CoCoSiA(ココシア)

切ないの意味とは?悲しいややるせないとはどう違うの?ポイントを紹介します


私たち人間は様々な感情を持っている生き物です。

日常に起こりうる様々な出来事に私たちの感情は常に揺さぶられていると考えることができます。

では、そんな私たちの感情にはどのようなものが存在するのかと考えた時に、簡単に想像できるのは嬉しいという感情、楽しいという感情、幸せだという感情、悲しいという感情、怒りという感情、憎しみの感情など、様々な感情が存在すると思います。

このような感情を持っているということは突き詰めて考えてみればとても不思議な事に感じるかもしれませんが、この感情という存在がなければ人間ではなくなってしまうと感じるほど、私たち人間にとっては大切な存在なのです。

なぜならば、感情がなくなった人間はまるで人形のようになってしまい、まるでロボットのようになってしまいます。

人間以外の生き物も感情は持ち合わせていますが、感情があるからこそ、私たちは人間らしくいられるのです。

なので、感情はとてつもなく人間にとって大事な存在であると考えることが出来ます。

そんな感情の中でも、切ないという感情が存在しますが、切ないという感情は悲しいという感情ととても似ている言葉ですよね。

人によっては厳密な違いなどがよくわかっていない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は切ないという感情をテーマにして、切ないの意味や、悲しい、そしてやるせないという言葉とどのように違うのか?

そして切ない気持ちの対処法などをご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

切ない気持ちになったことありませんか?

ある程度物心が落ち着いた年齢になった時点で、既に切ない気持ちを感じ取ったことがあるということはほぼ大勢の方が該当すると思います。

私たちは年齢を積み重ねていくことによって、様々な経験も積み重ねていき、様々な環境に身を置くことによって、それに比例して様々な感情を抱くように成長していきます。

そんな得られる感情の中には、早い段階で経験するような感情もあれば、ある程度の年齢にならなければ感じることができないような感情も存在していると言えます。

具体的には、嬉しい感情や楽しい感情などは比較的早い段階で経験する感情になると思います。

なぜならば、子供の時に何かをして楽しいと思ったり嬉しいと思ったりするようなことは当たり前に存在していますので、子供の時から絶対に経験している感情であると考えることができるからです。

しかしながら、物事に対して懐かしいと感じるような感情については、ある程度自分の過去の記憶が存在していなければ感じることがないような感情になります。

それを踏まえて考えてみると、そもそも懐かしいと感じるためには一定期間の空白が存在していなければいけませんので、懐かしいという感情を感じる為にはそれなりの期間が必要になると考えることができるので、ある程度の年齢にならなければ感じることができない可能性が高いと捉えることができます。

このように様々な環境に身を置くことによってたくさんの感情を経験することができるようになっていくのです。

そんな感情の中の一つである、切ない感情に関しても早い段階で経験したりする感情の一つだと思います。

誰もが感じた事がある切ないという感情、この感情を今回はじっくりと紐解いていきたいと思います。

「切ない」とは?どういう感情?


どんな方でも比較的早い段階で切ないと感じる感情を経験したことがあるとお伝えをしましたが、切ない感情というのはなんとなく言葉に出して説明するのが難しい言葉だと感じませんか?

例えば、楽しい感情や嬉しい感情に関しては単純に言葉に出せば相手にすぐに伝わると思うのですが、切ない感情というのは事細かに相手に言葉で伝えようと思っても難しい場合が存在しています。

なので、切ないという感情の意味を想像した時に人によってはうまく言葉に表すことができないため難しく感じている人もいると思います。

そこで、ここからは切ないという感情がどのような意味を持っている言葉なのか、そしてどのようにして生まれてきた言葉なのかということなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

具体的に言葉として説明することができなかった方は、切ないという感情を今回をきっかけに明確に理解できるようにしてみてください。

意味

切ないという言葉はどのような意味を持っているかと考えた時に「悲しさや恋しさで胸が締め付けられるようである、やりきれない」というような意味を持っている言葉です。

つまり、何かに対して悲しい思いをした場合や、恋をしたりした時に生まれる感情であると考えることが出来ます。

それを踏まえて考えてみると、これまでの人生で悲しい経験をしたことがある方、そして誰かに対して恋をした経験がある方であれば切ないという感情が理解できると捉えることができます。

悲しいことを経験したことがある方は思い出してみると、悲しい経験をした時にはいたたまれない気持ちになり胸が痛くなるような経験をしたことがある方がいると思います。

そして、恋愛をした時にその恋愛が成就しなかった場合や、思い通りにいかなかったりした場合にはどのように胸が締め付けられるようなやりきれない思いになったりすることがあると思います。

これらの感情全てが切ないという一言で表現することができるということになるのです。

つまり、切ないという言葉、そして切ないという感情は悲しさと恋しさの延長線上に存在する言葉であり、感情であると考えることが出来ます。

同じような存在であると考えている人もいるかもしれませんが、悲しさや恋しさがあっての切ないという感情なのです。

語源

切ないという言葉は私たちが一般的に使っている言葉だと思いますが、この言葉がどのような成り立ちで生まれた言葉なのかということは、意外とたくさんの方が知らないでいる場合が多いです。

そこで、切ないという言葉はどのような貢献が存在しているのかと考えてみると、切ないという言葉の切という言葉は、「心が切れるほどの思い」を意味しているのです。

つまり、先ほどご紹介した切ないという言葉の意味を思い出していただくと、胸が締め付けられるような思いをしたりするので、まさしく心が切れるほどの思いと解釈することが出来るのです。

切ないという言葉は今の私達の時代にとってみればあまりポジティブな言葉であるというような印象は受けないと思います。

なぜならば、切ないという言葉の意味を想像してみると、胸が締め付けられるようなやりきれない思いをした時に表現したりする言葉なので、必ず切ないという気持ちの前には自分の思いが叶わなかったような、負の結果が存在していると考えられるからです。

しかしながら、それは今の私たちの解釈であり、昔は切ないという言葉はポジティブな意味合いとして捉えられていました。

なぜならば、切ないという言葉はもう一つ意味が存在しており「大切に思う」という意味が存在しています。

それを踏まえて考えてみると、相手に対して大切に思うような気持ちのことを意味している言葉なので、相手のことを愛しく思う言葉でもあるのです。

そう考えてみると、今の私たちが捉えている一般的なネガティブなイメージを払拭されて、ポジティブなイメージの言葉だと解釈することができるはずです。

言葉の語源を調べてみると、今まで気づく事がなかったような素敵な意味を知る事が出来ますので、切ないだけにとらわれずに、様々な語源についても知っていただきたいと思います。

関連語

切ないという言葉に関しては、かなり似ている意味が複数存在していると感じる方も多いと思います。