あなたの周りに、「高飛車だなぁ」と感じる人はいますか?

上から目線の物言いをしたり、自分にやたらと自信を持っていて人を見下したり、高飛車な人は周りの人を嫌な気持ちにさせるような言動をよくします。

相手を不快にさせることが多いため、高飛車な人は周囲から嫌われやすいです。

そんな風に自分もならないように、高飛車な人の特徴をよく理解して、自分も高飛車にならないように気をつけましょう!

️高飛車な女…ってどういうこと?

「高飛車な女」という言葉を耳にすることはあっても、「高飛車な男」という言葉はあまり耳にしないと思います。

それほど高飛車という言葉は、女性に使われることが多いです。

高飛車という言葉の意味合いは、世間一般に「悪いもの」として認識されています。

そのため、「あの女は高飛車な性格をしている」と聞くと、女性の性格が悪いという印象を抱く人が多いでしょう。

世間一般では、「高飛車な女」というと、「お高くとまっている」「高慢を鼻にかけている」「えらそうに人を見下す」女性のことという印象が強いです。

また、気が強くてつんつんしているといった印象もあります。

他人から「高飛車だ」と思われることは、女性ならば誰しも避けたいものでしょう。

️高飛車とは


高飛車という言葉を初めて耳にした時のことについて、詳しく覚えているという人はあまりいないでしょう。

それほど高飛車は日常的に使われる言葉であり、ふとした機会で耳にすることが多い言葉でもあります。

言葉の意味を詳しくは知らなくても、その言葉を使っている人の表情や口調、言葉のニュアンスなどで、相手が悪い意味としてその言葉を使っているのだということが感じ取れるため、高飛車という言葉をマイナスのイメージで捉える人が非常に多いです。

そしてそのイメージを抱いたまま、自分もふとした時にその言葉を使ってしまうことがあります。

相手に対して気に入らない部分があったり、「嫌いだな」と感じたりする場合に、つい口を突いて出てしまうこともあります。

高飛車という言葉本来の意味や由来については後述しますが、日常的にはどのような意味として用いられている言葉なのかを先にご紹介していきます。

高飛車の意味

先にも挙げたように、高飛車という言葉に対して私たちはネガティブなイメージを抱いていることが多いです。

相手の性格をマイナスで表現する場合によく用いられます。

大抵は自分に自信があって強気な人のことを「あの人は高飛車だ」と指すことがありますが、自分に自信があることも、強気な性格もそれ自体は何も悪いわけではありません。

ただ、その性格を他者から見た場合に印象が悪かったり、不快に思えてしまったりすると、「強気な性格」は「高飛車な性格」と捉えられてしまう場合があるのです。

では、一般的には高飛車という言葉の意味は、世間一般にはどのような意味として捉えられているのでしょうか?

高圧的な態度をとること

高圧的とは、「権力に物を言わせて人を押さえつけようとするさま」や、「一方的に相手を押さえつけて、従わせようとするさま」を意味します。

例えば会社の社長が自分の権力を利用して部下に無理難題を押し付けようとしたり、強い立場にある人間が弱い立場の人間を一方的に従わせようとしたりするなど、相手の意志に関係なく上から押さえつけようとすることを意味します。

高飛車な人は常に上から目線や口調のイメージが強いため、「高飛車な人=高圧的な態度」という意味合いに取る人は多いです。

威圧的な態度をとること


威圧的とは、「他人に対して脅しつけるような態度であるさま」を意味します。

例えば他人の弱みに付け込んで脅しをかけることや、相手に凄んで見せて恐怖に陥れることなどです。

繊細な人や怖がりの人、気が弱い人などは、何の根拠がなくても相手が凄んで脅しをかけてくるだけで、怯んでしまうものです。

そこを付け込まれてしまうことも多いのですが、気持ちが繊細な人にとっては、高飛車な人の態度は正に威圧的な態度に思えるのでしょう。

高飛車な人とは

高飛車な人は、上に挙げたように「高圧的」「威圧的」な態度のイメージが強いです。

そのため、気が弱い人にとっては側に高飛車な人がいるだけでも精神的なストレスに感じてしまうことでしょう。

また語気が強く、有無を言わせない言動も周りの人は引いてしまいやすいです。

しかし当人は、自分のその態度がトラブルの原因であるとはまったく理解していないことが多く、また仮に他人から高飛車な態度を指摘されたところで、素直にその指摘を受け入れることはないでしょう。

私たちが抱く高飛車な人のイメージは以上ですが、実際に高飛車な態度の人というのはどのような人なのでしょうか?

