合コンに行っても知り合いは増えても、彼氏は作れない。

ちゃんとした恋愛は合コンで出会った人とはできない。

そんなふうに思ってはいませんか?
せっかく時間を割いて合コンに出かけてもなかなか良い人に巡り会えない。

合コン自体が遊びでするもので、本気で恋人が作りたいならもっと違う方法を探さなくちゃいけないのかも。

そう思っているあなたに、合コンで彼氏を作るコツをご紹介します。

合コンで彼氏は作れます!

なぜかいつも男性陣に人気がある人や、合コンをきっかけに彼氏ができた人は周りにいるけれど、自分はなかなかうまくいかない。

結果が残せない、自分には合コンが向いていないのかも、と思っていませんか? 実はいままでちょっぴりやり方が違っていただけで、うまくすれば楽しく合コンして素敵な彼氏をゲットできるかもしれません。

いつも会話の中心にいて、みんなからちやほやされる一人勝ちの女性。

どうせ合コンに参加するなら、空気のようにはじっこに座って一人で飲んでいるよりもみんなで楽しみたいものです。

誘われたら積極的に参加


出会いたいと思ったときに、手っ取り早く異性と出会えるイベントの筆頭が合コンです。

気が向いたときだけ参加している人、誘われたら必ず参加している人、人見知りだしノリの軽い人ばかり来ているんじゃないかと思うと不安で参加しづらいという人、いろんな方がいらっしゃるのではないでしょうか。

合コンに一時は一生懸命参加していたけど、いいなぁと思える人に出会えなかったから最近はもう行っていない。

最後に参加してからもう何年も経っているかも、なんていう方もいらっしゃいますか?
一般的には合コンへの参加頻度は、月に一回以下という方が多いようです。

でも、良い出会いを求めたいなら、やはりまずは分母を増やすことから。

合コンで仲良くなった異性から、友達を紹介してもらえるというパターンだってありえます。

少なくとも誰かから誘われたら、そのチャンスを逃さずに積極的に参加していきましょう。

実際に結婚まで至ったカップルも多い

合コンでの出会いだからと言って侮るなかれ。

合コンで出会ったことがきっかけで結婚に至るカップルもたくさんいるんです。

服装や髪型も大切だけど…

もちろん、清潔感のある服装や髪型などの見た目もとても大切です。

きれいめのワンピースなど、清楚でかわいらしい服装が人気です。

あまり露出が多いものは避けて、きちんとした雰囲気を演出しましょう。

そして、合コンでは同性の友達との飲み会のようにだらだらと飲み食いしておしゃべりをする、というのではなくて、いくつかの点に気をつけると成功しやすいですよ。

合コンで一人勝ちする方法7選


せっかく合コンに参加するなら、一人勝ちするつもりで挑みましょう。

「この人といると楽しい」「またこの人に会いたい」と思ってもらえるようになれると良いですよね。

人気者になって素敵な男性たちと出会い、好みの男性との出会いをぜひともモノにして理想の恋人を手に入れましょう!

