好きな人がいたとします。

ですがその人から嫌われてしまったというような事はありませんか?

例えばふとした言葉が相手を傷つけてしまった。

告白をしようと思っていたのに相手を傷つけてしまい全てが台無しになったなど、その様な経験をしたことがあるという人はいるのではないでしょうか。

好きな人に嫌われるというのはとても嫌なことですよね。

現実逃避をしたくなる原因にもなります。

基本的に現実逃避をしてしまうと全てを投げ出したくなったりすることもあるでしょう。

ですが嫌われたということは必ず原因となるものがあります。

例えばメールを頻繁に送りすぎていたりしませんか?

今ではLineになりますが、メッセージを多く送っていたり、毎日の様に話をしていたり、逆に好きだと告白してそれを圧したりしたのではないですか?

特にショックを受けると言えば悪酔いで迷惑をかけた場合なのではないでしょうか。

悪酔いをしたということはその事を覚えていないということになります。

基本的に記憶が飛んでいるということにもなるので、何をしたかすら覚えていないということもあるでしょう。

その時に嫌われるようなことをしてしまうと、とても辛いように思えますよね。

今回はそんな経験をしているという人に9個の原因と対策をお教えしたいと思います。

好きな人に嫌われたと思っていても落ち込まない、現実逃避をしないということが大切です。

何よりも直ぐに諦める人が多いですが、時には諦めずにそのままアピールなどを続けても良いのです。

諦めるにはまだ早いという人が数多く、相手を本気にさせて付き合って結婚をしたという人も中にはいるのです。

ではどの様なことをすれば相手に近づいたりすることができるのでしょうか。

詳しく見てみたいと思います。

好きな人に嫌われてしまったあなた必見!

好きな人に嫌われてしまったというあなた!必見です!好きな人に嫌われるというようなことは誰でも経験があると思います。

例えば好きな人に頻繁にメールを送っていたらいつのまにか既読無視などをされてブロックされてしまったなんていうこともあるでしょう。

実際に会っても話を聞いてくれないというようなことにもなるかもしれません。

ですが理由というものが必ずあると思います。

好きな人に嫌われてしまった理由というのを考えだし、今直ぐに対処をするというのではなく、ゆっくりと関係をまた築くようにすれば良いのです。

直ぐにあきらめてしまうという人も多いでしょう。

ですがそれはNGなのです!好きであればまだ諦めるというような言葉は出てこないと思います。

嫌われていても諦めないようにしましょう!

好きな人に嫌われる9個の原因とは?


好きな人に嫌われる9個の原因というものがあります。

心当たりのある人もいるのではないでしょうか?例えばしつこく話しかけたというのも1つあるでしょう。

好きな人と話すというのは何よりも楽しくて毎日してしまいますよね。

ですがそれをしつこく話しかけたりするとなると逆効果になってしまい、鬱陶しいと思われてしまう可能性があるのです。

また好きだというアピールをしすぎて引かれてしまったというような事もあります。

1度ではなく2度も告白をしてアタックをした、好きだとアピールをしたとなれば相手も少し距離を置いてしまいます。

今ではLineというものがあったりTwitterというのもありますが、相手のことを詮索しすぎるのもよくありません。

友達から話を聞いたりSNSを詮索したりするというのも相手に感づかれてしまうので距離をおかれたり嫌われたりすることもあるのではないでしょうか。

嫌われる原因というのは様々なとことでおきてしまいます。

まれに勘違いで嫌われているというようなこともあるのではないかと思いますが、その勘違いというのは嫌われているのではというのではなく、嫌われている原因が違うというようなこともあるのです。

しつこく話しかけて嫌われたというのではなく好きというアピールをしすぎて引かれていたとなれば勘違いにもなりますよね。

好きな人に嫌われるというのはとても嫌なことでいろいろと考えたりしますが、嫌われた原因というのは必ずあるので、それを明確にまずはしすることが必要です。

では詳しい原因というものを見てみたいと思います。

1.しつこく話かけた

好きな人と話すのはとても楽しいですよね。

ですがしつこく話しかけていたなんていうことはありませんか?相手との話をするというのは相手も最初は楽しいと思っていたりしていたでしょう。

ですが途中から忙しい時にも話かけてきたり、何かしている時にも話かけるというのは「しつこい!」と思われる原因になってしまうのではないでしょうか?

心当たりある人はいませんか?

