柔軟性という言葉をご存知でしょうか?

柔軟性と聞くと柔らかいイメージがありますよね。

洗濯物などでも柔軟性のあるなんていうような言葉を聞くと思います。

他にも色々なことに対して柔軟性という言葉を聞くのではないかと思います。

では柔軟性がある人というのはどの様な人を想像しますか?

例えば物事を臨機応変に対応をする人というのは柔軟性があるように思えますよね。

また人間関係も良好に築くことができたりするのではないかと思います。

他にも様々な特徴というものがありますが、逆に柔軟性が無いという人はどの様なイメージがあるでしょうか。

仕事やプライベートが真面目な人であったり、自分のスタイルを崩さなかったりするというようなイメージが多いのではないかと思います。

柔軟性がある人と無い人では大きく違いも出てきて、どちらが良いかというとやはり柔軟性がある方がとても良いように思えますよね。

今回はそんな柔軟性のある人の10個の特徴と柔軟性の身に着け方についてお話をしたいと思います。

今の自分というのはどの様な感じの人か考えたことはありますか?

柔軟性があって動けているという人、柔軟性がなく物事を固く捉えてしまうという人様々いると思います。

人には個性というものがありますが、そのなりたい個性に近付くということは感単にできるのです。

それは意識の持ちようでもあります。

目標を決めたのであればそれを忠実にこなすということも必要になるでしょう。

柔軟性は何事も応用が効いたりするのでとても大きな武器にもなります。

今の自分に納得がいかない、今の性格なども変えていくようにしたいという人は、まずは柔軟性を持ってみてはいかがでしょうか?ストレスなども軽減されたりすることもあります。

物事を受けとめ自分にあった解決方法を探して直ぐに解決をすることもできるでしょう。

今の自分にあった行動というのも取れるようになります。

ではどの様な人が柔軟性があるという事なのか詳しく見てみたいと思います。

是非皆さんも柔軟性を身に着けてみてはいかがでしょうか!

柔軟性がある人とない人との違いとは?

柔軟性がある人とない人の違いというのは解りますか?

柔軟性がある人というのはとにかく臨機応変に物事を進めますよね。

なのでどんな変化にでも対応をして、どんな事でも受け止めてその問題に対して解決をしていくような人だと思うのです。

柔軟性と聞くと物事を軽く受け流すというようなイメージもありますが、決してその様なイメージではありません。

ちゃんとした考えを持っていて直ぐに解決をするというのは柔軟性あってからこその思考だと思うのです。

では柔軟性が無い人というのはどの様な傾向があるのでしょうか。

例えば物事を固く捉えてしまうので難しく考えたりしてしまいます。

なぞなぞなどに対しても柔軟に対応をすることができずに頭の体操となることが苦手な人もいるでしょう。

また自分のスタイルを崩さないでいて考え方がとても古いというような人もいます。

柔軟性がある人とない人では大きな違いがいろいろとあります。

あなたは今どちらの位置にいますか?

柔軟な人になってみてはいかがでしょうか?

柔軟性の基礎知識

柔軟性の基礎知識として大事なことはとにかく物事を否定しない、創造的であり変化にも対応することができる、人間関係が得意というような人が多いと思います。

ではこの柔軟性という言葉はもともとどういう事か解りますか?

また柔軟性という言葉を見ますがその遣い方というのはどの様なものがあるのでしょうか。

詳しく見てみたいと思います。

柔軟性とはどういうこと?

柔軟性というのはどういうことを言うのでしょうか?

柔軟性と聞くとイメージは柔らかいというイメージがあると思いますが、そちらの意味もあるでしょう。

ですがもう1つ意味があり、それは様々なことに対応ができるようなことという意味も含まれているのです。

洗剤などの柔軟性は柔らかいですが、人に対して使う柔軟性というのは様々なことに対応をして動ける人ということになります。

使い方

では使い方として例をあげてみましょう。

「柔軟性のある人が活躍する」となれば臨機応変に動くことができ、対応をする人が活躍をするという意味に捉えることができます。

柔軟性という言葉は貶したりするのではなく、褒めるというような言葉でも使われることが多く、人の評価でとても良い評価をもらう際に「柔軟性のある人だ」という事を言われたりするのではないでしょうか。

またもう1つの柔らかいという意味の使い方となれば「柔軟性のある体操」というような使い方もできるのではないかと思います。

こちらの意味になると柔らかくなる体操という風に捉えることができ、体が固い人が柔らかくするためにする体操なのではないかという思考が出るのではないかと思います。

使い方は様々なところでありますが、どちらの意味かというのは比較的に解りやすいでしょう。

柔軟性がある人の特徴10個

では柔軟性がある人の特徴というのは何が思い浮かびますか?

