律儀という言葉についてはどのようなイメージを持っているでしょうか。

律儀という言葉にはかたいようなイメージがありますから、何となく硬派であり、モテるというイメージからは程追いような印象ですよね。

ビジネスのシーンなどでは役に立ちますが、男女間ではメリットにはならなさそうです。

また、律儀という言葉が揶揄のようなイメージで使われることもありますから、それほど良いん症ではないという人もいるかもしれません。

ですが、律儀という言葉の持つ固そうな印象とは異なり、律儀な人は意外と異性からモテることが分かっています。

これは男女関係なくそうです。

何となく、硬派なイメージは男性には当てはまりますが、女性でもモテるというのは意外ですよね。

女性の魅力を語った時に「律儀であること」というのは条件に入っていないことの方が多いでしょう。

それでは、どうして人は律儀な人間、特に律儀な女性に魅力を感じるのでしょうか。

ここでは、律儀という言葉の意味や、律儀な人間の行動、そしてその魅力について見てみることにしましょう。

律儀な人は実際モテるんです!

律儀な人というとどのようなイメージを持つでしょうか。

自分がしてもらったことは愚かしいほどきちんと返してくれるイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かに律儀というのは一つの美徳であることには違いがありません。

律儀であれば相手から嫌われることはありませんし、しっかりした人間だと思ってもらうことができるでしょう。

それが、ときには愚かしく見えてしまうことがあることも確かです。

ですが、損な欠点も美徳も併せ持っているような「律儀」という性質には、どこか人を引き付ける魅力があるのです。

実際、律儀という言葉が持っているような硬派なイメージとは異なり、律儀な人は異性から良くモテています。

この理由について探ってみることにしましょう。

律儀ってなに??


そもそも、律儀という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

モテる特徴を身に付けたいと思っていても、律儀という言葉について詳しいことを知らなければ、律儀になることはできませんよね。

ここでは律儀という言葉の意味や使い方、そして類語についても見てみることにしましょう。

意味

律儀というのはとても義理堅いという意味になります。

人のしてくれたことに対して、何かを返さずにはいられないような性質を持っているということでしょう。

恩は必ず返さなければいけないと思っている人のことを律儀と呼びます。

また、人間関係を適当なものにせずに、しっかりと相手に向き合うような性質のことも言うでしょう。

どこか真面目な人だからこそなのかもしれません。

人間関係の中では、相手がどれくらい自分のことを大切にしてくれているのか、というのがとても大きなポイントとなります。

その意味では、律儀な人は、人から嫌われない特徴を持っているということもできるのではないでしょうか。

しっかりと書けてもらった親切を返すことができますし、その気持ちをなくしもしないところが律儀な人の魅力です。

使い方

律儀という言葉の使い方はそう難しくありません。

人の性質や行動を指すときに使われる言葉だと覚えておくと良いでしょう。

「あいつは律儀な男だ」「あの男の行動は律儀だ」「律儀なのがあいつの良いところであり、悪いところもである」など、その意味合いがポジティブかネガティブ化に関わらず、ある人の真面目で義理堅い性質のことを呼ぶのです。

行動そのものを律儀と表現することも可能です。

使い方はそれほど難しくもありませんし、言葉自体も珍しいものではありませんから、気を付けて聞いていると、よく使われている言葉だと言えるのではないでしょうか。

男性にも女性にも使われる言葉ではありますが、どちらかというと固いイメージのある男性に使われている印象が強いですね。

類義語

律儀という言葉の類語についても見てみることにしましょう。

律儀な性質を持った人の言葉はほかに「実直」「忠実」「誠実」などの言葉で表されることがあります。

その性質自体は「真面目」であり、「清廉」とも言えるでしょう。

最も、義理堅いという行動を表すような意味は特に込められていませんから、これらの類語は「律儀」という言葉に込められた一部の意味を表しているに過ぎないとも言うことができるかもしれません。

