あなたは友達や恋人、家族のアドレスを何で登録していますか?

親しい人の連絡先であれば携帯やスマホ本体の電話帳に登録しているでしょうが、顔見知り程度の知人や浅い付き合いの友達の連絡先は、ライン交換で済ませている人も多いのではないでしょうか。

最近ではもっぱらラインで連絡を取り合う人が増えていますが、何故メアドを使わなくなったのでしょうか?

メアドを使うデメリットについてご紹介します。

️今の時代はやはりラインが強し

今の時代は、連絡を取り合うのに多くの人がラインを使っています。

学校や会社、街のあちこちでもラインの画面を開いている人を見かける機会は多いことでしょう。

それほどまでにラインが世の中に普及しているのは、その手軽な便利さが大きな理由と言えます。

ラインでは、パソコンのチャット形式のように一対一で会話をすることも、特定の人を招待してグループで会話をすることも可能です。

メアドを使っている場合、過去に自分が送ったメールを振り返るのにいちいち送信履歴を辿らなければなりません。

また、自分が見たい内容が一見して分からないため、一つひとつメールを開いては閉じての作業を繰り返すので手間がかかってしまいます。

しかし、ラインはチャット形式ですので、相手とのトーク画面を開けばそこからスクロールで過去のやり取りの履歴を辿っていくことがとても簡単に出来ます。

手間や時間もかからずに、過去のやりとりを振り返りながら最新の情報を交換することが出来るため便利なのです。

また、メアドの場合にはグループラインのように、複数人と同時にメールのやり取りをすることは出来ません。

自分対複数人の場合には、自分が一々個別にメールを送ってやり取りをするため、どうしてもそれぞれの会話の進行にタイムラグが生じてしまいます。

同時に全員で会話を進めることが出来ないので、擦れ違いが生じてしまう可能性もあります。

このような理由から、いまどきはメアドよりもラインを重視する傾向が強くなっているのです。

とはいえメアドも一応持っておくべき


ラインの便利さはある程度ご理解頂けたと思います。

では、メアドは今後一切使わずに、ラインだけに切り替えた方が良いかというと、実はそうでもありません。

ラインは世界中で広く普及していますが、メアドはラインよりももっと前の世代から長く利用され続けてきました。

そのためラインよりもメアドの方が良い、という人もまだまだ根強く残っています。

例えば高齢の方やある程度年齢を経た人の場合、ずっと愛用している携帯があれば、ラインを使うためにわざわざスマホに買い替えることはしないでしょう。

ラインはスマホやガラホでなければ利用することが出来ないため、スマホよりも携帯電話を好んで利用している人にとっては、ライン自体やろうとする必要性を感じない人もいます。

