CoCoSiA(ココシア)

年上彼氏とキスする上での3個の注意点とは?多いのは当たり前?


あなたは、大好きな年上彼氏とどのようなキスをしていますか?

そのキスってもしかしたら、年上彼氏にとって良いキスでは無いかもしれません。

また、キスの仕方によっては「軽い女」と思われてしまうこともあるため慎重に扱わなければならない部分があります。

年上彼氏とキスする上でいくつかの注意点を知っておきましょう。

またそのいくつかの注意点を知っておくことで、よりその彼氏と素敵なキスを堪能でき、素敵な時間を一緒に過ごせるようになるかもしれません?

️年上彼氏とのキスの3個の注意点

それではここからは、年上彼氏とのキスの注意点についてお伝えしていきます。

年上彼氏とのキスは、自分も背伸びして彼氏に届きたいと思うものです。

しかし、かえってそれがあなたの悪い印象につながってしまうことが考えられます。

年上彼氏とのキスでいくつかの注意点を頭に入れておくことで、より2人の関係が素敵なものになっていくのかもしれません。

相手にリードさせる

年上彼氏とのキスは、やはり相手にリードさせることが◎です。

男性は女性にリードされることを嫌い、また自分がリードしたいと言う気持ちがどこかにあります。

ときには、女性にリードされることが嬉しい気持ちになりますが、男性は自分が主導権を握っていたいと感じるのかもしれません。

そのため、相手にキスをリードさせることで、相手はあなたのことをかわいらしいと感じるのかもしれません。

自分は受け身の方が可愛い

女性は、受け身でいる方が可愛らしく見える場合があります。

ときには肉食のように彼にリードすることも必要ですが、基本的には受け身でいる方が可愛く見えるのです。

このように、自分が受け身でいることで相手につまらないと思われるのではなく、返って受け身でいる方がかわいらしく見えていることを忘れないでおきましょう。

彼のメンツも立ててあげられる

彼をリードさせてあげることで、彼のメンツも立ててあげられることが考えられます。

男性は立ててくれる女性のことを「できる女」と思う傾向にあり、結婚を意識するような仲になることが考えられます。

また、彼のプライドやメンツを立ててあげることで、あなたと一緒にいることが居心地良く感じるようになるのかもしれませんね。

自分からするのはたまにでOK

たまには、自分からリードして彼にキスすることで、あなたが好きな気持ちをアピールしていきましょう。

また、毎回自分からキスするのではなく、ときには相手からのキスを待つことも大切です。

このように、自分からキスをするのは「たまに」にすることで、あなたのたまに見せるその姿に興奮するのかもしれません。

彼のペースに合わせる

彼のペースに合わせることで、彼を立てるだけでなく、彼がしたいようにさせてあげることで、彼はあなたに対して「自分のもの」と実感することでしょう。

さらに、彼にリードさせることで、より彼はあなたといることが居心地良く感じるようです。

常に、彼のペースに合わせずあなたがリードしていたり、またあなたの思うようにばかりしていては彼氏もつまらなく感じることでしょう。

テクニックなんか気にしない

キスをするときに、テクニックなんか気にしない方がいいですね。

テクニックを気にしすぎることで、経験豊富に見られ、帰って遊び好きや軽い女なんて思われてしまってはたまりません。

このように、テクニックを気にしすぎることでかえって悪い印象にならないように気をつけておきたいものですね。

呼吸を彼と合わせる

キスをするときに、彼のペースに合わせるだけでなく呼吸を彼と合わせることも大切です。

「阿吽の呼吸」と言う言葉があるように呼吸が合うことで、お互いの心と体がぴったり一致していることを確認できそうです。

このように、呼吸を彼と合わせることで、彼もあなたに対してぴったりくる女性と感じているのかもしれません。

彼の唇や舌に応えるように

彼が行うキスや、ディープキスで舌を絡める時など、それに応えるようにキスを楽しみましょう。

また、彼の唇や舌に応えるようにキスを重ねることで、よりお互いの愛情を感じられるようになるのではないでしょうか?

また、彼のペースに合わせることで彼がリードすることを受け入れ、さらに彼氏があなたとの呼吸が合うことで、心も体もあなたでなければならないと感じるようになりそうです。

あなたにできることはリップケア

とにかく、あなたにできる事は「リップケア」を重点的に行っていきましょう。

リップケアを行うことで、あなたの色っぽいぷるぷるとした潤った唇を見るだけで、彼氏は興奮してしまいそうです。

また、きれいな唇でいることで顔全体の印象がきれいに見えることでしょう。

このように、あなたにできる事はテクニックや自分がリードすることではなく、彼があなたを欲しがるようにきれいな姿でいることが大切なのかもしれません。