

楽しい恋愛を好む

彼女が浮気をしたとして、他の男性なら「どうして浮気したんだ」「最悪な女だ」などと叱責したり喚き散らしたりするものですが、o型男性は「そっか!バイバイ!」の一発で関係を終了させます。

彼女が浮気した瞬間に楽しい恋愛ではなくなったので、もうその恋愛はおしまいです。

関係が終了した相手を追求したり悪態をついたりする労力をかける意味を感じません。

恋心などすぐにどこかに飛んで行ってしまって、彼女には出来る限り素早く目の前から消えてもらおうと思います。

それだけ楽しい恋愛であることが大切なので、毎回深刻な悩みを持ちかけてきたり愚痴ばかりだったり、結婚への義務感を押しつけられたりすると嫌になってしまいます。

せっかく恋愛という楽しさを共有しているのだから、ややこしいことは忘れてお互い楽しもうよと思っています。

あちこちに一緒にでかけたり、美味しいものを食べたり、同じ空間にいながらお互い好きなことをして、それが終わったら一緒の時間を過ごすなど、楽しさを分け合ったり尊重し合える関係を好みます。

恋をしたら一途

特定の人を好きになるまでは同時期に複数の女性とデートしたりもしますが、一人に惚れた瞬間に一途に変わります。

相手にもそれを求めるため、お付き合いの後も彼女がモテる分には構いませんが、気の多い女性とは付き合おうとは考えません。

ただ、付き合っている方としては一途には見えない言動も多々あります。

社交性高さや遊び好きなのが影響して、友人との遊びを優先したり、デート中も平気でスマホをいじったりします。

本人からすれば恋愛感情は一人にしか向いていないから一途だと思っているので恋人ならいつでも一緒にいるべき、という女性とは感覚が合わないでしょう。

嫉妬心が強い

面と向かって嫉妬深い発言をしたりはしません。

o型男性自身の社交性が高いため、会社の飲み会や友人との付き合いの場が男だらけだとしても、彼女と周囲の関係性を理解して、ひきとめたり咎めたりはしないのです。

ただ、その場にいた彼以外の男性の話をし続けると、それがいかに面白い話であったとしても段々表情が険しくなってきます。

興味がない、話さないでくれという意思表示です。

関係性を理解していたとしても、余所の男と楽しい時間を過ごしましたなんて話は聞きたくありません。

女友達と遊んでばかりで全然デートをしてくれない彼女にも不満を持ちます。

「自分といるときを一番幸せに思ってくれているならある程度デートの時間を確保するはずじゃないの?」と寂しく思います。

どの程度女友達を優先して良いかは彼が友人を優先してデートをすっぽかす頻度で計るしかありません。

同じくらいかそれ以下なら許容範囲というか、責められる義理がないので主張できます。

️o型男の彼氏とうまくやっていく7個の方法

o型男性は素直な面と外向きの面が同席していますが、それは場によって使い分けています。

そのため休日は疲労の出方が人一倍高く、彼女といる時間はホッとしたい、心を開きたいために子供のような振る舞いを見せることがあります。

そのギャップに戸惑うこともあると思いますが、具体的な対処方法を確認して仲を深めていきましょう。

マメに連絡をする

o型男性は一途なので彼女のことを思う時間がたびたびおとずれます。

今何をしているか気になったり、仕事が忙しくてしばらく会えていなかったりすると元気かなと不安になったりします。

こまめに連絡を入れてくれると安心できるし嬉しいです。

忙しいときでもLINEなどが入っていれば、愛されていると感じて時間のあるときに必ず返信をくれます。

今日は何をしていた、新しい店を見つけたから今度行こう、など他愛のないことでOKです。

マメにとはいっても大人同士の付き合いであれば一日一回程度で問題ありません。

逆に、既読もないのに連投したり時間を選ばず電話をするなどしつこい連絡はNGです。

日中であれば一通送ったら放置しておいて、返信をくれたら「忙しい中ありがとう」と返すと気遣いのできる良い彼女だと思われます。

リードさせる

社会的には人に気を遣うタイプのo型男性ですが、男たるものリーダシップを発揮したいもの。

そこで、プライベートでは彼の意向に同意してデートさせてあげましょう。

毎回何でも彼に決めさせるようでは彼も疲れてしまうので、交互にデートプランを考えるなどバランスは必要です。

また、外食のときなどはメニューを選んでもらって、素直に美味しくいただけば喜んでくれます。

