いつも優しくてあったかいおばあちゃん。

そんなおばあちゃんが大好きという人も多いのではないでしょうか。

そんなおばあちゃんに日頃の感謝を込めて何かしてあげたいと思っている人の為に、今回はおばあちゃんにしてあげると喜んでもらえる事についてまとめてみました。

おばあちゃん孝行してますか?

最近おばあちゃんに会ったのはいつ頃だったか覚えていますか。

子供の頃は夏休みやお正月など、家族で里帰りをしておばあちゃんに会いにいっていたのに、同居をしていたり、近所に住んでいない限りは大人になるにつれてだんだんその機会も少なくなってしまうものですよね。

これからもっと長生きしてもらう為にも、たまにはおばあちゃん孝行をしましょう。

きっと心から喜んでくれるはずです。

おばあちゃんにしてあげると喜ぶこと17個

とは言え、一体どんな事をしてあげたらおばあちゃんは喜んでもらえるのでしょうか。

感謝の気持ちを込めて、高価な贈り物をしてあげるのも良いですが、お金を掛けなくてもおばあちゃんが心から喜んでもらえる事は案外たくさんあるものです。

ここからは具体的におばあちゃんにしてあげると喜ぶ事についてご紹介します。

同居してるならたくさん声をかける

もしおばあちゃんと現在同居しているという人は、それだけしてあげられる事は増えますよね。

それも簡単に今すぐできる事もあります。

例えば、おばあちゃんになるべくたくさん声を掛けるだけでも良いのです。

せっかく一緒に住んでいるのですから、積極的におばあちゃんに声を掛けてあげるようにしましょう。

特に耳が遠くなってしまったおばあちゃんはいつも一緒にいる家族から時にはイライラさせてしまう事もあり、それが原因で疎外されてしまう事もあります。

その結果、わざと聞こえたふりをしたり、自分の部屋に閉じこもってしまう事で、うつや認知症になってしまう事もあるのです。

人間は誰でも年齢とともに体の衰えは仕方がない事です。

こちらから声を掛ける事は、そんなうつや認知症の発症を予防する効果もありますので、家族全員でサポートをしましょう。

「おはよう」や「おやすみ」

例えば「おはよう」や「おやすみ」などといった一日の生活の中でありふれた挨拶は、当たり前のようで意外と忘れてしまいがちな事だったりするものです。

単純な事ではありますが、同じ家族として生活をしているのですからきちんとおばあちゃんにも挨拶をするようにしましょう。

ただの挨拶に見えても、おばあちゃんはきっと自分も家族の一員だという事を実感して嬉しいと感じてくれるはずです。

「行ってきます」や「ただいま」

学校や仕事で家を出る時や帰宅した時にも「行ってきます」や「ただいま」の挨拶を忘れないようにしましょう。

こちらも当たり前の挨拶ではありますが、長い間一緒に暮らしていると、つい何も言わずに家を出入りしてしまいがちです。

おばあちゃんには関係ないなどと思わずに、元気に挨拶をする事を心掛けましょう。

おばあちゃんも自分の孫や子供の事が出かけている間は気になりますし、帰りの事も心配しているのです。

話を聞いてあげる

おばあちゃんの話は長い、説教されているような気分になるからと言ってのけ者にしてはいけません。

おばあちゃんはそれだけ長い人生経験を経ている分、話には深みがあるのであって重みではないのです。

それに、おばあちゃんにだってたまには愚痴や話したい事があるのです。

他愛のない話でも構わないので、おばあちゃんの話を聞いてあげましょう。

それだけでもおばあちゃんにとっては嬉しい事だったりするものです。

体調を気遣ってあげる

年齢を重ねれば誰でも体調にも悪い影響が出てくるものですよね。

おばあちゃんはそんな自分の体調の事を、周りの家族に気を遣って迷惑を掛けないように我慢している事もあるのかも知れません。

そんなところも家族が気遣ってあげればきっとおばあちゃんは喜んでくれるはずです。

家族全員で体調をサポートをしてあげる事で、おばあちゃんはもっと長生きできるでしょう。

