CoCoSiA(ココシア)

過干渉はどこから?やり過ぎな親の行動10選


過干渉という言葉をご存知でしょうか?

簡単に言うと必要以上に干渉をするという事です。

今回はそんな過干渉な親の行動であったり、やり過ぎな行動をいくつかお教えしたいと思います。

過干渉な親というのは基本的に知らずしらずのうちにしてしまうので、自分は大丈夫と思っていてももしかすると子供はその様に思っていないかもしれません。

今皆さんが子供に対してどの様に接しているのか、見直すことも大切になるでしょう。

過干渉とは

干渉というのは他の人に対して自分の考えを押し付けようとする事です。

過干渉は親に対して使う言葉がですが、どこまでが過干渉なのか、その境界というものがわからないですよね。

親は知らず知らずのうちにその様に行動をしてしまうこともあるかもしれません。

例えば子供が塾に行くのを嫌がるとしますよね。

その際にその塾に無理やり行かせたりする事も過干渉と言えます。

過干渉というのは自分の価値観で子供の行動を決めるような事を言うのです。

この様な行動をしているつもりはないけれど、知らず知らずのうちに多くの親が過干渉になっています。

そして、そうなるとなかなか子供は言い出せない事が多いのです。

子供というのは親の言うことを聞かないといけない時もありますが、本人がしたい事というのは必ずあると思います。

しかし、その事を親に言うと親はそれに賛同をしてくれないことが多いでしょう。

親は子供にこの様に育って欲しいという思いで育てているので、子供の思いを聞かないという親も多いのです。

この様なことは今の家庭では多くあり、それが子供が問題を起こしたりするというような事にも繋がるのです。

では、ここからは具体的に過干渉につてい説明していきます。

過干渉の意味

過干渉の意味を再確認しましょう。

「過干渉な親」というのは子供のやりたい事をしないようにしたり、嫌がっていることをやらせすぎたりすることを言います。

また子供の行動を全て決めてしまうというような事もあるでしょう。

簡単に言うと子供のことを全て親が決めるということです。

自由などが利かない、束縛されている環境になってしまうため、子供は不満を多く持ってしまうのです。

例えば泣いていてもそれが子供のためだと思い込み、泣いていることにかまわず無理やりさせ続けるというような事もあるのです。

厳しく育てる事にも繋がるかもしれませんが、それが過干渉になることを覚えておくようにしましょう。

ある対象に対し、必要以上に干渉すること

過干渉自体の意味はある対象に対し、必要以上に干渉することという意味でもあります。

それが親に対して使われることが多いというのは親が必要以上に子供に対して干渉をすることが多いという事からなのです。

なので過干渉と聞くと子供に対してという事を想像をする人も多いはずです。

それが今では問題となってしまっているからなのです。

昔は厳しく育てる事もありましたが、それが今では問題になっていることも忘れないようにしましょう。

過干渉というのは、やり過ぎな行動が原因にもなります。

親はそう思っていなくても、子供にとっては辛いものが多いということを忘れてはいけません。

過保護と過干渉の違いとは

ではそんな過干渉ですが、過保護との違いは何なのでしょうか?

過干渉が必要以上に干渉をする、子供のしたい事をしないようにするという事であれば、過保護はその逆になります。

子供の言うことを聞く、宿題などを親がするというような事を言います。

簡単に言うと自分の子供が可愛くて仕方なく、甘やかしすぎることを過保護と言います。

過保護な親というのは、基本的に子供のためならば何でも行動をするという事に対して、過干渉な親は、子供がダメだと思うことは徹底的にしつけをするというようなタイプです。

過保護と過干渉は似ていると思われがちですが、このような違いがあるのです。

どこからが過干渉?

ではそんな過干渉ですが、どこからが過干渉になるのでしょうか?

そんなつもりはなくてもふとやってしまうような事があるのではないでしょうか?

過干渉の境というのはとても難しいものですが、子供が親に対して過干渉が原因で、不満などを持ち始めてしまうとそれは既に遅いのです。

普段からどの様に接しているのか、普段はどの様に思っているのか、それぞれのことが重要になるでしょう。

自分の価値観で子どもの行動を決める

自分の価値観で子供の行動を決めてしまうのは過干渉になってしまいます。