また、ラインは気軽に出来ますが、その気軽さが何だか軽々しく感じられて嫌だな、と感じる人もいます。

ラインはお互いにトーク画面を開いていれば、直ぐに会話を楽しむことが出来ますが、反面あまり深く考えずにどんどんトークを連投していく人もいます。

「そうなんだ」「へえ」という短文や、スタンプばかりを連投しているやり取りは、会話のやり取りに深みを持たせたい人にとっては不快に思えてしまうことがあります。

一回ずつのやり取りをよく考えて楽しみたい人にとっては、ラインよりもメールの方が、趣(おもむき)があって好ましく感じられることもあるのです。

あなたにとってはラインの方がメアドよりも便利に感じられても、あなたと関わりのある人(例えば祖父母や会社の上司など)はメアドのみを利用していることもあるでしょう。

ライン同士であれば問題はありませんが、相手がラインをしていない場合には、こちらもメアドでやり取りをする必要があります。

そのため、普段は使わなくても一応メアドも持っておく必要性があるのです。

️LINEではなくメールを使う11個のデメリット

ラインもメアドも、それぞれに良さがあります。

しかし、現代の世の中の流れとしては、やはりラインを利用する人の方が多いでしょう。

それだけメアドよりも、ラインの利便性が高いという表れでもあります。

ではどのような点において、メールはラインよりもデメリットが目立つのでしょうか。

メール自体を否定するわけではなく、あくまでも世間一般的に見たメールのデメリットを以下にご紹介していきます。

時代遅れになる


メールを使っている人はもちろんまだ少なからずいます。

しかし、ラインは一切やらずにメールのみで生活していると、どうしても不便な点が出てきてしまいます。

高齢の世代の人同士であれば、お互いにメールしかしていない人も多いため、そこまで不便に感じることはないかもしれません。

しかし、若い世代や中間世代では、メールよりもラインを利用している人の方が圧倒的に多いです。

そのため、自分はメールをやっているけれども、周りの友達や同僚は全員ラインをしているという人も少なくはないでしょう。

その場合、ラインをする人同士は気軽にコミュニケーションを取っていたり、グループラインでトークが盛り上がったりしていますが、メールしかしていない人ではその流れについていくことが出来ません。

ラインをしていないことは決して悪いことではありませんが、現代はラインが主流になっていますので、ラインで繋がっている人たちに対してはどうしても孤立感を覚えやすく、自分が時代遅れに感じてしまうことがあります。

気軽に連絡が取れない

メールをメインで利用していると、気軽に連絡を取る、ということが中々出来ないことがあります。

ラインであればトーク画面を開いて一言送っておけば、相手が気付いた時にその画面に返してくれるという気軽さがあるため、そこまで相手に気遣うことなく、また抵抗もなく連絡を取ることが出来ます。

また、トーク画面を開くと過去のやり取りも一緒に見ることが出来ますので、以前に会話をしたようなノリで「よう、元気?」と相手に連絡を取りやすい気持ちにもなれます。

一方のメールでは、例えるならパソコンで新規メールを打つ時のように、また手書きの手紙を送る時のように、真新しい気持ちで文章を考えることになりますので、ラインのように気軽に「元気?」と連絡を取るのに多少気構えがいることがあります。

また、ラインはチャット形式ですので、たった一言だけの短文でも抵抗なく送ることが出来ますが、メールとなると一言のみの短文ではいけないような気持ちになって、あれこれと送る内容を悩む人もいます。

メールに慣れている人は何の抵抗もなく送ることが出来ますが、普段はラインを好んで使っている人にとって、メールで連絡を取るということは多少の動機付けや気構えが必要になります。

そのため、ライン同士で気軽にやり取りは出来ても、メールしかしていない人に対しては、そこまで積極的に連絡を取ることが出来ないという人もいるのです。

それはメールしかしていない人にとっては、自分と他の人とで温度差を感じてしまうこともあるでしょう。

グループに入れない

メールしかしていない人は、ラインのグループに入ることは出来ません。

そのため友達同士のグループ内で、リアルタイムで盛り上がっている話題があっても、自分一人だけその話を知らずに疎外感を覚えることは少なくないでしょう。

学校や職場で、一緒に話している友達が「昨日のグループラインやばかったよね~」などと話をしていても、何のことか分からないため話に入っていくことが出来ません。

積極的な人であれば「それって何の話?」と聞くことも出来ますが、リアルタイムでの盛り上がりとの温度差があるため、話の内容を聞いても「そうなんだ」としか返すことが出来ずに場の空気が微妙なものになってしまうこともあります。

また、そうした場の空気を乱すことに抵抗がある人では、分からない話に無理に笑顔で相槌を打たなければならないため、苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

話題についていけない

ラインをやっていないと、ラインで他の友達が盛り上がっている話題についていくことが出来ません。

コミュニケーションを取るのが苦手な人や、消極的な性格の人では、分からない話題について尋ねることも出来ないため、もやもやとした気持ちのままでその場をやり過ごさなければなりません。

また、周りの友達によっては、その場に一人だけラインをしておらず話についていけない人がいると、本当はラインの話題で盛り上がりたくても気を遣って盛り上がれないこともあります。