電話をする

おばあちゃんと同居していない人や、近所に住んでいない人は普段おばあちゃんと話す機会がありませんよね。

おばあちゃんは自分の子供や孫と会いたい時もありますが、わがままだと思ったり、かえって気を遣わせはしないかと思っているのかも知れません。

色々と、おばあちゃんなりに電話をしづらい事情もあるので、たまにはこちらからおばあちゃんに電話をしてあげましょう。

少しでも自分の子供や孫の声が聴けるだけでもおばあちゃんは嬉しいと感じるものなのです。

例えば「今何してたの?」と近況を聞いてみたり「最近寒くなってきたけどそっちは大丈夫?」などと、体調を伺ってみるだけでも意外と話は出てくるものです。

何を話したら良いか分からないという人もあまり深く考えず、まずは電話を掛けてみましょう。

テレビ電話だとなお良い!

最近では携帯電話やスマートフォンを使いこなすおばあちゃんも珍しくありません。

できれば自分の好きな子供や孫の声だけでなく、顔も見たいと思うものです。

そんな時こそ、テレビ電話機能を使いましょう。

遠方でなかなか普段は会いに行く事ができない人も、テレビ電話ならお互いの顔を見ながら電話をする事ができるので喜ぶだけでなく、きっとおばあちゃんも安心するでしょう。

メールを入れる

最近では高齢の人でも電話だけでなく、メールやLINEも使いこなせてしまいます。

もし、携帯電話やスマートフォンを持っているのであれば、おばあちゃんにメールを送ってあげましょう。

話す事が無くても「久しぶり、元気にしてますか?」と簡単な事で構いません。

おばあちゃんはそれだけで嬉しいですし安心するのです。

更に自分や家族が写っている写真を添付して送ってあげると近況が伝わって尚喜ばれるでしょう。

元気な姿を見せる

何と言っても自分の子供や孫が会いに来てくれるのはおばあちゃんにとって喜ばしい事です。

一緒に住んでいない人も、たまには休日などを利用しておばあちゃんに元気な姿を見せてあげましょう。

少しの時間であっても、元気な姿を見るだけでおばあちゃんは安心します。

突然訪ねるだけでも、おばあちゃんには大きなサプライズプレゼントになります。

きっと笑顔で迎えてくれる事でしょう。

普段あまり顔を合わせていない分、嬉しさはとても大きいのです。

直接会いに行くのが難しい場合は、写真を送ってあげるだけでもおばあちゃんは喜んでくれるはずです。

一緒に飲む

成長した姿を見せる為にも、おばあちゃんとたまには一緒にお酒を飲むのも良いかも知れません。

おばあちゃんは自分の子供や孫が生まれた時から良く知っている人物です。

そして、おばあちゃんの記憶の中にはまだ幼かった頃の子供や孫の事が焼き付いています。

大人になった子供や孫と一緒にお酒を飲めば、そんな思い出話も飛び出して、きっと盛り上がる事でしょう。

但し、おばあちゃんにあまり深酒をさせないように注意してあげて下さいね。

一緒にご飯を食べる

大人になれば、仕事や学校などの都合で家族揃ってご飯を食べる機会も少なくなってしまう事もありますよね。

ご飯を一人で食べているというおばあちゃんも、もしかしたら何も言わないだけで、本当はさみしいと感じているかも知れませんよ。

毎日は無理だとしても、たまにはおばあちゃんも一緒に家族でご飯を食べましょう。

一緒にご飯を食べているだけでも、家族の顔が見る事ができるので、おばあちゃんはホッとしますし、何より大勢でご飯を食べる方が美味しいと感じるものです。

手紙をあげる

おばあちゃんに何かしてあげたいけれど電話掛けたり、直接会いに行くのがちょっと照れくさいと感じる人はおばあちゃん宛に手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

普段会いに行けない分、手紙でおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えたり近況を報告してあげる事で、きっとおばあちゃんは喜ぶはずです。

