CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

豚鼻と言える鼻の4個の特徴と化粧等での改善方法とは?

鼻にコンプレックスがある人は意外と多いかもしれません。

そんな中でも、豚鼻で悩んでいる人も多いです。

日本人には比較的豚鼻の人が多いと言われています。

ですが、世の中には豚鼻であっても素敵な女性は沢山いますよね?

いつもポジティブな考えをもち、女性らしい行動であればモテますし幸せな生活を送っています。

豚鼻を自分のチャームポイントにしている人だっているのです。

そこで今回にテーマですが豚鼻の特徴と、改善方法をご紹介したいと思います。

一度きりの人生を悩みすぎていては本当にもったいない時間を過ごすことになりますよね。

改善方法を試してみて、自分の鼻を好きになってみてはいかがですか?

この記事の目次

️豚鼻の4個の特徴

まずは豚鼻の持つ特徴というものを考えていきたいと思います。

色々な改善点を探っていく為にも特徴を知っておくことは大切です。

しっかりと確認するようにして下さいね。

1.鼻が上を向いているため、鼻の穴が目立つ


鼻が上を向いているために鼻の穴が目立つというのが、豚鼻の一つの特徴です。

そんな鼻の人でも角度によっては鼻の穴が見えることもありますが、正面から見るとあまり見えることは少ないでしょう。

ですが豚鼻の人は、正面から見ても鼻の穴が見えます。

鼻が上を向いていると鼻の穴がどうしても目立ってしまうのです。

これを気にして鼻にコンプレックスを抱く人が多い様ですが、実際には鼻の穴が見えるのもかわいいと感じる人も多いことを知っていますか?