友達同士で一人でもついていけない話題があると、お互いに気を遣ったり、気まずくなったりするというデメリットがあります。

連絡先の交換が面倒

ラインで連絡先を交換する場合、まずお互いの電話番号がスマホ本体のアドレス帳に載っていれば、自動的にラインの方にもラインIDが出てきますのでそこから簡単に友達登録をすることが出来ます。

もし自動追加の設定を外していたり、アドレス帳に電話番号が載っていなかったりしても、QRコードで検索したり、ID検索したりすることが出来ます。

また、近くにいればスマホ本体を振って自動で登録することも可能です。

このように、ラインでの連絡先の交換は何パターンもやり方があって便利で手軽に行えます。

一方でメアドしか持っていない場合には、連絡先の交換をする際には少々手間がかかります。

電話番号ならワンギリで登録出来ますが、メアドの場合には一々手入力になりますので、手間も時間もかかって面倒に感じる人も多いです。

赤外線で交換出来ればまだ楽ですが、携帯によっては上手く通信が出来ないものもありますので、やはりある程度手間がかかってしまうでしょう。

ラインで連絡先を交換し慣れている人からすれば、一々手入力でアドレスを登録することは面倒に思えてしまうでしょう。

すぐに気づけない

メールはラインと違って、直ぐに気づくことが出来ない場合が多いです。

ラインの場合には、スマホの画面に分かりやすく通知が表示されるため、例え通知音に気付かなくても画面が光って連絡が入ったことが分かりやすくなっています。

また、送られたラインの文章が全て読めるものから、送り主の名前を隠せるものまで、さまざまな通知の設定も出来ますので便利です。

一方のメールでは、届く瞬間こそ画面にメールが届いたと表示されますが、その後は携帯の端が点滅しているだけで、ラインのように暫く画面が光ることもないため、席を外している間にメールがくると気付けないことも多いです。

もしメアドしか知らない相手から急ぎの連絡が入った時にも対応が遅れてしまいますので、トラブルの原因になることもあるのです。

やりとりに時間がかかる

ラインでは、未読・既読機能がついています。

人から送られてきたライン画面を自分が開いた瞬間に既読の文字が付きますので、送った相手からも「自分の送ったラインを相手が見た」と一目で分かるため便利な機能です。

相手の反応が気になる人や、大事な内容を送る際にもちゃんと相手が読んでくれたか確認出来るメリットがありますが、一方で「既読スルー」があった場合に人間関係でトラブルが起きるデメリットもあります。

既読スルーのトラブルでうんざりしている人は、むしろラインよりもメールを好む傾向があります。

とはいえ、チャット形式のラインと違い、一通一通新しくメールを送らなければならないメアドでは、やりとりに時間がかかってしまいます。

相手の反応を見ながら迅速なやり取りを望むなら、やはりラインの方が良いでしょう。

前後の会話を忘れる

ラインではトーク画面を開けば、相手とのこれまでのやり取りの履歴を直ぐに確認することが出来ます。

スクロールで過去のトークを遡ればいいだけですのでとても使い勝手が良いです。

一方でメールの場合には、やり取りに時間がかかってしまうほど、前後の会話が何だったかを忘れてしまいやすいです。

そのため、これまでの会話を確認するには一々メールの送受信の画面を開いて一通ずつ確認しなければなりません。

非常に手間のかかる作業ですし、やり取りで時間が空いてしまうほど、返信をするのが面倒になってしまうこともあります。

色んな連絡がごちゃ混ぜになる

メールの機能では、アドレス帳に登録してある人をフォルダで振り分けることが出来ます。

例えば家族のフォルダや恋人のフォルダ、職場関係の人のフォルダなどに分けておけば、それぞれのフォルダへと届きますが、同時に複数人とやり取りをしている場合には、色んな連絡がごちゃ混ぜになってしまうことがあります。

一方ラインでは必要な連絡事項ややり取りによっていくつも個別のグループを作ることが出来ますので、連絡がごちゃ混ぜになることはありません。