私たち人間は様々な感情を持っている生き物です。

日常に起こりうる様々な出来事に私たちの感情は常に揺さぶられていると考えることができます。

では、そんな私たちの感情にはどのようなものが存在するのかと考えた時に、簡単に想像できるのは嬉しいという感情、楽しいという感情、幸せだという感情、悲しいという感情、怒りという感情、憎しみの感情など、様々な感情が存在すると思います。

このような感情を持っているということは突き詰めて考えてみればとても不思議な事に感じるかもしれませんが、この感情という存在がなければ人間ではなくなってしまうと感じるほど、私たち人間にとっては大切な存在なのです。

なぜならば、感情がなくなった人間はまるで人形のようになってしまい、まるでロボットのようになってしまいます。

人間以外の生き物も感情は持ち合わせていますが、感情があるからこそ、私たちは人間らしくいられるのです。

なので、感情はとてつもなく人間にとって大事な存在であると考えることが出来ます。

そんな感情の中でも、切ないという感情が存在しますが、切ないという感情は悲しいという感情ととても似ている言葉ですよね。

人によっては厳密な違いなどがよくわかっていない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は切ないという感情をテーマにして、切ないの意味や、悲しい、そしてやるせないという言葉とどのように違うのか?

そして切ない気持ちの対処法などをご紹介していきたいと思います。

切ない気持ちになったことありませんか?

ある程度物心が落ち着いた年齢になった時点で、既に切ない気持ちを感じ取ったことがあるということはほぼ大勢の方が該当すると思います。

私たちは年齢を積み重ねていくことによって、様々な経験も積み重ねていき、様々な環境に身を置くことによって、それに比例して様々な感情を抱くように成長していきます。

そんな得られる感情の中には、早い段階で経験するような感情もあれば、ある程度の年齢にならなければ感じることができないような感情も存在していると言えます。

具体的には、嬉しい感情や楽しい感情などは比較的早い段階で経験する感情になると思います。

なぜならば、子供の時に何かをして楽しいと思ったり嬉しいと思ったりするようなことは当たり前に存在していますので、子供の時から絶対に経験している感情であると考えることができるからです。

しかしながら、物事に対して懐かしいと感じるような感情については、ある程度自分の過去の記憶が存在していなければ感じることがないような感情になります。

それを踏まえて考えてみると、そもそも懐かしいと感じるためには一定期間の空白が存在していなければいけませんので、懐かしいという感情を感じる為にはそれなりの期間が必要になると考えることができるので、ある程度の年齢にならなければ感じることができない可能性が高いと捉えることができます。

このように様々な環境に身を置くことによってたくさんの感情を経験することができるようになっていくのです。

そんな感情の中の一つである、切ない感情に関しても早い段階で経験したりする感情の一つだと思います。

誰もが感じた事がある切ないという感情、この感情を今回はじっくりと紐解いていきたいと思います。

「切ない」とは?どういう感情?


どんな方でも比較的早い段階で切ないと感じる感情を経験したことがあるとお伝えをしましたが、切ない感情というのはなんとなく言葉に出して説明するのが難しい言葉だと感じませんか?

例えば、楽しい感情や嬉しい感情に関しては単純に言葉に出せば相手にすぐに伝わると思うのですが、切ない感情というのは事細かに相手に言葉で伝えようと思っても難しい場合が存在しています。

なので、切ないという感情の意味を想像した時に人によってはうまく言葉に表すことができないため難しく感じている人もいると思います。

そこで、ここからは切ないという感情がどのような意味を持っている言葉なのか、そしてどのようにして生まれてきた言葉なのかということなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

