最近の若い人達や幅広い年代で使われているのがツイッターというSNSのアプリです。

ツイッターの特徴はその呟きというものであり、短い文をそのまま呟くことができます。

ですがこのツイッターにも裏垢を作っているという人達が多いのではないでしょうか。

最近ではSNSで誰かわかってしまうということもありますよね。

例えばハンドルネームにしていても「この人は同級生のあの子だ」というようなことを考えたり、特定と呼ばれるいわゆる誰なのか解ったりすることもあると思います。

最近では個人情報というものが特定されてしまったり、誰だということを流したりするような人も多いです。

ツイッターをする際には十分に注意をして活用をするようにしましょう。

使い方は人それぞれですがツイッターでは情報が今膨大にあるので、それを活用しているという人もいるでしょう。

ですが中には気になる人のを見てしまったりとするような事で使う人も中にはいるのです。

ですがその時に普通に見てしまうと向こうからばれてしまうのではないかという焦りも出てくるのではないかと思います。

そんな時のためにあるのがツイッターの裏垢と呼ばれるものです。

この裏垢というのは簡単に言うとその人と特定の人でしか見れないような状況になっていたりします。

例えば会社の愚痴や不満、こういう事があったというようなことを呟く際に、特定の人、誰にも見られたくないということで使う人も多いです。

今では7人に1人のあたいがこの裏垢を持っています。

もしかすると普段接しているという人でもこの様な裏垢と呼ばれるものを持っているのではないかと思います。

ですが逆に考えると誰でも持っているという思考であれば少しは楽に思えるのではないでしょうか?

ですが裏垢と聞くと「何で作るのだろう?」と思いますよね?

実はちゃんとした理由がいくつかあるのです。

では今回は、ツイッター裏垢って何で使うのかという理由と、バレずにその人の投稿を見る方法というのをお教えしたいと思います。

今でもツイッターで裏垢を使用している人は多いはずです。

ツイッター裏垢を作る理由とはどの様なものがあるのでしょうか。

詳しく見てみましょう。

ツイッター裏垢を作る理由は?

ツイッター裏垢を作る理由というのは様々あると思います。

例えば1人だけで呟きたいがために使っている、特定などをされたくないので裏垢も利用して会社の愚痴などを言っている、不満などを言っている、普段吐き出せないようなストレスを吐いているなど様々な理由があるのです。

ツイッターをする際には普通に投稿をすれば誰でもそのメッセージを見れるようになっています。

なので他の人から見るとこの人がこの様に呟いていると表示されるのです。

ですがツイッターというのはそれだけでも色々と解ることが多くなります。

いじめなどの原因にもなったりと今では有効的に使われていないことも多いです。

また、ニュースにもなるほどの物になったりすることもあります。

ツイッターは今では皆が誰でも使用しているというイメージが強く、若い人達だけでなく、子供から大人、老若男女がツイッターをしていてその一部が裏垢を作っているということになるのです。

普段言えないようなことを言う、家庭での不満や友人、彼氏彼女の不満や悪口などを言っていたりする、会社でのストレスを晴らしているというようなことでも使ったりすることが多いのではないでしょうか?

ツイッター裏垢を作るのには理由が様々あると思いますが、皆さんはどんな理由で作っていますか?

ツイッターをしていて大きな問題になってしまうのが現実までに影響をして事件などになったりするというようなこともあると思います。

ネット環境などのSNSでは個人情報をいかに防ぐかが重要になっていますが、裏垢というのはある意味それを防いでいるといっても過言ではありません。

ツイッター裏垢って何?

ツイッター裏垢を作る理由について説明をしましたが、では実際にツイッターの裏垢とはどの様なことを言うのでしょうか?

そもそもどういうものなのかというのも解らない人もいると思います。

ツイッターというのは誰でもメールアドレスなどの登録で「アカウント」というものを取ることができます。

いわゆるログインするために必要な情報ということですね。

ツイッターをしている人は必ずそのアカウントを持っているのですが、ツイッターの裏垢ということはもう1つアカウントを持っているということになるのです。

では具体的にどの様なことを言うのか詳しく見てみましょう。

どんなもの?