例えば臨機応変に行動をするというのは直ぐに思いつきます。

他にも創造性がある、なぞなぞなどが得意そうだというようなこともあるのではないでしょうか。

なぞなぞというのは常識に捉われないような考え方をしなくてはいけません。

発想の展開というものが求められるものだと思います。

その際に頭が柔軟な人というのは直ぐに発想を効かせて答えに導かせることができるのです。

また様々な選択肢がある中で無難な選択を選んでいたりするというような事もあるでしょう。

今自分にとって必要なことは何か、急な変化の対応にもついていけるのが柔軟性のある人なのではないでしょうか。

この様に様々な特徴があるのですが、今回は代表的な10個について詳しく見てみたいと思います。

柔軟性のある人になりたいという人は是非参考にして行動をしてみてはいかがでしょうか?

他人の意見を否定しない


他人の意見を否定しないという人は柔軟性がある人の特徴の1つです。

例えば意見というのは自分自身の意見もありますが、相手の意見、第三者の意見というのもありますよね。

討論などをしている際にも相手の意見を聞き入れたりすることができるのが特徴です。

その通りだと思うのではなく、またそれは違うと否定するのではなく、とりあえず受け入れるという姿勢を常に持っています。

どの様な発言がきてもその意見を即座に否定しないというような人は柔軟性があると言えるでしょう。

他の人の意見を受け入れる

他の人の意見を受け入れるというのもあります。

先ほど言った否定しないということに近いですが、相手の意見を受け入れるということをします。

その後に自分の意見を言うことができるような人が特徴として多いでしょう。

他の人の意見を聞かずに討論をするというのは間違いではありませんが、相手の意見を受け入れるような人も中々いないのではないでしょうか。

自分の意見というものを主張をするので、討論になる際には激突をすることもあるでしょう。

しかしながら柔軟性がある人はまず相手の意見を受け入れるところから始まります。

この意見に対してというように受け入れてその後に「こうあるべきだ」というように説得力のある自分の発言を言うことも多いです。

「こうだからこうだ」というようなルールにのっとっている言い方なのではなく、どんな事も柔軟に受け入れてその事について話す、なんでも返答をするというような人は柔軟性がある人なのではないかと思います。

創造的な解決方法を見つける


創造的な解決方法を見つけるというのもあります。

例えば創造的な解決方法の例として先ほどあげたなぞなぞがあります。

なぞなぞは理屈では答えれないものばかりでIQに近いようなものを感じますよね。

頭の発想、転換、回転の速さなど様々なものがフル活動をしていて、常に創造的なことを考えるのも特徴なのではないでしょうか。

またその創造性を生かして解決方法を見つけるというようなこともできます。

柔軟性のある人はどんな問題にも想像を働かせるので、時にはそんな答えが出るのかという驚かされることもあります。

難しければ難しいほど頭をよく使うのが一般的ですが、柔軟性のある人はその様な状況を楽しんでいるのもあるでしょう。

解いてみせるというようなことを考え始めるとずっとそれについて頭を回転させて解決方法を見つけるようになります。

人間関係が得意

人間関係がとにかく得意という人もいると思います。

初対面の人や仲の良い人と話しをする際には常に相手を引き込むような話し方、ずっと喋っていても飽きないなんていう話し方をする人が多いです。

あなたの周りにその様な人はいませんか?

どんな話題にでもついてきたり、その事に関して興味深く聞いてくれたり、時には話をしたりというようなこともあるのではないでしょうか?その様な人は柔軟性を持っている人かもしれません。

特徴としては常に話を聞いている際に、どの様なことでも聞いてくれたり、対応をしているというのがあるでしょう。

コミュニケーション能力が高いと人間関係も良好になっていきます。

柔軟性があるという人はどんな所でも、友達との会話、会社での取引先との会話でも主役にもなれ、聞き手にも周ることができる万能に関係性をとることができるのです。

普段はこの様なことはとても難しく思うのではないでしょうか。

人間関係というのはときにはあまりうまくいかなかったり、普段から苦手だという人もいるでしょう。

ですが柔軟性がある人はどの様な人とでも接し、友好な関係を築いたり、相手を見て判断をしたりするというようなことをするのです。

時には相手のことを観察していたりすることもあります。

どのような人なのかとじっくり見てそこから接するという人も中にはいるでしょう。

変化に対する適応力が優れている

柔軟性の人の特徴の中で最も印象に残り強いイメージというものがあると思います。

それがこの変化に対する適応力が優れているという特徴です。

柔軟な人というのは柔らかい頭の持ち主だというイメージもありますが、何よりどんな変化にも対応をしているという事があるのではないでしょうか?