本人は気にしているかもしれませんが、他人からすると可愛らしくみえることもあるのです。

2.鼻筋が短い


豚鼻と言われる鼻で、鼻筋が短く悩みを抱えている人も大勢います。

正面から見ればさほど問題にないようにも思われますが、横から見たときに鼻筋が短いのがわかるでしょう。

ですが、もともと日本人は鼻筋が短い人がかなり多いのです。

外国人と違って、鼻の高さもありませんし、鼻筋がスッと通っている人の方が珍しいかもしれません。

3.丸みを帯びている

豚鼻と言われる鼻は丸みを帯びていることが多いです。

鼻の形の多くは遺伝によるものが多くなりますが、その人のもつ体質にも大きく関係してきます。

脂肪がつきやすいという体質であったり、鼻をいじる癖があったりすれば形は悪くなっていきます。

4.鼻筋が太い

鼻筋が太いというのも豚鼻の特徴です。

これは鼻に丸みがあるため、鼻筋が太くみえるのかもしれませんね。

️豚鼻の改善方法

豚鼻を改善することなんてできるのか疑問に思う人も多いかもしれません。

ですが、改善することは可能です。

ではどんな方法があるのでしょうか。

メイクでカバーする

鼻が大きかったり平べったいという場合には、メイクの仕方によってかなり印象が変わるでしょう。

メイクの力はすごく、正しいやり方をすると全くの別人に見えてくるから不思議です。

メイクは覚えてしまえば簡単にできるようになりますし、自信にも繋がるでしょう。

外へ出る勇気も沸いてきますので、最初はメイクを上手に利用することから始めてみてください。

それでは具体的な方法についてご説明したいと思います。

リキッドファンデを使う

豚鼻をメイクする場合に一番気をつけたいのがベースメイクです。

最初は普段通りのベースを作って下さい。

そしてここからが重要な部分になります。

普通のリキッドファンデよりも明るいものを綿棒などにとり、鼻の下部分に塗っていきます。

出来れば鼻の穴部分ギリギリの所まで塗りましょう。

上唇のギリギリの部分までしっかり塗っていくことによって、ずいぶんと鼻の下部分の色が明るくなります。

すると鼻の大きさなどが不思議と目立たなくなってきます。

実際にこれだけをやっても効果がある人がいますので、おすすめのメイク術です。

コンシーラー

コンシーラーは主に鼻の小鼻部分の主張を抑えるために使っていきます。

小鼻部分が広がっていると鼻の大きさが気になるので、コンシーラーを上手に利用していきましょう。

小鼻の横部分を目立たなくするように丁寧に馴染ませます。

これでだいぶ鼻の大きさも小さく見えるようになるでしょう。

この際に注意したいのがメイク崩れですよね。

小鼻はどうしても皮脂が出やすくなる場所であり、化粧崩れが予想されます。

長い時間持たせるように筆タイプのコンシーラーを選び、液状なサラッとしたものが一番ベストでしょう。

普通のタイプのコンシーラーですと皮脂が出てきたときに目立ってしまうので、コンシーラー選びも大切です。

この小鼻の主張を抑えてやればかなり鼻の見え方に変化が出てきます。

また、最後に暗めのファンデーションで影をつけてやれば小鼻が引き締まって見えてくるので印象も全く違ってきます。

ハイライト

次に考えていきたいのがハイライトです。

鼻筋の部分と少しおでこまで明るくしてやることで、だいぶスッキリとした印象になります。

この時、内側の目の周りも少しハイライトを入れてみてください。

ハイライトを入れる時の注意点ですが、あまり入れすぎても良くありません。

パウダーをブラシにとってスッと入れるようにすると綺麗な仕上がりになります。

白くなりすぎてしまうとかえって目立ってしまうので注意して下さい。

ノーズシャドウ

そしてノーズシャドウで影の部分も作っていきましょう。

入れる位置ですが、左右の眉の部分から鼻筋の脇部分を鼻先まで入れるようにして下さい。

これだけでも十分に鼻筋が出来てくるので、ハイライトまで要らないという人もいるかもしれません。

影をつけてやれば自然と鼻の形がスッキリとしてきます。

鼻の細かいところまで念入りに

メイクで気をつけたいことですが、細かいところまできちんと念入りにメイクしましょう。

色むらができてしまえば、余計に目立ってしまいます。

最初は難しいかもしれませんが、何度も練習すればハイライトの入れる場所もノーズシャドウを入れる位置もわかってきますので、慣れるまでやってみて下さい。

細かな部分までメイクしていくことにより見た目の印象が全然違ってきます。

ノーズクリップを使う

ノーズクリップは鼻を高くする道具です。

クリップのようなもので鼻を挟むことにより、低い鼻を高くするというもので鼻の矯正グッズです。

整形手術まではしたくないという方であれば、こういったものを生活の中に取り入れてみるのも良いでしょう。

そして一番の問題になってくるのが「本当に鼻が高くなるのか?」ということですよね。

一般の口コミなどを見ても効果がある・効果がないという意見にわかれていますが、長期間使用しなければ効果は表れてきません。

今の鼻の形は幼い頃から作られてきたものであって、長い時間をかけて出来上がってきました。

ノーズクリップで鼻の形を変えようとしても短期間では変わるわけはないはずです。

一定の効果を得るにはそれなりの時間が必要ですので、気長に行っていくのが大切です。

少しやって効果がないからやめるといった事はしないようにして下さい。

これはあくまで補助的な道具として使っていくのが望ましいと言えますので、直接的な効果をあまり期待しすぎてもいけません。

冷水で鼻を引き締める

これは冷水法を呼ばれるもので、鼻の形を変えるには一番簡単なやり方になります。

一日3回程度を目安にして冷たい水を鼻にかけてやるだけです。

これの効果ですが、鼻が冷たいと感じると引き締まってきます。

これの繰り返しで鼻を小さくしていくという方法です。

この方法もすぐに効果が見てとれるという訳ではありません。

長い時間をかけて行っていけば引き締まった状態が普通になっていきますので、鼻の大きさが小さくなっていく可能性もあります。

いずれの場合も整形をしないという前提で行う方法ですので、長期間必要になってくるのは仕方のないことです。

ですが費用をかけないでやるとすればこの方法が一番ですし、根気強く続けていけば抱えているコンプレックスも次第に減っていくでしょう。

ダイエットをして痩せる

太ってくると鼻も大きくなったという人が沢山います。

ですが、実際にダイエットをして体重がかなり落ちても鼻の大きさはあまり変化がないという声が多く、ダイエットでは効果がないのでは?という意見が多数出ています。

鼻にも脂肪などがつきますのでダイエットをすれば痩せていくことは確実なのですが、目に見えてわかるという事にはなっていないようです。

その原因ですが「鼻自体を動かさないので痩せにくい」ということになります。

それじゃあどうすればいいの?ということになってきますが、呼吸法を変えてみることで鼻が痩せやすくなるかもしれません。

その答えは「鼻呼吸」になります!

