「性善説」という言葉を聞いたことがありますか?

簡単に言えば人間は生まれつき「善」の要素を持っていて、悪人になるのは成長していく過程で何か悪に染まるような出来事と出会うからであり、何も悪の要素と出会わなければ善人のまま大人になるという説です。

この「性善説」には賛否両論あり、人それぞれ意見が違うようです。

今回は性善説の意味、また性善説のメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

性善説を信じていますか?

「人間の本質は善である」「いやそんなはずはない!」と、性善説に対する意見には個人差がありますが、あなたはどう思いますか?

性善説とは?

中国古代の儒者である孟子によって唱えられた説で、道徳説の根本と言われています。

全ての人の心には生まれながら「善」への可能性があり、その可能性を発揮することで誰でも聖人のような人間になることができるとされています。

悪い罪を犯すのは、先天的に備わっている「善」のことを忘れているだけで、本質的に悪人ではない。

つまり「この世に悪人などいない」という意味ですね。

1.人間の本性は善である


孟子の人間観によれば人間は生まれつきの善人で、放っておけば悪に手を染めることもあるが、きちんと育てれば必ず善人に育つというのが性善説の定義です。

現実的に考えれば、毎日凶悪犯罪が起こっているこの世の中において、全てが善人であるとは考えにくいです。

しかしそれは悪の方に寄り道しているだけであって、誰かが正しい道を教えてあげれば生まれ持った善の心を取り戻すということになります。

また戦国時代を生きた孟子が、道徳的な理想を掲げる必要性を感じて解いた「性は善であるべき」という説が風化して「性は善である」に変わったという説もあります。

2.儒教の考え方

「性善説」は全ての人には先天的に善の兆しが備わっているとされる説です。

善の兆しというのは儒教の考え方で人間が兼ね揃えている「四端の心」と言われます。

四端の心
「惻隠(そくいん)」:他人の苦悩を見過ごすことができない心
「羞悪(しゅうお)」:不正を憎む心、恥を知る心
「辞譲(じじょう)」:譲る心、へりくだる心
「是非(ぜひ)」:善悪を見分ける心
これらを拡大することで「仁・義・礼・智」という4つの徳を完全に発揮できるとされました。

性悪説と対角線上にある

性善説と対角線上にあるのが「性悪説」です。

読んで字のごとく人間の本性は「悪」であるという説で、孟子の唱えた性善説に対抗するかのように唱えられた説です。

1.性悪説とは?

人間の本性は「悪」であり「善」こそが後天的努力によるものだという説です。

生まれつき無限の欲望があり、放っておけば他人と衝突ばかりして争いばかりの世の中になるので、人間の欲望を制することこそが社会の秩序を保つ方法だとされています。

つまり「善」は全て「偽善」であり、何かの思惑がなければ善い行いができないということです。

ただし努力次第では克服できるので、持続して努力することが重要だという主張でもあります。

2.誰が唱え始めた?


「性悪説」は中国の思想家である荀子(じゅんし)が唱えた説です。

孟子の「性善説」に対抗して唱え始めたわけではなく、人間の悪い面を強調することで逆に悪の道に進まないようにするという目的が含まれています。

聖人というのは生まれつき善の心しか持っていないわけではなく、あらゆる努力をした結果悪を克服した人間のことであるとして、自分自身の悪を改善する努力の重要性を訴えています。

性善説を信じたい人は非常に多い

世の中には性善説を信じたいと思っている人が非常に多いです。

それは「根本的に悪い人なんていない」と信じていれば救われることが沢山あるからでしょう。

例えばパートナーが浮気した時には「魔が差したに違いない」と思いたいですし、家族が悪いことをした時にも「何か理由があるはずだ」と思いたいものです。

もちろん相手を信じたいという気持ちもありますが、性善説を信じた方が自分にとっても気分的に楽だというのが大きな理由でしょう。

子供の教育の際、どっちを教えるべきかとても難しい

世の中のママたちの頭を悩ませるのは、教育的な観点から見た性善説です。

人間は誰でも優しい気持ちを持って生まれてくると教えるのか?