律儀な人の律儀な行動を表す言葉を使いたいと思っている場合には、取り敢えず「義理堅い」という表現をしておくと間違いがないのではないでしょうか。

律儀な女性がモテる8個の理由


女性のモテる性質にはいったいどのようなものがあるでしょうか。

その一つには「律儀」というものがあります。

律儀という言葉自体は、女性の持つような華やかな魅力には似合わないと思っている方が多いのではないでしょうか。

確かに、堅い印象のある律義さというのは、女性の柔らかさとはかけ離れたところにありますよね。

ですが、律儀というのは、女性の魅力の中でも、かなり男性の好感度が高いものです。

どちらかというと、遊び相手にしたい女性に感じる魅力ではなく、長く付き合う女性、結婚の可能性のある女性に対する魅力だということができるのではないでしょうか。

ここでは、律儀な女性がモテる理由について詳しく見てみることにしましょう。

固そうなイメージの言葉と全く合わないと思っている方も多いかもしれませんが、律儀な女性の魅力についても理解できるかもしれません。

譲り合う心をもってそう

律儀な女性は譲り合う心も持って位相というところが良いのではないでしょうか。

自分の気持ちをしっかりと貫き通す女性も魅力的には違いありませんが、中には、もう少し柔らかい女性を好む人もいます。

そういった人にとっては、律儀な女性は魅力的で素敵に映るのではないでしょうか。

きちんと相手との話し合いの中で妥協することができ、相手の主義主張を聞いて自分の主張を譲ることができるような相手とは、恋人として接していく中でも良い関係を築くことができるでしょう。

何でも頑固にやり通す女性が素敵ではないとは言いませんが、柔軟にお互いに譲り合うことのできる心を持っている女性とは、確かに穏やかなお付き合いをすることができそうですよね。

何かあった時に助けてくれそう

律儀な女性というのは、相手にしてもらったことをきちんと返そうと思っている人のことを言います。

良い人間関係を築いている相手のことを見捨てたりはしないでしょう。

そう言った性質を見ていると、困ったときや何かあったときにも助けてくれそうに見えるのではないでしょうか。

何かあったときにきちんと自分のことを助けてくれるような人なら、普段からその人にやさしくしようと思えますよね。

お互いにお互いのことをきちんと助けてあげられる関係性というのはとても魅力的ですし、そう言った関係を築くことができる相手が恋人なら、どんな時でも楽しく人生を過ごすことができそうな気持に慣れるのも良いですよね。

一つ一つ丁寧

律儀な女性はどちらかというと真面目な性質を持っていますし、色々なことを丁寧に行います。

そもそも、誰もが面倒くさいと思ってしまうような人間関係においても、疎かにしないで相手との関係を築くことができるような人なのです。

そのため、他のところでもそうした性質は出てくるでしょう。

一つ一つ何でも丁寧に行うことができるというのは、律儀な女性の美徳の一つですよね。

付き合うにしても自分のことを疎かにしてくることはありませんし、何かやってくれる時にも一つ一つ丁寧にしてくれるというのは嬉しいところなのではないでしょうか。

何でも大雑把に行ってしまう人よりは、細やかな気遣いを見せてくれる相手の方が良いと思ってしまっても、それは当たり前のことかもしれませんね。

謙虚に見える

男性はどちらかというと、自分が自分がと前に出てくる女性よりも、謙虚にしてくれるような女性の方を好んでいるのではないでしょうか。

男としてのプライドなどもありますし、自分のことを立ててくれる女性を好んでしまうのは、男尊女卑の男性ではなくても多そうですよね。

また、ただ単に日本人として謙虚な心を持っていてほしいと思う方も多いでしょう。

律儀な女性は真面目であまりがつがつしているところがないので、そういったところも男性に好かれる要素となるのではないでしょうか。

大事にしたいと思う

律儀な女性は、大事にした分だけ自分のことも大事にしてくれます。

どちらか一方だけが相手のことを気遣うというようなことはありません。

きちんと恋人のことを大事にしてくれるので、大事にすれば大事にするだけ、お互いに相手のことを大切にすることができるような関係性を築くことができるのです。

そのため、どんどん良い関係を築いていくことができる分だけ相手のことをさらに大事にしたくなりますので、そういった状況を作り出すような律儀ところがとても魅力的に思えるのです。

