スーツといえば、フォーマルな装いの代表で、ビジネスシーンや冠婚葬祭などの公式の場には欠かせないスタイルです。

”バリッとスーツを着こなす””ビシッとスーツで決める”など言うように、男性でも女性でも、スーツを着る時には、身が引き締まるような思いがしますよね。

そんなスーツの歴史は長く、イギリスで6世紀頃に発祥し、日本にも明治維新以降に異文化とともに入ってきて、明治5年からは礼服として洋服が用いられるようになりました。

そんな長い歴史を持つスーツは、時代の移り変わりとともに、新しいスタイルや着こなしが生み出され、時代の流れや人々の生活習慣の変改に伴い、シルエットを変化させながら人々に愛され続けています。

そして、スーツそのもののスタイルやシルエット、素材や柄だけではなく、ネクタイやチーフ、カバンや靴など合わせる小物も、時代とともに様々な流行が生まれて、変化し続けています。

今回は、特にスーツに合わせる靴について考えてみましょう。

一般的にはスーツには革靴が定番です。

しかし最近では、スーツでスニーカーを履くのがカッコイイとされているようなのです!

スーツにスニーカー?!そんなコーディネート聞いたことないけど大丈夫なの?と思った方もいるかもしれません。

賛否両論だと思いますが、スーツでスニーカーを履くことについて、アリ派ナシ派の意見とおすすめコーディネートを紹介していきたいと思います。

スーツにスニーカーってあり?なし?

あなたは今まで、スーツにはどんな靴を合わせていましたか?「革靴」と答える方が90%以上でしょう。

それほど日本ではスーツには革靴という組み合わせが定番化しています。

では、あえて質問してみますが、「あなたはスーツにスニーカーを組み合わせるのは、ありだと思われますか?それともなしでしょうか?」

スーツにスニーカーってなに?

文字通り、カチッとしたスーツを着て、運動靴とも呼ばれる、主にスポーツ用として開発された靴であるスニーカーを履くことです。

スニーカーにも様々な種類があり、レザー素材、ビニール素材、キャンパス素材、紐付き、スリッポン型、足首まであるハイカットやローカット、カラフルなもの、パターンが施されているもの、黒や白などシンプルなもの、挙げればきりがないほどのバリエーションがあります。

しかしどんなにシックで、エレガントに見えるものでも、スニーカーである以上「カジュアル」というジャンルに分類されます。

逆にスーツは「フォーマル」というジャンルになりますので、この全く違うジャンルのアイテムを組み合わせる着こなしには、想像通り、賛否両論あります。

日本ではとかく、ビジネスシーンではフォーマルであることが求められるので、足元がスニーカーというのは、社会人として考えられない、運動靴で出社するなんて想像したこともないと思われる方が多いでしょう。

しかし、スニーカーの機能性や、快適性は羨ましく感じるのではないでしょうか?

さらに、ファッションという観点からも、スーツの足元をスニーカーにすることには、「コーデォネートの幅が広がる」「新しいジャンルのおしゃれ」というポジティブな意見と、「カッコ良いと思えない」「ダサいと思う」というネガティブな意見で割れています。

海外で流行っているファッション

スーツ発祥の地であるイギリスや、もともと洋服であった欧米諸国の人は、日本よりもはるかに長い間スーツを愛し、スーツとともに人生を彩って着ました。

そんなスーツの先輩達でである欧米人が、最近では、スーツにスニーカーを合わせるというコーディネートを楽しんでいるというのです。

人気海外ドラマでもこの異色なスタイルが頻繁に登場したり、有名ミュージシャンやモデル、俳優達がスタイリッシュに、スーツ×スニーカーを着こなして、個性を強調したり、新たなスタイルのファッションを生み出しています。