具体的に言葉として説明することができなかった方は、切ないという感情を今回をきっかけに明確に理解できるようにしてみてください。

意味

切ないという言葉はどのような意味を持っているかと考えた時に「悲しさや恋しさで胸が締め付けられるようである、やりきれない」というような意味を持っている言葉です。

つまり、何かに対して悲しい思いをした場合や、恋をしたりした時に生まれる感情であると考えることが出来ます。

それを踏まえて考えてみると、これまでの人生で悲しい経験をしたことがある方、そして誰かに対して恋をした経験がある方であれば切ないという感情が理解できると捉えることができます。

悲しいことを経験したことがある方は思い出してみると、悲しい経験をした時にはいたたまれない気持ちになり胸が痛くなるような経験をしたことがある方がいると思います。

そして、恋愛をした時にその恋愛が成就しなかった場合や、思い通りにいかなかったりした場合にはどのように胸が締め付けられるようなやりきれない思いになったりすることがあると思います。

これらの感情全てが切ないという一言で表現することができるということになるのです。

つまり、切ないという言葉、そして切ないという感情は悲しさと恋しさの延長線上に存在する言葉であり、感情であると考えることが出来ます。

同じような存在であると考えている人もいるかもしれませんが、悲しさや恋しさがあっての切ないという感情なのです。

語源

切ないという言葉は私たちが一般的に使っている言葉だと思いますが、この言葉がどのような成り立ちで生まれた言葉なのかということは、意外とたくさんの方が知らないでいる場合が多いです。

そこで、切ないという言葉はどのような貢献が存在しているのかと考えてみると、切ないという言葉の切という言葉は、「心が切れるほどの思い」を意味しているのです。

つまり、先ほどご紹介した切ないという言葉の意味を思い出していただくと、胸が締め付けられるような思いをしたりするので、まさしく心が切れるほどの思いと解釈することが出来るのです。

切ないという言葉は今の私達の時代にとってみればあまりポジティブな言葉であるというような印象は受けないと思います。

なぜならば、切ないという言葉の意味を想像してみると、胸が締め付けられるようなやりきれない思いをした時に表現したりする言葉なので、必ず切ないという気持ちの前には自分の思いが叶わなかったような、負の結果が存在していると考えられるからです。

しかしながら、それは今の私たちの解釈であり、昔は切ないという言葉はポジティブな意味合いとして捉えられていました。

なぜならば、切ないという言葉はもう一つ意味が存在しており「大切に思う」という意味が存在しています。

それを踏まえて考えてみると、相手に対して大切に思うような気持ちのことを意味している言葉なので、相手のことを愛しく思う言葉でもあるのです。

そう考えてみると、今の私たちが捉えている一般的なネガティブなイメージを払拭されて、ポジティブなイメージの言葉だと解釈することができるはずです。

言葉の語源を調べてみると、今まで気づく事がなかったような素敵な意味を知る事が出来ますので、切ないだけにとらわれずに、様々な語源についても知っていただきたいと思います。

関連語

切ないという言葉に関しては、かなり似ている意味が複数存在していると感じる方も多いと思います。

実際に切ないという言葉に意味が似ている関連した言葉はたくさん存在しています。

そこで、切ないという言葉に関連した言葉をいくつかご紹介していきたいと思います。

それぞれの言葉の意味を理解した上で、切ないという言葉はどのような関連性があるのか想像してみると、良い言葉の意味を把握しやすくなると思いますので、この機会に様々な言葉の違いなどを知ってみてください。

悲しい

切ないという言葉の関連語として「悲しい」という言葉が存在しています。

切ないという言葉と、悲しいという言葉はかなり似ている言葉だと直感で感じる方も多いと思います。

では、悲しいという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、悲しいという言葉の意味は「泣きたくなるほど辛い、心が痛んで耐えられない、いたましい」という意味が存在しています。

そして、切ないという言葉の意味は「悲しさや恋しさで胸が締め付けられるようである、やりきれない」という意味を持っており、この二つの言葉を見比べてみると、かなり似ている言葉であると考えることが出来ます。

