CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

親子喧嘩にありがちな13個の理由。仲直りする方法も知って絆を深めよう


生まれてから家を出るまで生活を共にする家族。普段は仲が良くても、長い時間一緒に過ごしていると些細なことで喧嘩に発展することもありますよね。すぐに仲直りできればいいですが、喧嘩の内容によっては長期戦になってしまうこともしばしば。そこで今回は、親子喧嘩にありがちな13個の原因についてご紹介します。親子と言えど違う人間。価値観や考え方まで一緒ということは絶対にないので、時には意見がぶつかってしまうのも仕方のないことです。記事の後半では仲直りする方法についてもまとめているので、「親に嫌な態度を取ってしまった」「子供につい言いすぎてしまった」という方は、ぜひ参考にしてください。

親子喧嘩は絆を深める

職場の人や友達同士ならば、喧嘩をして疎遠になることは簡単にできるでしょう。しかし親子の場合は毎日一緒に生活をしているので、毎日顔を合わせて食事を一緒にとるため、そうはいきませんよね。いくら親子で喧嘩をして、「もういやだ」と相手のことを思っても、親子だけは戸籍上でも切れない縁で結ばれています。

それがお互いにわかっているからこそ、遠慮なしに思い切り喧嘩をすることができるのかもしれません。まさに親子喧嘩は親子の絆を深めると思って、何度でも喧嘩をして、何度でも仲直りをすれば良いと思います。

親子喧嘩は買ってでもするべき!

近年は打たれ弱く、人間関係に悩む子供や若い年代層が増えていますよね。子供の発達のために、まずは1番身近な存在である親子の関係をきちんと築くことが大切であると言われています。

もちろん、関係をしっかりと築いていくためには毎日が楽しいばかりではあまりよくありません。人生には様々な困難があるため、それをどう自分で乗り越えるかを学ぶためにも、親子喧嘩は買ってでもするべきなのです。

どんなに言いたいことを言っても、大きな喧嘩をしても、親だけは絶対に子供を見捨てません。そんな相手だからこそ、子供は言いたいことを言って、それを親がどう受け止めるかで人との関わり方を学んでいくことができるのです。なるべくならば平穏な親子関係が望ましいと思うかもしれませんが、親子でくらいしか思い切り喧嘩はできないので、たくさんの喧嘩をしてたくさんの経験を積むことが大切なのでしょう。

親子喧嘩の発端は殆どが子供


ではどうして親子で喧嘩になってしまうのでしょう?実は、親子喧嘩の発端のほとんどが子供が理由であることが多いようです。

もちろん子供に対して厳しい親などは、言わなくても良いような細かい部分を注意したりしてそれに反発した子供と喧嘩になることもあると思いますが、それ以外のほとんどは子供が自分のしたいことをはっきりと自分で主張することになるのが原因のようです。子供がこうしたいということのすべてを親が鵜呑みにするわけにはいかないのが教育でもあるため、そのあたりでの衝突がいつしか出てきてしまうのは仕方がないことです。

特に反抗期に多い

子供には、成長の過程で反抗期というものがやってきます。反抗期は、男の子ならばだいたい10歳前後、女の子ならば11歳前後から始まると言われています。

しかし、始まる年齢については、育った環境やその子が元々持っている性質、持っている知識などにより個人差があるようです。親子喧嘩の多くはこの反抗期のころにピークを迎えることが多く、どうしても親の言うことを聞かず反抗してくる子供と、自分のやりたいことの主張が通らない子供の意見がぶつかり合ってしまうようです。

またこの時期の子供はとくに親の言うことのすべてを否定したがる傾向も強く、周りの友達からの影響も受け易かったりします。今まで素直な優しい子だったのに急に態度が大きくなってしまったり、人の傷つくことを平気で言うようになったりと、性格的にも変わったように思えてしまう時期もあります。親は子供を見守る子育てをすることも大切ですが、この場合にはどうしても注意と躾も必要となってしまうため、衝突は避けられないものなのかもしれません。

理屈っぽい説教は火に油を注ぐ

親子の喧嘩でついやってしまいがちなのが、親が子供との口喧嘩でつい理屈っぽい説教をしてしまうことです。子供が言っていることとしていることがどんなに間違っているからといって、大人しか理解できないような理屈を子供にぶつけても、子供は余計に混乱し反発をすることしかできなくなります。