賛否両論!スーツにスニーカーってありかなしか

海外ではやっているからいって、日本でも無条件に受け入れられるというわけではないことは、皆さんもよくご存知だと思います。

そもそも外国人と日本人ではスタイルが違うので、顔が小さくて足の長い欧米人が来こなしていファッションが、私たちに似合うとは言えません。

さらに、社会の常識も違います。

特に日本の職場では、個性を出すことよりも、周りに合わせる強調性や、相手に嫌な思いをさせないような装いをすることが重要視されるでしょう。

しかし、おしゃれを楽しむことも大事ですし、「クールビズ」「カジュアルビジネス」などの言葉とともに、服装にも合理性や、健康促進に繋がる要素を取り入れることが、社会的に認知されるようになりました。

ノーネクタイや半袖シャツなども、以前なら考えられないことでしたが、数年前から、ビジネスの場でも認めるようになってきました。

そんな時代になったからこそ、「スーツにスニーカーはありかなしか」で意見が分かれるのです。

ではこれから、それぞれの主張を見ていきましょう。

あり派


少数ではありますが、「スーツ×スニーカーはあり」と、ビジネスシーンのドレスコードが緩くなったことをきっかけに、コーディネートの幅をグッと広げて楽しんでいる人たちがいます。

職場にカジュアルな服装でいけるかどうかは、職種が大きく関係すると思いますが、「カジュアルビジネス」を率先して行なっているところや、職員の健康促進のためにと、運動靴での出社を認めている会社も増えています。

フジテレビのある番組が実地したアンケートによると、4県で、公務員にスーツにスニーカースタイルを推奨していることが報告されていました。

「ウォークビズ」という名のキャンペーンで、メタボ率の改善や、通勤児や勤務中に体を動かす機会を増やすという目的のもと、スニーカーや運動靴を履いて出勤することを、県庁で働く職員に積極的に進めていました。

また、アパレル系の職場なら、流行や新たなジャンルにチャレンジする社風がありますので、おしゃれであればOKという見方をしてもらえるでしょう。

新しいファッションでカッコイイ

あり派の人の圧倒的な理由は、おしゃれで、コーディネートの幅が広がるというファッション的感覚からでした。

ただ歩きやすい、快適という機能的な理由だと、数年前からビジネスシューズに登場している、合成樹脂や、ラバーアウトソールの靴でも十分だったり、革靴のような見た目のウォーキングシューズを選ぶことでしょう。

しかし、それではおじさんぽく見えたり、野暮ったく感じることも多いです。

やはり、ファッションを楽しみたいおしゃれさんにとって、もともと必須アイテムであるスニーカーを、スーツと合わせることは腕の見せ所であり、ワクワクするコーディネートになるというメリットが大きいのです。

カジュアルで素敵

セレクトショップの店員さんなどを見ると、ドレッシーな服にスニーカーを合わせたり、スーツをTシャツなどで着崩し、足元もスニーカーで合わせるなど、巧みなコーディネートをしていて、素敵だな、真似したいなと勉強になることが多いですよね。

合わせるスニーカーも、高級感があったり、洗練された雰囲気のあるものだと、スーツと合わせても違和感なく感じたり、スーツのカチッと感に負けない存在感を出せることがわかります。

スニーカーには、スーツに革靴という定番の組み合わせでは絶対に出せないような、カジュアル感、エッジの効いたラフ感、軽やかなスポーティー感を楽しむ魔法のような魅力があります。

ですからスーツ×スニーカーのコーディネートテクニックをしっかり身につけるなら、みんなに素敵だなと思われる、好感度の高い装いをすることができるのです。

なし派


一方、「スーツにスニーカーを履くなんて絶対になしでしょ」と思っている人もいます。

確かに今までは、スーツには革靴、なんなら紐付きの革靴という常識がありましたので、海外ではやっていると言われても、スポーツ庁が推奨していると言われても、それをすぐに受け入れることに抵抗を感じると思います。