リードしてもらえば彼女としても楽ですし、服従関係ではなくお互い感謝し合える良い関係を築きましょう。

たまにわがままやおねだりをする

可愛いわがままは大好物です。

「もっと一緒にいたい」「今度の土日は絶対一緒にすごすからね!」というわがままを仕掛けましょう。

こういったわがままは、彼のことが大好きだと伝えやすいです。

あまりに聞き分けの良い彼女だと心を開いてくれている感じがしません。

リードさせるときもそうですが、「大好きなあなたと一緒にいるのが嬉しい」という気持ちが大切で、わがままやおねだりをする時も好きな気持ちを表すためと考えましょう。

露骨に奢ってくれとか物を買ってくれというのはNGです。

わがままというより単なる欲張りに感じます。

否定をしない

血液型や性別に限らず否定されて良い気がする人はいません。

その中でもとくにo型男性は否定されると気持ちが沈みます。

それというのも、普段から人に気を遣って生きているのに、プライベートだからこそ心を開いて主張できたことを否定されると悲しくなってしまうからです。

まずは彼のことを理解して、どうしても受け入れられないことであれば、否定という形ではなく自分の思いや考えを丁寧に伝えて彼にも理解してもらうように努めましょう。

頭ごなしの否定がNGなだけで、考え方を共有することは良い関係を築くために大人として必要なことです。

優しい言葉を選ぶ

o型男性自体の言葉が優しいことが多いので、自然にそうなれるはずです。

ただし、彼が興奮状態のときは多少口が悪くなることもあります。

そういう時もつられずに優しい言葉づかいを心がけましょう。

そうすることで、お母さんのような安心感を与えることができますし、彼も自分のことを顧みることができるのでプラスしかありません。

猫なで声で媚びることとは違います。

思いやりが重要で、ちょっとしたことでも「ありがとう」を言えるようにするとうまくいきます。

他の男の話をしない

一途で嫉妬心をもっているので他の男の話は勘弁してほしいと思っています。

それがたとえ彼女の上司や学生時代からの仲間、既婚者であったとしても関係ありません。

大好きな彼女ですから、こんなに魅力的な女を他の男が好きにならないわけがないと考えてしまいます。

話の流れでつい喋ってしまったとしても「彼とは何もないよ!」と言葉にするのは危険です。

むしろ何かあった感じになります。

どうせならあっけらかんと話して、堂々としましょう。

あるいは、「今度紹介するから盛大に飲もう」とか「結婚式に呼ぼう」といって、彼との関係を相手に伝えていること、他の男性といるときでも彼氏のことを考えていると伝わるように話しましょう。

彼氏を頼る

責任感をおしつけないようなことを小まめに頼ると良いです。

o型男性は自らが社交的で自立した生活を送っていることが多いので、「こいつ一人じゃ生きていけないんじゃ…」というほど何でもかんでも頼るのはやめておきましょう。

あまりに自立心のない女性は好みません。

一緒にいるからこその甘え程度がポイントです。

たとえば料理をしている間に物を持ってきてもらったりテーブルメイクをしてもらったりするなどです。

頼ると言っても共同作業的なものがいいでしょう。

荷物を持ってもらうなどでも良いです。

頼られることで、彼女にとって自分が必要な存在であると認識できます。

彼が協力してくれた後は「さすが~」「おかげで楽しい買い物できた」など褒めましょう。

わざとらしくない、自然と出てくる言葉がおすすめです。

趣味を理解する

楽しいことが大好きな彼が好んでいる趣味のことは否定せずに理解してあげましょう。

独身のうちはお金を何に使おうと自由ですし、余所から文句を言われる筋合いはありません。

趣味ばかり優先してデートしてくれないのであれば、怒るより寂しさを伝えると効果的です。

️o型彼氏とずっと仲良くしたいならここを意識してみよう

o型男性は身内、つまり恋人や親友、家族などの極めて近しい関係とそれ以外の人たちに対する接し方が大きく異なる傾向があります。

誰とでも仲良く振舞うように見えて、本質が全く違うのでよく観察してみましょう。

彼女にとって大切な親友も、彼にとってはただの他人なので、友達の悩み相談などを彼にもちかけたら寂しい反応をされることもあります。

しかし、それは彼女のことは大切でも彼女の友達は身内ではないと思っているだけにすぎません。

基本的にはあらゆる行動に悪気がないので、寂しさや怒りを感じる前に、自分からも意思表示をして相互理解を深めていきましょう。