なぜならば、どちらの言葉も意味が似通っており、ネガティブな心が締め付けられるような意味合いで共通していると考えることが出来るからです。

よって、切ないという言葉と悲しいという言葉は関連した言葉であると判断することが出来ます。

このふたつの言葉の違いとしては、悲しいという言葉の延長線上に切ないという言葉が存在していると解釈できます。

悲しくて切ないという言葉なら理解できますが、切なくて悲しいという言葉だと違和感を感じますよね。

それも延長線上にある言葉であるからだと解釈することが出来ます。

やるせない

切ないという言葉の関連語としてもう一つ「やるせない」という言葉が存在しています。

やるせないという言葉と、切ないという言葉もかなり似ているニュアンスを彷彿とさせる言葉同士です。

では、やるせないという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、やるせないという言葉の意味は「思いを晴らすすべがない、せつない、なすすべがない、どうしようもない、気持ちに余裕がない」というような複数の意味を持っている言葉です。

この言葉の意味と先ほど触れた切ないという意味を見比べて考えてみると、やるせないという言葉に関してもやはり似ている言葉であると考えることができます。

なぜならば、やるせないという言葉も切ないという言葉同様にネガティブで悲しみに溢れている意味合いが存在しており、さらにそもそもの意味の中に切ないという言葉が存在しているため、類義語、つまり関連語であると判断することが出来ます。

このふたつの言葉の細かい違いとしては、まずやるせないという言葉はどちらかといえば感情というよりも状態を示す言葉として解釈することが出来、切ないという言葉は感情を示している言葉であると解釈することが出来ます。

なので、厳密に考えると似てはいますが、違う言葉であるとも解釈は可能になるのです。

「切ない」気持ちとはどういうとき?


切ないという気持ちに関連した言葉や、その言葉との違いについてご説明していきましたが、そもそも切ない気持ちを持つ場合は、どのような状況が存在するのか、もしくはどのような気持ちなのかということが分からない方もいるかもしれませんので、そのあたりも詳しくご紹介していきたいと思います。

自分がこれまでに経験してきたことを踏まえて、過去のことを思い出してみるとより切ない気持ちがどういうときに生じる気持ちなのかということが想像つくことができると思いますので、過去の記憶を辿りながら、切ない気持ちを感じる瞬間や場面も併せて想像してみてください。

胸が張り裂けそうな思い

切ない気持ちを考えた時に、該当する感情として「胸が張り裂けそうな思い」が存在するといえます。

胸が張り裂けそうな思いとはどのような思いなのかと考えると、様々な状況があると思いますが一般的には悲しいことを目にした時などに多く当てはまる感情です。

例えば、自分が信頼している友達が存在しているとして、その友達に影で裏切られていた時などはとても悲しい気持ちになったりしますよね。

そのような場面などを経験した事があれば、まさしくその時に感じる胸の痛みが胸が張り裂けそうな思いであると考えることができます。

それ以外にも、自分が大好きな人が自分の知らないところで知らない相手と浮気をしていたということなども胸が張り裂けそうな思いに該当する状況であり感情であると考えることができます。

どちらの状況に関しても、自分自身が精神的に強いショックを受けた時に該当する状況であると捉えることができますので、胸が張り裂けそうな思いをする時は言い換えてみれば強い精神的なショックを受けた場面であると解釈する事も出来ます。

長い人生を過ごしていれば精神的にショックを受けるような出来事は必ず一度くらいは誰もが経験すると思います。

その時に感じた胸が張り裂けそうな思いが正しく切ないという言葉で表すことができるのです。

悲しくて涙も出ない

切ない気持ちを考えた時に、該当する感情としては「悲しくて涙も出ない」という時であると考えることが出来ます。

まだまだ社会経験や人生経験が乏しい方からしてみれば、悲しくて涙も出ない状況というのはあまり想像しにくい状況になるかもしれませんね。

なぜならば、本来であれば私たち人間は悲しい時は涙を流す生き物です。

これまでの人生で悔しい思いをして涙を流したり、悲しみ経験をして感情が高ぶって涙を流したことは必ず誰しもがあると思います。

それを踏まえて考えてみると、悲しい時は涙が出るのが当たり前なのに、なぜ悲しくて涙も出ないというような状況が存在するのかよく理解できないと思います。

様々な社会経験を積んだり、たくさんの物事を経験したりすることで初めて体感すると思うのですが、本当にとてつもなく悲しかったり、ショックを受けた時というのはまずその状況自体を飲み込むことができない可能性が高いのです。