確かに好きな人と話すことは楽しいですし、相手も最初はとても楽しいと思っていたはずです。

ですが相手にも事情というものがありずっと話すというような事はできないということです。

好きな人に嫌われる前にある程度の距離で話すことができる関係が一番良好に保つことができるでしょう。

一番NGな行動としては毎日のようにしつこく話しかけるというものです。

気をつけるようにしましょう。

2.「好き」アピールしすぎて引かれた


「好き」というアピールをしている人もいるでしょう。

ですがそれをしすぎるとどうなると思いますか?

相手からして見ると最初は嬉しいとなりますが、どんどんそのアピールが多ければ多いほど「面倒だ」と思われてしまう可能性もあります。

基本的に「好き」というアピールはとても熱意があり、相手にも伝わるので相手からするととても嬉しいことでしょう。

ですがそれをしすぎるというのが一番よくありません。

基本的には「好き」アピールをする際には適度にを心がけることが大事です。

頻繁に言ってしまうと「本当にそうなのか?」と疑問にも思われてしまうことが多いので気をつけるようにしましょう。

現にその様な環境になっているという人は、嫌われる前に対策をすることもできます!当たって砕けるという精神はとても良いですが、頻度はほどほどにしましょう。

3.周囲の人に冷やかされた

周囲の人に冷やかされたというようなこともあります。

例えば周りの同級生から「好きなんだろ」と言われたり「告白されたけどどうするの?」などと言われたりするような事はありませんか?

小学生や中学生の頃はそれで冷やかされるというような事が多かったのではないでしょうか?

ですがこれは大学生や社会人になっても同じようなことをする人達が多いです。

その冷やかしの影響で嫌われてしまったと思う人も多いのではないでしょうか。

周囲の人は冷やかしでも冗談を交えて言うことが多いですが、本人達はそれを真に受けてしまいますよね。

その事がきっかけで連絡を取らなくなったというのもザラなのではないでしょうか?

周囲の人に冷やかされるというのは嫌なことですがそれでも諦めないことが大切になるのです。

4.メールやラインを頻繁に送った

メールやラインを頻繁に送ってはいませんか?今ではお手軽に相手とのやりとりをすることができるようになった時代ですよね。

昔はLineというものはなく、文通のやり取りかメールでのやり取りというのが多かったのではないでしょうか?

メールも普通に純粋なメールであり、今の環境は誰でもスマートフォンなどを持っているのでお手軽に連絡を取ることができますよね。

なので好きな人に対してつい頻繁に話しをしてしまった、メールやLineを送ってしまったということになればそれは相手からすると「頻繁にくるから少し距離を置こう」という気持ちが出てきてしまいます。

メールやラインというのはとても便利ではありますが、恋愛においてはときに落とし穴になってしまうので注意をするようにしましょう。

5.あれこれ詮索した

あれこれ詮索をしてしまったなんていうことはありませんか?

好きな人の友達に「あの子は何が好きなのか?好みは何なのか?今日はどういう事をするのだろうか?」というように聞いたりしたことはありませんか?

それが原因で好きな子からすると友達には「申し訳ない」という気持ちが強くなり関わるのを止めようと思ったりすることもあるかもしれません。

詮索をするというのはどうしても相手のことが気になってしまいしてしまうという事もあるでしょう。

ですが好きなのであれば詮索などをするのではなく、堂々としていることも大事です。

詮索というのはときには行き過ぎてしまうと時には相手のプライバシーにも反することが多くあります。

詮索のしすぎには十分に気をつけるようにすることが大事になるでしょう。

6.ネガティブなことや愚痴を言ってしまった

好きな人と会話をするのはとても楽しいです。

ですが時には相談に乗ってあげたり、相談にのってくれたりとしていたのではないでしょうか?

その際にネガティブなことや愚痴を言ってしまったなんていうことはありませんか?

基本的に相談に乗ったりするというのはありますが、相手からするとネガティブなことや愚痴を聞かれされるということになりマイナスな印象を与えてしまいます。

ネガティブなことや愚痴というのは誰でもあるのですが、その頻度が多ければ多いほど心配されたりすることもあるでしょう。

また、つい他の友達などについてのことを言ってしまったりもすると、相手からすると仲の良い友達にそんな事を言うなんてと思われてしまう可能性も多いです。

ネガティブな発言や愚痴というのは相手にとっても自分にとってもマイナスな事しか生まれないので注意をするようにしましょう。

常にポジティブに生きることも大切です!

7.相手のSNSを詮索しすぎた

相手のSNSを詮索しすぎたということもあるのではないでしょうか?今ではTwitterと呼ばれるSNSを始めFacebookなどもあるのではないかと思います。

その様なSNSに好きな子が登録していてフォローや友達申請などをせずにそのまま見ていたなんていうことはありませんか?

