大家族って、小家族で育った人からすればちょっとした憧れです。

でも大家族には、大家族で育った人にしか分からない苦労もあるものです。

もちろん、大家族だからこそ得られた喜びも…。

小家族、一人っ子で育った人からは想像もできない大家族での生活。

垣間見られるのは、TV番組で定期的に放映される、大家族を追った番組でだけ。

そこでさまざまな苦労と喜びの瞬間を見ることができますが、実際は見えない部分もいっぱいあるはずです。

今の時代は特に珍しい大家族。

今回は、そんな大家族の苦労やあるあるを調査してみました!

果たして大家族の苦労とは?この記事を読めば、昔ながらの日本の家族のカタチが分かります。

何人以上を大家族と呼ぶ?

TVでもよく特集が組まれる大家族。

家族のありのままの生活がのぞけるので、笑いあり、涙ありで心を動かされる人も多いですよね。

数年おきに家族を追っているので、まるで自分の家族のように成長を見守っている視聴者も少なくないのでは?

因みに、大家族の定義に明確なものは存在しません。

大人数の肉親が同居するのが大家族とされ、日本では主に“親夫婦+子の夫婦+孫”で構成される形が多いと言われています。

大家族は本来核家族ではないものを指すそうですが、TV番組で取り上げられる大家族では、“夫婦+子供大勢”のパターンが多いですよね。

また、中には“親夫婦+兄弟夫婦+孫たち(いとこ同士)”という大家族もいるようです。

実は筆者の友人がそう。

兄弟夫婦に子供が一人ずつなので大家族というイメージはありませんでしたが、よく考えれば大家族ですよね。

今の日本の認識で言えば、一つ屋根の下に多人数で生活を共にしていれば、大家族と言えるのでしょう。

さて、そんな大家族ですが、実際のところ、何人以上が大家族とされているのでしょうか?

7人以上だと大家族と認識する人が多い

大家族と認識される人数は、主に7人以上のようです。

“祖父母+夫婦+子供3人”のようなパターンもあれば、“夫婦+子供5人”のような核家族のパターンもあるでしょう。

親子4世代の“祖父母+夫婦+子供夫婦+孫”のような大家族もいるかもしれませんね。

アニメでは「サザエさん」

因みに日本の大家族と言えば、アニメでは『サザエさん』がまさにそう。

磯野家の波平さんとフネさん夫婦に、長女のサザエさん。

その下にカツオくんとワカメちゃんがいて、サザエさんの旦那のマスオさんに、子供のタラちゃん!

7人で同居しているのがサザエさんの家です。

ちなみに、サザエさんはマスオさんの姓フグ田を名乗っていて、合同家庭なんですよね。

今も昔も変わらずに、日本の家族像を示してくれているのがサザエさんの家です。

大家族は7人以上というイメージも、サザエさんの家のイメージが強いからなのかもしれません。

ドラマでは「フルハウス」

ドラマでお馴染みの大家族と言えば『フルハウス』です。

アメリカで制作されたドラマですが、日本でも1993年から放送され人気を博しました。

その後も度々再放送されているので、見たことがある人も多いはず。

そんなフルハウスは、ちょっと変わった家族のカタチでした。

はじまりは、舞台となるタナー家の妻が交通事故で亡くなってしまうこと。

そこから夫は子供を育てるため、親友と義理の弟に協力を依頼します。

母を亡くした3姉妹と、父親+協力者2人。

計6人が家族として成長していく物語ですが、その後も協力者の妻や子供、子供の友人などが加わっていきます。

アメリカらしい設定ですが、こちらも笑いあり涙あり、家族について考えさせられることあり!の内容で、ハートフルコメディとして日本にもファンが多くいます。

フルハウスを見ていた人は、「大家族と言えばフルハウス!」を思い浮かべるのかもしれませんね。

大家族で育った人の16個の苦労!