例えば言い換えてみれば、先ほどくれた大切なパートナーに浮気をされたケースを想像してみると、ある程度自分のパートナーが怪しい動きをして浮気をしている可能性を疑っている場合は、実際にそうだったとしてもすぐに状況を受け入れて涙を流すと思います。

しかし、相手がまさか浮気をしているとは思わずに、自分と信頼し合える最高の関係性にあると疑ってやまない人からしてみれば、相手が浮気をしているという状況をまず受け入れることができないので涙が流れないのです。

そこから冷静になって現実を受け止められるようになった時に、初めて状況受け入れて涙を流すことができるようになるのです。

なので、本当に切ない気持ちになった時や本当に大きな精神的なショックを受けた時にはタイムラグが発生しやすく、悲しくで涙も出ない状況になり得ると考えることが出来るのです。

だから結論として切ない気持ちを考えると、悲しくて涙が出ない時であると判断することが出来ます。

どう頑張っても気持ちが落ち着かない時

切ない気持ちを考えた時に、該当する状況として「どう頑張っても気持ちが落ち着かない時」が該当すると考えることが出来ます。

これは具体的にどういうことかと言いますと、本当に切ない気持ちになった時には自分自身で頑張ろうとどんなに努力しても気持ちが落ち着かなくなってしまうのです。

なぜ気持ちが落ち着かなくなってしまうのかと考えると、それは精神的なショックがとても大きすぎて自分の心の中で整理することができない状況だからと考えることができます。

ある程度自分が予測しているようなことであったり、日常茶飯時に起きているようなことであれば自分自身がその物事を受け入れる耐性が出来ているため、すぐに現実を受け止めて対処することができるようになると思います。

しかしながら、予想外にしていたことなどが起きたり、信じたくないと思ってしまうようなショックな出来事が起きてしまうとなかなか現実を受け止めることが出来ず、自分の気持ちが動揺してしまって心の中で整理をすることができなくなってしまうのです。

これは先ほどご紹介した悲しくて涙も出ないような状況に似ていると思うのですが、精神的に大きすぎるショックを受けた場合はどう頑張っても気持ちが落ち着かなくなってしまい、何をするにしても手がつかなくなってしまうのです。

日常生活を過ごしている中でも、予想外のハプニングが起こってしまった時に頭の中が真っ白になってしまった経験があると思います。

このような経験をしたことがある方ならばわかると思いますが、このような状況から立て直すためには相当な精神力がなければ難しいことが分かるはずです。

なので、想定外のことが起きれば起きるほど、気持ちは動揺してしまいますので、結論としてはどう頑張っても気持ちが落ち着かない時は精神的に強いショックを受けた時であり、それは切ないという気持ちで表現することができると解釈することができるのです。

相手を好きすぎる時

切ない気持ちを考えた時に、該当する場面として「相手を好きすぎる時」も該当すると考えることが出来ます。

なぜ相手を好きすぎる時には切ない気持ちになるのかと考えた時に、まず考えていただきたい重要なこととして、相手のことを好き、ではなく相手のことを好き過ぎるという事が切ない気持ちを発生させやすくする重大なポイントになるのです。

なぜかと言いますと、相手のことを好きすぎるほど気持ちが高ぶってしまっている場合は、自分の心の中で相手のこと存在がとてつもなく大きくなってしまっており、その相手が全てであるように感じてしまいやすいのです。