例えば問題がおこった時でも直ぐに行動をしたり、この様にすれば良いとアドバイスなどをくれたりするような人はいませんか?

リーダーシップなどの気質はあまり無いものの、的確に行動をすることができるという点は柔軟性がある人の特権とも言えるのではないかと思います。

柔軟に対応をする早さ、正確さなども優れているので何かトラブルがあった際にはその人に頼るなんていうこともあるのではないでしょうか?

その様な人が周りにいるという人は、その人を参考にして柔軟性のある人を目指してみてはいかがでしょうか?

リスクを取れる

リスクを取れるというのも柔軟性のある人の特徴の1つです。

リスクを取れるというのは危険なことを取ることもできるということです。

どういう事かというと、例をあげると、2つの道があるとします。

1つは「道のりが簡単であるが、時間がかかるもの」ともう1つが「道のりは険しいが、時間がかからないもの」の2つの道があったとします。

この道のどちらを取るかということになった際に、安全な道なのか危険な道を通るのかということになります。

普通であれば安全に行った方が時間はかかるものの、必ずつけるという安心感がありますが、もう片方ではリスクが少し大きいように思いませんか?

時間はかからず早いけれど、安全ではないというリスクがありますよね。

そのリスクを取ることができるというのもあります。

またそのリスクを使って有効に道のりを進むというような発想をしたりするという考えをしたりすることもあるでしょう。

柔軟な人はとにかく発想の転換が強いです。

なのでリスクなどを取れるということもできるのではないでしょうか。

臨機応変に対応できる

臨機応変に対応をできるというのもあるのではないかと思います。

これもよく柔軟性のある人の特徴としてあげられるものですよね。

臨機応変という言葉は4字熟語からきています。

この意味はその時に応じて適切な行動を取るというような意味があります。

柔軟性の人にまさにピッタリの言葉だとは思いませんか?

頭が柔らかく、どんなトラブルなことがあっても直ぐに対処をするような人に臨機応変という言葉はピッタリなのではないかと思います。

その様な人がいる会社があるというところは、もしかすると柔軟性のある人なのではないかと思います。

臨機応変という言葉はよく目標などで掲げる人も多いですよね。

臨機応変に動けるようになりたい、臨機応変に行動をしたいという人がいると思います。

その様な人はいわゆる柔軟性のある人になりたいと言っているようなものなのです。

なので目標などを立てる際には臨機応変と言っているのであれば、柔軟性のある人になりたいという解釈で良いのではないかと思います。

少なくとも固いような人にはなりたくないという人も多いでしょう。

柔軟に動く、臨機応変に対応をする、生活の中でもこの様になりたいと思う人は必ずいるはずです。

諦めないでその理想に近付くことも大切になるでしょう。

時間が迫っていても焦らない

時間が迫っていても焦らないということもあるでしょう。

よく締め切りに間に合わずに焦ってしまったりする人もいるのではないかと思います。

ですが時間が迫っていても焦らないという人は柔軟性があるという事になるのではないでしょうか。

時間が迫っていても効率の良いやり方を見つけて自分で何とかできるというような力を持っているのも特徴的です。

時間というのは限られた中で行動をしなくてはいけません。

仕事だったり寝ることだったり様々あるでしょう。

時間が迫るということはそれほど焦るということですが、柔軟性がある人はその様なことに動じずに普段通りに動いてそのまま締め切りに間に合わせるといったこともあるのではないかと思います。

視野を広く持つことができる

視野を広く持つことができるというのも柔軟性な人が持っている特徴の1つです。

視野を広く持つということはそれほど周りのことをよく見れているということになりますよね。

例えば、物事に関心あるものに広い視野で見ることができるという人もいますよね。

物事を目の前から見るのではなく、様々な方向から見ることができるという人、主観的や客観的に見ることができる人などいると思います。

視野を広く持つということはそれほど重要なことであり、大事なことでもあるのです。

柔軟性がある人にとって視野を広く持つことができるというのは特徴的と言っても良いでしょう。

まずは行動する

まずは行動をすることも柔軟性がある人の特徴です。

よく頭で考えて行動をするというのととりあえず動いて見るという2つのことがありますよね。

基本的にどちらもその場にあった行動を取ることが正解なのですが、まずは行動ということを頭の中で考えて実行をしているのが柔軟性を持っている人の特徴です。

行動をしてそれから考えるというような人も多いのではないでしょうか?