家族構成は様々ですが、ひとつ屋根の下生活を共にする大家族。

人数が多ければそれだけ苦労も多いのは当然のことでしょう。

人数分ない物は、譲り合いor取り合いをすることになるでしょうし、ひとつしかないものは順番待ち。

何をするにも時間がかかり、もちろんお金もかかります。

一家を支える大黒柱の父親、家族の生活を担う母親。

それぞれの苦労は想像するだけで大変さが理解できますが、大変なのは親だけではありません。

大家族の中で育つ子供だって、ひとりっ子の家庭にはない苦労があるのです。

もちろん苦労ばかりではなく、大家族で良かった点も多いはず。

ですが、それが分かるのも大人になってからでしょう。

やっぱり、苦労することのほうが多いと感じているのです。

小家族家庭で育つ人には知り得ない大家族での生活。

そこには、どんな苦労があるのでしょうか?

1.朝から晩までうるさい

朝から晩までうるさい!というのは、大家族あるあるでもあり、苦労することのひとつになっているようです。

大家族は7人以上だと考えれば、静かなはずもありませんよね。

いつも誰かが喋っているし、幼い子がいれば泣き声もあります。

幼い子は声のボリュームも大きいので、それは賑やかなことでしょう。

小家族に育った人でも、7人のグループで遊びに行くことを考えれば想像できるのではないでしょうか。

それが子供の頃だったとしたら?その賑やかさもある程度想像がつくと思います。

子供だと行動は自由だし、意見をまとめるのも大変!そんな賑やかな中に落ち着いてくる年頃の中高生がいると思えば、その苦労はいかほどかと…。

大家族の中にいたら「いつかこの家を出てやる!」なんて密かに決意を固めていそうですよね。

2.喧嘩は年中無休

賑やかな大家族では、当然のように喧嘩は年中無休。

いつも誰かが喧嘩して、親に怒られて、違う兄弟の喧嘩が始まって…と、喧嘩が多いのも朝から晩までうるさい原因になっているようです。

ひとりっ子なら、そもそも喧嘩する相手もいません。

2人兄弟でも、ひとつの喧嘩が収束すれば静かになります。

でも、そうはいかないのが大家族。

核家族の5人兄弟なら喧嘩する組み合わせも沢山できます。

同時にふたつの喧嘩が勃発することもあるでしょう。

幼い兄弟が喧嘩していれば歳が離れた長男や長女は「もう、うるさい!」と怒鳴りたくもなるでしょうし、怒られて泣き出す子もいるでしょう。

大家族の喧嘩は収集がつかなくなるのがお決まりのようなものなのです。

3.チャンネル争い

大家族では、テレビのチャンネル争いも当たり前です。

7人以上の大家族では、テレビもひとり1台というわけにはいきません。

お金もかかるので、大家族でもテレビは1台という家庭も多いでしょう。

たとえ2~3台テレビがあったとしても、それぞれがリアルタイムで見たいテレビを自由に見られる環境ではないのです。

年代も違えば見たいテレビも違うけど、チャンネル争いに負ければ、興味のない番組をイライラしながら見る…。

こんな戦いが日常茶飯事です。

見たい番組が見られないからと部屋にこもりたくても、自分ひとりの部屋がないことがほとんど。

いつも誰かが我慢を強いられる環境なのが、大家族なのです。

4.勉強する場所がない

大家族では、勉強する場所がないことでも苦労します。

子供部屋があったとしても、2~3人の兄弟で相部屋になることが多い大家族。

ひとりきりになれる部屋はなく、勉強に集中できる場所がなくて悩むことになるのです。

ひとりきりになれなくても静かな環境さえあれば良いのですが、人数が多ければ年齢もバラバラ。

受験を控えた子もいれば、幼い子もいます。

勉強に集中したくても小さい子のハシャギ声、泣き声、喧嘩する声…と、落ち着いて勉強することができません。

ただでさえ受験前は、焦りから精神的に不安定になりやすい時期です。

勉強する場所が確保できないことは、大きなストレスになりますよね。

そんなイライラから両親と喧嘩したり、兄弟と喧嘩したり…。

そうしてさらにストレスが増えていってしまいます。

ひとりっ子で親の期待を一身に浴びるのも辛いけど、勉強したくてもできない環境なことも辛いです。

大家族では、勉強ができないことでも苦労させられるのです。