どんなに頭にきても、子供がきちんとわかるように言葉を選び、なるべくなら子供が納得できるような終わり方ができるよう心がけましょう。大人が子供との喧嘩で火に油を注ぐ様な行為をしては本末転倒です。まずは親である自分が冷静になるよう心がけてみてくださいね。

親子喧嘩のよくある13個の原因

親子喧嘩は、子供の言動が原因であることが多いことがわかりましたが、それでは実際にどんなことで親子喧嘩に発展しているのか?その原因についてを細かくご紹介していきたいと思います。「我が家も同じ理由でよく喧嘩になっている…」と思い当たる節のある人も多いのでは?!いざ、チェックしてみてください!

1.食べ物の好き嫌いがある

食べ物の好き嫌いは、早い子だと2歳前後から出てくる子が多いと思います。とくに野菜を食べない子供がとても多く、それが小学校、中学校と続いていくこともありますよね。親にとって辛いのは、自分がせっかく忙しい思いをしながら作った手料理を子供が平気で残すことです。

しかし、それを子供に訴えたところで子供は嫌いなものなので、当然食べたくありません。また、野菜を食べない子供についてはもちろん子供の栄養面での心配が頭をよぎり、「野菜を少しでも食べなさい」「野菜も食べないと他のご飯もあげないよ!」などと言ったり、つい説教してしまうことも多いでしょう。

なんでも食べる子供ならば、親も子も楽しい食事の時間になるのですが、どうしても好き嫌いのある子供だとそれを親が注意しなくてはいけません。そのため食べ物の好き嫌いのある子供がいる場合は、どうしても親子喧嘩が起こりやすいのです。この場合は仕方がないので、食べなくても他のもので栄養を補うなどするようにして、おおらかな気持ちで子供のことをみてあげると良いでしょう。

2.夜更かしを頻繁にする

大人になればいくらでも夜の時間を自由に使えるものですが、子供のうちから夜更かしを覚えてしまうと、子供の睡眠の妨げとなりそれが成長を阻害してしまうことに繋がるため、親はとても慎重になるものですよね。しかし近年は、子供のうちからスマートフォンを持っている子も多く、アプリゲームやSNSにはまってしまう子供がとても多いようです。

自分の部屋を持っていると、なおさらスマホで夜中まで遊んでしまったりします。また漫画やテレビゲームなどもいろいろなジャンルものもが出ているため、今では大人でもはまってしまうほどの面白いものがたくさんあります。

昼間は子供は学校に行っているので、好きなことができる時間というのは確かに夜のほうが長いのかもしれませんが、夜更かしを頻繁にしてしまうのは子供の教育にはあまりよくありません。それが親もわかっているからこそ、つい口うるさく注意をしてしまい、そこから親子喧嘩へと発展してしまうのでしょう。

3.お小遣いが少なくて欲しいものが買えない

こちらは子供が自分のお小遣いが少なくて欲しいものがあるのに買えないため親に欲しいものを買って欲しいとお願いをした結果、「十分なお小遣いをあげているはず」と思っている親側と「これでは少なすぎる」と思っている子供の意見が衝突し喧嘩になるケースです。子供のお小遣いの基準はその家庭により様々ですが、子供は学校の友達のお小遣いなどを比較をして、周りの友達がこれだけお小遣いをもらっていれば自分も欲しいと思うのもですし、仲の良い友達が持っているものは自分も欲しいと当然思ってしまうものです。

しかし、そんな子供の気持ちなど親は知りません。もちろんその家庭に合ったお小遣い金額というものがありますし、家計が大変ななか子供の好きなだけのお小遣いをあげることはできませんよね。

子供のほうも、家の家計の事情などはまったく知らない世界ですので、それぞれの価値観と守るべきものの違いから意見が衝突しあって喧嘩になってしまうことがあるのでしょう。親の方は、子供がお小遣いで何を欲しがっているのか?で考えてあげるようにして、もしも「これを持っていたら周りの友達と一緒に遊べるから…」という理由があったりした場合には、子供も友達の輪の中に入れるようそのあたりは考慮してそのおもちゃだけを買ってあげたりすると良いと思います。

4.門限を守らない


子供が幼いうちは昼間に外で友達と遊んで、夜になったら家に帰ってくるという習慣はとても大切なことです。しかし、それがだんだんと中学校、高校と大きくなってくると「もっと遅くまで遊びたい」という欲求が出てくる子供もいるでしょう。

