私たち人間は様々なコンプレックスを抱えながら生きていると言っても過言ではありません。

なぜならば、世の中に存在しているたくさんの人間が自分に対してコンプレックスを感じているからです。

あなたは今の自分自身に欠点や不安要素などが全くないと言い切れますか?

おそらく、この質問に対して、無いと言い切れる出来る人間はそうはいないでしょう。

なぜならば完璧な人間はこの世の中にはいませんし、不安に感じていることが人間ならば一つや二つは抱えているのが当たり前だからです。

だからこそ私たちは完璧な人間になるために様々なことを努力して欠点を長所に変えたりするようにしているのです。

しかし、どれだけ時間をかけたとしても完璧な人間になるには相当な時間と努力が必要になります。

苦手な事を得意にするにはそれ相応の大きな練習が必要になるからです。

場合によっては努力では解決できないような問題もあるでしょう。

なので、努力する事も大切ではありますが、時にはそれを個性として認めてあげる事も大切です。

自分の考え方を変えれば、以外と気にならないようなコンプレックスなどは意外と世の中たくさんの事があるものです。

そこで、今回は肌の色をテーマにし、色黒になってしまう人の原因と対処法についてご紹介していきたいと思います。

️色黒でお悩みの方へ

自分の肌の色で悩みを抱えているという方は意外とたくさん存在しています。

おそらく、男性に関してはそこまで自分の肌の色に関して悩みを抱えている人は少ないでしょう。

しかしながら、女性に関しては自分の肌に悩みを抱えている人はたくさんいるはずです。

特に、色が白いということについて悩んでいる人は少なく、大抵の場合が自分の肌の色が黒いことに対してコンプレックスを抱えたり悩んでしまっている場合が多いです。

なぜ自分の肌の色が黒いことがコンプレックスに感じるのかと考えた時に、肌の色が白いのと黒いのとでは相手に与える印象が全く違うようになり、一般的に考えると女性は白い肌の方が美しい印象を与えやすいと考えているからです。

現実的に考えて、確かに白い肌をしている人の方が魅力的に感じると答える人は多いかもしれません。

より女性らしさを感じたり、透明な白い肌が女性特有のか弱さなどを演出してくれる効果も持っていますので、そう思われるのかもしれません。

しかし、黒い肌が嫌いだと思っているような人は少なく、中には黒い肌が好きだと思っているような人もいるので、それはあくまで個人的な偏見でしかないという事には気づくべきです。

しかし、そうはいっても自分の悩みを簡単に頭の中で解決するという事はなかなか難しいです。

なぜなら、悩んできた時間が長ければ長いほど問題はより深刻に感じる傾向にあるからです。

しかし、少しでも悩みを改善したいと思うのであれば、考えるだけでは何も変わらないので、肌を白くする行動を取る必要性があります。

そして、肌を白くする行動を知るためには、まずは肌が黒くなってしまっている原因を見つけ出す必要性がある事を理解してください。

世の中は美白ブーム


なぜ女性がここまで白い肌を追い求めるのかと考えた時に、考えられる理由の一つとしては世の中全体が美白ブームになっているからということが考えられます。

人間というのは不思議なもので、世の中で巻き起こっているブームに乗っている事で認めらえる感覚を味わっています。

それはファッションも同じであり、ファッションに関してもトレンドになっているファッションに身を包んでいる事でお洒落な雰囲気を醸し出すことが出来ますし、まわりもお洒落だと認識するようになっています。