5.家が汚い

大家族では、家が汚いことでも苦労します。

大家族は人数が多いので、それだけ荷物も多いです。

その荷物の多さも、家が整理できない原因のひとつですよね。

ただでさえ雑然としがちな大家族の家ですが、子供が小さいうちはさらに大変です。

小さい子は、部屋を散らかすのが日課のようなもの。

片づけても片づけても次々に部屋を散らかします。

もう収拾がつかなくなるので、いつの間にか整理整頓も諦め部屋は散らかり放題…。

となってしまう家庭も多いでしょう。

たとえ諦めていなくても、人数が多いということは、家の掃除や整理も少人数の家庭より倍以上の時間がかかります。

そのため、どうしても家が汚くなりがちなのです。

大家族の子供の夢といえば、「キレイな家で落ち着いて生活したい」ただひとつ。

これも、大家族で育つ苦労のひとつです。

6.洗濯機が回りっ放し


洗濯機が回りっ放しだというのも大家族あるある!これは、とくに母親が苦労する点ですよね。

1日に7人ぶん以上の洗濯物が出る大家族では、1日も洗濯をさぼれません。

雨が降っても洗濯機を回すしかないので、部屋中洗濯物だらけになることもしょっちゅうです。

とくに外で遊ぶのが仕事の小さな子がたくさんいると大変!1日1回洗濯機を回すだけでは足りず、2~3回に分けて洗濯機を回すことになります。

それだけ洗濯物があれば、洗い終わった洗濯物も山のよう。

たたむのも一苦労で、小さいうちから家の家事を手伝わされることも多いでしょう。

遊びたい盛りの子供時代は家事を手伝わされることも苦痛。

大家族に生まれた定めとはいえ、ひとりっ子家庭がうらやましく思ってしまうのです。

7.服はお下がり

大家族の家庭では、服はお下がりが当たり前です。

2番目、3番目の子は長男や長女のお下がりを着せられるので、ひとりっこ家庭の新品の服への憧れが強かったでしょう。

この点、長男や長女は比較的良い思いをしていたかもしれませんね。

とはいえ、長男や長女でも好きな服をいくらでも買ってもらえるわけではなかったでしょう。

最低限の服を着まわして、制服は親戚からのお下がりだったり、リサイクルショップが行きつけだったり…。

真新しい服をたくさん買ってもらえる家庭には、やっぱり憧れが強かったはずです。

そう考えれば、2番目3番目として育った子の苦労はいかほどかと思いますよね。

おしゃれをしたい年頃になれば、それが叶わない辛さをかなり味わったのではないでしょうか。

8.洋服が混ざる

洗濯物が多い大家族では、洋服も混ざってしまいます。

毎日大量に洗濯物がでるので、似たような服は誰のものかも分からなくなってしまいがちなんですよね。

だから気づけば、お気に入りの服を違う兄弟が着ていたということも…。

大家族に居れば、“自分のモノ”という概念すらなくなってしまうのです。

洋服が混ざるのは当たり前で、家族のものは自分のモノ。

「自分のがない」は通用しなくて、ここでも争いが起こるのです。

これをいいことに兄弟の服を自分のモノにしてしまう子も出てきて、もう収拾がつきません。

このように洋服が混ざってしまうのも、大家族で育つ苦労のひとつです。

9.月にカレーの日が多い

月にカレーの日が多いのも、大家族で育つ苦労です。

一気に大量生産できるカレーは、食事メニューとして使い勝手がいいものです。

おかずを何品も作らなくていいし、量も調整できるしと何かと便利。

安上がりのメニューとしても定番なので、大家族の食卓にカレーは定番なんですよね。

もちろん、子供が好きなメニューであることもカレーが多くなる理由のひとつでしょう。

そのため、大家族ではカレーの日が多くなってしまうのです。

カレーも美味しいけど…もっと違った料理が食べたい!というのは、年頃の子供の願い。

いくら美味しくても食べ飽きるので、おかずが豊富な食卓に憧れてやみません。

カレーに限らず、一気に大量に作れるメニューになりがちなのも、大家族で育つ苦労なのです。

10.料理の量がすごい

料理の量がすごいのも、大家族あるあるですよね。

人数が多ければそれだけ量も多くなり、いつも食卓は料理で埋め尽くされます。