「周囲が履くのは別に構わないが、自分が履くのは絶対に嫌」という人や、「社会人としてありえない」という強硬な反対派もいます。

さらに、スニーカーだと運動しやすいという”あり派”の軸になっている理由を、「そもそもスーツを着ている時に運動はしない」など真っ向から否定するものまであります。

ではこれから”なし派”の意見を具体的に見ていきましょう。

バランスが合ってない

フォーマルなスーツに、カジュアルなスニーカー。

ジャンルが違いすぎて合わないというのが”なし派”の意見として最も多いです。

政府を挙げて推奨しても、未だにスーツにスニーカー姿で出勤する人を見かけることはごく稀ですよね。

先ほど参照したフジテレビの調査でも、平日の朝7時〜9時という最もビジネスマンの往来が激しい時間に、ビジネスマンの聖地である新橋で、スーツにスニーカーを履いていたのは2人だけだったという、まだまだ世間には浸透していないことがわかる結果でした。

スーツの中をTシャツで着崩したり、スーツの種類もカジュアルな素材やデザインなら、バランスをとることも可能なのかもしれませんが、普通のスーツに、きっちりしたYシャツを着て、ネクタイまでするとなると、正直、スニーカーとどうやってバランスを取れば良いのかわからなくなるかもしれません。

着こなしが難しい

スーツにスニーカーで思い浮かぶのが、学校の先生でしょう。

上履き代わりにスニーカーのような履きやすい運動靴を履いている先生は多かったですよね?

しかも、みなさんお世辞にもおしゃれとは言えないようなコーディネートで、子供ながらに”ダサい”と感じていたり、”こういう服装はやめよう”という印象が刻み込まれている人も多いと思います。

さらに、ごくたまに見かけるスーツにスニーカーの人も、かっこ悪いなと感じてしまうような着こなしをしていると、ますます”なしだわ”と感じてしまうことでしょう。

または、会社の雰囲気を壊さないように、周りから似合うと思われるように着こなすのは自身がないと感じる人も多いでしょう。

スーツスニーカーの魅力

最近一気に注目を集め始めた、スーツ×スニーカーの着こなしですが、先ほど見たように反対派と賛成派の両方の意見があります。

しかしお気付きのように、反対派の意見には、どのように着こなしたらわからない、良いお手本が少ない、やったことがないという、新しいものゆえの、情報不足や経験不足が、ブレーキになっていることがわかります。

ですから、スーツ×スニーカーの魅力を知るなら、偏見や苦手意識が和らぎ、チャレンジする壁も低くなるのではないでしょうか?

ですからこれから、スーツにスニーカーを合わせることの魅力についてご紹介したいと思います。

個性が出せる

個性はファッションを楽しむ上で、大きなポイントになりますね。

スーツという個性を出しにくいアイテムを、スニーカーという新ジャンルで攻めることにより、自分らしさを表現することができるのです。

会社では、あまりにインパクトのある個性的なファッションは、白い目で見られたり、仕事に悪影響を及ぼすかもしれませんが、さりげなく醸し出される個性なら、自分を覚えてもらえたり、おしゃれな人として認識してもらえるので、さりげなさが出やすい足元で変化をつけるのは、とても良い方法だと思います。

今30代40代の人なら、エアジョーダン・エアマックスなど子供の時に流行って以来、スニーカーの魅力にはまり、自分の普段のスタイリングに積極的に取り入れて着たことでしょう。

ですから、それをスーツと合わせるという新しい分野にチャレンジすれば、自ずと自分自身でも納得できるような、そして周りからも認められるような着こなしができると思います。

歩き疲れることがない

スポーツ庁が、スニーカー通勤を推奨した理由も、ビジネスパーソンの運動実地率の引き上げのためと言っています。

週に一回以上運動している人、定期的に体を動かしているビジネスマンがあまりにも少ないということで、健康増進のために、通勤と運動を組み合わせて少しでも体を動かす機会を広げようとしたのです。

健康促進のために進められる運動といえば、ウォーキングですよね?職場まで歩いたり、一駅手前で降りて歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使わないようにするなどが、定期的かつ継続的に、生活の中に運動を取り入れるベストな方法だと常々言われています。

それを実行するには、運動のために作られているスニーカーで、通勤をするのが一番良いでしょう。

歩きにくい革靴だと、足に負担をかけますし、そもそも歩こうという気になりませんが、スニーカーなら、どんなに歩いても疲れることがありませんし、腰や膝にも負担にならないので、運動を取り入れた通勤には最高の組み合わせと言えるでしょう。

