CoCoSiA(ココシア)

家族構成では何を書けば良い?履歴書...(続き5)

普段の会話の中で上司に対して「うちのパパが」というのも赤面ものなのです。

正式な書類の中では許されるはずがありません。

必ず、父、母、と固い呼び名で統一するようにしてください。

ここの欄にパパというような呼び名が書いてあったような場合、企業としてはその人間を採用しようという気はなくなるでしょう。

そのようなふざけたことをしていても合格するのは、アニメや漫画の中だけでの話です。

兄弟などは「兄」「妹」でOK

兄弟のことをどう書くか迷う方もいるかもしれませんが、兄弟のことは簡潔に兄や妹などで大丈夫です。

それ以上の呼び方はありませんから、そのように簡潔に書くようにしてください。

ただし、きちんと年齢の順に書くことは忘れないでくださいね。

また、兄弟などと書かずに、どちらが兄でどちらが弟なのか分かるように書くことも大切です。

双子の兄弟などの場合には、どちらが先に生まれたのかによって、兄か姉かということが決まります。

こういった基準で書くようにすると良いでしょう。

自分のことは「本人」

家族欄の構成のところには自分の名前も書かなければいけないことがあります。

このときには、自分のことを「本人」と書いておきましょう。

特に、世帯主が自分の場合には、世帯主のところに「本人」と記しておく必要があります。

自分の情報の場合には何度も同じことを書く必要はありません。

きちんと本人であるということを示しとくことが必要です。

続柄の部分も空欄にすることはなく、自分であるということを書き記しておきましょう。

自分の子どもは「子」で統一

子供を書きたいときには、「子」で統一してしまって大丈夫です。

欄を見ていればどちらか分かりますので、息子や娘などの呼び方をする必要はありません。

子供であるというこのみを情報として入れておけばかまいません。

時折、息子や娘と書いている人もいます。

ですが、厳密にはこれは間違いで「子」という表現で書いていることが一番正しいですね。

義理の関係の場合

続柄を書くときに面倒くさいことになってしまうのは、義理の関係の場合ですよね。

結婚相手の父親の場合などには義父と書くのが正しいのではないでしょうか。

同居している場合にはこうした関係性も書くことになりますので、それが一番正しいはずです。

最も悩むのは、養子などをとっている場合ではないでしょうか。

養子の種類によっても若干異なってくる場合があります。

どの関係性と呼べるのかについては、きちんと確認しておく必要があるでしょう。

最も、それほど固い申請書でなければ、子供という書き方をしても問題はないはずです。

ですが、役所に提出しなければいけないような書類や、就職や転職のときなど、正式な書類が必要になってくる場合もあります。

その場合には、自分と家族との関係性をきちんと書いておいてください。

遠方の家族は書かなくても良い

遠方に住んでいる家族の場合には、書かなくてもいいというルールがあります。

あまりにも実家が離れてしまっており、住民票の手続きがまだできていないようなときには、書く必要があるのかということについて、提出先に相談してみた方がいいかもしれません。

例えば、4月から住民票を移す予定であり、実家が遠方で、提出書類が3月の場合には少し悩んでしまいますよね。

あまりにも遠方という場合にはルールが異なることもありますので、一度確認してみた方が良いでしょう。

書く場合は「別居」などと記入

上記のような事情の場合には、別居などと記しておくという手段もありますね。

住民票では実家で家族が暮らしているのだが、それとは一緒に暮らしていないという意味での別居という書き方をするのです。

世帯の数え方の問題で人事の人などの仕事が複雑になる可能性もあります。

不安に思っている方は、一度提出しなければいけない書類の提出先に問い合わせてみてください。

どのような情報を先方が必要としているのかによって、必要とされる情報が異なってきます。

相手方にそった情報を書くことが一番必要となるはずです。

書く場合には特別書きで別居と書いても良いですが、そうした欄外の使い方を好まない人もいます。

書き方の例を参考にしつつ、分からないところはきちんと確認をとるようにしてください。

️家族構成の書き方を覚えておいて損はない

ここまで家族構成の書き方をご紹介してきましたが、大体理解することができましたでしょうか。