相手の行動が気になる、でもフォローや友達申請をしたくないとういう事で影で見ていたという人もいるのではないでしょうか。

FacebookやTwitterなどの特徴としては閲覧する場合は公開範囲などの設定ができます。

特に足跡機能があるという噂があるTwitterではおすすめユーザーに浮上することもあるので十分に注意をするようにしましょう。

相手が感づいて嫌に思ったりする可能性もあります。

気になるのであれば本人に直接聞いたりするようにするのが一番でしょう。

8.デートに誘いすぎた

デートに誘いすぎたので嫌われてしまったなんていうこともあるのです。

デートに誘うちうのは頻繁に多ければ多いほどその魅力がどんどん薄れてしまいます。

更に下心があるという人には相手に感づかれやすいです。

純粋な形であればそんなにデートに誘うこともなく、適度にデートをするでしょうが、下心があればあるほど頻繁に誘ったり直ぐにまた次の予定を決めたりしてしまいます。

相手にも順序というものがあって、デートに誘われすぎると飽きというのもきてしまいます。

一緒に遊ぶのは確かに楽しかったりしますが、頻繁に誘うということは止めるようにしましょう。

9.悪酔いして迷惑をかけた

悪酔いをして迷惑をかけたなんていうこともありませんか?特に悪酔いの場合は自分自身が覚えていないというような事もあるのです。

例えば一緒に飲んでいて戻してしまったなんていうこともあるでしょうが、何か変な行動をしていないかなど気になることが多いですよね。

それを好きな人の前でするとなれば尚更落ち込むでしょう。

相手も「悪酔いが凄いからあまりこの人とは行かないようにしよう」と思ったりするかもしれません。

迷惑をかけたりするのはこちらとしては当然嫌なことでもありますが、そのつもりはないのにその様な行動をしてしまったというのが一番の原因にもなったりします。

酔ってるから何でも言う、迷惑をかけてしまうなんていうこともあるでしょう。

悪酔いをして迷惑をかけるというのはとても恥ずかしいことであり、相手からすると嫌なことに繋がるのでこれだけはしないようにすることが大切です!

仮にしてしまったという人がいても後にちゃんと誠意を持って謝ることが大切です。

何も言わずにいるのが一番関係を悪くしてしまうので注意をするようにしましょう。

【悪酔いしがちな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

嫌われたかも?と感じる相手の行動とは

では9個の原因をしてしまって嫌われた?と感じる相手の行動というのはどの様なものがあると思いますか?

例えばいつも話しをしていたのに目を合わせてくれなかったり、直ぐに会話を切られたり、相手から話かけることがなくなったりするというような事があるのではないかと思います。

基本的に嫌われるということは相手からあまり連絡などをしたくないということでもあるので、それが行動に出ているのではないかと思ってしまうものは全てその様に感じてしまうでしょう。

ではどの様な行動が相手に嫌われているのだろうかと感じるのか詳しく見てみたいと思います。

1.目を合わせてくれない

目を合わせてくれないというのも1つの行動なのではないかと思います。

いつもは普段通りに話をしたり軽い感じでも話かけてくれたのにも関わらず、ある日から目を合わせてくれなかったり何も喋ってくれなかったりするなんていうことはありませんか?

そんな行動をされてしまったらこちらもどうしたのだろうかと不安になってしまいますよね。

「もしかして自分が原因なのではないか?」と考えてしまうかもしれません。

目を合わせてくれないというのは相手は見たくないという意味でもあるので、その様に捉えてしまうのも無理はないでしょう。

2.会話をすぐ切り上げられる

会話を直ぐ切り上げられるなんていうこともあるのではないでしょうか?

軽い挨拶程度で用事があるからと言われて直ぐにどこかへ行ってしまうなんていうこともあるでしょう。

この様な状態の時は会話を直ぐに切り上げられると同時に直ぐに移動をしてしまったり、その場から離れたりというようなこともあります。

なのでそれを感じてしまい嫌われたのではないかと思う人も中にはいるのではないでしょうか。

3.メールなどの返事が短い、遅い

頻繁にメールなどをしていてよく話しをしていたのに最近では返事が遅い、短いというようなことはありませんか?

メールなどに関してはいつ見たのか解らない状態になっていますよね?

