世界的に離婚が増えている影響もあり、日本でも3組に1組は離婚する時代になったと言われています。

ということは必然的に「バツイチ」と言われる、一度は結婚し、その後離婚により戸籍にバッテンがついている未婚男性が増えたということです。

あなたの周りにも離婚経験者で今はシングルの人が何人かいらっしゃることでしょう。

離婚率の上昇とともに、離婚は一つの選択肢として認められるようになり、バツイチに対するマイナスイメージは減り、バツイチ男性であっても恋愛対象としても候補に登るようにもなってきました。

ですからこれから、バツイチ男性の特徴と、彼らと恋愛をするメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

賛否両論!?バツイチ男性の特徴や心理について

「バツイチ男性はモテる」という説と、「バツイチ男性は地雷物件」という説の両極端の意見が見受けられます。

もちろん未婚男性と同じように、個人差はありますが、離婚理由やその後の反省の仕方、経済力や再婚願望、子供の有無や前妻との関わり方など、一度全てを経験しているバツイチの人だからこその特徴や独特の心理があります。

ですからバツイチ男性との恋愛を考える際に、それらの特徴を把握しておくことは助けになるでしょう。

バツイチ男性の特徴10個


結婚という人生の中の大きな決断をし、思い描いていた理想とのズレを感じ、幸せな生活が何らかの理由で崩れ、離婚という心身ともに非常に苦しい状況を乗り切った人は、それらをまだ経験したことのない人とは、物の見方や考え方が違うはずです。

さらに、女性に対する感覚も、頭で思い描く理想ではなく、すでに生活をともにした女性がいるわけですから、より現実的なものになっていることでしょう。

ではこれから一般的なバツイチ男性の10個の特徴を見ていきましょう。

相手のせいにしがち

人は誰しも自分が可愛いものです。

さらに自分は正しいと肯定したくなる気持ちを持っているものです。

ですから離婚理由を聞いたときには、相手の女性やその家族に離婚原因があると、人のせいとも思える発言をするかもしれません。

もちろん、離婚するにはそれなりの理由があり、どちらか一方だけが悪いということはあり得ません。

たいていの場合は双方に原因があるものです。

しかし、新しく恋をしようと思っている相手に話す時は、自分を擁護したくなる気持ちもわかりますよね?少しでも自分を良く見せようとして、自分の落ち度は少なくしたり、隠したりするのに対し、相手の欠点は大げさに話す人もいるでしょう。

ですから、彼のいうことだけを鵜呑みにするのはやめましょう。

前妻さんに話を聞くことは難しいので、彼の話をじっくり聞き、本当に自分は100%悪くないと思っているようなら、離婚から何も学んでない人なので要注意ですし、辛い気持ちをわかってほしくて、つい相手を悪く言ってはいるが、本当は反省しているようなら恋愛対象として見ても良いでしょう。

また逆に離婚原因について一切触れなかったり、相手のせいにも何もせず、とにかく語りがらない場合は、DVやアルコール、ギャンブルなど彼の方に明らかに原因がある場合もあるので、その辺もきちんと見極めることが必要です。

自分が一番の性格


バツイチ男性の中には、家族ではなく自分中心の生き方をしてきた人も多いです。

結婚した後でも、独身時代と変わらない時間やお金の使い方をしてしまうのです。

趣味に没頭して、家族がどう思うかを考えることなく、「自分はこれが好き」という感覚だけで、休日も家族をほったらかして友達と遊びに行ったり、家計に入れる以上にお金を浪費したりします。

また、仕事にのめり込んで、家族を顧みなかった人も多いでしょう。

「仕事だから」という印籠を突きつけ、家族の感情的必要を押し殺すように仕向けてしまうのです。

しかし、仕事と言いつつ、結局は自分が好きなことをしているわけですから、自己中心的な生き方であることには変わりありません。

家庭環境が悪い

生まれ育った家庭環境は、本人にもどうしようもないものがあるので、そこを責めるのはかわいそうですが、バツイチ男性の多くは、母親との結びつきが異常に強いマザコン男だったり、父親不在で育って、家庭の中の夫や父親としての役割がわからないという人も多くいます。