やたら上からで圧力をかけるように接してくる人

高飛車な態度の人は、私たちの抱くイメージに近い性格をしています。

何を言うにも、するにもとにかく上から目線で、こちらに圧力をかけるように接してきます。

もし職場の後輩で高飛車な態度の人がいるとしたら、「この仕事ってこうやった方が効率良いんじゃあないですか?」「それで大丈夫なんですか?」などといちいち気に障る発言を繰り返し、こちらは相当なストレスに感じてしまうことでしょう。

高飛車な人がそのようにやたら上からの態度になれるのは、その人自身が自分の考えに絶対的な自信があって、自分が一番正しいと考えているためです。

自分が正しいということは、自分の考えとは異なる考えを持った相手を「間違っている」と決めつけて、その間違いを指摘して正そうとします。

相手の考えややり方が間違っていると思うからこそ、「上から目線」の態度で接してくるのです。

【圧力をかけてくる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

️高飛車な人の9個の特徴

とてもよく人間が出来た人は周りであまり見かけなくても、傲慢な人や高飛車な人はよく見かけますよね。

それは、人の悪い部分がどうしても良い部分よりも目立ってしまうからかもしれません。

とくに人の悪い部分は、周りにいる人たちにまで影響を及ぼすことが多く、迷惑をかけられることも度々あります。

だからこそ人の目につく欠点というのは、周りにいる人にとっては不快に感じられるのかもしれません。

高飛車な人もまた、周りの人たちからは悪目立ちしています。

そんな高飛車な人に共通する9個の特徴をご紹介していきます。

とにかく強気

強気な性格の人っていますよね?

元々の性格が強気な人は、口調が少しきつかったり、何事にも物怖じしなかったりします。

しかし、強気だからといってただ性格がきついというわけではなく、時には優しい一面や、繊細で傷つきやすい一面を持っていることもあります。

そのため、強気な人は初対面の相手からは「怖そう」と誤解されることが多いですが、長く付き合えば付き合うほど、その人の良さが一緒に居る人には感じられるものです。

しかし、高飛車な人の場合は、とにかく強気というだけで、長く付き合えばそれだけ相手が疲れてしまう性格をしています。

何の根拠もないのに自信満々の強気で、自分の言いたいことややりたいことを我慢せずに、揉め事になりそうになったら高圧的、そして威圧的な態度で相手を押さえつけようとします。