または意地悪な心を持って生まれてくるのかという性悪説を教えたうえで人に優しくしなさいと教育するのか?

果たして子供のためにはどちらが良いのか?という答えは、その子が成長してからでないとわかりません。

しかし心理学的には性善説を優先させた方が優しい心が育つ傾向が高いとされています。

理想は性善説、現実は性悪説?

自分の周りにいる人々の中で「善」しか持ち合わせていない人が果たして何人いるか?と考えた場合、パッと思いつく人がいない場合もあります。

それだけ性善説を絵にかいたような人の絶対的な人数は少ないので、理想の人間像というイメージが強いのも仕方がありません。

人間だれしも「悪」の部分を持っていて、たとえ善人でも「どこか悪いところがあるはずだ」とあら探しをしてしまうのが一般的です。

また少し悪い所がある方が人間らしいという意見も多いように、性善説は現実的なことではなくあくまでも理想だとされる場合が多いです。

性善説のメリットとデメリット

性善説を信じてさえいれば幸せになれる!と思い込んでいる人もいるようです。

もちろんその方が幸せな場合もありますし、逆に損をする場合もあります。

メリット

人間は生まれながらに善の存在なので、悪いことをするのは環境や教育のせいだと思うことができれば、自分にとってのメリットは多いはずです。

1.人間関係が比較的円滑に進む

一番メリットを感じることができるのは人間関係でしょう。

極端に言えば世の中の人が全員善人であれば、まさに人類皆兄弟ということで全ての人との関係がうまくいきます。

相手を疑うことなく、もし裏切られたとしても「悪い人じゃないし…」という広い心でを持って接することができるので、人間関係がもつれる原因がありません。

2.心が荒まない

性善説を信じていれば誰に対してもおおらかな気持ちで接することができるので、心が荒んだり卑屈になったりすることがありません。

精神的にも経済的にも余裕がなくなるとついつい「どうせ私なんて…」というネガティブな考え方しかできなくなり負のスパイラルにはまってしまいますが、性善説を信じていれば救われるチャンスが確実に多くなります。

何事に対してもポジティブな考え方ができるようになり、楽しい人生を送ることができるでしょう。

3.人脈が広がりやすい

そもそも自分にとって敵となる悪い人が世の中には存在しないので、誰とでも抵抗なく交流を持つことができます。

仕事面においては非常に役立つので、ビジネスマンの中には性善説肯定派も多く見られます。

日本の企業はひと昔前まではどちらかというと性善説による管理体制でしたが、巧妙な手口での不正や機密情報漏れなどの不祥事が発覚するようになってからは逆に性悪説に従った管理体制へと変化しつつあります。

ただし人と人とのつながりはいくらビジネスとはいえ心と心のつながりであり、表では良い顔をしていても実は…と思って付き合うよりも、本音の付き合いの方がうまくいく可能性が高いので、より親密な関係になれるのは性善説の方です。

4.人を見捨てない大らかさを持てる

一度過ちを犯したからと言ってすぐに関係を断ってしまうのではなく、相手のことを見捨てることなく見守ることができるのが性善説肯定派です。

育った環境で何らかの変化があったことが原因で悪に染まっているだけなので、それを追い払ってあげればきっと善人に戻ると信じています。

つまらないことから喧嘩になった場合でもそこで関係が切れることはなく、とことん付き合ってくれる大らかな心を持つことができれば、自分自身も嫌な気持ちになる機会が減ります。

5.優しい人だと慕われる

誰かの役に立つことこそ孟子の説いた四端の心のひとつですが、現代の言葉に言い換えればそれこそが「優しさ」です。

人と人とのつながりが徐々に希薄になってきた現代において、心から優しい人に出会う機会は減りました。

人間は一人では生きていけないと言いますが、どうせ仲良くなるなら「優しい人」が良いという条件は今でも変わらないので、性善説を信じていれば多くの人から慕われるでしょう。