それを突き詰めて考えてみると、それは衣服であろうが、肌であろうが全く同じなのです。

美白ブームだからこそ白い肌が人気になっているだけであり、もしも黒肌ブームが来た時にはおそらくたくさんの方は黒い肌を追い求めるものです。

なので、根本的に考えると自分の肌の色なんて気にする必要性はないのです。

一つ例を挙げるならば今はフランスでは美しい白い肌よりも、美しい日に焼けた肌の方が人気になっています。

確かに白い肌をしている方が女性らしく、か弱い印象を与えられるかもしれませんが、黒い肌だって健康的でセクシーな印象を与えることが出来ます。

結局どっちの肌にもそれぞれの魅力というものが存在しているのです。

それを踏まえて考えてみれば、やはり自分の肌の色なんか気にする必要性はないのです。

自分で思い込んでいるほど、そこまで黒い肌に関して思い悩む必要がないという事もひとつの概念として持つようにしてみてください。

どうしても気になってしまう黒い肌…

自分の肌の色なんか気にする必要はないと言っても、それでも気にしてしまう人はたくさん存在しています。

どうしても自分の悩みが心のどこかにいつも存在し、それが気になってしまうのです。

悩みというのはそのような性質を持っており、周りからしてみればそこまで深刻ではないと感じても、自分だけが深刻だと感じてしまいやすいのです。

なので、気にしなくても良いレベルの悩みならば気にしないのが一番ですが、それが簡単にできないからこそ悩んでいるのです。

そう考えてみると、大事なのは自分にできる努力を最大限行ってみる事です。

ただ悩みとしていつまでも抱え続けてしまうと、解決もしませんし、悩みが大きくなる一方だと思います。

しかし、悩みを解決するために必死になって努力をした場合、努力によって自分の悩みが改善された場合は大きな自信につながりますし、たとえ実現することができなかったとしても、必死になって努力をしたという経験が必ず自分の中の一定の自信に繋がるようになります。

どう転んだとしても、本気で必死になって頑張った経験は必ず自分自身の自信につながりますので、自分を変えたいと思うのであれば必死になってる努力をしてみましょう。

黒い肌にだったとしても、工夫によっては白い肌を手に入れられる可能性がたくさんあります。

自分の生活に何か原因があって黒い肌になっているのか、それとも生まれつきなのかは個人差がありますが、いずれにしても原因が必ずあるはずなのでまずはその点を理解する所から問題解決をスタートさせていきましょう。

️色黒になってしまう7個の原因


自分の肌が黒くて悩んでいるのであれば、まずはじめに考えなければいけないのは自分の肌の色が黒くなってしまう原因を見つける必要性があります。

先ほども触れたとおり、自分の肌が黒くなってしまう原因を見つけて、それを理解し、そうならないようにするために何かしらの行動、対策などを取る必要性があるからです。

そうすることによって、場合によっては自分の肌の色を白くすることができるようになるからです。

しかしながら、人によって元々生まれ持っているものは違いますので、先天的に肌の色が黒い人なども存在しているはずです。

あなたの周りにも同じ日本人なのに肌の色がもともと黒い人もいれば、もともと白い人の存在していますよね。

この前に関しては遺伝が関係している可能性がありますので、どんな工夫を行っても自分の遺伝子に逆らうことができないため改善できる可能性はとても低い可能性があるという事は踏まえておかなければいけません。

そもそも自分の両親の肌が黒い場合は子どもも黒くなりやすく、両親の肌が白い場合は子供を白くなりやすいです。

これまでに生まれ育ってきた土地柄なども関係しており、北海道の人と沖縄の人では全く肌の色が違いますよね。

これは太陽の日照時間の影響なども関係があります。

結局は気が気によって生成されるメラニン色素の量などが関連していると考えることが出来ます。

なので、先天的な場合は難しいですが、後天的な場合は改善の見込みがあるという事を理解した上で、これからご紹介する原因に該当していないかどうか自分の事をよく振り返ってみてください。

UVケアをしていない

まずはじめにご紹介する自分の肌が黒くなってしまう理由はUVケアをしていないという事が挙げられます。

UVケアをしないとなんで肌の色が黒くなるのかと考えた時に、UVケアをしていないと自分の肌が日焼けをしてしまうので黒くなってしまう可能性が高いからです。

これは誰でも知っている事実だと思いますが、自分の肌に直接紫外線が照射されることによって、自分の肌の奥底に存在しているメラノサイトが活性化することによって、メラニンという成分が作り出されることが判明しています。

このメラニンに関しては、自分の体を紫外線から守るという働きを持っている成分になるので、たくさん紫外線が当たればなるほどメラニンが発生し、自分の肌を守ってくれるようになります。