何時までに家に帰ってくるという門限を作ることで、はじめのうちは子供もそれをしっかり守っていたはずなのに、いつしかその門限を守らなくなることもあります。そのような場合、子供の身の安全を心配していた親は子供に大激怒することもあるでしょう。

たかが親子での約束でもありますが、それがときにとても大切なこともあります。また、最近はとても物騒ですのでとくに未成年の場合は遅くまでの外出や、1人での帰宅は本当に危ないと考えている親も多いでしょう。

「門限を過ぎたのに帰ってこない」と心配する親の気持ちを子供も少しは考えて、きちんと守ってくれたら親子喧嘩も減るのでしょうが、まだ子供のうちはその理解も乏しいかもしれませんね。門限を過ぎた場合でも一度家に連絡を入れて、その場合は迎えに行くなどの第2の約束を作るなどして、お互いに譲歩できる策を作っておくとよいでしょう。

5.ペットの面倒を見ない

幼少期のころに、子供のほうが自ら「うちにも犬がほしい」「猫がほしい」「ちゃんと自分で散歩も毎日するし、きちんと面倒見るから買って!」と親に頼んで親がペットを買ってあげるケースは非常に多いと思います。しかし、それがいつしか子供のほうも大きくなり自分にも友達ができたり、ペットよりも夢中になる趣味ができたりして、いろんな楽しい世界が広がっていきますよね。

そうすることで、はじめのうちはよくペットのお世話をしていたのに、だんだんと面倒をみなくなる子供もいます。そのころには親も仕事をしている場合も多いですから、親のほうもペットの面倒をみる時間がなく、子供についペットのことで叱ることが多くなります。そうすることで、それに反抗する子供との親子喧嘩が始まってしまうのです。

ペットが家族にいると、子供は面倒見がよくなったり、小さな動物に優しくなれたり、命の大切さなどを学び、教育にもとても良いものと思われていますが、このような状況になってしまうと、ペットにとってもとても可哀想ですよね。お世話を押し付けあったり、子供に強要したりするのではなく、親子で協力し合い楽しんでペットのお世話ができると良いと思います。

6.勉強をせず成績が悪い

親が子供を叱る場合でもっとも多いのが、おそらく学校の勉強のことではないでしょうか。学校のテストの成績や順位は、その後の子供の進路にも影響してしまうため、私生活のことと同じ様に慎重に考えている親は多いと思います。しかし、子供で勉強が好きだという人は少ないでしょう。

子供ならば机に向かって難しい教科書を読んで難しい言葉を覚えるより、好きな漫画を読んだりゲームをしたり、友達と遊んだりして楽しい時間を多くとりたいと思うものですよね。そのため、子供は親がしっかりと勉強をするようにしつけしないと勉強をしないことが多くなってしまいます。

勉強をせず成績が悪くなれば、その分親が子供を叱る時間が多くなり、それに反発する子供との親子喧嘩も自然と増えます。学生時代は勉学が生活の基本なので仕方がないことですが、子供のしたいこととやらなくてはならないことの指導をするのは親も大変ですよね。

成績が悪ければもちろん行きたい高校も好きに選ぶことができなくなったり、そうすることで将来子供がなりたい職業に就けなかったりと、子供の未来のためを思えば親は子供を怒らずにはいられないものですが、それで親子喧嘩が増えてしまうのは悲しいことです。子供が親のしつけを感謝することができるのは、子供が大人になってしばらくたってからのことになるので、その間の時間をどう親子で話をしていくのかが大切なのかもしれません。

7.仕事も勉強もせず家でダラダラしている

子供がもしも、仕事にも行かない、勉強もせず学校にも行かずダラダラと家で過ごしていたら、親はとても心配してしまいますよね。「このままでは引きこもりになってしまうのでは?」「一生定職に就けず、将来困るのはこの子なのでは?」と、子供の将来を心配するからこそ、家でダラダラ過ごしている子供と親はつい喧嘩になってしまいがちです。

子供からすれば今したいことをしたいだけという気持ちなので、親が口うるさく怒っている理由が分からないため反発するのだと思いますが、親は今すぐになんとかしたいと思っています。その考え方の違いから、意見の衝突が生まれ親子喧嘩に発展してしまうのです。

ページトップ