裏垢というのはアカウントを更にもう1つ持つということです。

普通のアカウントでは誰でも見れるようになっているのですが、裏垢というのはその人をフォローする際には申請というものがいります。

これは鍵垢と呼ばれる状態になっていて、フォローの申請を承諾して初めてその人のツイート(投稿)を見れるということになるのです。

ようは他の人にもばれないように身内にしか知らないアカウントということになりますよね。

そしてフォローなどをしなくても鍵がついていないアカウントは投稿を誰でも見ることができるという点もあります。

なので裏垢で気になる人のことをこっそり見るということもできます。

ですがここで注意が必要なことがあり、ツイッターというのはその人の内容を見たりしにいくことでお気に入りに出てしまうという噂があるのです。

これは定かではありませんが、確かに確率は高いので裏垢で見る際にも十分に気をつけるようにしましょう。

裏垢というのは簡単に言うと誰にでも見られないアカウントと言っても良いでしょう。

若者の7人に1人が裏垢を持っている

若者の7人に1人が裏垢を持っている確率でもあります。

例えば大学生や高校生はよく裏垢も持っているという話を聞きます。

誰もがという訳ではありませんが、中には鍵垢をせずにいろいろと個人情報を流していたりするような人もいます。

これは注意をすることが必要になり、友達がしているということであれば辞めるようにしましょう。

たまに販売などを目的として使用をしていたりすることもありますが、その様な人達の場合は大丈夫だと思います。

ですが簡単に個人情報というものを曝すことがないようにしましょう。

個人情報やいろいろなことを言っているため裏垢で呟いているという人もいます。

裏垢では誰もフォローがこなければ独り言のように呟くことも可能です。

それを誰にも見られないようにするということもできます。

裏垢を作る場合は必ず鍵垢にしている状態が多いです。

ツイッターの裏垢を作る理由は?

ツイッターの裏垢を作る理由は様々あります。

例えばただ一人でつぶやきたいということであれば誰にもフォローやフォロワーがなく、1人で永遠と呟くこともできます。

ですが他にも理由というものがあると思うのです。

ツイッターの裏垢を作る理由というのは自分のことを知られたくないというのもありますし、ファンアカウントということもあります。

ファンアカウントというのはその特定の芸能人のファンで、その事に関してしか呟かないということにも繋がります。

また、画像のストレージとして利用をするという人もいるでしょう。

この様に様々な理由があるのですが、では具体的にどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

ただ一人でつぶやきたい


ただ一人でつぶやきたいというのもあると思います。

例えばこういう事があった、こういう事があって嫌な思いをしたなど、誰にも見られたくない、けれどこういう言葉を吐き出したいという時にツイッターを使うことが多いです。

その場合はフォローフォロワーは身内の人だけということが多く、愚痴として使うということも多いでしょう。

呟くというのは誰もが見られますが裏垢で鍵をつけることによりどの様に言っているのか解りませんよね。

基本的にツイートには返信などをできたりするのですが、それもフォローとフォロワーをちゃんとしていないと見ることができないのです。

裏垢を作る理由としてただ一人でつぶやきたいという時は鍵垢をつけて呟くことが多いということを覚えておくようにしましょう。

自分の感情を人に知られたくない

自分の感情を人に知られたくないということもあります。

例えば通常のアカウントであれば嫌な人や好きな人もフォローしてくれているので呟きを見られる可能性がありますよね。

ですがその人のいないところで呟きたくなるというのもあると思います。

例えば好きな人とデートができたとなればとても嬉しいですよね。

ですが通常のアカウントで言ってしまうとそのデート相手にも見られたり、また周りの友人からも見られたりするということになります。

ここで裏垢を使うことで誰か解らない、見られないという状態で呟くことで「その人だ」という特定を防ぐことができると思います。

自分の感情というのは時には嫌いなことを呟きたくなるということもあるでしょう。

その感情を誰にも見られたくないという時でも裏垢を使うことが多いです。

不満などは他の人が見ると嫌な気持ちになってしまいますよね?

それを考慮しての鍵垢として裏垢を使っているということもあるのです。

様々な思いも自由に呟くことができるのがツイッターですが、フォローやフォロワーなどの影響により呟くことができないという状況にもなると思います。

そんな時に裏垢があると便利になるので覚えておくようにしましょう。

ファンアカウント

ファンアカウントとして使っているということもあります。

例えば普段は大人しいツイートなのに裏では芸能人のファンだからとその芸能人のことばかりツイートをするという人もいます。

また最新情報を使うということで、その芸能人の新しい情報などばかりをツイートするというのもファンアカウントの特徴です。

ファンの情報などを普段のアカウントでは言えないという人は裏垢を使うことも多いでしょう。

画像のストレージとして

画像のストレージとして使うということもあると思います。

そもそもストレージという言葉をご存知でしょうか?