その場合は、不利なスタートをしいられるかもしれませんが、大人になれば自分で悪影響を断ち切ったり、理不尽な親をコントロールするように学べるものです。

ですから、本人が自分の育った家庭の問題や、新しく家族を持つ時に保つべき実家との距離感を理解して、それを実践できるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

女性に奥手

結婚から離婚に至るというのは、一人の女性ととことん向き合い、その家族にも責任を取るというステップを踏むことになるので、途方も無い労力を使い、自分の心身をすり削ってなんとか成し遂げられることです。

さらに、結婚生活を通して女性の弱いところや嫌なところを見てきたことでしょう。

ですから、それがトラウマとなって、女性に対して奥手になるのも無理はありません。

もちろん男性ですから、女性と恋愛したい気持ちや、触れ合うことに対する願望はあると思いますが、どこか踏み込めなかったり、奥手でプラトニックな関係から先に進めないかもしれません。

特に相手が若かったり、初婚だと、責任を取ることのプレッシャーが先に来て、引いてしまうことあるかもしれません。

金銭的な問題を抱えている

前妻に慰謝料を払っていたり、子供がいる場合には養育費を払っているバツイチ男性も多いことです。

それらの出費は、自分の生活を維持するとは別にかかるものですから、経済的な負担はどうしても大きくなります。

収入の多い人ならそれほど問題にはなりませんが、一般的なサラリーマンの場合は、収入の大半が飛んで行ってしまい、生活に困窮してしまう場合もあるでしょう。

養育費も子供が成人するまで続くものですので、長期戦になる覚悟が必要です。

ですから、バツイチ男性との結婚を考えるなら、慰謝料や養育費の総額、子供の年齢や人数、彼の収入など細かく聞いてから恋愛を始めるべきです。

結婚生活にはそれなりの経済力がないと、揉め事が増えて、余計なストレスを感じてしまいます。

また、共働き覚悟であったとしても、どちらかが何らかの理由で働けなくなることもありますし、給料が下がることも、子供関係で予想外の出費があることなども予期しておく必要があります。

お金の切れ目が縁の切れ目と昔から言われるように、離婚して、すでに金銭的に苦しい状況の人との恋愛は、一旦冷静に考える方が得策でしょう。

とにかく慎重になってしまう

一度失敗しているので、結婚に関してはとにかく慎重な人が多いです。

結婚願望がないわけではないのですが、しばらくは、籍を入れるという形式を取らずに、自由な恋愛だけを楽しみたいと考える男性が多いのです。

バツイチの人は、結婚の理想と現実の差を痛感しているだけに、結婚をポジティブにとらえずに、重荷と感じてしまうのです。

さらには、結婚という制度そのものを無意味に感じている人もいます。

苦い経験を通して、籍を入れることや結婚式に対するこだわりを失ってしまっているのです。

または、結婚生活をそれなりに楽しんだ男性でも、再婚を望むかもしれませんが、ゆっくり時間をかけて、今度こそ本当に自分に合う人を見つけてから籍を入れようと、やはり慎重にことを進めていくでしょう。

自分に自信がない人も

離婚を経験すると、自分に自信がなくなったり、自分はダメな人間だと感じたり、社会に認められない存在になってしまったと考える人はいるようです。

恋愛や、女性に対して自信を失うというよりも、人生や自分自身に対してネガティブにとらえてしまう傾向があるようです。

男性が結婚を決めるときには、自分の意思で、一人の女性を自分が幸せにするという覚悟を持って決めることでしょう。

そして結婚をした時に、一人前の男になったと周りから認められた感覚も味わったことでしょう。

しかし、離婚と同時にそれらがガラガラと崩れてしまい、自分の誓いを守れなかったという虚無感が残ってしまうのです。

【自信がない人については、こちらの記事もチェック!】

恋愛に対して消極的

恋愛から結婚、離婚と一通り経験すると、恋の甘いも苦いも十分すぎるほど認識し、恋愛に対してワクワクするというよりも、より現実的な見方をしてしまいます。

また一から誰かと恋愛を始めることを、面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

また自分の行動次第で、相手を深く傷つけてしまうことも痛感しているので、消極的になってしまう場合もあります。

少なくとも一時期は心から愛し、一生大事にすると誓った女性が、自分の隣にいながら、思い悩んだり、暗い表情になったり、泣いたり怒ったりするのを見てきたならそれも仕方がないですよね。