でも好きなだけ自由に食べられるわけではなく、量は多く見えてもひとりが食べる量は限られているのです。

また、料理の量がすごいので盛り付けになんて気を遣っていられません。

食卓も雑然といて、上品な雰囲気はまるで無し。

食事を楽しむというよりも、各自がお腹を満たすことが優先になってしまいます。

だから大家族で育つと、ひとりっ子家庭の上品できれいな食卓に憧れるのです。

華やかな食卓に食欲をそそられ、お腹も心も満たされるような食事。

それが叶わないのも、大家族で育つ苦労ですよね。

11.好きなおかずはすぐなくなる

大皿メニューが並ぶ大家族の食卓では、量がすごくても自分の分の量は決して多くありません。

そのため、好きなおかずは取り合いになります。

ゆっくり食べていると食べたいおかずがすぐなくなってしまうのも、大家族で育つ苦労ですよね。

おかずの取り合いで喧嘩も勃発するし、それが嫌でも戦わないと好きなおかずが食べられないのです。

大家族で育つとハングリー精神は育つものの、やっぱり好きなものを自分のペースで食べられる少人数家庭に憧れてしまいます。

好きなおかずをゆっくり味わうこともできず、とにかく口に入れてしまうことが優先になりがちな大家族。

食欲は人の3大欲求の一つなだけに、食に関する苦労も多いのが大家族なのです。

12.食べるスピードが早くなる

好きなおかずがすぐになくなってしまう大家族で育つと、自然と食べるスピードも早くなります。

味わうよりおかずの取り合い!食べたもの勝ちなので、のんびり食事を楽しむ余裕はありません。

食卓に大量の料理が並んでいても、無くなるのはあっという間。

食事は数分間の出来事で、作る時間や片づける時間の苦労のほうが多いかもしれませんね。

いくら「ゆっくり噛んで食べなさい」と言われても、そんな悠長なことを言っていられないのが大家族です。

早く食べることが習慣となり、その食事の習慣は外でも、大人になっても染みついています。

友人などと食事をするときに「食べるの早いね」なんて言われることもあり、食事にがっつく自分が恥ずかしくなる…そんな経験も一度はしているのが大家族で育った人でしょう。

13.名前を間違えられる

名前を間違えられるのも、大家族あるあるです。

子供が多ければ親も間違えることがあるし、祖父母や親戚にも、いつまでたっても名前を間違われたりします。

兄弟が多くて歳も近く、似ているとどうしても…というのが大人の言い訳ですが、名前を間違えて呼ばれる当の本人は嫌な気持ちになりますよね。

悪気がないのは分かっていても、ひとりの人間として認めてもらえないような、兄弟ひっくるめて一緒くたにされているような…そんな気持ちになることもあるのではないでしょうか。

兄は兄、妹は妹、私は私。

ひとりの人間で兄弟姉妹とは違うのに、しょっちゅう名前を間違われてしまうのです。

分かっていても納得はできない!大家族には、そんな苦労もあるんですよね。

14.声がでかくなる

大家族では、声がでかくなるのもよくある話です。

周りが騒がしいので、自分の意見を通すには声を張らなきゃいけないんですよね。

そうやって大きな声でしゃべる人がいれば、負けないように他の人も大きい声になる…。

そうやって大家族は、どんどんうるさくなるのです。

大家族の中に居たら、引っ込み思案ではいられません。

声を上げないと注目もしてもらえないので、声を大きくするしかありません。

それでも注目してもらえなければ、もう叫ぶしかない時もあるでしょう。

声は小さいよりも大きいほうがいいかもしれません。

でも、女の子は声の小さい大人しい子のほうが可愛く見えたりもして、自分の声の大きさが嫌になるときもありますよね。

こんな悩みを抱えることになるのも、大家族で育った子の苦労のひとつなのです。

15.上の子が下の子の面倒を見ることになる

大家族では、上の子が下の子の面倒を見ることになるのも当たり前。

兄弟が多ければ末っ子と長男長女の歳は離れるので、長男長女が親代わりになっていたりもしますよね。

ただ、小学生くらいまでは親の役に立ちたいと一生懸命になれても、中高生になり友達との付き合いが増えると大きな負担になってきます。

「なんで私が!?」なんて、親と喧嘩した経験がある人も少なくないのでは?