1.聞き上手になる

やっぱり大事なのは聞き上手であること。

興味深そうに話を聞いてもらって、嫌な気分になる人というのはいませんよね。

反応が良いと嬉しくなりますし、相手に対する印象も良くなるはず。

自分のことばかり話してでしゃばったりせず、相手の話を楽しそうに聞き、広げられるようであれば話を広げてあげましょう。

さらに周りの人にも話を振って、みんなで和やかに話ができるとより話も盛り上がりますし、みんなで楽しめます。

気遣いのできる子だなと思ってもらえるかもしれませんし、一石二鳥です。

笑顔で頷く

興味がないことやつまらないことでも、内心を顔に出して不機嫌そうにはしないことです。

常ににこにこ笑顔で頷いている方が、いい子だなと思われやすいです。

2.まわりを気遣う

気遣いのできる人というのはモテるもの。

グラスがあきそうな人に「次はなに飲みますか?」と声をかけたり、おしぼりや取り皿の替えを店員さんにお願いしたり、気が利く人というのは好印象です。

周りをよく見ているという観察眼も素晴らしいですし、仕事もできそうだな、と思われることでしょう。

誰に対しても平等に気遣うのがポイント

好みの男性に対してだけ気を遣うようではいけません。

全体的に見回してよく観察して、みんなに同じように平等な気の使い方をするように心がけて下さい。

ちょっとこの人はタイプじゃないな、あんまり好きじゃないなと思う人でも、気遣いは平等にしましょう。

3.自己紹介でとびっきりの笑顔を見せる

初対面の人たちと出会うのですから、まず初めに自己紹介タイムが設けられることも多いでしょう。

自己紹介をする間は、全員の視線が自分に集まるチャンス。

このチャンスをぜひとも活かして、まずは自分のことを相手に覚えてもらうことから始めましょう。

自己紹介が苦手だという方もいらっしゃるかもしれませんね。

みんなに注目されるのがちょっと怖いとか、なにを言えばいいのかわからないということもあるでしょう。

他の人と同じようなことを言っているのではつまらないし、印象に残ることを言いたいと思うとどんどんハードルがあがってきて、自己紹介が難しくなってきてしまいます。

無難に済ませようと思うなら、「名前は○○です。

仕事は○○で、年齢は○歳。

趣味は○○○です。

芸能人にたとえると○○さんに似ているとよく言われます」という感じで良いでしょう。

芸能人によほど似ているなら、聞き手側の人たちが「おれもさっきからそう思ってたんだよ!」とか、「おれ、○○ちゃんファン昔からファンだったんだ」なんて話を広げてくれる可能性もあるでしょう。

でもちょっとインパクトが弱いかもしれませんね。

でも自己紹介できっちり覚えておいてもらわないと、せっかくいいなと思える人がいて、連絡先も交換できて、後から連絡をしたとしても、相手の印象にはまったく残っていなくて「この子、どの子だっけなぁ」なんて思われてしまうと、発展するものも発展しません。

自己紹介で相手の印象を良くするためには、服装などの見た目の情報に加えて、笑顔がとても大切なんです。

第一印象は大切

一番初めに顔を合わせたときに第一印象は決まってしまいますが、自己紹介タイムならもう少しじっくり自分を知ってもらえます。

第一印象をより良いものにすることも可能でしょう。

笑顔を絶やさすに自己紹介してみてください。

自己紹介のときに緊張していて顔がこわばっていたり、「今日のメンバーの中にはあんまり好みの人がいなさそう」「ここのお店のお料理、あんまり口に合わないなぁ」なんてがっかりした表情をしたりしていたら、あまりいい印象は持たれないでしょう。

一所懸命印象に残りやすい自己紹介を考えて話しても、仏頂面で話してしまっては相手も表情が気になって内容があまり耳に入らなくなってしまいます。

緊張しているとしても笑顔で、大きめの声ではきはきと話しましょう。

お店の中はたいてい他のお客様もいらっしゃってざわざわしていますから、みんなに聞き取りやすい声で話すのは意外と重要です。

あまり一人で長々とだらだら話すのではなく、アピールポイントにしぼって要点を抑えたわかりやすい自己紹介を心がけましょう。

そして、笑顔です。

笑顔で話してたら、普通の人はにこにこしながら興味深そうに話しを聞いてくれるものです。

自己紹介のコツ

笑顔の他にもちょっとしたコツをご紹介すると、ちょっとめずらしい経歴や資格があれば、それを話すことで周りの食いつきがよくなり話ももり上がりやすいです。

たとえば、「昔水族館で働いていてイルカのトレーナーをしていたことがあるんです」とか、「江戸検定二級を持っています」という感じなら、聞いている側も「えっ、すごい」「そんな検定あるの? 面白い」のように印象に残りやすくなります。