簡単に言うと保存をする場所ということです。

ツイッターでは画像をアップしたりすることができます。

例えば今まで貯まっているものを裏垢を利用して画像をあげたり、鍵つきにしてしまえば自分の専用としてその画像を見ることもできます。

また好きに削除をすることもできるのがツイッターの特徴でもあります。

投稿したものを削除したりすることもできるので画像を整理したいという時も直ぐに削除をすることができるでしょう。

ですが注意することは画像が多ければ多いほどツイートの数も多くなると思います。

そのため古いものはどんどん下の方に行ってしまうのでそれを見つけるのに苦労をしたりすることがあるでしょう。

画像のストレージとして使うのであれば、古いものは削除をするようにしましょう。

もしくはツイッターというのは他のツールを使っての使用もできるので、そちらの方で画像を見たりするというのも良いでしょう。

情報収集として


ツイッターを作る裏垢の1つとして情報収集をするというのもあります。

例えば何も呟かないとしても情報を見るというためだけにツイッターをすることもできるでしょう。

テレビでもニュースを見たり新聞を見て情報を収集するという人もいますが、中にはネットなども使い情報収集をするという人もいます。

特に自然災害などがあればその事を瞬時に見るということでも便利です。

様々な情報が流れるのがツイッターですのでその情報収集として裏垢を使い調べているという人も少なくないのです。

仕事関係で動作チェック

仕事の関係で動作をチェックする際に裏垢を使うということもあります。

これはプログラミングに携る人がよくする傾向でもあります。

その裏垢を利用してちゃんと呟けているのか、ちゃんとアプリなどを作成できているのかという時にその動作をチェックするために裏垢を使って実際に見てみるという方法もあるのです。

仕事関係で動作チェックをするということは通常のアカウントでは少し気がひけますよね。

誰か他の人も見るかもしれないという時にそのアカウントでしてしまうのは基本的にNGです。

仕事関係となれば必ず別のアカウントを使用するようにして、動作チェックをするようにしましょう。

本垢のイメージを守るため

本垢のイメージを守るために裏垢を使用するという人もいます。

例えば本垢、いわゆる通常使っているアカウントの方ではとても清楚なイメージで通しているけれど、裏垢では物凄いオタクであるというような人もいると思います。

裏垢と本垢のギャップの差がとても大きいと思う人もいるかもしれません。

ですが本垢のイメージを守るために使用するというのは多くいると思います。

趣味とプライベートを分けているという人もいるでしょう。

ツイッターは誰が見ているか解りません。

そのため本垢となっていてもそのイメージというのは見ている人からするとビックリしますよね。

いきなりオタクのようなことを言うとなればとても嫌な思いをされたりする人もいるでしょう。

見てる人により印象というものは違いますがイメージを守るためには裏垢も使うようにしましょう!

特定の情報を発する人をフォローするため

特定の情報を発する人をフォローするために裏垢を使うという人もいます。

どんな情報でも必要なものとそうでないものがありますよね。

例えば好きなゲームであればその情報を発信する人というのは必ずいるのです。

その事に関しての内容や知識というのは自分以外にも発する人もいると思います。

特定の情報を発するということはそれ以外の情報はいらないということにもなりますよね。

フォローしてその情報だけを見たいという人は裏垢を使用する場合が多い傾向があります。

バレずにその人の投稿を見る方法

バレずにその人の投稿を見る方法というものがあります。

例えば他の人に頼んでスクリーンショットというものをしてもらうと見ることができますし、自分以外のツイッターアカウントを作ってフォローをしたりと様々なことをしてその人の投稿を見ることができます。

仮に通常のアカウントなどで見てしまう場合には相手におすすめのユーザーとして出てしまう可能性もあるので、注意をすることが必要になります。

そこで他の人に頼むという方法や横からこっそり見るというようなこともできるのです。

ではどの様なものがあるのか具体的に見てみたいと思います。

他の人にスクリーンショットして見てもらう

他の人にスクリーンショットして見てもらうというのも1つの方法です。

例えばフォローなどをしていないけれどその人のツイートを見てみたいとなれば他の人に頼んでスクリーンショットをしてもらうようにしましょう。

スクリーンショットというのは画面を一時的に保存することです。

SSと略されることもあります。

他の人のツイートを見たいけれど自分のアカウントを使って見るのが嫌だという人は他の人にスクリーンショットをしてもらうように頼んでみてはいかがでしょうか?