もしかすると柔軟性がある人なのではないかと思います。

柔軟性がない人の特徴

では柔軟性がある人の特徴10個についてお話をしましたが、その逆はどうでしょうか?

柔軟性がない人の特徴と言われると何を思い浮かべますか?

例えば仕事やプライベートが真面目であったり、物事を固く考えていたり、少し古いような考え方をしているような人が柔軟性がない人の特徴になるのではないかと思います。

柔軟性がある人の反対のイメージを持つことで柔軟性がない人の特徴が出てくるのではないでしょうか。

では詳しく見てみたいと思います。

仕事やプライベートが真面目

仕事やプライベートが真面目というのもあります。

基本的にスケジュールなどの管理をしていたり、常に物事をちゃんと考えるような人がいますよね。

決して悪いことではないのですが、仕事は真面目でもプライベートは気軽にいきたいと思いませんか?

柔軟性がない人の特徴の1つとしては仕事やプライベートの切り替えなどもなく、全てが真面目になるような人のことを言います。

応用がきかない

応用がきかないというのもあるでしょう。

応用がきかないというのは変化についていけていないということにもなるのではないでしょうか。

例えば基礎というものを徹底してやるというのはあるでしょう。

ですがその基礎から応用をするというような事が苦手な人っているのではないでしょうか?

よくある数学などの勉強でも基礎問題をした後に応用問題をしますよね。

少し捻くれているような問題をするとなった場合に応用がきかなくなり、その問題が解らないという人は多いはずです。

基礎さえできれば応用もできるというような事を言われていますが、どれほど柔軟に考えることができるのかにもよります。

応用がきかないというのも柔軟性がない人の特徴の1つなのではないかと思います。

固定概念を持っている

固定概念を持っているというのもあります。

簡単に言うと指摘などをされていても自分の考えを曲げないというようなことです。

固定概念を持つということは他のことを考えずに自分はこの思考だけしか無いというような形になってしまいます。

仕事などでも効率の良いやり方があるけれど自分はこのやり方でする方が良いという人はいませんか?

自分なりの考えなどを持つことは良いことですが、他の人の意見をあまり聞かないという人もいるのではないでしょうか?

自分のスタイルを崩さない

自分のスタイルを崩さないというのもあります。

例えば流行などがあるとしてそのファッションを着るかどうかと悩むことがありますよね。

ですがその時に自分はこのスタイルできたのだからこのまま変えないでいこうというような考えをしたりする人はいませんか?

自分のスタイルは崩さないことはとても大事です。

ですが変化に応じてスタイルを変えるというようなこともして良いのではないでしょうか?

自分のスタイルを崩さないというのも柔軟性がない人の特徴と言えるでしょう。

新しい変化を恐れる

何よりも新しい変化を恐れる特徴があります。

例えば時代というのはその時によって特色というものがありますよね。

何年か前に流行っていたもの、皆がそれをしていたというような時代があったと思います。

ですがその時代から変わる、変化をして今では違うものが流行になったりするというような事を恐れます。

他にも家庭の環境なども同じでしょう。

実家暮らしであったのが一人暮らしになるととても不安になってしまったりするというような事はありませんか?

新しい変化を受け入れないという人も多いのではないでしょうか。

考えが古く、扱いにくい

考えが古く扱いにくいというのもあります。

考えが古いというのはいつまでもその場で留まっているのと同じように、思考を新たに変えることがありません。

よく頑固親父という言葉を聞くと思いますが、自分が言ったことを中々曲げてくれない、こちらの意見を聞いてくれないなんていう経験はありませんか?

考えが古いとそれだけその古い考えに執着をしてしまい、扱いにくいというのが柔軟性のない人の特徴にもなるのです。

ストレスを感じることが多い

何よりストレスに感じることが多いというのもあるでしょう。

基本的に物事を難しく考えたり、固く考えたりすることが多いです。

なのでその事に解決ができなくなったり、逆に自分を追い詰めてしまったりするとストレスを感じることが多くなるでしょう。

時間が経つと解決できるものでもありますが、中々忘れることもできず、その事に対して考えているというようなこともあります。

ストレスというのは上手く向き合うことが大切ですが、柔軟性がない人にとってはとても苦痛になることでしょう。

柔軟性がない人が損していること

では柔軟性がない人が損をしている事というのはどんな事があると思いますか?