一見するとこれは良いことかもしれませんが、このメラニンが大量に発生してしまうことによって自分の肌が黒くなってしまうようになるのです。

なので、真夏に海水浴に行った時にUVケアを行わないと肌が真っ黒に焼けてしまうようになるのです。

それを踏まえて考えてみると、UVケアをしていないという事は肌が黒くなってしまう原因になると考えることが出来ます。

毛穴が詰まっている

自分の肌が黒くなってしまう原因の一つに毛穴が詰まっているということが挙げられます。

なぜ毛穴が詰まることによって自分の肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、あまり知られていませんが毛穴が詰まることによって詰まった毛穴の部分が黒ずむようになっているのです。

なぜ毛穴が黒ずんでしまうのかと考えた時に、本来であれば私たちの毛穴に皮脂が詰まった場合は白い塊の角栓ができるようになっています。

その白い塊の角栓ですが、これがそのまま放置されてしまうと様々なゴミがついてしまいます。

それは長い期間放置され、さらに長時間酸素に触れ続けることによって酸化してしまい、最終的にメラニン色素が分泌されることによって黒くなってしまうようになるのです。

なので、自分の肌の毛穴が詰まった状態を放置してしまうと自分の肌が黒くなってしまう原因になり得るのです。

きちんと自分の肌の手入れをしなければ、見た目が悪くなってしまうのはもちろんのことですが、その黒ずみが美容にとって大敵になるということも把握しておかなければいけません。

いつまでも美しい肌を保ちたいと思うのであれば、こまめに自分の肌については気遣ってスキンケアをしてあげる必要性があります。

血行が悪い

きちんと日焼けの対策などを行っているのに、どうしてもいつも顔が黒くなってしまうと考えている人は、もしかすると血行が悪いことが肌を黒くしてしまっている原因になっているかもしれません。

なぜ血行が悪くなると自分の肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、血行が悪くなってしまうと自分の体の中をめぐっている血の巡り自体が悪くなるので、必要な栄養素などがいきわたりにくくなってしまいます。

なので、その結果自分の顔が青黒く見えてしまったりする場合が生まれてしまいます。

特に注意しなければいけないのは、同じ姿勢を長時間取り続けるデスクワークなどに携わっている女性です。

長時間同じ姿勢を取り続けることによって運動不足などを招き、体の血の巡りが悪くなってしまいます。

そうなってしまうと、単純に顔色が悪くなるだけではなく、貧血や肩こりなどを招いてしまったりする可能性もあります。

もしも自分の携わっている仕事が同じ姿勢を長時間取り続けるような仕事で、仕事中いつも顔色が悪くなっているのであれば結構が悪くなっている可能性を想定しておきましょう。

不規則な生活リズム

自分の肌が黒くなってしまう原因の一つとして不規則な生活リズムが理由の一つだと考えられます。

なぜ不規則な生活リズムをすることによって肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、不規則な生活リズムをすることによって自分の肌のターンオーバーが乱れてしまうことが原因になります。

そもそも肌のターンオーバーというものは肌の新陳代謝のことを意味しています。

私たちの皮膚に関しては三つの種類に分けることができ、表面から(表皮、真皮、皮下組織)の順に分けることが出来ます。

これらが内側から外側にだんだんと流れていくことによって新しい肌が作り変えられていくのです。

これがターンオーバーの仕組みであり、このターンオーバーに関しては不規則な生活リズムをすることによって乱れてしまう可能性がとても高いのです。

でもなぜターンオーバーが乱れてしまうと肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、ターンオーバーが乱れてしまうことによって体の中に存在しているメラニン色素が自分の皮膚の中に残ってしまうようになるのです。

先ほどはご紹介したようにメラニン色素に関しては自分の肌を黒く見せてしまう成分です。

このメラニン色素が体の中に溜まってしまうと肌が黒くなってしまうようになりますので、結果として不規則な生活リズムをすることによって自分の肌が黒くなってしまうと結論付けることができるのです。