また、「〇〇と呼んでください!」と言ってしまうのもひとつの手です。

「名前が○○なので○っちとみんなに呼ばれているので、○っちって呼んで!」と言えば、ノリの良い人ならさっそく「じゃあ○っちは何飲む?」と呼んでくれるはずです。

愛称がない場合でも、「名前が気に入っているので下の名前で呼んで欲しいです」など、呼び方を指定することで、相手が話しかけやすくなります。

もしあなたが地方出身者なら、方言を話すのも印象深くさせることができるのでおすすめ。

もし同じ地方出身の人が参加者にいれば話も盛り上がりますし、女の子がちょっとなまっているのがかわいらしいと感じる男性も多いのです。

既に気になっている人がいて、その人が先に自己紹介をしたなら、その人の自己紹介に自分の自己紹介の内容を寄せていくというのもありです。

「サーフィンが趣味」という男性に、「自分もサーフィンやってるんです」と言うのももちろんありですが、「海を見るのが好きです」程度に微妙に寄せていくというのも良いですよ。

ちょっと印象に残りやすくなります。

あんまり場馴れした感じで自己紹介をし過ぎると、合コン慣れしているな、遊んでる人なのかと思われる可能性もあるので、この辺りはちょっと注意が必要ですよ。

4.通路側に座る

席が決められているというわけではないのなら、通路側の席に座ることをおすすめします。

お店のレイアウトにもよりますが、通路側は末席ですから自分から進んで末席に座ることは常識がある人、控えめな人であるというようなアピールにもなります。

できれば女性が横並び、向かいに男性が横並びという感じで向かい合って座るよりも、男性と女性が互い違いに座るような並びにした方が、会話が盛り上がりやすいです。

注文を積極的にしてアピール

店員さんを呼びたいときにも、通路側に座っているあなたが率先して手を上げて下さい。

お店の人を呼ぶための 押しボタンがテーブルに設置してあるお店も多いですが、呼ばれた店員さんが来るのはどのみち通路からです。

来てくれた店員さんにみんなの注文をとりまとめて注文すれば、ばらばらに注文されるよりも店員さんも助かります。

気の使える女アピールにもなりますし、積極的に試してみてください。

5.女性らしい仕草を心がける

見た目の印象や会話の楽しさだけでなく、黙っていたり他の人と会話したりしているときのあなたのちょっとした仕草も、男性陣へのアピールポイントになります。

話が盛り上がっているときに肩や膝をタッチする、というようなちょっとしたスキンシップもおすすめですが、度を越してしまうと逆効果なので要注意です。

話しているときに上目遣いをしている、首をかしげる、髪をかきあげるなどの仕草もが女性らしさをアピールできます。

さりげなくするのがポイント

これみよがしに髪をかきあげるなどのわざとらしい仕草はもちろんNG。

あくまでもさりげなく、適度なタイミングで取り入れてみてください。

6.褒め上手になる

周りの人をけなして自分だけをよく見せようとする人もいますが、これは逆効果。

周りを蹴落とそうとする人に良い印象を抱く人というのはあまりいません。

逆に引いてしまう人の方が多いでしょう。

合コンの空気が悪くなってしまうこともありえます。

人の悪口は、もし知らない人のことであっても聞いていて気持ちの良いものではありません。

これは他人の悪口を言わないことはもちろんのこと、自分自身を卑下するような言葉も言わない方が吉。

自虐ネタはほどほどにしないと、これも他人の悪口と同じようにひかれてしまったり、うんざりされてしまったりする可能性が高いです。

それよりは、みんなを褒めて持ち上げて、みんなから好かれて良い印象を持たれた方がよっぽど得策です。

男性を持ち上げる

とにかく相手が話しているときは相づちを打ちましょう。

「それ知ってる」と遮ったり、「私はこうだったな」と自分の話に持っていったりするのは間違ってもしてはいけません。

あくまでも相手の話を興味深く聞いて相づちを打ち、「すごいね」「そうだよね」と褒めたり共感したりして相手をたててあげてください。