上の子が下の子の面倒を見るのは大家族あるあるですが、上の子の苦労は大きいでしょう。

その分しっかり者にはなると思いますが、子供の時はもっと子供らしく居たいと誰もが思うもの。

大家族に生まれたばっかりに親代わりをさせられるのは、大家族で育った人の苦労のひとつなのです。

16.末っ子より孫が年上

末っ子より孫が年上になることがあるのも大家族です。

兄弟が多ければ、一番上の子と末っ子の歳の差が20歳近く離れることもあるのが大家族。

実際、筆者の父親が長男と20歳近く歳が離れています。

かろうじて孫が父より年上にはなっていませんが、長男の子供(筆者のいとこ)は、筆者よりも父とのほうが、歳が近いんです。

ですので、筆者はいとこの子供と同世代。

たまにどっちがいとこか分からなくなります(笑)

筆者のパターンでもちょっと困惑してしまうのですから、末っ子より孫が年上になるのは複雑ですよね。

大家族には、こんな苦労もあったりするのです。

大家族で育ったメリット

苦労やあるあるネタが尽きないのが、大家族で育った子供たち。

ですが、もちろん大家族は苦労ばかりではありません。

大家族で育ったメリットだってたくさんあるんです。

大人数で生活を共にしたからこそ手に入れることができた強さや喜びは、少人数家庭では経験したくても経験できないものです。

育つ過程では苦労ももちろんありますが、社会に出てからは、大家族で育った経験が生かされることのほうが多かったのではないでしょうか。

では、大家族で育った子供にはどんなメリットがあるのか、さっそくご紹介していきます!