意外と上品にきまる

スニーカーは、カジュアルで、スポーティーなアイテムなので、上品さやエレガントさとは程遠いと思われていることでしょう。

しかし、一言でスニーカーといっても、様々な種類があります。

「ドレススニーカー」と呼ばれている、ダンスの時に履くようなドレスシューズの外見に、スニーカーのソールを合体させたものなら、もともとクラシカルな衣装やきちんとしたコスチュームと合うようにデザインされているので、当然スーツと合わせてもエレガントに決まります。

他にも、宮内庁ごよたしのメーカーである大塚製靴などが発売しているスニーカーの中には、くらしレザーを使用した、はき心地はゆったりしているのに、外観はシャープで上品なものなどもあります。

ですから、まずはスニーカーの幅の広さを知るなら、スーツと合わせても決してカジュアルになりすぎない、むしろ上品に着こなせるコーディネートを実現することも可能なのです。

コーデの幅が広がる

毎日着るスーツだからこそ、コーディネートに変化をつけておしゃれを楽しみたいですよね。

しかし、スーツは洋服の中でも高価なものなので、ブラウスやスカートのように何着も持つことはできません。

ですから、スーツに合わせるYシャツやネクタイ、カフスやチーフなどにバリエーションをつけて着こなしを楽しんでおられる人は多いことでしょう。

今までは、靴もスーツに合わせて購入した、決まった革靴を履いて出社しておられたかもしれません。

しかし、スニーカーをコーディネートのアイテムに加えるなら、一気に幅が広がって、代わり映えしない暗いスーツスタイルを、明るく斬新なものにできると思われませんか?

このコーディネートのバリエーションが増えることこそ、スーツにスニーカーを合わせる最大の魅力と言えるでしょう。

スーツにスニーカーを合わせる時のポイント

スーツ×スニーカーの魅力を考えてみましたが、実際におしゃれに着こなせなければ、着こなしを楽しむことも、個性を出すこともできません。

一般的に「ダサい」「よっぽどセンスに自信がないと着こなせない」と思われている、マイナスのイメージを払拭するためにも、スーツにスニーカーを合わせるポイントをご紹介していきたいと思います。

スニーカーでも大人っぽく、かつ綺麗に着こなすために絶対必要な3つのポイントですので、是非覚えてくださいね。

パンツの裾幅は18.5cm以下

ファッションの鉄則といて、シルエットをタイトにすることがエレガントに見える秘訣です。

ですから、ルーズなシルエットのパンツや、ゆったりとした裾幅のパンツではなく、細身で、なおかつ裾幅が狭くなっているデザインのパンツと合わせるなら、大人っぽい、ビジネスの場でも浮かない着こなしができます。

最近のスーツはもともと細身シルエットのものが多く、裾もキュッとしまっていますので、スニーカーと合わせやすくなっています。

少し前のデザインなら、タックが入っていたり、幅広ストレートのラインだったり、裾がダブルになっていたりと、スニーカーとはとても合いませんでしたよね。

ですから、昔のスーツを引っ張り出したり、古着屋さんで買ったものと合わせようとは考えないでください。

それより、最近新品で購入したような、最新のデザインのスーツとスニーカーの組み合わせを考えた方が、より綺麗に着ることができるでしょう。

是非、今お持ちのスーツの裾幅を測ってみてください。

18.5cm以下なら、冒険心を持ってスニーカーと合わせるコーディネートにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

スニーカーがよく見えるということ

なぜ裾幅が18.5cm以下が良いかというと、そのサイズだと、パンツの先が絞られていて、靴にパンツがかかることがないからです。

つまり、スニーカーがよく見えるということです。

せっかくニュースタイルである、スーツ×スニーカーなら、潔く見せた方がおしゃれに見えます。

中途半端に隠そうとすると、ダサくなってしまいますが、「あえてこのスニーカーと合わせてます」と自信を持って見せることによって、おしゃれ感を出すことができます。

せっかく選びに選んだスーツとスニーカーの組み合わせなのですから、スニーカーもしっかりと主張させてあげましょう。

カジュアルっぽくない

裾幅を18.5cm以下にする他の理由は、裾幅が絞ってあることによって、全体のシルエットが綺麗に見え、カジュアルになりすぎないということもあげられます。

ルーズなシルエットよりもタイトなシルエットの方が、エレガントに見えることは先ほど触れましたが、カジュアルなアイテムであるスニーカーを、上品に見せるために、この鉄則をきちんと守るようにしましょう。