男性を持ち上げるためには、自分の趣味を話すときにもちょっとしたコツがあります。

お料理を自分ではしないとか、甘いものは好きではないという男性に対して、「趣味はお菓子づくりです」と言っても相手も共感しにくいです。

「へー、そうなんだー」と相づちを打ってくれるくらいで、会話が途切れてしまうことも考えられます。

趣味がお菓子作りひとつではないのなら、男性が共感しやすそうな趣味を選んで相手に伝えることも重要なんです。

少年漫画や青年誌に連載されている漫画などが好きならそれを伝えてみたり、野球観戦が好きならそれを趣味だと話したりしてみましょう。

その方が男性も、「意外とボーイッシュなところもあるのかな?」「話しがあうかも!」と思ってくれるはず。

「その漫画おれも好きだよ」「おれも野球観戦はよく行くんだ。

どこのチームのファンなの?」と相手が反応してくれたら、自分が聞き役にまわって、「連載初期からファンなんだ。

筋金入りだね、すごいね!」「地元の試合は全部観戦にいってるなんてすごいなぁ。

見習わなくちゃ」と男性を持ち上げやすくなります。

相手が引け目を感じてしまいそうな、「〇〇大学卒業です」「○○という企業に勤めています」と有名大学や有名企業の名前を出すのは、まずは控えた方が良いかもしれません。

格上だな、雲の上の人なんだな、と近づきにくいと思われてしまう可能性がありますし、あなたが褒められる側に回ってしまう可能性もあるからです。

言わなくても良いことはまずは言わずに、相手の話を引き出して褒めまくりましょう。

7.合コン中に連絡先を聞く

いいなと思う相手がいたら、ぜひとも連絡先を手に入れたいもの。

連絡先を聞きたいのに聞く機会を見つけられないまま解散になってしまったら、チャンスを逃してしまいます。

合コン中にはやめはやめに連絡先を聞いておきましょう。

合コン中にみんなの前で連絡先を聞くというのは相手に対して好意を持っていることのアピールになりますし、女性陣に対しての意思表示にもなります。

みんなで連絡先を交換する時間を合コンの中で設けているとしても、それより先に個別に聞くというのもテクニックのひとつです。

みんなの前で堂々とではなく、みんなが他の会話で盛り上がっているときにこっそりと「連絡先を教えて」と尋ねるのも効果的。

自分に好意を持ってくれているんだ、と相手がきっとドキッとするはずです。

【合コン後の連絡の仕方については、こちらの記事もチェック!】

先手必勝!

「相手から連絡先を聞いてきてくれないかな…」と待ちの姿勢でいると、せっかくのチャンスも逃してしまうかも。

良い人だなと思ったら自分から連絡先を聞いてみましょう。

話が盛り上がってみんなで連絡先を交換しようという話にもっていければ、全員分の連絡先が手に入ります。

もしあなたが幹事なら、連絡先交換タイムを合コンの中に設けておくというのもひとつの手でしょう。

ただ、一斉交換してしまうと交換タイムがあったから交換しただけ、という空気になってしまい、その後の連絡も社交辞令だけで終わってしまうケースもあるようなので注意が必要ですね。

他には写真を撮って、「この写真シェアするから連絡先を教えて」というと自然な流れで連絡先を聞くことができます。

それから、会話がとても盛り上がって、たとえば「あの映画見たいんだよね」「わたしもー。

あの監督のファンなの」なんて話になったとしたらこれも連絡先を聞くチャンスです。

「一緒に映画を見に行こうよ」と誘ったり、「あの監督の過去作はブルーレイで全部持ってるからよかったら貸そうか」と提案したりして、「あとで詳細を連絡するから教えて」と連絡先をゲットしましょう。

良いなと思っている男性と他のメンバーが盛り上がっていて連絡先を交換していたら、自分も交換したいというのはちょっと言い出しにくい雰囲気になってしまいます。

良い人だなと思ったら先手必勝、いちはやく連絡先を交換しましょう。

合コンでモテる女性の8個の特徴

合コンで持てている女性は、たとえばこのような特徴があるようです。

参考にしてみてください!