愛する人を幸せにする自信を失っていたり、「自分と一緒にいることが本当にこの人の幸せに繋がるか」と恋愛を始めることに迷いが生じ、自分の方から積極的にアプローチすることができないのかもしれません。

基本、恋愛に疲れている

「離婚で消費するエネルギーは、結婚するときの3倍」と言われるほど、離婚はハードなものです。

結婚するときはお互いが好きな気持ちで、夢に向かって進むプラスのエネルギーですが、離婚するときは、お互いに対する好意も夢も消え、愛がないのに話し合わなければいけないというストレスと、金銭的なことで揉めたり、子供のことなどどちらも譲れない話し合いが続き、精神的に追い込まれることでしょう。

ひたすらマイナスのエネルギーを使わないといけないので、心身ともに疲弊してしまうのです。

ですから、もう恋愛はこりごりと思っている男性も多いです。

女性を信頼していない

どんな結婚生活を送り、どんな別れ方をしたかにもよりますが、女性に傷つけられていたり、幻滅しているバツイチ男性は多いでしょう。

付き合っていた時はあんなに可愛らしかった彼女が、結婚して豹変したり、別れ際には嫌な女でしかなくなったという経験を通して、前妻だけでなく、女性全体に対する信頼を失ってしまっているのです。

表面的には可愛い子でも、「付き合い出すと女性はみんな豹変するのでは」という恐怖感すら覚えている人もいるでしょう。

離婚した男性の多くは、妻の束縛や、自分に対する依存度の高さで疲れたと語っているので、そんな風に感じている男性の女性に対する見方を良いものにするには、女性側にも自立することが求められるのでしょう。

でもバツイチ男性はモテる・・・なぜ?

ここまでで、バツイチ男性が地雷物件と言われる理由とも思える、経済的な問題や自信を失っていること、さらには女性を信頼できなかったり、恋愛に慎重になっているという特徴を見てきました。

これらの特徴を考えると、やはり離婚を通して心に傷を負っている人と付き合うことは難しいように思えますよね。

しかし、だからこそ優しかったり、女性に多くを期待しなかったり、責任感が強かったりと、男性として魅力的な一面があるのもまた事実です。

これからバツイチ男性がモテる理由について見ていきましょう。

女性に気を遣える

ただ好きという気持ちがあるだけでは、良い関係を維持できないことを身を持って知っているバツイチ男性は、意識的に努力して、女性が居心地良く感じたり、大事にされていると意識できるように気を使ってくれます。

例えば、仕事で疲れて帰ってきても、女性が話を聞いて欲しそうだと感じたら、気持ちをリセットして聞くように努めるか、どうしても無理なら、「話を聞いて欲しいんだよね。

でも今日はとても疲れてしまっていてちゃんと聞けないから、明日でもいい?ごめんね。

」などと、女性の意向をくみ、感情を害さないように適切な対応をしてくれます。

これは女性と生活したことのある男性ならではの気遣いでしょう。

経験のない人は「俺だって疲れているんだ」と怒ったり、無理して話を聞こうとしてみるものの、イライラして話の腰を折ったり、手厳しいアドバイスをして逆に傷つけてしまう可能性がありますが、バツイチ男性は、女性がどうして欲しいのかを感じ取る能力と、それを満たしてあげる方法、さらに自分のキャパシティのバランスを取るのが上手になっています。