ちょっと好き程度なら、相手の存在が自分の心の中を埋め尽くしてしまうほどにはならない為、恋が実らなくても精神的なショックはまだ少なく、痛みもそこまで大きくはないのです。

しかし、好きすぎてその相手が自分の全てであるかのように感じていると、その相手と自分の関係性がマイナスな状況に発展してしまった場合、ちょっとしたことで激しく悩んでしまいがちになるのです。

これは相手のことを意識しすぎてしまい、正常な判断が出来なくなってしまっている場合が該当します。

相手の存在が自分の中で大きくなれば大きくなるほど、その相手との関係が悪くなってしまった時や、自分の思いが実らなかった場合に、好きな気持ちに比例して激しく強い精神的なショックを受けやすくなります。

激しい精神的なショックを受けるということは先ほども触れたように、切ない気持ちになるので、結論として相手を好きすぎてしまっているときは切ない気持ちになり得ると考えることができるのです。

人を好きになるのは人間としては当たり前の感情であり、その気持ち自体は間違っているものではないのですが、相手の事が好きすぎてのめり込んでしまったり、著しい恋愛感情を持ってしまいがちの方は、もう少し客観的に状況を飲み込むように工夫をしなければいけません。

【好きすぎる時の解消方法は、こちらの記事もチェック!】

思いを伝えたくても伝えられない時

切ない気持ちを考えた時に、該当する場面として相手に対して「思いを伝えたくても伝えられない時」が存在すると考えることが出来ます。

なぜ思いを伝えたくても伝えられない時は切ない気持ちになるのかと考えた時に、自分が胸に抱いている気持ちをただ伝えることもできない状況は悲しされ胸が締め付けられるようなやりきれない思いを抱くはずです。

なので、思いを伝えたくても伝えられない時は切ない気持ちになると考えることができるのです。

思いを伝えたくても伝えられない状況としては、単純に自分が好きな相手に対して告白する勇気を持つことができない場合、もしくは自分が好きになってしまった人にはすでに大切なパートナーが存在している場合などなど様々な状況等考えられると思います。

いずれにしても叶わぬ恋であったり、切ない恋愛ほどより胸が締め付けられる辛い恋愛になります。

それに伴って精神的にショックを受けたりするようなこともあると思いますので、強い精神的なショックを伴うということは切ない気持ちを抱きやすくなると考えることもできるのです。

「切ない」はどう対処する?

切ない気持ちになるということは当然ながら精神的にショックを受ける場合が伴いますので、なるべくであれば切ない気持ちになるような状況は避けたいと思うのが普通だと思います。

しかしながら、どんなに自分が切ない気持ちを持たないように努力をしたとしても、努力するだけでは避けるのに限界が存在しています。

自分がどんなに努力をしても周りの環境などが理由で切ない気持ちになってしまったりするようなことは当然あるからです。

それを踏まえて考えてみると、大切なのは切ない気持ちにならないために努力をする方法ではなく、切ない気持ちを持ってしまった時に、自分自身が切ない気持ちとどのように向き合ってどのように対処するのかということが根本的に一番大切なことになります。

なので、ここからは切ない気持ちになってしまった場合にどのように対処するべきなのかということをいくつかご紹介していきたいと思います。

恋愛体質ですぐに相手のことを好きになって相手の事が頭から離れられなくなるという方であったり、精神的なショックに自分自身が弱いと自覚している場合は、これからご紹介する方法を日常的に試していただきたいと思いますので参考にしてください。

楽しいことをする

切ない気持ちになってしまった場合の対処方法としては「楽しいことをする」事が一つの選択肢であると考えることが出来ます。

なぜ楽しいことをすることが切ない気持ちにの対処方法につながるのかと考えた時に、切ない気持ちになってしまってるときは元気がなくなってしまっている状況になります。

元気がなくなってしまうと、自然と自分自身に笑顔がなくなってしまったり、何かをする気力なども減退してしまいがちになります。

しかしながら、そのような状況が長く続くという事は自分の精神的にも不健康につながってしまいますし、あまり自分自身にとって望ましい状況ではないと考えることができます。