スキンケアを怠っている

色々と気にしてはいつつも、どうしても自分の肌が黒くなってしまうと感じている人はスキンケアを怠っている可能性があるかもしれません。

なぜスキンケアを怠っていると肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、きちんと洗顔を行ったりしないと自分の肌の皮脂が溜まって行ったり、化粧などが残ってしまっていると肌がくすんだままとなり、黒ずんでしまいがちになります。

なので、きちんとスキンケアを行うことによって肌を白く保つことが出来るようになります。

できれば洗顔だけではなく、自分の肌を美しく白くするような効果、つまり美白効果を持った化粧品などを使う必要性もあります。

これらのケアを行っていないで肌の色が黒くなっているのは完全に努力不足です。

化粧をいちいち落としたり、面倒なスキンケアを行ったりするのは苦痛に感じるかもしれませんが、自分の肌を綺麗に保ったり、白く美しくするためには必ず必要な行為になりますので面倒くさがらずに必ず徹底するようにしてください。

ストレスが溜まっている

肌が黒いと悩んでいる人の中にはストレスが溜まっていることが原因になっている可能性もあります。

なぜストレスが溜まってしまうと自分の肌が黒くなってしまうかと考えた時に、ストレスが溜まってしまいますと自分の体の中に活性酸素が増えてしまうということが判明しています。

そしてその活性酸素が過剰に発生することによって自分の体の処理のスピードが追いつかなくなってしまい、自分の体の中の細胞の酸化が進んでしまうことになってしまいます。

そして酸化が進んでしまうことによって活性酸素焼けという症状が起きてしまい、発生した活性酸素が様々な作用をもたらして自分の体の色素細胞を刺激して最終的に自分の体が黒くなってしまうようになるのです。

まさかストレスが原因で自分の肌が黒くなってしまっているということはなかなか考えつかないことでもありますので、気づきにくい問題ではありますが、自分の心の中に大きなストレスが常にかかっている状態ならばこの点を改善するようにしてみてください。

活性酸素を放置しすぎてしまうと、肌が黒くなってしまうだけではなく、その黒くなってしまう原因として老化、シミ、そばかす、動脈硬化などを引き起こす可能性もありますので、十分注意するようにしてください。

肝機能が低下している

肝機能が低下することも自分の肌を黒くしてしまう原因になってしまいます。

なぜ自分の肝機能が低下することによって肌が黒くなってしまうのかと考えた時に、肝機能が低下することによって自分の体の中に存在している腎臓の負担が大きくなります。

腎臓の負担が大きくなることによって腎臓の機能がうまく機能しなくなってしまい、腎臓の機能の一つでもあるろ過がうまく行われなくなってしまい、それが原因で自分の体の中に老廃物が溜まってしまう状況になります。

自分の体の中に老廃物がたまっている状況が長く続いてしまいますと、体の新陳代謝が行われづらくなってしまい、その結果として自分の皮膚が黒ずんでしまう結果を招いてしまうのです。

なので、自分の肝機能が低下してしまうと肌の色が黒く見えてしまうようになるのです。

それだけではなく、肝機能が低下した状態で活性酸素が存在していると、活性酸素の影響を受けて顔がどす黒くなってしまうことでも知られています。

あまり知られていませんが、腎臓病になったりすることによって自分の肌がどす黒くなってしまうことも症状の一つとして知られていますので、体の内面も自分の肌の色に関係する大きな要因になるという事をよく理解しておいてください。

️色黒になってしまう人の対処法

自分の肌を黒くしてしまう原因は想像よりもたくさん存在していますので、それに伴って対処法に関しても様々な方法が求められます。

間違った対処法をし続けても、根本的な原因をなくすことができなければ継続して肌が黒くなってしまう一方なので、まずは原因を見つけ出してそれからそれに基づく対処法を行うようにしてみてください。

実践していただく事により、想像よりも簡単に肌の色を改善することが出来る可能性があるかもしれませんので、肌の色に悩んでいる方は、積極的にこれからご紹介する対策を取り入れるようにしてみてください。

