あなたは親と仲が良いですか?
親と子とは、世の中で最も特別な存在です。

そして誰よりも何よりも深い絆で結ばれた存在です。

しかしだからこそ、その大きな存在が「うざい!」と思ってしまうこともあるものです。

あなたはどんな時に親をうざいと思ってしまうでしょうか。

また、一般的に子供が親をうざいと思ってしまうのはどんな時なのでしょうか。

今回は「うざい!」と思ってしまう親の行動・言動を紹介していきます。

自分の為とは分かっていても親がうざいと思う事ありますよね

親が子供に口出しをするのは、ずべて子供の為です。

「いつになったら勉強するの!」
「こんな遅い時間まで何をしていたの!」
「ちゃんと片付けなさい!」
このような台詞はよく聞く親あるあるでしょう。

子供を嫌な気持ちにさせるために、このようなことを言っているわけではありません。

すべては子供の為に言っていることです。

しかし言われている時に「こんなに口うるさいのは自分の為だ」なんて、なかなか思えないですよね。

時間がたって考えることができた時に「あれは自分の為だったのか」とやっと思えるものでしょう。

言われている時は有り難い言葉ではなく、うざい言葉にしか聞こえないのです。

大人になっても感じるうざさ

小学生や中学生の時には口うるさくてうざいと感じた親の言動。

大人になれば、そのうざさが消えて素直に親の言動聞き入れることができるのか・・というと、そうではないのです。

親はいくつになっても親。

そして子供はいくつになっても子供。

親が子供に言うことは、大人になってはさほど変わりません。

そしてその言葉は大人になってもなかなか素直に受け入れることはできずに、うざいと感じてしまうのです。

「ちゃんと食べてるの?」
「しっかり仕事しているの?」

いつまでも子供のように心配し続ける親。

それに対してうざいと思う子供。

きっと親と子供の関係は、年齢を重ねても同じままなのですね。

もちろん大人になるにつれてうざいの度合いは減ってきますし、時には有り難いと感じることも増えるはずです。

しかしうざいと思う気持ちも消滅することはないのです。

特に思春期は少しの事でうざく感じる

親が一番うざいと感じるのは、思春期です。

人にもよりますが、一般的には思春期とは12~17歳頃です。

児童期から成人期へと変化する中心の年齢であり、心や身体の変化も大きい時期です。

この変化の時期だからこそ、人に指図されることを嫌うのです。

特に親という身近な存在に自分のことをあれこれ言われて子供扱いされることに大きな拒絶感があるのですね。

もうそれこそ同じ部屋にいるだけでもイライラしてしまうこともあるくらい。

これは親にとっては悲しく寂しいことですが、成長の一つなのかもしれません。

この思春期を乗り越えて大人への階段を上っていくのです。

子供がうざいと思ってしまう親の13個の行動・言動

実際に子供が親に対して「うざい」と感じてしまう具体的な行動・言動とはどのようなものなのでしょうか。

こんなにうざいと感じるのは自分だけ?それとも皆も同じ?
なんて自分の感情を不思議に感じている人もいるはずです。

ここで皆が思う親のうざい言動を確認して、自分だけではない親のうざいあるあるを一緒に共感してみましょう。

1、しつこく恋愛話など聞いてくる

幼稚園の頃は好きな人の話を親にすることもあったでしょう。

「同じクラスの〇〇くんが好きなの」
「〇〇ちゃんに告白されたんだよね」
なんて可愛く恋愛話をしていた時期もあったはずです。

しかしだんだんと自分の恋愛を親に話すのは恥ずかしい年齢になってきます。

家でいる時の顔と学校でいる時の顔は違うもの。

それを親に知られてしまうことがなんだか照れくさくなってしまうのです。

しかし親にとっては、子供の恋愛事情って気になってしまうんです。

今どんな子が好きで、どんな恋愛をしているのか。

知りたくなってしまいます。

そして幼稚園の頃に話してくれていた延長で聞いてしまうのです。

「今好きな子いるの?」
「最近〇〇ちゃんと仲良しみたいだけど、どうなの?」
なんてグイグイ恋愛話を聞いてきます。

「別に・・」なんてはぐらかしても「別にじゃないでしょ」なんて言ってしつこく聞いてくるんです。

このしつこい親からの恋愛話はうざくて仕方ないものです。

2、自分(親)の意見を押し付ける

親はどこかで子供を自分の想う通りに育てたいと思ってしまいます。

人はこうあるべきだ。

人はこう生きるべきだ。

親は自分が生きてきた経験から、色んなことを子供に教えようとします。

しかしそれは経験したからこそ思うことなんですよね。

まだ経験をして体感をしていない子供にとって、そのような意見を押し付けられることは納得ができないことも多いのです。

例えば大学に行かなかった親が後悔をしたとします。

自分の後悔を子供にもしてほしくないために「絶対大学には行くべきだ」と言って、子供を大学に行かせようとします。

しかし子供は大学に行くことよりも大切なことがあるかもしれません。

それは自分が経験してみないと正解はわかりません。

それを自分の経験だけで押し付ける親がうざいのです。

もちろん親は子供のために言っているのですが、子供にはそれが理解できないのでわかり合うことは難しいでしょう。

3、兄弟・姉妹と比べる

兄弟や姉妹がいると、つい親は無意識に比べてしまうことがあります。

親がそのつもりはなくても、子供はその比較について敏感なもの。

ちょっとしたその言動に傷つき、そしてうざいと感じるようになるのです。

同じ親から生まれて、同じ親に育てた。

だから親としては、同じように成長するという思いがどこかにあるのかもしれません。

だから兄弟や姉妹の中で違う部分があると、なぜか過剰に反応してしまうのです。

「お姉ちゃんの時はそんなことなかったのにねー」
「弟はどこに行ってもすぐに友達ができるのねー」
なんて言う何気ない一言が嫌で嫌で仕方ありません。

兄弟でも姉妹でも一人一人の個性があります。

物事が早い人もいれば遅い人もいます。

器用な人もいれば不器用な人もいます。

それは比較せずにどんな自分でもそのまま受け止めてほしいものです。

4、必要以上にかまってくる

親離れではなく、子離れできない親というのは非常に多くいます。

子供が小さい頃は24時間一緒に過ごします。

そして幼稚園、小学校へと進むと少しずつ一緒にいる時間が減ってしまいます。

それが寂しいのですね。

友達と出掛けようとすると「どこ行くの?」
ちょっと席を立つと「もう少し一緒に遊ぼうよ」
携帯電話を操作していると「何しているの?」
もう家に一緒にいるとかまってちゃんになる親。

つい家から出たくなってしまうようなうざさを感じてしまいますよね。

かまってほしいだけでも、鑑賞されているような気持ちになってしまうのです。

それがうざくて仕方なくなってしまうのです。

5、勉強しろ・宿題しろと五月蠅い

親が子供に一番多く言うセリフかもしれません。

「勉強しろ」「宿題しろ」これはもう小学生を持つ親は毎日言う文句であり、毎日言われたことのある人も多いのではないでしょうか。