大事に思っている相手から大事にしてもらうことができるという幸せは、男性でもやはり女性に求めてしまうものなのだと言えるのではないでしょうか。

信用できる

律儀というのは義理堅い、そして真面目な性格をしている人のことを指します。

真面目な人は、誰かを裏切ることはしませんし、義理堅い人はきちんと人間関係を大切にするものですよね。

相手のことを疎かにはしないので、そう言った人のことは信用できるという人は多いでしょう。

恋人のことを信用できるかどうかというのは大きな問題です。

恋人のことを信用することができなければ、色々なことを話すこともできませんし、どこか一歩引いた付き合いをすることになってしまいます。

きちんと信用できる恋人を作りたいと思ったときに、相手の持っている律儀な性質はとても魅力的なものに映るのではないでしょうか。

ギブアンドテイクの関係を保てそう

ギブアンドテイクの関係を保つことができそうだというのも、律儀な女性の人気のポイントの一つなのではないでしょうか。

律儀な女性は、自分が書けてもらった分だけを返そうとするものです。

そのため、どちらかが貢ぎすぎるということは絶対にありません。

また、対等な関係が崩れてしまうということもないでしょう。

どちらかがどちらかに奉仕するような関係というのはそう長く続くものではありません。

また、男性ばかりが女性に奢ったりしているようだと、男性側としては付き合うのが楽しくなくなってしまいますよね。

その点で、律儀な女性は男性から貢がれることを好みませんから、ギブアンドテイクで対等な立場で付き合うことができるというのは魅力的ですよね。

友達に紹介しても良さそう

律儀な女性を好む男性が多いのは、友達に紹介してもよさそうだという理由もあるでしょう。

友人に紹介できるような女性を恋人に持っているというのは、男性にとってはかなり嬉しいものです。

友人に自慢できるような彼女でなければ、その人と付き合っている自分の価値までも下がってしまうからです。

その点で、義理堅い女性はとても安心できる存在ですね。

友人の前に出しても失態を犯すことがありませんし、友人に対しても親切に接してくれるでしょうから、印象が良いでしょう。

また、律儀な女性を紹介した時にさらに安心感があるのは、その女性が自分の友人と浮気をする可能性が低いというところなのではないでしょうか。

自分の友人に気に入られたとしても、真面目で義理堅い女性が自分を裏切ることもしないでしょうから、そう言った意味でも律儀な女性はとても梳かれるものなのです。

律儀な人の特徴もおさえておこう

律儀な人は男女関係なくモテるものです。

義理堅く相手との関係を大切にするのですから、それは当たり前の話ですよね。

律儀であればあるほど、相手との関係が良くなっていくはずです。

異性からも好かれる性質なのですから、その性質はぜひ身に付けたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ですが、身に付けたいと思っていても、すぐに律儀な心になることはできません。

まずは具体的な行動から始めたいですよね。

ここでは、律儀な人の特徴や具体的な特徴についてご紹介します。

いきなり自分の性質から変えることは難しいですから、自分にできることから始めてみると良いでしょう。

メールやラインは自分で終わらせる

律儀な人の場合には、相手に対して何かを疎かにすることが苦手です。

短いメッセージに関してでも、相手が何かを贈ってきてくれるのであれば、それに対してきちんと返したいと思うのが普通なのです。

そのため、メールやラインのメッセージのやり取りは、基本的に自分の方から送って終わらせることが多いのではないでしょうか。

相手から何かの言葉をかけられているのに、そこでやめることができないのが律儀な人の良いところであり、面倒くさいところでもあります。

律儀な人が二人でメッセージのやり取りをしていると、いつまでもやり取りが終わらないということになるかもしれませんね。

ラインでは、相手の送ってきているスタンプに対してでも、何かを返さなければという気持ちになるので、律儀な人にとっては自分の性質が嫌になってしまうこともあるでしょう。

律儀な人とやり取りをしている側にとっては、相手のことは丁寧な人だという印象を抱くはずです。

贈り物はこちらから贈り返す

律儀な人は、贈り物はきちんと送り返さなければと思っています。

プレゼントに対しては、きちんとそのお返し物をしなければいけないという考えなのです。

そもそも、律儀な人は、自分ばかりが何かをしてもらうということがとても苦手です。

贈り物というのは人の気持ちをもらうことにもあたりますから、自分ばかりが相手の心遣い焼餅をもらうことは何となく気が引けて、それに対してのプレゼントのお返しをしなければと思ってしまうのです。

そのため、普段の感謝という意味を込めての贈り物をしたとしても、律儀な人の場合には、すぐにそのお返しが返ってくるのではないでしょうか。

例え、それがモノではなかったとしても、自分に対して心遣いをしてくれた相手に対して、何もしないではいられないというのが律儀な人の特徴なのです。

律儀な人を相手にしていると、自分が相手に対しての心遣いが足りないのではないかと、不安に思ってしまう人もいるくらいに、相手に対するお返しというのを当たり前にしているのが律儀な人の特徴なのではないでしょうか。