結婚の焦りがない人もいる

恋愛に慎重になり、籍を入れるという形式にこだわらないバツイチ男性は、まだ結婚したくないという女性にとっては最高の相手になります。

若い男性だと結婚することに一定の夢を持っていると思いますが、それが妄想に近いような、現実とはかけ離れている場合もあり、女性としては引いてしまうこともあります。

自分に献身的に尽くしてくれる昔気質の女房像や、母親しか無理というような包容力を求めたり、家政婦のように家事全般を完璧にこなすことを期待したりと、未婚の男性が描く結婚像では、それではあなたしか幸せにならないのでは?と疑問を感じざるを得ない理想を掲げて、早く結婚しようと言う人もいます。

女性としては、そんな将来を話されても嬉しくもなんともありませんよね?しかし、バツイチ男性は、結婚とは価値観の違う二人の生活で、理想通りにはいかないことをよく理解しているので、変に夢を見ることもないですし、結婚すれば幸せになるなんて口が裂けても言わないでしょう。

いい意味で女性に期待していない

よく泊まりで一緒にいるとその人の本質が見えることがあると言いますが、恋愛関係でも同じで、デートで過ごすのと、生活を共にするのでは全く異なる面を知ることになります。

精一杯おしゃれをして、素敵な場所で楽しいひと時を過ごしている時の女性は、最高にチャーミングで優しくて可愛らしいことでしょう。

しかし、生活を一緒にしていると、機嫌の悪いことも、疲れてボロボロの時も、イライラして当たってしまう時もあるものです。

同じ女性で、同じように相手を愛しているとしても、24時間365日完璧な人はいません。

バツイチ男性は、そんな女性の現実を知っているので、女性に対して夢を持ちすぎることはありません。

むしろ弱いところや嫌なところを含めて受け入れる用意ができているのです。

変に期待されていないことがわかると、自然に振る舞えますし、一緒にいることに安心感を感じられるので、多くの女性はバツイチ男性に惹かれるのかもしれません。

女性を理解している

「女心は難しい」とどれほどの男性が呟いたでしょうか?

女性は、月ごとに繰り返されるホルモンの変動で、自分ではコントロールできない感情の起伏や、体調の変化を経験します。

パートナーがそれをわかってくれ、この時期はイライラしやすいから刺激しないようにしようとか、落ち込んでいるようだけどあと数日すれば大丈夫と、ホルモンのサイクルに合わせて上手に対処してくれると本当に助かります。

結婚経験者は、女性ならではのそのような問題も経験済みなので、理解を示し、安定して良い関係が築けるように合わせてくれるでしょう。

束縛しない、大人の距離感をつかめる

束縛や嫉妬、相手に依存しすぎることなどが結婚生活を破綻させることを経験しているバツイチ男性は、それぞれが自立し、相手を尊重する関係を築きたいと願っていることが多いです。

なぜなら、夫婦として良い関係を続けるには、お互いを信頼し、認め合うことが大切だと知っているからです。

束縛したり、相手の全てを自分がコントロールしようとしたり、二人一緒でないと何もできないような関係は、非常に幼稚で、時間が経つとお互いを苦しめてしまいますよね?

ですから、恋愛をスタートするのも、ゆっくりと時間をかけてお互いをよく知るように努め、相手のプライバシーに土足で踏み込むようなことはせず、距離感を大事にしながら進めていくことでしょう。

そんなところが大人の余裕に感じ、一緒にいると居心地良く感じるでしょう。

他人の痛みがわかる

自分が辛い思いや苦労を経験していると、同じような状況の人に感情移入できたり、苦しんでいる人の気持ちに寄り添うことができるようになります。

バツイチ男性は、離婚や愛する人を傷つけたという深い苦しみを経験し、そこから二度と同じ過ちを繰り返さないと心に決めている人が多いので、人に優しく接することができます。

結婚願望はあるがあんまりガツガツしていない

ガツガツくる男性が苦手という女性も多いですよね?