例え自分に非があると分かっていることでも、その原因を相手に責任転嫁することも多いため、とにかく強気な態度が崩れることはありません。

そのため、一緒に居る人は心労が絶えなくなってしまいます。

口調がキツイ

高飛車な態度の人に限らず、自分に絶対的な自信を持っている人はどうしても口調がきつくなってしまいます。

少しでも「自分に非があるかもしれない」と己を省みることが出来る人は、そこまで相手に対してきつい口調になることはありません。

自分の非の可能性を考えることが出来る分、相手に対しても寛容な気持ちになれるからです。

しかし、「自分は絶対に間違っていない」と強く思っている人は、自分に非がないからこそ相手に対しては無意識にきつい口調や強い態度で出てしまいます。

本人は意識していなくても、相手が悪いと主張するかのように、責めるような態度になってしまうことも少なくはありません。

しかし、それでも自分にも非があると分かれば誰でも反省して、次はそんな態度にならないようにと気をつけるでしょう。

一方で高飛車な人は、例え自分が間違っていても非を認めずに責任転嫁することが多いため、口調がきついままになってしまいます。

価値観が全て自分基準

一般的な人は、自分の価値観を自分の経験だけでなく、人から聞いた話や本やニュース、学校の授業などで得た情報を参考にして判断しています。

人によっては偏った情報を信じ込んでしまい、他の人との価値観に差が生まれることがありますが、その価値観を見直す機会はいくらでもあります。

しかし、高飛車な人は価値観が全て自分基準となっています。

自分で経験したことはもちろんですが、自分の中の常識や、意見が全て正しいと思い込んでいる傾向がありますので、他の人と価値観に大きな差が生まれやすいです。

また、本人は全て自分の基準で価値観を判断していますので、自分自身の価値観にブレを感じることはあまりないでしょう。

しかし周りからすれば、その時の感情によって一々価値観が左右されるため、不安定でその都度コロコロと意見が変わる、面倒で分かり辛い性格に思えてしまうでしょう。

その結果、「あの人はその時の気分で判断が変わる」「コロコロ意見が変わって矛盾が激しい」という評価をされてしまうことが多いです。

しかしそんな周囲からの評価も、高飛車な人にとってはどこ吹く風なのです。

人を見下しがち

高飛車な人は、何事も全て自分の物差しで測って判断します。

何が正しくて何が間違っているのかも、世間の常識ではなく、あくまでも自分自身の常識で判断します。

そのため、例えば世間一般では「横入りは非常識」という考え方がありますが、高飛車な人にとっては「自分が急いでいる時の横入りは仕方がない」「ちゃんと並んでいるように見えないそっちが悪い」という考え方になるため、周囲の人にとっては非常識な行動でも平気でしてしまいます。

そしてまた、全ての行動で自分の方が相手よりも正しいと考える傾向が強いため、自然と相手を見下すような態度になりやすいです。

本当の正解は相手の方だとしても、自分の考えの方が正しいのだと考えていると、それが態度に表れます。

そして「こっちの方が正しい」と威圧的な態度を相手に対して取るのです。

仮にその場で第三者が、高飛車な人の意見が間違っていると判断を下しても、「何でこっちが間違っているんだ。絶対に向こうがおかしい。」と納得せずに、いつまでも禍根が残りやすいです。

要するに、高飛車な人は自分が全て正しいと考え、その通りに周りが動かなければ子どものように不満を覚える性格をしているのです。

そんな性格だからこそ、日頃から人を見下すような態度を取ってしまうのです。

そしてより性質が悪いことに、本人はそれを悪いと思っておらず、または無意識に上から目線の態度を取ってしまっているので中々直ることはないのです。

思ったことをすぐ口にする

高飛車な人は、思ったことをすぐ口にします。

大抵の人は、自分が発言する前に一寸間を置きますよね。

「自分がこう発言したら周りはどう思うだろうか」「自分の発言が間違っていないだろうか」などとよく考えた上で口にすることが少なくありませんが、慎重な性格の人やネガティブな性格の人はより深く考えてからしか口にすることはありません。

それは、「もしかしたら自分の意見は間違っているのかもしれない」という不安な気持ちや、自分の意見を周りに受け入れてもらえるかどうか分からないことから、堂々と発言することをためらわれるのです。

一方で、ポジティブな性格の人はそこまで深く考えることなく思ったことをすぐ口にする傾向があります。

それは、「自分の発言が間違っているのならその時に正せばいい」と、恥を恐れるでもなく、前向きな思考をしているため簡単に口に出せるのです。

しかし高飛車な人の場合にはまた違った考えから思ったことをすぐ口に出します。

高飛車な性格の人は、自分の考えが正しいと信じ込んでいますので、自分が何を発言したところで相手がそれに反論するはずはない、また仮に反論されたとしても、相手の方が間違っているのだという根拠のない自信を持っています。

そのため全く臆することなく、また不安に思うでもなく堂々と自分の意見を口に出せるのです。

そこで間違いを指摘されて、考えを改められる人であればポジティブな人間性をしていますが、高飛車な人は間違いを指摘されると不機嫌になったり、自分は悪くないと不満に思ったりしますので、相手をする周りの人は苦労することが多いです。

さらには、相手の欠点や間違い、コンプレックスといった点をそのままストレートに口にすることも多いため、高飛車な人に傷付けられる人も少なくはないでしょう。

生き方がアグレッシブ

高飛車な人には悪いイメージばかりが付いてまわりますが、その性格の本質的にはとてもアグレッシブさが見られます。

自分が全て正しいと思っていたり、間違いを素直に認めることが出来なかったり、他人に対して威圧的な態度であったりと、周りの人にとっては迷惑な存在に感じられますが、本人自体はとても積極的で行動性に溢れています。