普段の生活から思いつくことはあるでしょうか?

例えば視野が狭いとなれば損をしていると思いませんか?

様々な見方ができるというのはとても強いことだと思います。

仕事でのプロジェクトや家庭環境など、視野をもっと広くすることで他のものも見えるのではないでしょうか?

他にも柔軟性がある人を成長させることができないというのもあります。

これは仕事などで言えるのですが、必ず仕事を長年していると後輩となる人が入ってきますよね。

その後輩が仮に柔軟性のある人だったとしてもその人を上手く成長させることができなくなるといったこともあるのです。

折角様々な角度から見れたりする人がいるのに活用することができないとなると損した気分になりませんか?柔軟性がない人が損している事は様々あります。

では具体的な内容を見てみましょう。

周りの輪についていけない

周りの輪についていけないというのがあります。

例えば新たに入る人や自分が新たに入りにいく交流の輪に入ることが難しくなったりするのではないでしょうか。

そうすると折角受け入れてくれているのに、躊躇いなどが出てしまい入れない、ついていけないということになってしまっては損をした気分になりませんか?

仕事・生活が輝かない

仕事・生活が輝かないというのもあります。

自分が決めていることなどには忠実にこなすものの、それ以上のものが見えないということがあります。

新しいことをしようと思っていても中々アイデアなどが思い浮かばずその場で立ち止まることがあるのではないでしょうか。

変化などに応じずにずっと自分流でこなしていても、仕事や生活に輝くことができなくなるのです。

視野が狭い

視野が狭いというのもあるでしょう。

これは一番損をしているものだと思います。

物事というのは別の視点から見ると様々な捉え方をすることができます。

例えば相手がいきなり「今日予定入ったから無理になった」というような事がくるとします。

その際にどの様にして捉えることができるのかによって反応が変わると思うのです。

例えばその予定が家族間の予定だったとしたらどうでしょうか?

しょうがないと思いますよね。

でも友達との約束を入れていたのであればどうでしょう?

折角先に入れていたのにとなりませんか?

視野を広くするというのは考え方を変えるというのもそうですが、別の視点からその物ごとを見るということも大事になるのです。

視野を広くするには自分から視点を変えることが大事になるでしょう。

一点を見つめるのではなく、様々な方向から見るようにすると損をしなくなります。

柔軟性がある人を成長させることができない

柔軟性がある人を成長させることができないというのもあるでしょう。

後輩に柔軟性のある人が入ってきたとしても、その人を活用することができず、自分のやり方を教えてしまい成長を止めさせてしまうこともあります。

古い考え方を特にしてしまう人はそれほど損をしてしまうということを覚えておいてください。

柔軟性の身につけ方

では柔軟性な人になりたいと思ってもどうすれば良いか考えたことはありますか?

例えば何パターンか方法を考えてみるというのが近道なのではないかと思います。

お手本を探してその人と同じようなまね方をするというのも良いでしょう。

では具体的に見てみたいと思います。

何パターンか方法を考える

何パターンか方法を考えるというのは柔軟性の身につけ方の1つです。

柔軟性がないと1パターンでしか行動などができないですが、様々な方法を考えることでより頭を柔らかくして柔軟に対応をするようにするという事ができるようになります。

嫌なことがあればそこから遠のきたくなりますよね。

その際に様々な方法を使って忘れようとすると思います。

直ぐに思い浮かぶというのであればもっと考えてみてはどうでしょうか。

お手本を探してみる

お手本を探すというのも良いでしょう。

実際にどの様に考えているのか、どの様に行動をしているのかお手本が身近にいるのであればその人の真似をしてみても良いと思います。

またその様な人がいないなら、本などから見て参考にするのも良いでしょう。

お手本にするのはどれでも良いのです。

自分が変わることができるような人を探したり、物を探したりすることで柔軟性を身につけることもできます。

柔軟性は自身の最強の武器となります!(まとめ)

柔軟性はあればあるほど自身にとっての最強の武器となるでしょう。

柔軟性があると物事に対して全て対応をすることもできたり、周りからも頼られたりすること間違いなしです!

柔軟性は自身の最強の武器となるので、是非皆さんも柔軟性のある人になってみてはいかがでしょうか?

損をするというような事がなく、得をすることも多くなるのではないかと思います。