1.美人である

やっぱり見た目がいい人というのはモテます。

美人であればまず注目を集められるので、モテる可能性も高くなります。

男性は見た目がきれいな人、かわいい人は性格がいい人である、と思いこんでいる人も多いのだそうです。

結局は外見

人間の第一印象は、出会って六秒で決まってしまいます。

この短時間の中で判断する材料というのは、結局は外見なのです。

ただ、美人という印象を与えるのには顔の作りだけではありません。

このあとでもご紹介しますが、スタイルのよさ、笑顔の素敵さ、仕草の美しさなど全てを総合した雰囲気で美人と判断されるものです。

お洋服や、アクセサリーやバッグなどの小物のセンスも重要。

ド派手なブランドものや汚れがついていたりしわだらけだったりのお洋服よりも、身の丈にあった清潔できちんとアイロンのかかったお洋服の方が好印象を持たれるはずですよ。

また、スキンケアやヘアケアも気を遣いましょう。

忙しい毎日、仕事をなんとか定時で切り上げて合コン会場に駆けつけるということもあると思いますが、お肌ががさがさで吹き出物がいっぱい、髪は油でべっとり、というのは避けてくださいね。

メイクもナチュラルメイクで自然派美人を演出しましょう。

ネイルケアも念入りに! ゴテゴテとデコっているネイルよりも、よく磨いてある自然のままの爪や、フレンチネイル程度にとどめておくと男性からは好印象のようです。

2.スタイルがいい

スタイルが良い人は、同性同士でも目を引きますよね。

スタイルは一朝一夕では改善できませんが、理想の人に会える日のために日頃から努力しておくのはけして無駄にはならないはず。

また、スタイルは姿勢ひとつで結構がらっと変わって見えるものです。

猫背にならない、あごをつきださない、足はひざをつけて揃える、膝を延ばして歩くなど、ちょっとした心がけでスタイルがよく見えるのでチャレンジしてみてください。

男性は全身を見ている

男性は意外に全身を見ています。

特に合コンの場所ともなるとチェックも厳しくなるもの。

頭の先から爪先まで、気を抜かずにきれいなスタイルを心がけましょう。

3.笑顔が素敵

異性に限らず同性でも、笑顔の素敵な人には惹かれますよね。

自然な笑顔でにこにこ話したり、話を聞いてくれたりするとやはり印象は良くなるものです。

なにかおもしろいことが言えなくても、話題を提供できなくても、とりあえず笑顔でいれば相手は心地よさを感じてくれるはず。

可愛い笑顔にキュン

かわいい笑顔を見せて、相手をきゅんとさせましょう。

少なくとも無愛想な顔をすることだけは避けてくださいね。

相手が面白いことを言ったら、遠慮なく面白がって笑うのも大事なポイントです。

共感できることを言っていたらすかさず同意し共感しましょう。

これももちろん、笑顔で!

4.自然体である

好印象を与えたいと気負いすぎて自分を偽ってまでキャラ作りをしてしまう必要はありません。

年相応の話し方や接し方で、自然体な態度でいる方が良い印象を持ってもらえる確率が上がりますよ。

特に相手が遊び目的でチャラチャラしているのではなく、ある程度大人で真剣に恋人を探しに来ている、結婚も視野に入れている、というような場合なら、尚の事自然体で接する方が良さそうです。

お酒が飲めない人は無理して飲まないのはもちろんのこと、お酒が大好きという人も無理をして飲む量を控えなくても大丈夫ですよ。

酒好きの女、酒に強い女は男性ウケが悪いからと、取り繕ってお酒が弱いふりをするよりも、周りに迷惑さえかけないのなら自然体で楽しむのが一番です。

年齢が上の男性ほど、お酒が飲めない女性よりも、お酒に強い女性の方が一緒にお酒を楽しめるから良いと考える人が多い傾向にあります。

仕事から疲れて帰ってきて晩酌をしたがる男性は多いですが、彼女や奥さんがご相伴してくれると嬉しいという男性は結構多いんだそうですよ。

男性は作っているかを見破る

合コンにはある程度テクニックが必要ですが、あまりにそのテクニックをこれみよがしに駆使してしまうと、合コン慣れしている遊び人または持てない人という印象を持たれてしまう可能性も。

「彼氏を作りたい」「いい男がいないかな?」とあまりにもガツガツしていると、態度に出てしまって周りの人に引かれかねません。

合コン用のキャラを作りすぎてしまうと相手はそれを見破ってしまいますし、その時点で恋愛対象外に認定されてしまいます。

一度の合コンでいきなり恋人ができるというよりは、まずは初対面の人たちで顔を合わせて楽しむというのが普通でしょう。

初めて会う人たちの前では大なり小なりお互いに緊張しますし、その中でも「この人いいかも?」という人を見つけるというのが合コンの目的です。

良い人を見つけ、連絡を取り、次に繋げる。

そのためには、焦ってここで勝負を決めようと男受けするキャラを作るよりは、自然体で過ごした方が良いのです。

無理にキャラを作って自分を偽ってでも恋人を作るよりも、ありのままのあなたに好印象を持ってくれる人を見つける方が近道です。

急がば回れです!