何せ自分には何の過ちもないと考えているからこそ、堂々と思ったことをすぐに口に出来たり、またすぐに行動に移したりすることが出来るのです。

その自由奔放とも思えるようなアグレッシブさは、ネガティブ思考の強い人や、ふとしたことで不安を感じやすい人にとってはある意味で憧れの対象になるかもしれません。

ネガティブな人ほど余計な心配をして、周りに気を遣い、いつも神経を尖らせていますので、心身共に疲労しやすいです。

どんどん自己嫌悪に陥ってしまうようなタイプの人は、高飛車な人のアグレッシブな部分を少し自分の中に取り入れても良いかもしれませんね。

スパッと決断をする

どんなに経験を積んだ人でも、大きな決断を迫られるような場面になると、不安な気持ちになりますし、深く考えてからでしか決断を下すことは出来ません。

物事を決断する上で、決断した後のリスクやフォローなどを考えるのは当然のことですし、ネガティブな性格の人ではその決断をするという一歩が踏み出せずに、その場に留まってしまっている人もいます。

一方で高飛車な人は、良し悪しに関係なく、いつでも物事をスパッと決断します。

自分の考えが正しいと思っていますので、そもそも決断に悩む必要などないのでしょう。

自分の思うままにあっさりと決断して行動に移ります。

その結果決断した内容が間違っていたとしても、それを素直に認めることはしないため、結局のところは「自分は間違っていない」という考えを貫き、決断を後悔することもありません。

後悔しないからこそ、臆することなくドンドン決断していけるのです。

それは、決断力のない人からすれば、潔い態度に思えることでしょう。

周りに被害さえ及ぼさなければ、高飛車な人の決断力は時に頼もしいものにもなるのです。

周りの人を傷つける

高飛車な人は、いっそ清々しいほどに自分勝手で自信に満ちています。

それは周りに気を遣い過ぎて、自分自身を押し殺してしまうような人から見れば、羨ましく思えるかもしれません。

しかし、やはり自分勝手というのはメリットよりもデメリットの方が大きいのです。

例えばネガティブな人や、慎重な人ほど、自分の発言や態度で周りがどう思うかということに執着します。

その執着の元は、自分が周りから嫌われたくないという強い感情から来ていますが、元の考えはどうであれ、自分が嫌われないように振舞うということは、すなわち相手に対して決して不快な思いをさせることはないということです。

そのため、相手を不用意に傷つけるような発言は避けますし、誤解を生むような態度も取らないように気をつけます。

悪く言えば八方美人で、事なかれ主義のようにも思えますが、一緒に居る相手にとっては、居心地の良さこそ感じても、不愉快には感じないことでしょう。

しかし一方で、高飛車な性格の人は相手の気持ちなどお構いなしで、常に自分の気持ちを最優先にして思ったことをすぐに口にします。

体型を気にしている人がネガティブな発言をすれば、「確かに〇〇さんは太ってるからね」と余計に相手のコンプレックスを刺激するようなことを言いますし、周りで離婚したという人がいれば、「何で離婚したの?」と平気で相手の傷口を抉るようなことを尋ねます。

そんな無神経でデリカシーのない物言いをズバズバするため、周りの人を傷つけて、その結果敬遠されてしまうことが少なくはないのです。

しかし、それを本人に指摘したところで、高飛車な人は自分は間違っていないと思っていますので、周りの忠告にも全く耳を貸すことはないのです。

引っ張っていく力がある

高飛車な人は、自分の思う通りに強引に事を進めようとしますし、平気で周りを傷つけるような発言もします。

そのため、大抵の人は自分が迷惑を被りたくない、または傷つきたくないという理由から高飛車な人を避けようとします。

しかし時によっては、高飛車な人の周りを気にしないでドンドン進んでいく行動力は、周りの人を自然と引っ張っていく力にもなるのです。

人は誰しも、予想外の展開に困惑します。

困惑して、次に自分がどう行動すれば良いか分からずに戸惑ったり、中々次の行動へ移れなかったりします。

特に普段は完璧主義な人ほど、計画にないことに襲われると、パニックになってへこたれてしまったり、全部投げ出して逃げようとしてしまったりします。

しかし、高飛車な人は日頃から我が道を行く性格をしていますので、どんな困難な状況下に置かれても、構わずに自分の思う通りに行動して突き進んでいきます。

本人にとってはそんないつも通りの行動が、周りの人からすればいわば「切り込み隊長」のように思える時があるのです。

そんな時には高飛車な人が切り開いた道に他の人たちも続き、そうして気付けば困難から脱出していることがあるのです。

そのため、高飛車な人は皆がピンチの時には周りを引っ張っていける、頼もしい存在ともいえるでしょう。

️高飛車な人にならないための注意点

高飛車な人でも、時には周りの人を引っ張ったり、力を与えたりすることがあります。

しかし、大ピンチな状況でもない限りは、やはり普通に過ごしていると、高飛車な人の性格は厄介で迷惑なものに変わりありません。

そのため、できれば高飛車な性格にはならないようにした方が無難に社会に溶け込み、周囲とも上手くやっていけるでしょう。

しかし、自分では気をつけていても、無意識に自分勝手な行動を取ってしまった結果、周りから「高飛車な人だね」と思われてしまう可能性は誰にでもあります。

陰で高飛車だと噂されて、そこで深く傷ついてしまう前に、日頃から高飛車にならないように注意して振舞いましょう。

では、具体的にどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?以下に注意すべきポイントを挙げていきます。