やり方は超簡単、口を閉じて鼻で呼吸をするだけです。

誰でも今すぐに出来ますよね?

この呼吸法を変えるだけでダイエットをしても脂肪燃焼がしやすくなります。

また、顔の筋肉の引き締めの効果も期待できますので小顔になれるかもしれません。

口が開いてきたなと思ったら、すぐに閉じるようにして下さい。

鼻で呼吸をするようになると色々と体調にも変化が訪れてきて、鼻痩せ以外にも沢山の嬉しいことが起ってきますよ。

鼻のマッサージをする

鼻のマッサージも効果があるかもしれません。

やり方はとても簡単です。

両方の小鼻部分を指で押えて脂肪を取るような感じでマッサージを行います。

これを繰り返すことによって鼻の大きさが変わってくることもあるので、続けることが大切です。

手の空いたときなど繰り返し行い、諦めないで続けていくようにしましょう。

鼻の筋トレをする

豚鼻に悩みを抱えているのであれば鼻の筋トレも毎日の生活に取り入れてみましょう。

やり方はとても簡単です。

自分の鼻に力を入れてみて下さい。

鼻の形が変わるのがわかりますよね?

その状態を数秒キープして力を抜きます。

この動作を何度も行うことによって鼻の筋肉が鍛えられ、脂肪がつきにくくなり鼻が小さくなることも十分に期待できるのです。

鼻をつまむ

自分で鼻の形を変えようとするのであれば鼻をつまむのも効果が期待できるのですが、つまみ方が間違っている人がとても多く感じます。

つまむという事を連想すると、両方の小鼻を親指と人差し指でつまむ人がいますが、これはNGになります。

正しい方法は人差し指は鼻の上に置き、親指は鼻の穴の間に置いて下さい。

そして二つの指で鼻を潰しながら斜め下に引っ張るようにするのが正解になります。

これの効果ですが、鼻先を長く伸ばすことで普段見えてしまう鼻の穴を見えにくくするというものです。

小鼻をつまんでしまうと更に鼻の穴がみえやすい形になってしまうので、鼻をつまむときは正しい位置で行うようにして下さい。

️豚鼻になってしまう原因

豚鼻といっても育っていく中で段々と形が変わってしまう場合があります。

このような行動は特に注意が必要になってきますので、自分の癖になっていないかとうかをチェックしてみましょう。

鼻を上に上げる癖がある

小さい頃に限らず鼻を上に上げる癖がある人は要注意です。

自分では無意識にやっているので、どんどん形が変わってしまいます。

気をつけるようにして下さい。

鼻の軟骨が変形し始めてしまうと元に戻すのにもかなりの時間を要します。

太っている

太っていれば当然脂肪も増えますよね。

その結果、鼻にも余計な脂肪がついてしまい大きくなってしまいます。

鼻の脂肪はついてしまうと中々落ちてくれませんのでご注意下さい。

現在太っているという方であればダイエットをして痩せる必要がありますし、鼻の筋トレやマッサージも同時に行うと脂肪が取れてスッキリとしてきます。

鼻を押しつぶして寝ている

寝るときの姿勢というのも豚鼻になる原因になるかもしれません。

鼻を押しつぶすような格好やうつ伏せではどうしても鼻の軟骨が変形してきます。

鼻の穴が広がる可能性も出てきますので、仰向けでなるように変えてみましょう。

睡眠中は自分がどのような姿勢になっているのかわからないかもしれませんが、途中で気がついたときには仰向けに姿勢を直すなどしていくことが大事です。

️豚鼻を気にせずオシャレを楽しもう

今回は豚鼻ということについてお話してきました。

豚鼻というのも自分の個性として考えてみれば決して恥ずかしいものでもありませんし、堂々とテレビに出ている人もたくさんいます。

変に隠したりしてもますます気落ちしていきますので、開き直った気持ちで堂々と生活を楽しみましょう!

その上で色々な努力を積み重ねていけばきっと幸せな未来が待っているはずです。

あなたも鼻を気にしない生活を始めてみませんか?

長くつき合わなければいけない問題であれば、今の自分も楽しまないと損をしてしまいます。

ちょっとだけ勇気をだして、沢山の楽しい思い出を作ってみてはどうでしょうか。

【鼻を高くする方法は、こちらの記事もチェック!】

ページトップ