なので、楽しいことをすることによって自分の気分を転換することができるようになる事を期待出来、自分の転換をすることによって、その後に問題と向き合った時に場合によっては自分が悩んでいた物事がちっぽけなことに感じるようになる可能性もあります。

つまり自分の精神状態を整える一つの方法に該当すると考えることができますので、結論として切ない気持ちになってしまった場合は楽しいことをすることで対処することができると捉えることができるのです。

思いっきり泣く

切ない気持ちになってしまった場合の対処方法として「思いっきり泣く」という事も一つの対処方法になります。

なぜ思いっきり泣く事が切ない気持ちの対処方法につながるのかと考えた時に、泣くという行為はストレス解消やリラックスする効果がとてつもなく高いことが科学的に証明されています。

なので、切ない気持ちになるということが精神的に強いショックを受けてストレスを感じている状況になりえますので、それを解消するなく行為を行うことによって自分の精神バランスを整える効果を期待することができるのです。

自分の精神バランスが崩れてしまっているときは冷静な対処や考え方を行うことができなくなってしまっていますので、切ない気持ちにより拍車がかかって落ち着いていられなくなってしまい、状況を受け入れられない可能性が高いのです。

しかしながら、泣くことによってそれらを安定させて状況を受け入れやすくさせる効果を見込むことができますので、根本的な問題解決に向けて良い効果を与えてくれる可能性が高まるのです。

なので切ない気持ちになってしまった時には、自分の気持ちに素直になって思いっきり泣くのも一つの選択肢であり良い対処方法であると判断することができます。

好きなことをする

切ない気持ちになってしまった場合の対処方法としておすすめなのが「好きなことをする」ということです。

なぜ好きなことをするのが切ない気持ちになってしまった場合の対処法につながるのかと考えた時に、切ない気持ちになってしまった場合は大体の場合が何もする気力が起きなくなってしまい、切ない気持ちになってしまった理由や原因を延々と考え続けてしまうという状況が想定できます。

しかしながら、考えただけで吹っ切れるような内容であったり、すぐに答えを見つけ出せるような内容であればそもそも切ない気持ちになったり引きずったりするようなことはないのです。

なので、そのような状況でいくら考えたところで答えが見つからない可能性も十分あり得るのです。

だからこそ、切ない気持ちになってしまったのであれば、確かに考えることも大切ではありますがそれ以上に自分の好きなことなどをして切ない気持ちを紛らわすことも大切ではあります。

何かをしているときはその他の事を考えたりする余裕は自然となくなりますので、自分の好きなことをしている最中は余計なことを考えずに楽しい気持ちになることができます。

そうすることによって精神的なショックや精神的なストレスなどをいくらか吹き飛ばすこともできるようになりますので、その後に切ない気持ちになってしまった原因と向き合った時に前向きな考え方ができる手助けをすることができる可能性もあります。

なので、切ない気持ちになってしまった場合は好きなことをするのがひとつの対処方法として考えられると判断することができます。

切ない気持ちは隠さず、堂々とすること(まとめ)

切ない気持ちになってしまうことは人間であれば生きている限り必ず起こり得ます。

その時に大切なのは、どのように向き合って対処するのかということであり、切ない気持ちを隠す必要はないのです。

どんな人間でさえ必ず切ない気持ちは持つ経験をしているはずなので、切ない気持ちを持ってしまった時には隠さずに堂々とし、受け入れる事が大切です。

逃げ続けてしまうと、いつまでたっても切ない気持ちになる原因からの逃れる事は出来ずに、精神的にストレスを受け続けてしまいます。

なので、切ない気持ちになるのは辛いかもしれませんが、自分の大切な感情の一つであると認識して素直に受け止めてあげてください。