考えてから言葉を発する

とくに慎重な性格でもなく、かといって高飛車な性格でもないものの、ついうっかり口を滑らせてしまうタイプの人っていますよね。

大抵はおしゃべりが好きな人だったり、あまり深く物事を考えずに口にしたりする人が多いですが、場合によってはそのうっかり発言が大きなトラブルになってしまうこともあります。

例えば友達同士でつい失言をしてしまった時には、即座に謝罪すれば喧嘩にはならないでしょう。

しかし、仕事など緊張する場面でうっかり発言をしてしまうと、後悔しても取り返しが付かないことになってしまう可能性があります。

つい口を滑らせてしまうタイプの人は、周りの人から信用を得にくいです。

大事な仕事の場面には連れて行きたがられなくなりますし、内緒話も自分だけ省かれてしまうこともあるでしょう。

また、何度も考えずに発言した結果周囲を不快にさせてしまえば、本当は違うのに「高飛車な性格だ」と誤解されてしまいかねません。

そこで、うっかり発言を減らすためにも、自分が何か言おうと思った時には、いったん口を閉じてその発言を今してもいいものかどうかを考えるようにしましょう。

発言する前に考える癖をつければ、無神経な発言をしないで済むようになります。

これを言ったら相手がどう思うか?を考える

自分の口から出る言葉というのは、自分自身よりも相手や周りの人間に与える影響が大きいです。

そのため発言によっては、相手の自尊心を傷つけたり、コンプレックスを余計に刺激したりする結果になってしまいます。

それを防ぐためにも、発言する前には、「自分がこう言ったら相手はどう思うだろうか?」と必ず考えるようにしましょう。

そして、「自分がもし相手の立場だったら、これから自分が発言する内容をどう感じるだろうか?」ということが考えられるようになれば、相手の立場に立った適切な発言が出来るようになります。

自分を勘違いしない

あなたは自分で自分をどの程度のレベルの人間だと考えていますか?