積極的にアプローチしたり、誘ったり、とにかくハンター心理を丸出しで迫ってくる若い男性はたくさんいます。

そんな中、落ち着いていて、浮ついたことを言わず、特にアピールもしてこない男性がいると、好意的に移ったり、なぜそんなに余裕があるのか気になることがありますよね?あなたの周りにもそんな人はいるでしょうか?

よくよく聞くと、そんなマイルドな対応をするのはバツイチ男性ということも多いです。

とにかく経験豊富!小さなことには動じない

結婚と離婚という、人生の中でもとりわけ大きな出来事を経験しているということは、大抵のことは経験済みで、多少のトラブルではびくともしません。

女性の欠点も、結婚生活の現実も、酸いも甘いも知っているので、その豊富な経験によって培われた判断力や行動力は非常に頼もしく映ることでしょう。

女性は特に自分より物事をよく知っていて、人生経験も豊富な異性に惹かれるので、この点でもバツイチ男性は魅力的に映るのでしょう。

自分のことは自分でできる

実家暮らしの僕ちゃんは、母親に掃除洗濯ご飯全てをしてもらっていることがありますが、バツイチ男性は、ある程度のレベルで家事全般をこなすことができると考えられるでしょう。

夫婦で住んでいる時も家事を分担していたり、シングルに戻ってからも一人暮らしで自分で生活をやりくりしているからです。

さらにバツイチ男性の特徴として、前妻に家事を任せすぎて負担に思わせてしまったという反省点を抱いていて、積極的に家事や育児を手伝ってくれるケースがあります。

自分のことが自分でできるのはもちろん、家事の大変さや、二人で協力して行う方が良いという考え方をしてくれているのは、女性としては嬉しい限りですよね。

バツイチ男性が好きな女性はコンナ人

余裕があって、女性の気持ちがわかり、細かい気遣いまでできるとなると、バツイチ男性がモテるのも納得できますね。

では恋愛に少し消極的なバツイチ男性が、新たに恋に踏み出してもいいかなと思ったり、こんな女性だったら今度はうまくいくかもと感じるのはどんなタイプなのでしょうか?見ていきましょう。

必要以上に束縛しない人

夫婦関係が悪くなると、不安や心配から、嫉妬や束縛が増えるケースが多いです。

ですからバツイチ男性の中には、仕事からの帰りが遅いと浮気を疑われたり、男友達と遊びに行くにも詳細を事細かに聞かれたり、不安から携帯をチェックされたりと、束縛だけは嫌だと心から思っている人も多いようです。

男性の浮気が離婚原因で二位なので、束縛されても仕方ないのかなと思う一面はありますが、そこはぐっと抑えて、信頼するようにしましょう。

金銭面で自立している

「男が一家の大黒柱として家族を養う」というのは、もう時代遅れの考え方なのかもしれません。

特にバツイチ男性だと、生活にはお金がかかることも、それを一人で賄うことのプレッシャーの高さも経験済みですので、自分が背負うという変な力みはもうありません。

むしろ妻も稼いで、家計をサポートしてくれると助かるという現実的な見方をします。

慰謝料や養育費を払っていればなおさらそうでしょう。

また、女性が稼げるということは、社会に彼女の居場所があり、社会人としての悩みを共有できたり、仕事の都合も理解してもらえるという安心感にも繋がるのでしょう。

過去を怒らない、語らない

バツイチということは、それなりに過去があることはわかっているわけです。

過去の自分も全て知ってもらいたいという男性は少ないでしょう。

さらに全てを知って、かつ心の平安を保てる女性も少ないでしょう。

過去は過去なのです。

ですから嫉妬してしまうから聞かない方が良いですし、彼が話したがらないなら無理して聞き出すこともないでしょう。

そのように、自分の気持ちをコントロールできる大人な女性といることをバツイチ男性は好むようです。

自分で判断して選択できる

バツイチ男性は、結婚をグイグイ迫るような女の子とは付き合うことはないでしょう。

結婚は映画やドラマのようなロマンティックなものではないと十分すぎるほどわかっていますし、今度こそは失敗したくないと慎重になっているので、自分のペースで一つずつ納得して進めていきたいのです。