小さなことは気にしない

大家族で育つと、小さなことは気にしないようになります。

大人数の中で揉まれて育ったため、いちいち小さなことにこだわることが出来なかったのですが…大人になれば、それで良かったと思えるようになるのでしょう。

大家族では、小さなことから大きなことまで、日々様々な事件が起きます。

我慢を強いられることも多いし、自分の想い通りに行かないことばかりです。

でもそれが結果的に、多少のことでは動じなくなる強さとなって表れるんですよね。

大家族を出た後は、社会というもっと大きな組織の中で揉まれることになります。

その中でも、同じように思い通りにいかないことはたくさんあるのです。

ものすごいスピードで変化していく社会の中では、自分のこだわりをじっくり追求する暇もありません。

ひとりっ子だと社会の中に馴染めないこともあるでしょうが、大家族で育った子は社会の中でも動じずに生き抜いていく力がすでに身についているのです。

小さなことは気にしないというのは、大きなメリット!大家族で育ったからこそ身に付いた生きる術なのです。

騒音に寛容

騒音に寛容になれるというのも、大家族で育ったメリットです。

日々騒がしい大家族の中で生活してきたので、むしろ騒音があるのが自然なくらいなのかもしれませんね。

最近では子供の声まで騒音と言われ、幼稚園と近隣住民とのトラブルも多いと言われていますよね。

待機児童が社会問題となっていますが、その解消が進まないのも、幼稚園建設に反対する住民の声がひとつの原因だと聞きます。

筆者の知り合いの地域では、子供が外で遊んでいるだけでクレームが来るそうです。

そのため、夏に外で手持ち花火を楽しむこともできないと…。

大家族に育たないまでも、近所で子供の声がするのは当たり前の風景でした。

誰だって子供の頃は同じようにはしゃいだはずですが、今の社会は神経質な大人が多いですよね。

そんな中、大家族で育った人は騒音に寛容。

近所の子供の声がうるさいとクレームを言う人の気持ちは、まるで分からないのが大家族で育った人なのでしょう。

多少の騒音があっても自分のことに集中できる能力も身についているので、騒音はまったく気にしないでいられるのです。

これも、大家族で育ったからこそのメリットですよね。

集団生活にすぐ慣れる

集団生活にすぐ慣れることが出来るのも、大家族で育ったメリットです。

大家族で育った人は、日常が集団生活のようなものです。

家族間ではプライバシーも何もないし、何をするにも順番。

何をするにも譲り合い(時には取り合い)です。

そんな環境で育ったからこそ、学校で、社会で、集団生活をする機会があると、慣れるのもあっという間です。

大人数の中で寝るのも、誰かと一緒にお風呂に入るのも、抵抗なくすることが出来るのです。

それがひとりっ子だと、集団で生活するということがどういうことが分かりません。

家では自分一人の部屋があり、すべてが自分の思い通りになる環境。

お風呂に入る時間も、テレビを見るのも自由なので、人と行動するやり方が分からなかったりします。

集団生活をする機会って、誰にでも一度はありますよね。

そんなとき、その環境にすぐ慣れることが出来るのは得なこと。

大家族で育ったメリットなのです。

自立心が早くから育つ

大家族で育つと、自立心が早くから育ちます。

自分だけを構ってもらえることがない大家族では、少し大きくなれば親のサポートがなくなります。

次の子が生まれれば親は小さい子が優先。

自分もまだ幼い状態でも、親が何でもやってくれることはないのです。

その分上の子が下の子を面倒見るのですが、それもいつまでも続くわけではありません。

自分が大きくなれば下の子の面倒を見なければならないからです。

そのため、大家族では自然と自立心が芽生えます。

親に甘えるのは小さいうちだけで、小学生にもなれば自分のことは自分でやるようになるのです。

中学生になれば自分が親のように、高校生になれば進路も自分の考えで…と、少人数家庭より成長スピードは速いんですよね。

社会人になってからようやく自立するのとは違い、社会に出るときにはもうすっかり自立した大人になっています。

自立することは、大人になる過程で必ず必要です。

それは早いほうが良くて、社会人になっても自立できない人は社会で孤立していきます。

自然と自立心が育つ環境だったのは、大家族で育つ大きなメリットなのです。

物事をシェアするのが上手

物事をシェアするのが上手になるのも、大家族で育つメリットです。

大家族で育つと、“自分のモノ”という概念がありません。

洋服はお下がりが当たり前であるように、モノはシェアするのが自然なこと。

テレビのチャンネルだって、上手に譲り合うようになっていきます。

喧嘩しても、最終的には譲り合いで仲直りします。

そうしているうちに、物事のシェアの方法も身についているんですよね。

自分のわがままだけを通すのではなく、ただ我慢するだけではなく、お互いに納得できる形を模索する。

シェアという最も争いの少ない方法が自然と出来ているのです。

これも社会に出ると、メリットに感じられる部分でしょう。

人付き合いをする上で、シェアはとても効率的だからです。

ひとりっ子はよくワガママだと言われますが、やはりシェアの経験がないからですよね。

シェアするのが上手な大家族で育った人は、社会に出ても人や環境に順応していけるのです。

中立の立場が上手

中立の立場が上手なのも、大家族で育った人です。

大人数で生活していくと、おかずの取り合い、テレビのチャンネル争い、喧嘩…と、日々争いが勃発します。

自分が当事者になることもありますが、当事者以外はその喧嘩を止めるのが日常です。

ですので、中立の立場で物事を収めることも出来るんですよね。

それも、どっちの気持ちも分かるからこそ、中立にもなれるのだと思います。

社会に出ても、人との争いは起きるものです。

そんなとき、その場を丸く収めることが出来る人はヒーロー的存在です。

大家族で育つと、みんなから頼りにされる存在にもなれるのです。

中立の立場になることが自然と身についていることも、大家族で育ったメリットなのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大家族の苦労やあるある、そして大家族で育つメリットをご紹介しました。

今の日本では少なくなった大家族。

でも、だからこそかけがえのない経験が出来るのも大家族なのでしょうね。

身近に大家族で育った人がいたら、話を聞いてみると面白いかもしれませんよ♪