裾幅が細いということは、全体のバランスを取るためにも、パンツのデザインが細身で考えられています。

そのようにスニーカー意外のアイテムをできるだけタイトに、すっきりとしたものを選ぶようにすれば、フォーマルな印象のコーディネートが完成するでしょう。

パンツは丈短

スニーカーと合わせるときだけに限らず、スーツをファッショナブルに着こなすためには、パンツ丈を短く取ることが勧められています。

しかし、具体的にどれくらいにしたら良いのか微妙な差で頭を抱える方も多いと思います。

購入する時にも、必ず採寸して自分のジャスト丈を選べるようになっているだけに、本当に悩みますよね。

基本的には、靴の甲にズボンの裾がしっかりあたり、一つおりできるくらいのワンクッション、もしくは、靴の甲に裾が触れる程度のハーフクッションがおすすめです。

しかし、スニーカーと合わせる場合には、さらに短くして、ノークッションと呼ばれる靴の甲にパンツの裾が当たらないくらいでもOKです。

それくらい短い方が、シルエットがすっきりし、スニーカーもパンツも綺麗に見えて、だらしない感じがなくなるからです。

さらに、パンツ丈が短い方が、動きやすさもアップします。

せっかく、動きやすいスニーカーを履くなら、とことん機能性をあげて、快適に過ごせることを追求するのも、一石二鳥でおすすめです。

ルーズ感

あえてルーズ感を出すことは、いくつかの条件をクリアする必要があります。

まず、職場によっては、禁止されている場合もあることをしっかり認識して、ルーズに着ることが許される状況下だけで楽しむようにしましょう。

そして、スーツのパンツが、裾に向かってシェイプされているテーパードシルエットで、裾丈が短い場合にだけ、ルーズな着こなしにチャレンジしましょう。

そうでないと、本当にだらしなく見えてしまいます。

スーツにスニーカーを合わせる人は、スーツを着崩して、ルーズ感を出すことを目指していることも多いと思います。

ネクタイを外したり、インナーををTシャツやカットソーにしたりして、トップ部分にもゆるさを出しながら、スニーカーを合わせるなら、程よいルーズ感が出すことができます。

スーツをルーズに着るという、おしゃれ上級者のテクニックを身につけるなら、”あえてのスニーカー”という、まさにスーツ×スニーカーの醍醐味を味わえるでしょう。

スーツスニーカーのおすすめファッション

ではこれから、スーツとスニーカーの実際の組み合わせで、おすすめなスタイルをご紹介していきます。

グレースーツとレッドの赤スニーカー

グレーとレッドは、相性の良い組み合わせです。

赤いスニーカーには、ビビットな遊び心や、発色の良いカラーが持つポップな感じがありますので、それをスタイリッシュでありながら、シャープすぎないグレート合わせるなら、綺麗な大人カジュアルコーデが出来上がります。