自分以外のツイッターアカウントを作ってフォローする

自分以外のツイッターアカウントを作ってフォローをするというのも1つの方法だと思います。

例えば普通のアカウントではなく他のツイッターアカウントを作り自分と感づかれないようにしてフォローをするという方法もあるのです。

自分以外のツイッターアカウントというのは簡単に作ることもできます。

必要なものはメールアドレスのみなので、誰でも気軽に作ることができるのが特徴です。

ただし同じメールアドレスは使えないのでフリーで作ったりするというような人も多いでしょう。

自分以外のツイッターアカウントでフォローなどをした際には相手からもフォローが飛んできたりすることがあります。

ですがそのフォローなども鍵垢にすることでリクエストという形で飛んでくるので承諾をしなければそのまま保留という形になるでしょう。

この様な方法を使って投稿を見るというようなこともできるので覚えておくようにしましょう。

横からこっそり見る

横からこっそり見るというような方法もあります。

実際に気になる人がツイートなどをその場でしているのであればこっそり横から見ても良いのではないでしょうか。

基本的にツイッターは誰でも見れるというものなので、何を呟いているのかを見せてくれるという人も少なからずいます。

リアル(現実)で友達ということであればそのまま投稿をしていたりツイートなども見せてくれたりすることも多いので横からこっそり見るようにしましょう。

ツイッターの裏垢でも鍵をつけよう

ツイッターの裏垢でも鍵をつけるようにしましょう。

ツイッターの裏垢というのは作ればそれでよしという訳ではありません。

例えば同じ内容などを呟いていたり、似ていると思わせるようなことを呟いてしまうと特定されてしまう恐れがあるからです。

また最近では個人情報流出の問題にもなっています。

鍵をつけないでいると全てのものが曝け出される状態になるのでリツイートというものをされたり、または自分がここにいたという情報を防ぐこともできるようになるのです。

一部にしか見られたくないということであれば鍵をつけることが大事になるでしょう。

では具体的に鍵をつけるメリットについてお話をしたいと思います。

鍵をつけるメリット

鍵をつけるメリットというのは様々あります。

例えばリツイートというものがされなかったりプライバシーを保てたりするというようなことがあるでしょう。

基本的にフォローなどがきても申請をすればその人は見られるようになり、他の人は見られないというような環境にすることができるのです。

鍵をつけるメリットというのはその様なこともできるので、相手とのコミュニケーションなどをどうするかが重要になります。

ですが知らない人からフォローされたり苦手な人からフォローがされるという時でも申請をしなければ良いということになるので、それは深いメリットになるのではないかと思います。