5.裏表がない

男の人と話しているときと女の人と話しているときで全然態度が違う。

こういう女性は意外と多いのですが、これもNGポイントのひとつ。

男性側では気が付かずにちやほやして女性側からは嫌われている女性は、割り切って男性にさえ好かれればそれで良いと考えている人もいます。

また、無意識に男性の前ではかわいこぶりっこしてしまっているという場合もあるでしょう。

少なくとも同性からは良い印象を持たれませんし、なにかあったときに男性側も気がついてしまうことも十分考えられます。

男性にも女性にも平等

男の人と話しているときも女の人と話しているときも態度が同じ。

言葉遣いが変わったり発言内容が変わったりせず、同じように接している人の方が、見ていても気分が良いもの。

誰とでも仲良く話している姿は社交的にも見えますし、性格も良さそうに見えます。

きっとみんなから、「この人となら話したいな」と思ってもらえるでしょう。

6.社交的である

人見知りで内気だとしても、ずっと押し黙っていると「退屈しているのかな」「つまらないのかな」と思われてしまいます。

ここは積極的に、社交的にふるまいましょう。

いろんな話題を出したり他の人の会話を広げたり、笑顔で楽しそうに相づちを打ったりするだけでも、かなり社交的に受け取ってもらえます。

注意したいのは、会話を盛り上げようとするあまり内輪ネタを持ち出したり、愚痴っぽくなったりすること。

雰囲気が悪くなったり、その場の全員が会話に入れなくなって入れなくなった人がつまらない思いをしたりするのはいけません。

シモネタもほどほどにしておいた方が良いでしょう。

お酒を飲んでいる場だからといって、飲めない人やもう飲まないと言っている人に無理にお酒を薦めるのもやめましょうね。

すぐに打ち解ける

あまりに馴れ馴れしいのも問題ですが、合コンなのですから友達や恋人が作りたくてみんな来ているはず。

ある程度距離感が近めですぐに仲よさげに打ち解けた方が、次のステップにも進みやすいものです。

「恋人が欲しいから、タイプの人意外とは話さない」「今日の合コンは好みの人がいなかったからはずれ」と諦めてしまっては、せっかく時間をさいて参加しているのに無駄になってしまいます。

まずは友達が増えたらいいな、という感覚で、気軽にみんなと打ち解けるようにする方が男女ともにモテますし、話しやすいのでたとえば友達を紹介してくれたり後日なにかのイベントに誘ってもらえたりと出会いが増える確率が急激にアップしますよ。

7.控えめである

積極的なのは悪いことではありませんが、必要以上に目立とうとし過ぎてはいけません。

ガツガツと自分の話をしまくるよりは、会話はやや受け身気味の方が控えめに見えて好印象を持たれやすいようですよ。

合コンを盛り上げようとするのは良いですが、全力でウケ狙いをして笑わせようとするのは避けましょう。

合コンで一人勝ちするには、盛り上げ役になるよりも、それを聞いて楽しそうに笑っている側の方が、確率が上がります。

まるで芸人のような盛り上げはすべってしまうこともありますし、「そういうキャラの人なんだ」と誤解されてしまうこともありえるのでNGです。

他にも、盛り上げ役や仕切り役の女性は男性から「強そう」という印象を持たれてしまい、場合によっては恋愛対象外にされてしまうというケースもあるのでほどほどに。

グイグイいくと男性は引く

男性はたいてい、かわいくておとなしい、清楚な感じの女性にひかれることが多いです。

気になった女性に対しては、本人が自分からグイグイいかなくても、相手の方から興味を示していろいろ聞いてきてくれるはずです。