個性があるのに攻めすぎていない、みんなから好印象を持ってもらえる定番の配色になります。

スニーカーだからこそ、革靴にはないカラーで遊ぶ感じが楽しめるでしょう。

ストライプ柄スーツスタイルとスニーカー

ストライプ柄のスーツも、スニーカーとの相性が良いアイテムの一つです。

もともとストライプ柄には、スタイリッシュさや知性、クールな印象がありますが、一色の無地とは違い、二色のパターンになりますので、着崩しやすいという特徴もあります。

ですから、スニーカーを合わせるなら、クールさとカジュアルさをミックスさせた、洗練された印象のコーディネートを楽しめるでしょう。

スニーカーの色は、スーツと同系色のものか、ストライプの色、もしくはよりカジュアル感を出すなら、ホワイトカラーもおすすめです。

フォーマルに見せながらも程よくカジュアルという、インパクトのある着こなしになるでしょう。

インナーの白Tと同色のスニーカー

スーツのインナーを、白いTシャツにするのは鉄板の着崩し方でしょう。

ブルー系、グレー、カーキ系などどんな色のスーツでも合いますし、白Tなら清潔感も十分に出してくれます。

綺麗に着こなしたいなら、Tシャツは無地のものが無難でしょう。

スーツ×スニーカーをカジュアルかつ爽やかに着こなしたい人には、白Tに白のスニーカーから初めて見ることをお勧めします。

スニーカー初心者の人でも、ラフで上品な着こなしができると思いますよ。

デートや、ちょっとおしゃれな場所に行く時にもおすすめのスタイルです。

スーツに鮮やかな柄スニーカー

インパクトのある柄スニーカーは、着こなしのアクセントにするのには最高のアイテムです。

柄物スニーカーに挑戦しようと思うのは、おしゃれ上級者の方かもしれませんが、バリッとしたスーツと上手に組み合わせるなら、華やかで、個性が引き立つコーディネートになることでしょう。

合わせるテクニックとしては、スーツと同系色の柄を選ぶようにすることです。

同系色で合わせるなら、主張が強い柄物でも、全体のバランスが取れて違和感なくおさまります。

インパクトのあるアイテムを使いこなすには、それなりのセンスが求められますが、ぜひ挑戦して、自分センスを磨いていきたいものですね。

スーツスニーカーにおすすめのスニーカー

では、どんなスニーカーがスーツに合うのでしょうか?

初心者でも合わせやすいものや、履きやすさとデザイン性を兼ねそろえているおすすめのスニーカーをこれからご紹介いたします。

アシックス

アシックスには「texcy luxe(テクシーリュクス)」というビジネスシューズラインがあります。

ビジネスをアクティブに楽しんで欲しいという思いから誕生したラインなので、本革仕様の本格的な革靴なのに、スニーカーのような履きごごちを兼ねそろえた、就職活動から冠婚葬祭にまで使えるようなオールマイティーなシューズです。

いかにもスニーカーというよりは、シンプルでかつエレガントなデザインなので、スーツにスニーカーを合わせることに抵抗がある人や、職種的にあまり着崩すことができない人におすすめです。

ゆったり幅広サイズや、スリッポンデザインで脱ぎ履きしやすいものまで、豊富な種類があるのも魅力です。

REGAL

老舗ブランドのRIGALも、1970年代から毎年スニーカーをリリースしています。

レースアップや、クロコ型押しレザーなど、大人が履いてもしっくりくるデザインや、上質な素材を使用しているシューズが多く、エレガントに仕上げたい人におすすめのメーカーです。

もちろん、キャンパス生地のものや、ポップな色使いのものもありますので、大人が遊び心を出したコーディネートをしたい時にもいいかもしれません。

アディダス

スニーカーの王道であるアディダスも外せないメーカーです。

特に、世界で最も売れたスニーカーと言われている「STAN SMITH」はスーツとの相性も抜群です。

上品なデザインで、どんなファッションとも合う万能スニーカーの代表とも言える「STAN SMITHE」は、色や素材が豊富なので、お持ちのスーツに合わせてコーディネートしやすいアイテムでしょう。

特に、高級感があり上品なレザーアッパーなら、きっちり見えながらも硬くない、スーツ×スニーカーのお手本のようなスタイリングが完成すること間違いなしです。

スーツスニーカーはあり!これからどんどん流行るかも♪(まとめ)

いかがだったでしょうか?

スーツに合うスニーカーや、着こなすポイントを調べてみて、意見が変わったでしょうか?

今まで考えてもみなかったようなスタイリングでも、少し情報を取り入れたり、視点を変えて見るなら、「案外いいかも」「自分もできるかも」と思えたりしますよね。

今日一緒に調べてみた情報を元に、これからますます流行るであろう、スーツ×スニーカーの組み合わせにチャレンジしてみてください。