誰に対しても愛想良い

律儀な人は義理堅いという特徴があるので、人間関係を疎かにしてしまうようなことは絶対にありません。

これは人間関係を築くのが苦手だからという理由があるからかもしれませんし、ただ単に人間が好きだからという理由かもしれず、その背景は個人によって異なるでしょう。

ただ、言えるのは、律儀な人の人間関係の築き方は細やかで丁寧だということです。

誰にしてもきちんと愛想よく接することができますので、律儀な人に接した人は気持ちよく人間関係を築くことができるでしょう。

ただし、律儀な人であっても、自分の心まで完全に開いているわけではありません。

律儀な人は人間関係の天才というわけで会はありませんから、その点で、深い付き合いをすることができるかどうかというのは、これも人によって異なるでしょう。

ただ言えるのは、律儀な人は愛想よく誰に対してでも笑顔を向けて人間関係を築くことが多いということです。

丁寧に感謝を伝えることができる

丁寧に感謝を伝えることができるというのも律儀な人の魅力的なところですよね。

そもそも、律儀な人というのは自分が相手から何かをしてもらうということがあまり得意ではありません。

相手からの気持ちを受け取るということが恐れ多いことのように思ってしまっている可能性があります。

だからこそ、相手にきちんとお返しをするのです。

そんな律儀な人が人から何かをしてもらったときには、丁寧に相手に対しての感謝を伝えることができるでしょう。

丁寧な感謝の言葉はその人の人柄を表していますが、律儀な人はきちんと心を込めて感謝の気持ちを伝えるので、相手からも丁寧な人だと思われることに違いありません。

自分ばかり目立たないように気をつける

律儀な人の場合には、自分ばかり目立つというのがあまり喜ばしいことではないでしょう。

その場に頑張っている人間が自分だけではないことを知っているので、自分ばかりがフィーチャーされて取り上げられることを良しとしないのです。

そのため、自分ばかりが目立ちそうなところでは、他の人も取り上げられるように、ひそかに気を使っている部分も多いのではないでしょうか。

あまりに自分が目立つようなことになると、逆にどこか申し訳なくて不快感を感じてしまうこともあります。

挨拶の言葉が丁寧

律儀な人は、挨拶の言葉も丁寧にしているはずです。

会ったときにしなければいけないことリストの中には挨拶というものがありますが、大人になればなるほど、挨拶というものをあまり重要視しなくなります。

簡単に交わすことができるものだからこそ、それが軽視されてしまう傾向にあるのです。

ただ、親しい間柄なら省略されてしまうほどに小さいかもしれないそれですが、律儀な人にとっては大切なものだと言えます。

きちんと相手に会ったときには挨拶をするものであるという意識を持っているので、親しくなっても挨拶の言葉は丁寧にしてくれるでしょう。

そういったところが真面目な性格を表していて、どこか堅い印象になってしまうのかもしれません。

挨拶の言葉という小さなところであったとしても、人に対して丁寧に接しようという律儀な人の気質が表れていて、魅力でもありますし、どこかお堅い人のように思われてしまう損なポイントの一つだとも言えるかもしれません。

約束は絶対守る

律儀な人は、それがたとえくだらない約束であったとしても、きちんと約束を守ってくれるという特徴があります。

約束を反故にするようなことはしません。

そういったところが「律儀」だと言われるのではないでしょうか。

相手にと手はジョークのような約束であったとしても、それが約束という形を持っていた以上は、きちんとそれを守ってもらうことができるのです。

律儀な人の場合には、その約束の意味がどのようなものであるのかということはあまり関係ありません。

ジョークかもしれないということは考えていても、それを守らないという選択肢がないのは真面目だからこそですね。

そういったところを揶揄われてしまうこともあるのではないでしょうか。

また、こういった性質を持っているからこそ、人に悪用されて損をするという場面もあるかもしれませんね。

遅刻はしない

律儀な人は、時間を守るという点でも真面目なところを見せるでしょう。

少し早すぎるくらいについていて、絶対に遅刻をすることはないはずです。

むしろ、いつも人に遅刻されて、怒りもせずに待っているのではないでしょうか。

律儀な人にとっては、誰かに待たされることの方が、誰かを待たせるよりも良いのです。

そのため、絶対に遅刻しそうな相手との待ち合わせのときであったとしても、早くついているでしょう。

誰かに対しての丁寧な対応を心がけるところがあるのが律儀な人ですが、とにかく時間に関してもきちんと相手を不快にさせないように気を使ってくれるというのは、真面目で義理堅く、律儀だからこそでしょう。

