CoCoSiA(ココシア)

合コンの話題におすすめな22個のネタ(続き3)

年代関係なく使えるトークネタもあるので、合わせてチェックしておきましょう。

趣味

付き合う相手は、行動パターンや趣味などに対して理解がある相手が好ましいですよね。

互いの趣味嗜好を知るために『趣味の話』をするのは合コンのセオリーです。

共通の趣味が見つかることは珍しいですが、自分の趣味に対して理解を示してくれたり、興味を持ってくれるだけでも、非常に良い傾向だと言えます。

趣味というのは、人生の中で自分に潤いを与えてくれる大切な時間ですので、恋人ができたり結婚したからと言って完全に切り離すというのは酷な話。

優先順位が変わることはあるかもしれませんが、趣味は趣味として生涯大切にしていきたいと思うはずです。

その人にとって趣味が重要なものであればあるほど、趣味に理解を持って接してくれるパートナーが必要になります。

趣味の話から、自分の趣味に対する相手の反応や関心を見極めておくことが大切です。

最初は片方の趣味であったものが、ゆくゆく共通の趣味となれば、それはとても素晴らしいことですよね。

アクティブな人、インドア派の人など、それぞれのタイプとの相性もポイントになります。

それに趣味の話は、相手がその趣味をはじめたキッカケや、普段の生活に趣味をどんな風に取り入れているのかなど話の展開も豊富です。

「今度おすすめを教えて」「興味があるなら一緒に行ってみませんか?」などなど、次に発展する話題ともいえます。

時事ニュース

『時事ネタ』と言われる旬のニュースやトレンドなどを取り上げるのも、トークを盛り上げるコツです。

簡単に言うと、今世間で話題になっているニュースのことなので内容は幅広いですが、合コンで話すのであれば季節のイベントや人気のお店などでしょう。

例えばニュースで特集されている最新のトレンドスポットを取り上げて「〇〇カフェって行ったことある?」「クリスマスってどうやって過ごしてる?」「あそこの水族館新しくなったよね」など、話を広げていくのがおすすめ。

ニュースから入ってくる情報を盛り込んで、その時々の旬ネタを話すと「知らなかった!」という人と「知ってる!」という人に分かれると思いますが、差し障りなく話を広げられる話題です。

普段あまりニュースを見ない人は、合コンの前に、ネットニュースのトップ画面に出ているネタをチェックしておくといいでしょう。

休日の過ごし方

気になる相手の『休日の過ごし方』は気になりますよね。

特に忙しい社会人は平日が仕事で会うことが難しいので休日に一緒に過ごせるかどうか知りたいものです。

休日にしていることで、おおよそその人の性格やタイプも分かってきます。

「家で家事をしたりゆっくりする」という人はインドア。

「外に出かけることが多い」という人はアウトドア。

こうした行動のパターンが同じ相手との方がお付き合いは楽しくなるでしょう。

自分は外に出かけたいのに、相手は外に出ることが好きじゃない…というような事態になってしまうと、やはりすれ違いの原因になりかねません。

デートと人一口に言っても、お家でまったりすることが好きな人もいれば、話題の場所に出かけたいという人もいます。

こうした好みのバランスがとれていると、次の約束も作りやすいですね。

身内・兄弟のネタ

家族構成や身の周りのことを話す『身内・兄弟ネタ』は、その人の本質的な部分が見えやすい話題です。

一人っ子なのか、長女・長男なのかなどなど、家族内のポジションによって性格や特徴も違います。

兄弟や姉妹とどんな関係なのか。

幾つ年が離れているのか、など。

家族との接し方や関係性を知ることは、その人が家で見せている姿の一部を垣間見ることになります。

親しい間柄になり、一緒に過ごす時間が増えた時に相手がどんな風に変化していくかという方向性と近いものもあるので参考にしてみましょう。

恋愛

合コンと言うからには、やはり恋愛に発展することを見越した出会いや付き合いを求めているはずです。

ですからやはり『恋愛の話』は必ずと言っていいほど出るでしょう。

恋愛にどんなことを求めているのか、どんな恋愛が理想なのか、好みの異性はどんなタイプなのか。

気になる相手の恋愛観はできるだけ詳しく知っておきたいものです。

とはいえ、最初から恋愛の話ばかりしていると、どうしても先急いでいる印象になってしまうので、タイミングを見計らって話すようにするのが良いでしょう。

好きなタイプ

やはり一番知りたいのは『好きな異性のタイプ』ですよね。

自分が相手の好きなタイプに当てはまるのか、ドキドキしながら聞きましょう。

好みの容姿や性格をリサーチしながら、相手が恋愛に求める事などを聞き出して、それとなく自分がその相手に相応しい人物なのだと言うことをアピールできたら一番です。

相手としても、良いなと思っている人に対してアプローチするような言い回しをすると思いますので、良く聞いておくと良いですね。

お互いの第一印象

話が盛り上がってきたら、思い切って自分の印象について聞いてみましょう。