6.嫉妬心がなくなる

「あの人ばかり褒められてる…」「私の方が可愛いのに何故あの子の方がモテるの?!」など、他人に対して妬みばかり持つのは性悪説が機能しているからです。

しかし謙虚な心があれば自分に足りない所を補おうという気持ちが優先されて、他人と自分を比べて嫉妬をすることがなくなります。

7.世の中が明るく見える

人間関係がうまくいったり、周りから慕われたり、誰かを憎んだり妬んだりすることがなく何事もポジティブ思考であれば、人生が楽しくないわけがありません。

日々生き辛さを感じて悶々としている人は多いですが、性善説に頼ることで人生が変わったという人もいます。

デメリット

どんな物事にもメリットもあればデメリットもあるのが世の常です。

どうやら性善説も例外ではなく良いことだらけではないようです。

1.人に騙されやすくなる

性善説によればどんな人の中にも根本的な悪は存在しないので、たとえ騙されても相手を見捨てることはありません。

しかしそれに甘えて罪を繰り返す人がいるのも現実です。

「今度こそ大丈夫!」と性善説を信じたばかりにまた騙された…という話はよくありますが、それが「善」かどうかと言われれば微妙なところですよね。

2.人に都合よく利用される

性善説によれば人間は皆困っている人を見過ごせないという気持ちが備わっているとされています。

困っている人を見るとついつい助けてあげるタイプの人は、良い意味でも悪い意味でも人から頼られてしまいます。

例えばお金に困っている人の力になりたくて借金の保証人になったり、怪しい商売の話を持ちかけられて大金を持ち逃げされたりするケースもありますが、これは大きなデメリットになります。

3.人間不信になりがち

性善説の教えを信じたばかりに、騙されたり都合の良い人になった結果、人を信用できなくなってしまう場合があります。

また性善説が本当であれば何故人は争うのか?戦争は起こるのか?という大きな壁にぶつかって人間不信に陥る人もいます。

どう考えるべきか

ご紹介したようにメリットもデメリットもある性善説ですが、それを知ったうえで性善説をどうとらえるべきなのかを自分なりに考えてみましょう。

1.どちらか一方に偏るのは正しくない

「臨機応変」という言葉がありますが、性善説に関しても絶対的な考え方ではなく時と場合によって機能しているかどうかを自分なりに判断することができればダメージが少なくなります。

2.人間は何をさておき自分中心に生きている生物

欲がない人間などいません。

どんなに善い人でも本能である欲に負けることだってあるはずです。

生き方が上手い人はきっと自分自身が善いと思ったこと、悪いと思ったことを信じて生きているのでしょう。

3.自分より他人を思い遣れるか否かが決め手

自分中心とはいえ大切な人や自分よりも弱い存在である人に対して思いやりを持てない人は性善、性悪という前に人間として論外です。

性善説ではもちろん、性悪説でも後天的に善を学ぶことができるとされているので、他人を思いやる気持ちを持つことができるかどうかは人間としての大前提と言えます。

4.人を見抜く目が大切

悲しいかな世の中には良い人ばかりではありません。

人を騙そうとしたリ、陥れようとしたりする人がいるので、全ての人を信用しないようにすることが大切です。

日常生活の中で人と接するという経験は、人を見る目を養うスキルをアップさせるために役立つので、嫌な思いをしないためにも周りの人の本性を見抜く練習をしてみましょう。

5.悪いことをした人はそれなりの因果応報がある

「お天道様は見ている」ので、悪いことをすればそれなりの罰を受けるのは当然です。

バレなければ大丈夫!と思っていても、色んな意味で完全犯罪はなかなか難しいですよね。

善い事しかしてはいけない!と偏った考え方も生きていくだけで疲れてしまいますが、とは言え悪いことをすればよいというわけでもないことを覚えておきましょう。

誰もが両方の側面を持っている

あなたは「性善説」と「性悪説」どちら派ですか?きっとどちらかに決めることができる人は少数派でしょう。

しかしそれが人間として自然な姿です。

きっと人間は生まれながらに善も悪も持ち合わせていて、成長過程でその善と悪の意味を知るのでしょう。