なのでいつ頃返ってくるのだろうとワクワクすることもあるでしょう。

ですがその1日が終わる頃にやっとメールがきたりするなんていうこともあるのではないかと思います。

いつもは頻繁にしていたのにと思うこともあるかもしれません。

4.相手から話かけてくることが無い

相手から話かけてくることが無いというのもあるのではないかと思います。

いつもは向こうからきてくれたのに、距離を置かれたりしたせいなのか向こうから話かけることがないなんていうこともあるのではないでしょうか?

それにも必ず原因となるものがあるのです。

昨日の会話からや普段の行動からなど様々なことを考えると思います。

その際は一旦冷静になって何が原因になっているのかを考える必要もあるのです。

5.未読スルーされる

未読スルーされるというのもあります。

未読スルーというのはまだ読んでいないということですがこれはLineでよく使われる言葉で、相手からの返事をそのまま無視するということでもあります。

Lineの場合はそのメッセージを見たかどうか解るようになっているので、仮に見た場合は「既読」という形で表記をされるようになっています。

ですが未読スルーの場合は見ていないということになるので、見る気がない、忙しいのどちらかとして捉えることができるでしょう。

悪いことをしたと思った後日からこの様なことが頻繁に起こった場合はそれが原因になっているかもしれませんよ?

【未読スルーされた時は、こちらの記事もチェック!】

6.笑顔を見せてくれない

笑顔を見せてくれないというのはとても悲しいですよね。

自分の影響で好きな人が笑顔を見せてくれないとなればとても悲しく感じるのではないでしょうか?

この場合はただこちらに非があったという訳ではなく、相手の問題ごとでその様になっているという可能性もあります。

ですがこちらと会うたんびに笑顔を見せてくれないとなるとこちらに問題があるのではと思ってしまいますよね。

7.近付こうとしたら去って行く

近付こうとすると向こうから去って行くなんていうことはありませんか?

例えば話をしようと思って近付こうとしても向こうが直ぐに友達と話しに行ったりするなんていうことがあるのではないでしょうか?

近付こうとしたら去るということは何かの原因があってその様な行動を取っているということになります。

心当たりがあるという人はもしかすると原因があるのではないでしょうか?

好きな人に嫌われた時に効果的な対策とは?

好きな人と会話をしたり実際に会ってデートに行くというのはとても楽しいですよね。

ですがそんな人から嫌われてしまった、終わったというのではなく、そうなった場合にできる効果的な対策というのがいくつもあるのです。

直ぐにあきらめていたりしていませんか?では好きな人に嫌われた時に効果的な対策についてお話をしたいと思います。

1.あえてこちらからも距離を置く

あえてこちらからも距離を置くということが大切になります。

例えば相手が距離を置いてくるのであればこちら側からも距離を置くことで距離感を保つことができるでしょう。

完全に縁を切ったとうう訳ではないので、時間が解決してくれることもあります。

また相手も心配になったりするなんていうこともあるでしょう。

時間が過ぎると今どうしているのだろうかと相手も思うようになっていたりするのです。

ですがこれにはデメリットも存在します。

メリットとしては時間で解決をするように相手も気にかけるということですが、デメリットの場合は相手からして見ると少しショックなことにもなるかもしれません。

更に詳しく見てみましょう。

相手の罪悪感を刺激する

相手の罪悪感を刺激するのに効果的です。

こちらからも距離を置くということで相手も気にかけてくれるのを待つというのがあります。

そして何より悪いことをしてしまったと相手に伝える行動でもあるのです。

距離を置くということはいったんは置いてその後にどうするかが重要になりますよね。

この方法のメリットはこの様なことがあるのです。

そういう態度を取る人だとわかり幻滅することも

幻滅をすることもあるのではないかと思います。

これがデメリットになるのですが、相手から見ると向こうはあの様な人なんだとショックを受けることがあるかもしれません。

距離を置いて何もしないという時間は自分で考える時間がより多くなりますよね。

そのためネガティブな方向に行ってしまうなんていうこともあるので注意が必要になるでしょう。

2.反省して態度を改める

反省して態度を改めるというのもあります。

相手に悪いことをしてしまった、もうこの様なことはしたくないとなった場合に反省して態度を改めるようにすることが大切です。

誠意を持ってちゃんと相手に謝ることができれば相手ももしかしたら心を開いてくれるかもしれません。

反省をするというのは相手に見せるからこそ効果を発揮するものなので、メールやLineなどの反省より直接会うというほうが大事になるのです。

覚えておくようにしましょう。

3.共通の知人に勘違いを正してもらう

共通の知人に勘違いを正してもらうというのもあります。

例えば誤解が出て悪い印象を与えているとなればそれを解決するためにはこちらが行動をするより共通の知人からの言葉の方が正しいと思えるからです。

こちらの問題だけれどその友人が「それは勘違いだよ、あれは…」と正しいことを伝えてもらうことで誤解などが解けてまた好きな人と会話ができたりするのではないでしょうか。

あらぬ疑いなどをかけられている場合

あらぬ疑いをかけられている場合は特にその知人に助けを求めても良いのではないでしょうか?