言われたことはすぐに実行する

律儀な人は、言われたことはきちんとすぐに実行してくれるはずです。

何かを言ってもらったのに、そこで相手を待たせてしまうような子とはしません。

また、せっかくのアドバイスを無駄にしてしまうというのも、もったいなく感じてしまうのです。

そのために、言われたことは何であっても、自分にできる限りは早く行うことができるのが律儀な人の特徴なのです。

見返りを求めてない

律儀な人は、自分はきちんと相手に対してしてもらったことを返そうとするのに、相手には自分に対する見返りを求めていません。

そもそも、相手に何かをしてあげようとするときには、それはいつか自分がかけてもらった恩を返すためであったり、何かしてもらっていることのお礼だったりします。

相手はあまりに小さなことで覚えていないかもしれませんが、そういったところも、律儀な人は取り逃すことがありません。

自分から何かをしてあげようと思っているときであったとしても、それに対して厳密に見返りを求めるようなことはせず「私はいつも色々な人に助けてもらっているのだから」という心持でいるのではないでしょうか。

そういったおおらかな部分は人を引き付ける魅力でもありますし、こういったところが異性から人気になるところだとも言えます。

何でも自分の損得に結びつけて考えている人には分からないような考え方ですが、そういったところが律儀な人の特徴であり、さらに言えば魅力だと言えますね。

完璧主義

律儀な人は完璧主義なところがあるのではないでしょうか。

そもそも律儀な人は、自分に関することを何でも疎かにしたくないというところがあるからこそ、相手に駆けられた恩をきちんと返そうという気持ちになるのです。

自分に関係している人間関係を疎かにしてしまわないように気を使っているのです。

つまり、自分の関係していることは完璧な状態にしておきたいと思っているということにもなるかもしれません。

きちんと自分のことを完璧にしておくのが良いので、律儀な性質は人間関係以外のところでも出てくるでしょう。

何に対してもおソロ化にしないできちんと向き合う性質のことは「完璧主義」とも言われますし、そういったところが「ウザったい」「熱血」と思われているところもあるかもしれませんね。

何にでも全力投球をできるというわけではありませんが、取りこぼしがないように細やかに気を使うことができるので、結果的に完璧を求めてしまうというのは、律儀な人にはありがちなことなのではないでしょうか。

律儀でありすぎる人はバカを見る?

律儀であるということは確かにモテる条件の一つです。

律儀であれば、男性もモテるでしょうし、女性でも男性人気が高くなるのではないでしょうか。

ただし、その一方で律儀も度が過ぎると馬鹿を見てしまうことがあります。

律儀な人というのは、基本的にはとても義理堅い精神をしているので、相手のことを大切にするところがあるでしょう。

ですが、世の中の人というのはそこまで他人に対して優しくありません。

自分に優しくしてくれる人がいれば、その優しさを栄え手に取ろうとする人もいるでしょう。

また、義理堅くしていようとしても、相手がその気持ちを受け取ってくれないというのは珍しいことでもありません。

結果的に自分ばかりが損をしてしまうということも珍しくはないのです。

その性質は、確かに自分のことをきちんと見てくれる人に出会いさえすれば、それを魅力と取ってもらい、好きになってもらうこともできるかもしれません。

ですが、律儀であるということも度が過ぎると、損をすることが多くなるのです。

律儀であるということと、良い生き方を知らないということは全く違う話です。

律儀であったとしても、良い生き方を知っていれば良いですが、自分が損をするようにしか動けないというのは問題がありますよね。

念願かなって好きな人と恋人になり、その恋人が自分の律義さを魅力であると認めてくれたとしても、良い生き方を知らなければ結婚相手としてはふさわしくないと思われてしまうかもしれません。

律儀であるということはモテる条件の一つであるとも言えますが、良い生き方をすることができるようにしましょう。

律儀な人は男女関係なくモテる!(まとめ)

いかがでしたか?
男女関係なくモテる特徴というのは必ずありますが、その中でも「律儀」は簡単に実行することができて、さらにモテるという嬉しい特徴ですね。

また、律儀であるということは人間関係を築くうえでもとても大切な特徴となっているはずです。

律儀であるということは、自分がかけた分だけの気持ちを帰してくれるという意味です。

それは、人間関係の中では「この人と付き合っても損をしない」ということになりますよね。

さらに言えば、律儀であるという性質が人から好かれる魅力のあるものであるという意味にもなります。

だからこそ、この性質を持っていると男女関係なくモテるのです。

あまりにも律儀喉が過ぎていると、生き方が下手な人のように思われて今うので問題がありますが、もし、異性からモテたいと思っている方は、律義さを身に着けてみると良いのではないでしょうか。

きちんと相手の好意や新設に対して義理堅く同じものを返すことができる人が嫌われるはずがありません。

ぜひ、身に着けておいて損をすることがない性質を持ち合わせた人間となることができるように、自分の生き方を少し変えてみてくださいね。