さらに前妻との子供いたりしたら、二人だけの問題ではなく、子供の感情や、実際の生活のことなど複雑な問題が関係してきます。

ですから、バツイチ男性と真剣に付き合いたいなら、彼の身になって考えてあげるゆとりを身につけることが大切でしょう。

自分の事情を理解してくれる人

未婚の男性とは違い、一度家族を持った男性は様々な事情を抱えていることが多いです。

まず、前妻との関係です。

離婚後も友達として交流を持っている人もいますし、全く連絡も取らない人もいるでしょう。

新しい彼女としては、もちろん連絡はとっていてほしくないですけど、そこには色々なことが関係して、踏み込めないことも多いです。

さらに子供がいる場合は、離婚していても子供の父親であることには変わらないので、それを心から理解してあげる必要があります。

彼の子供を引き取ることになる可能性まで受け入れる覚悟がなければ厳しいでしょう。

さらに、離婚によって傷ついていることや、恋愛観の変化、彼の親との付き合い方など、複雑な事情を広い心で受け入れる器のある女性でないと彼は心から安らぐことはできないでしょう。

精神的に包み込んでくれる人

バツイチ男性は、離婚によって磨かれた特質や、女性に対する理解が深まったということはあるとしても、そもそも離婚に至ったのは、彼の根深い問題も大きな要因となっていることでしょう。

生い立ちゆえに攻撃的になってしまったり、コミュニケーションを取るのが苦手だったり、わがままな思考を持っていたり、何かに夢中になると他のことが手につかなくなるなど、結婚生活に支障をきたす問題を抱えている可能性もあります。

そのことも本人がわかっており、直すためにも支えて欲しいというような場合には、彼の弱さも全て包み込む強さが女性側に求められます。

心の傷を一緒に背負うには、包容力と深い愛が必要になるでしょう。

決して楽な道ではないですが、好きになった人のためなら頑張れるかもしれません。

しかしその場合も、自分がなんとかしなくてはと狭い見方を持たずに、専門家の助けを借りたり、彼自身が自主的に行動できるようにサポートをするように心がけるなら、本当の意味で彼を包み込むことができるでしょう。

結婚生活の現実を見てくれる人

結婚の現実を知っているバツイチ男性は、シンデラストーリーに憧れるような夢見がちな子とはギャップがありすぎて、将来を考えることはできないでしょう。

バツイチであることを必要以上に気にする必要もないですが、未婚の男性と付き合うことと同一視しないことも大切です。

彼らが経験したことや傷ついたこと、それによって背負った問題やそこから学んだことはそのまま認めてあげる必要があるのです。

つまりそれが彼との生活になるので、その人の全てをしっかりと受け入れられる冷静な思考が、女性には求められます。

バツイチ男性は深い・・・。もなんだかいい///(まとめ)

いかがだったでしょうか?離婚という人生の中でもかなり厳しいダメージを与える不幸を経験している男性は、深みや憂いがあり、簡単には新しい恋には知らないことでしょう。

しかし、そんな経験をしているからこそ、女性を惹きつける魅力もあるのです。

ただし、バツイチにも色々ありますので、今後も治らないような問題を抱えていたり、一緒にいると絶対に不幸になるような癖がある人との恋愛は、あなたが悲しい思いをするだけなので深入りしないようにしましょう。

まず、バツイチ男性の中でも人間性をきちんと見分けることが大切です。

そして、もしバツイチ男性のことが好きになってしまったのなら、過去は全面的に受け入れるけど詮索しない、二人の未来を彼のペースでじっくりと考えるという大きな器と覚悟を持って恋愛をスタートさせましょう。

世間的に珍しくなくなってきているとはいえ、バツイチに対して偏見がゼロな訳でもありません。

彼を深い愛で包み、とことん支え、困難を二人で乗り切る強い気持ちを持つようにしましょう。

そうすればきっと幸せな未来が見えてくると思いますよ。