では具体的に見ていきましょう。

リツイートされない

リツイートをされないというのがあります。

リツイートとは自分がツイートしたことに関してそのまま相手が知らせるというようなものです。

自分が呟いたわけではありませんがリツイートをすることにより、こういう事を言っていたと他のフォロワーに知らせることもできますよね。

リツイートされてしまうと様々な人に広がったりしてしまうので注意が必要にもなります。

それを防ぐために鍵をつけるということもあるのです。

また、ツイートを他の人から見られないというのもメリットの1つなのではないかと思います。

リツイートも含め他の人からツイートを見れなくする、一部しか見れないようにするというのはとても大きい機能だと思うのです。

プライバシーを保てる

プライバシーを保てるというようなこともあります。

普段のアカウントではその様なことは呟けないと思いますが、鍵をかけることで特定の人にしかツイートがされない状態になるのです。

プライバシーを保つためにも鍵をつけてプライベートと通常と分けるという人がいますが、それは裏垢と呼ばれるものになるのです。

プライバシーを保つというのは今のSNSの環境ではとても重要なことなので、プライベートなどを分けたりする際には裏垢を作り鍵をつけるようにしましょう。

個人情報の流出を防げる

個人情報の流出を防ぐこともできます。

例えば誰かから特定をされたりするのが嫌だ、この人は嫌だから一切かかわりたく無いというような事もあるのではないでしょうか。

その際に特定などをされてしまうと個人情報が流出したのと同じになりますよね。

ですが鍵をつけることでツイートを見れなくしたり、一切関わりなどを持たなくなったりするというようなこともあります。

ですが個人情報の流出というのは鍵がついていない場合にツイートをしている時に限ります。

またフォローされている誰かから言われてしまうなんていうような事もあるので危険です。

流出を完璧に防ぎたいとなればまずは鍵をつけることから始めましょう。

デメリット

デメリットになってしまうこともいくつかあります。

例えばツイッターのフォロワーがなかなか増えなかったりリツイートされなかったりと様々あると思います。

ですが基本的に裏垢に鍵をつけるということは何か理由があって作るようなものですよね。

フォロワーなどが増えなかったりリツイートされなかったりと様々なデメリットもありますが、基本的には気にしないようなデメリットが多いのではないかと思います。

フォロワーがなかなか増えない

フォロワーがなかなか増えないというのもあるのではないでしょうか。

基本的に鍵垢というのは他の人から見ると一切見えない状況になっています。

そのため鍵がついているのでということになり、誰か解らずフォローをされないということが多いのではないかと思います。

仮にフォローを増やしたいとなれば鍵垢をつけていたとしてもフォローし続けているという方法があります。

そうすることで相手ももしかすると申請をしてくれるかもしれませんよ?また身内であれば直接言うということも大事です。

そうする事でフォロワーが増えたりもするのではないでしょうか。

リツイートされない

リツイートされないというのも1つのデメリットなのではないかと思います。

基本的にリツイートというのはその人がこの様なことを呟いていたということでリツイートをするということになりますが、基本的に鍵垢に対してのリツイートというものはされない状態になります。

鍵垢の状態で他の人の呟きをリツイートすることは可能ですが、鍵垢の人のツイートをリツイートするということはできないのです。

フォロー承認が面倒

フォロー承認が面倒になるというのもあります。

フォローされる際には必ず承認をしてから見られるようになるので、そのフォローの承認が面倒になるというような事もあるのではないでしょうか。

例えば知り合いを数人といっても20人近くいるのであればその人数分承認をしなくてはいけません。

100人となれば更に承認をしなくてはいけなくなるでしょう。

フォロー承認が面倒というのもデメリットになるので覚えておくようにしましょう。

ツイッター裏垢をバレないようにする方法

ではツイッター裏垢をバレないようにするにはどの様なことをすれば良いのでしょうか?

例えば新規のメールアドレスで登録をするというのも良いですし、ログイン情報などを残さないというのも1つの方法です。

何より一番大きいのはツイッターを作る際のIDを全く関係のないものにするというものです。

例えば趣味のものと同じ誕生日という訳ではなく、適当な数字を入れてその後に趣味という形のようなIDにすると誰だという形になります。

とにかく自分の素性というものがばれないようにすることが大切です。

新規のメールアドレスで登録

新規のメールアドレスで登録をするという方法もあります。

ツイッターではメールアドレスなども公開されることがあるので、検索をしてしまえばそのツイッターアカウントがかかってしまうというようなこともあります。

その様なことを防ぐためにも新規のメールアドレスを使うようにすることが大切になるでしょう。

ログイン情報を残さない

ログイン情報を残さないというのも1つの方法です。

ログインをした時にはいつログインをしたなど情報を残すことができますが、それを残さないという方法もあります。

IDは全く関係のないものに

IDは全く関係のないものにするというのは一番良い方法です。

例えばIDが共通する趣味と誕生日であれば誰か解ってしまいますが、趣味の文字を入れて別の数字などを入れると全く違うものになるでしょう。

そして相手から見た時には誰だ?という形を取ることができるので、IDは全く関係のないものにすることが大切です。

ツイッター裏垢を作る時は慎重に(まとめ)

ツイッター裏垢を作る時には慎重にすることが大切です。

特に誰にも見られたくないということであれば鍵をつけることが大事になるでしょう。

他にも様々なことを注意することはありますが、裏垢の特定などをされたくないという人は全く関係のないIDにしたりすることも大切になるでしょう。

様々な理由でアカウントを作成している人も多くいると思いますが、その時にはちゃんと管理をすることも大切になります。

ツイッター裏垢というのは鍵垢のことを言われたりもするので、ちゃんとプライベートなどを分ける際には気をつけて使うようにしましょう。