徹底的な保湿をする

もしも最近自分の肌が色黒になってしまっていると感じてるならば、徹底的に保湿をするように心がけてみてください。

なぜ保湿をすることによって色黒を改善できるようになるのかと考えた時に、保湿をすることによって自分の肌の老化を食い止めることができるようになります。

肌の保湿を好まないと肌の新陳代謝などがうまくいかなくなってしまい、ターンオーバーが乱れてしまう可能性もあります。

きちんと定期的に保湿をすることによってそれを防ぐことができるようになりますので、必ず自分の肌の保湿ケアを怠らないように注意してください。

日焼け止めを欠かさず塗る

肌が色黒になってしまう人は必ず外出する時は日焼け止めを塗るようにしてください。

もしも自分の肌が日焼けによって黒くなってしまっているのであれば、必ず日焼け止めを塗るようにしないと、肌を白くすることができません。

特に、夏の時期に関してはちょっと外出をするだけでも日焼けをしてしまったりする可能性が十分考えられます。

もちろん、夏の時期だけでなくても、日差しが強い時に関しては紫外線の影響を受ける可能性は十分考えられます。

なるべくであれば日焼け止めを塗ったり、外出する時には日傘をさしたりすることによって紫外線をカットすることができるようになりますので、日常生活で工夫できる点して取り入れてみてください。

ちなみに、日焼け止めをあまり使ったことがない方からしてみれば日焼け止めの選び方が分からないと思いますが、簡単に選び方のポイントをご紹介しておきます。

日焼け止めに関してはSPFとPAという文字の記載があります。

SPFはサンプロテクションファクターと呼ばれるUV-Bをカットする効果の数値です。

そしてPAはプロテクショングレイドオブUBAの略称であり、UB-Aをカットする効果の数値です。

SPFに関しては数値が高い方が効果があり(数値×自分が日焼けをするまでの個人的な時間)だけ日焼けが発生する時間を遅らせる効果を持っています。

そしてPAに関しては+の数だけ効果が高いと言われています。

ちなみにUB-Aはしわやたるみの原因、そしてUV-Bはシミやそばかすの原因になりますのでその点を注意して日焼け止めを選ぶようにしてみてください。

ピーリングをする

肌が色黒で悩んでいる人はピーリングを導入してみることによって自分の肌の色を改善することができる可能性があります。

そもそもピーリングとは何なのかと考えた時に、ピーリングは古い角質を取り除いてターンオーバーを正常化する角質ケアの方法として知られています。

なので、ピーリングを行うことによってターンオーバーを正常化させることができますので、乱れているターンオーバーを元に戻す効果を得ることができます。

ヒーリングの方法に関してはさんを直接肌に塗りつけて角質を溶かしていくケミカルピーリングと、物理的な力を使って強制的に確立を剥がしていくレーザーピーリングと呼ばれる方法があります。

外国人と比べて肌が敏感な日本人が行う方法としてはケミカルピーリングの比較的天然由来成分を用いたピーリング石鹸やピーリングジェルを使ってピーリングを行う方法が一般的です。

しかしながら、クリニックに通うことによって比較的効果の高い強い成分を持ったピーリングを行うこともできますので、その点は自己判断で方法を選択してみてください。

薬局などにはピーリングに関するケアグッズなどは販売されていますので、気になるものがあれば購入してお風呂などで使用するようにしてみてください。

ビタミンCを摂取する

肌を白くしたいと思っている人にオススメできるのはビタミンCを摂取することです。

なぜビタミンCを摂取すれば肌が黒くなくなるのかと考えた時に、ビタミンCを摂取する事により、活性酸素を抑えてくれる効果を得ることができるからです。

ビタミンCを摂取する事により活性酸素を抑えて、体のの内面から肌を白くしてくれるようになります。

先ほど触れたように活性酸素を放置してしまうと、酸化して肌のトラブルを招いてしまいやすいので、なるべく身体の内側からもケアをしていく必要性があります。

ビタミンCを摂取する際にはビタミンCが多く含まれているレモンなどの食品を摂取する必要性がありますが、簡単に摂取するためにはドリンクタイプのものがおすすめです。

今ではたくさんのビタミンCが摂取できる飲み物などが薬局で販売されていますので、気になるものを購入して飲む習慣をつけてみてください。

寝る前に飲むと体内に長くとどまってくれますのでおすすめですよ。

美白スキンケアをする

自分の肌を綺麗に白くしたいのであれば美白スキンケアを行うことも一つの方法です。

現在では薬局に足を運べば、たくさんの美白スキンケアのグッズが販売されています。

たくさん種類がありますので、どれにすればいいのか迷ってしまうかもしれませんが、美白スキンケアに関しては選ぶときにビタミンC誘導体が含まれているものを選ぶようにするのがおすすめです。