例えば周りから「あの人は実はこういう人なんだよ!」とその好きな人に教えられていたとすればそれを信じてしまう傾向もありますよね。

その様な疑いをかけられている場合は正す必要があります。

4.謝ってみる

とにかく謝ってみるということも大事です。

理由があまり解らないという時はまずは謝ることが大事になるでしょう。

その時も誠意をもって言うことが大切です。

謝ることで相手も気が晴れたりする可能性があります。

一番いけないことは謝るということをしないことです。

謝るというのは何が悪気があって謝ることですが、今回の場合は相手に嫌がることをしてしまった、嫌いになる原因のことをしてしまったということになるので、謝らないでいきなり「何で?」と理由を聞くのはNGです。

どんな仲でも礼儀というものは必ずあるのでまずは謝るということから始めてみるのも大事でしょう。

「何か気に障ることをしたのならごめんなさい」と言う

とりあえず理由が解らないけれど嫌われてしまった場合、一言謝るのではなく、気に障ることをしたのならと正直に言うことも大切です。

そうすると相手が何故なのか原因を言ってくれたりするでしょう。

ここでしつこくするのはNG

ここで注意をするのがしつこく言うということはNGになります。

基本的にしつこく言ってしまうとしつこいのが原因となった場合は更にしつこいと感じてしまうので注意をするようにしましょう!

5.態度が変わった原因を率直に聞く

「態度が変わった原因は何?」と素直に聞くことも実は効果的なのです。

モヤモヤしたり嫌な気持ちになるのであれば相手に素直に言うことも大切になるでしょう。

また相手との会話というのはLineなどではなく電話、もしくは直接会ってという形が一番相手の本音を聞くことができます。

その時の会話の際は「隠すのはなしで」と伝えると全て言ってくれるかもしれません。

モヤモヤ悩む時間が勿体無い

モヤモヤ悩む時間がもったいないと感じることもあるでしょう。

ですがその時に大事なことはその時間を作らないことです。

なので直ぐに行動をしたいとなれば直ぐにでも話を持ちかけるなんていうこともできるので、対策をしておくようにしましょう。

また考える時間というのは多ければ多いほどマイナスな印象になってしまいます。

プラスな印象を持ちたちのであれば素直に聞いたりして心を晴らすようにしましょう。

感情的にならないように

感情的にならないようになるというのも一番大事です。

相手が言うことに対して「あの時はこうだったんだよ!」と言うのではなく、冷静になって相手のことを聞くことが大切です。

感情的になってしまうと相手も驚いてしまったり、逆に「もういい」となって離れてしまう可能性もあります。

十分に注意をするようにしましょう。

嫌われても諦める必要はない!

いかがでしたか?嫌われる原因などがあっても、諦める必要はないです!

諦めてしまってはそこで終わりになってしまうので、折角好きになった相手がいるというのにそれはとても勿体無いです。

嫌われてもあきらめずによりを戻してそのまま付き合う、結婚するなんていうこともあるので、頑張ってみてはいかがでしょうか?一番大事なことは相手のことをどの様に思っているかです。

自分の素直な気持ちを伝えても良い

素直な気持ちを伝えても良いのです。

仮に嫌われたとなっても、ちゃんと話し合ってその後に「好き」と素直に伝えることが大事になるでしょう。

そうする事で相手も本気でその返答をしてくれるに違いありません!また、相手が「まだ解らない」という事になる場合もあります。

その場合は少しずつでも良いので、元の関係に戻りまたデートや話をするなどを繰り返して改めて聞くと良いでしょう。

相手も仮に「解らないから時間をください」と言うのであればそれは相手も本気で考えていてくれているという証拠でもあるので素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

謙虚な態度で少しずつ近付こう

謙虚な態度で少しずつ近付くことも大切です。

がっつり感情的になるというのではなく謙虚な態度で相手と接するように心がけましょう!

また仲直りした後は直ぐにまた話すというのではなく、適度な距離感、原因となった行動は今後しないようにして接するようにしましょう。

その様なことをすることで、相手も直ぐに心を開いてくれることでしょう。