本来は一人ひとり価値観も考え方も違っているのが当たり前ですので、どの程度のレベルだなんて考える必要はありません。

しかし人は自分と他人とを比較して生きていく生き物ですので、どうしても他者と自分とのレベルの差を気にしてしまいます。

そして、自己判定を下して、相手のことを「自分よりも下のレベルだ」と判断すると、無意識に相手に対して上から目線になったり、威圧的な態度になってしまったりします。

例え心の中だけでそれを思っていても、どうしても口調や態度で表れてしまうため、それを感じ取った相手からは「嫌な感じの人だ」と思われてしまうことでしょう。

高飛車への第一歩は、驕りの気持ちから始まります。

驕りの感情は相手を自分よりも下に見るほど強くなってしまいますので、自分を「〇〇よりは上のレベル」などと勘違いしないようにしましょう。

謙虚さがモテに繋がることを知る

傲慢な人は異性からモテませんが、謙虚な人は異性からモテます。

それはわざわざ説明するまでもないでしょう。

誰でも高飛車な態度の異性よりも、謙虚さを持っている異性に対して心惹かれるものです。

それはまた、何も異性に限った話ではありません。

同性同士でも、高飛車な人よりは謙虚な人の方が好かれます。

高飛車な人と居るととにかく自分が疲れてしまい、ストレスもたくさん感じますが、謙虚な人相手であれば気持ちに余裕が持てますし、一緒に居て居心地が良いです。

高飛車な性格を上手く隠そうと思っても、言動や態度で必ず相手にはそれが伝わってしまいます。

ですから、そもそも高飛車な考えにならないように日頃から気をつけましょう。

【謙虚になる心構えは、こちらの記事もチェック!】

自分と異なる考え方への理解力を高める

誰でも自分が一番可愛いですし、自分が一番大切です。

しかし、だからといって自分が何もかも正しいとは限りません。

自分が自分を可愛いと思うように、あなたの目の前の人もその人自身が可愛いはずです。

そして、自分とは異なる考え方を持っています。

その考えを否定する権利はその人自身にしかないと考えましょう。

そうすることで、他人と異なる思考であることが当たり前に感じられるようになります。

当たり前になれば、考え方の違いでぶつかることはあっても、考えが違うということ自体には否定的にならずに済みます。

上には上がいると認識する

自分が一番上だと考えている人は、それ以上成長していくことが出来ませんし、自然と傲慢で高飛車な態度になりやすいです。

確かに下を見れば切りはないでしょう。

しかし、下を見たところであなたよりも下にいる人数と同じくらいに、あなたよりも上にいる人たちも存在しています。

それをよく理解して、自分よりも優れた人、すなわち自分よりも上にいると思う人を見上げて、常に目標にしていきましょう。

自分よりも上がいると思えば謙虚な気持ちになれますし、高飛車な態度になることなくさらに上を目指していけます。

言葉を優しいものに言い換える

きつい言い方をする人は、それだけで人間関係で損をしやすいです。

真実を口にしていても、その言い方がきついと受け取る人によっては高飛車だと感じることもあります。

そのため、発言する時には優しい言葉で話すようにしましょう。

「まだ出来ないの?」という言葉であれば、「お疲れ様。

後はどの程度かな?」と言い方を変えるだけでなく、労いの言葉も入れるとより好印象です。

相手を責める口調にはならないように気を付けて、自分で考えられる限りの穏やかな物言いをするように心がけましょう。

️高飛車の由来は?

高飛車が他人に対して高圧的な態度になる人を指すということはすでにご紹介しました。

しかし、そもそも高飛車という言葉はどのような由来からきているのでしょうか?言葉の意味は知っていても、その由来までは知らないという人は、意外と多いと思います。

そこで、高飛車の由来についてもご紹介します。

将棋の飛車から由来

高飛車の語源は将棋の浮き飛車からきています。

将棋で、飛車を定位置から二間または三間進めて攻勢を取る形を高飛車と言います。

この攻勢の様子から、人間関係において相手を上から押さえつける高圧的な態度に例えられたのが始まりとされています。

️高飛車な人は嫌われる

高飛車な人にも、場面によっては頼もしく、皆を引っ張っていける長所があります。

しかしそれも大抵の場合は、あくまでも自分自身のために行動した結果、勝手に周りが付いてきたというだけであって、高飛車な人が周囲に気を遣ったわけではありません。

そして大きなトラブルに直面した時でもない限りは、高飛車な性格の人は周りの人からは嫌われやすいです。

どんなにアグレッシブでも、周りと協調して過ごすことが出来ない人は、どうしても嫌われてしまいやすいのです。

男ウケも女ウケも悪い

高飛車な人は、男ウケも女ウケも悪いです。

高飛車な性格は、一言で言ってしまえば「性格の悪い人」なのです。

性格の良い人はもちろん好かれますが、性格の悪い人は嫌われるのが一般的です。

例え良い部分を持っていたとしても、悪い部分の方が目立てば周りからは敬遠されてしまいます。

そしてまた、高飛車な人は自己反省をあまりしないため、余計に男女共にウケが悪いままなのです。

タカビーとも言われる

最近ではあまり聞かれなくなりましたが、少し前までは高飛車な人には「タカビー」というあだ名がついていました。

高飛車な人の性格を小馬鹿に、また面白おかしくつけたあだ名ではありますが、そのあだ名に対する印象はとても悪いです。

タカビーと聞くと一見親しみがあるように思えますが、実際には高飛車な性格を嘲笑した呼び方というだけですので、周りからタカビーだと呼ばれることは本人にとっては不名誉この上ないことでしょう。

️高飛車な人は嫌われやすい!あなたも注意して

高飛車な人は、ほとんどの場合周りから嫌われやすいです。

それだけ周りにとっては厄介で迷惑な存在でしかないのです。

しかも、本人はその自分勝手さを省みることがありませんので、どこへ行っても誰と接しても、上手くいくのは難しいでしょう。

どうせ社会の中で生きていくのならば、ある程度順応して周りに上手に溶け込むことで、自分自身も生活しやすい環境を整えることが出来ます。

うっかり高飛車な人になって周りとトラブルを起こさないためにも、注意して生活していきましょう。

【高飛車な人の心理と対処法は、こちらの記事もチェック!】