なぜならば、ビタミンC誘導体を配合している化粧品は美白予防と美白対策の2つの効果を持っている事でも知られています。

なので、これ以上黒くならないように働きかけてくれるだけではなく、しっかりと今の肌も綺麗にしてくれるように動いてくれますので、美白に関してはとても頼りがいのある成分なのです。

それ以外にも肌が乾燥してしまうのを防ぐことも出来ますし、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれることでも知られています。

ビタミンC誘導体に関しては肌の刺激も少ないことで知られていますので、敏感肌の方にも安心して使っていただけますので、試してみてください。

【美白クリームの選び方は、こちらの記事もチェック!】

ストレス解消をする

自分の肌が黒いと悩んでいる方で、もしもストレスが多く溜まっているのであれば、ストレスを解消するように行動する事もお勧めの対処法です。

なぜストレス解消をすると肌が黒くなくなるのかと考えた時に、先ほど触れたように、ストレスが溜まってしまいますと自分の体の中に活性酸素が増えてしまうということが判明しています。

その活性酸素が過剰に発生することによって自分の体の処理のスピードが追いつかなくなってしまい、自分の体の中の細胞の酸化が進んで肌が黒くなってしまいます。

そして自分の体の色素細胞を刺激して最終的に自分の体が黒くなってしまうようになりますので、必ず多大なストレスを感じているのであれば、ストレスを解消するようにしてください。

そうする事で体の内側にある悪い物を除去してくれるようになりますので、精神的な健康と美しい体を手に入れる事ができるはずです。

体を動かすようなストレス解消法でも、自分なりに簡単にできる趣味などでもなんでもけっこうですので、何かしらのストレス解消法を見付けてみてください。

【ストレス解消法は、こちらの記事もチェック!】

ボディケアをする

自分の肌が色黒になってしまう人の対処法としてボディケアをすることもおすすめの方法です。

なぜボディケアをすることによって肌が白くなるのかと考えた時に、肝機能などが低下してしまっていると先ほどご紹介したように肌が黒くなってしまいますので、自分の体のケアを行うようにすれば体の内面からケアして肌を白く綺麗にすることが出来るからです。

では具体的に肝機能などを向上させるためにはどのようなことをすれば良いのかと考えた時に、おすすめなのは肝臓に良い食べ物を摂取したりすることです。

肝臓に良い食べ物はどのようなものがあるのかと考えると、枝豆や豆腐、納豆やしじみなどの食品がおすすめです。

それ以外にもキャベツ、梅干し、もやし、カレー、などが存在しています。

基本的にはバランスの良い食事がお勧めであり、コンビニのお弁当やポテチなどはなるべく食べない方がお勧めです。

また、お酒の飲みすぎには注意が必要になりますので、お酒好きの方はその点を注意をするようにしてください。

️色黒でも肌がキレイなら悪くない!

自分の肌が色黒で悩んでる人はたくさんいると思いますが、安心していただきたいのは結局色が白くても色が黒くても、そこまで大きな影響力はありません。

例えば、あの人は肌が黒いから綺麗じゃない、なんてこと絶対にないですよね?
肌が綺麗であれば色黒でも色白でもどっちでも問題ないのです。

自分の肌の色はそこまで過剰に気をつける必要はありませんので、それよりも美しい肌質を手に入れられるように努力をしてみる方がおすすめですよ。

色黒でもきれいだと言われている芸能人などもたくさんいますし、健康的なイメージを与えられるメリットもありますので、自分の個性として受け入れる事も大切な対象方のひとつと考えるようにしてみてください。