CoCoSiA(ココシア)

世帯主とは誰?実家暮らしの場合や一人暮らしの場合などパターン別に紹介


世帯主とは、住民票や確定申告の書類など、公的な書類でよく見かける言葉ですね。

世帯主に関連する言葉には、続柄という言葉もあります。

中には知っているようで知らないという人もいると思います。

今回はこの世帯主という言葉について、一体誰を指すのかや、人による生活形態別の使い方などについてお伝えします。

一見知っているようで知らない、しかしよく使う言葉である「世帯主」について、一緒に理解してゆきましょう。

申請書などで聞かれる世帯主

世帯主という言葉は、普段はめったに使わないでしょう。

友人同士の会話で、「お前って世帯主?」なんて質問はあまりされないはずです。

しかし、日本で生活していくうえで、世帯主という言葉は度々必要となります。

どのような場面で世帯主という言葉は必要になるのでしょうか?それは主に、申請書など書類において必要になります。

書類では世帯主を記入するものがあります。

特に国や市などの公的な書類には世帯主を記入する必要があるものが多くあります。

例えば、市などに何かの申請をする際に、世帯主を記入します。

誰が世帯主かあなたは知っていますか?

このように、ある種の書類を記入する際に世帯主の記入は必須になります。

ですので、自分が一緒に暮らす集団の世帯主が誰か、把握しておく必要があります。

間違えて書類に記載しては、その書類が通らなくなってしまいます。

誰が世帯主かは、しっかりと知っておくようにしましょう。

世帯主って誰?

世帯主を把握することは、市などに提出する公式な書類を書く上で必要であるとお伝えしました。

しかし、そもそも世帯主は誰になるかを知っていますか?世帯主について理解すると、申請書でも迷うことがなくなります。

まずは世帯主について理解して、その知識を深めましょう。

ひょっとしたらあなた自身が世帯主かも知れませんよ。

住居と生計を共にしている者の代表者

住居と生計を共にしている者の代表者
まず、世帯主の定義ですが、世帯主とは、同じ集団として、住居と生計を共にしている者の代表者のことです。

住居と生計を共にする者の代表的な集まりは家族です。

家族の場合、家族の代表者が世帯主になります。

多くの場合、住居や生計が同じ集団とは家族を指すので、家族の中で一番収入が多く、影響力が強い人が世帯主になることが一般的です。

通常は父親にあたる人物が世帯主になります。

住民票の世帯主の欄を見れば確認出来る

現時点で誰が世帯主かを確認する方法は簡単です。

自分の住民票を見ればよいのです。

住民票には世帯主の欄がありますので、そこを見れば誰が世帯主か確認できます。

住民票は市役所など、市町村の役場に行けば発行してもらえます。

もしも世帯主が分からない場合は役所で確認しましょう。

実家暮らしや1人暮らしの場合どうなるの?

人の暮らしの形には色々なものがあります。

実家暮らしの人もいれば、1人暮らしの人もいます。

世帯主は住居や生計を共にする者の代表者ですが、実家暮らしや1人暮らしではどのようにして決まっているのでしょうか?
ここでは色々な暮らしの形態別の世帯主を紹介します。

あなたに当てはまるものが、あなたと同じ生活形態での世帯主になります。

実家暮らしの場合

あなたが実家暮らしの場合、家族の誰かが世帯主になります。

父親が主に経済面で家族を支え、家も父親が建てたといえるケースでは、父親が世帯主でしょう。

あなたはこの関係上、父親が世帯主の家に住んでいる住民のひとりです。

長い間世帯主が変わっていないとすれば、その間に何回か世帯主を記載する必要があったはずなので、家族は誰が世帯主か把握しているはずです。

不安なら住民票を確認する

しかし、もし誰が世帯主か不安なときは、市役所などで住民票を確認すれば、確実に分かります。

最近では受付に行かずとも、住民票を発行してくれる機械に必要な情報を入力すれば、住民票を発行してもらえる役所もあります。