一緒に写真も同封して送ってあげるのも良いかも知れませんね。

電話やメールとは違ったサプライズプレゼントとなるでしょう。

誕生日

おばあちゃんが何歳になったか覚えていますか。

誕生日は幾ら年を重ねても特別な日に変わりはありません。

いつも長生きしてくれているおばあちゃんの誕生日に合わせて、手紙を送ってみてはいかがでしょうか。

もしかしたら自分の誕生日を忘れてしまっているかも知れないおばあちゃんも、お祝いの手紙が届いたらきっと喜ぶはずです。

もし、自分に子供がいるのであれば是非おばあちゃん宛に書かせてあげましょう。

おばあちゃんやおじいちゃんにとって自分の孫は何より大好きなはずですから、お孫さんお手製の手紙が届いたら心から喜んでもらえるはずです。

敬老の日

敬老の日は長年にわたり社会に尽くしてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う日です。

普段おばあちゃんと会えないという人も、年に一度の敬老の日くらいは思い出す人も多いのではないでしょうか。

せっかく思い出したのですから、いつも優しく見守ってくれているおばあちゃんをねぎらう為に手紙を書いてあげましょう。

尚、敬老の日に手紙を送る際に悩んでしまいがちな「ありがとう」と「おめでとう」という言葉ですが、敬老の日は感謝という意味であると同時に、長寿を祝う意味もありますので、どちらの言葉を使ってもマナーとして問題ありません。

好きな言葉を使い、後は自分が素直に思っている事をメッセージにしてみましょう。

お祝いとして花束やお祝いの品も一緒に送ればきっと喜んでもらえるでしょう。

プレゼントをあげる

せっかく何かをしてあげたいと思うのであれば、おばあちゃんの喜びそうなプレゼントをあげようとは思いませんか。

おばあちゃんが以前から欲しがっていたものや、あったら便利とおもいものなど、何をプレゼントしようかあれこれ考えるのも楽しいものです。

ここからは具体的におばあちゃんが喜びそうなプレゼントについてご紹介します。

お洋服

おばあちゃんは幾つになってもやっぱり女性なのです。

そんなおばあちゃんにいつまでも若々しくなってもらう為にも、お洋服をプレゼントしてあげてみてはいかがでしょうか。

とは言え、普段おばあちゃんの洋服を買った事が無くて、どこで探したら良いか分からないという人は、シニア向けの洋服が売っているショップや、通販などをチェックしてみましょう。

おばあちゃんが着ていて楽ちんな上着やパンツが豊富にあります。

特に、高齢で腰が曲がってしまっているおばあちゃんは、着ている洋服によっては歩く時などに、背中やお尻が見えてしまう事がありますが、シニア向けの洋服は上着の丈が長めになっているタイプがあるので安心です。

農作業や料理をしているおばあちゃんにも便利なもんぺや割烹着などもありますよ。

デザインや柄も落ち着いた雰囲気のものや可愛らしいものもあるので、おばあちゃんに似合う洋服がきっと見つかるでしょう。

せっかくプレゼントするのですから、おばあちゃんにずっと着てもらえるような素敵な洋服を選んであげましょう。

高齢になるにつれて歩く事がだんだん辛くなってしまいがちなおばあちゃんの為に、素敵な靴をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

散歩が好きなおばあちゃんにもぴったりなウォーキングシューズや、おしゃれでフォーマルなパンプスや、軽くて蒸れにくいサンダルなど、シニア向けでも様々な種類の靴があります。

また、山間の地域などに住んでいるおばあちゃんには、雪が降っても安全に歩ける防水ブーツなども喜ばれるかもしれませんね。

シニア向けには見えないくらいおしゃれなデザインの靴も多く、通気性や伸縮性もあるのでおばあちゃんにも安心して履く事ができます。

、おばあちゃんにお気に入りの靴をプレゼントしてあげる事ができたら、ショッピングや散歩に出掛けるのがもっと楽しいと感じてくれるでしょう。

カバン

おばあちゃんにとってもカバンはお出かけする時に必須アイテムです。

できればカバンも使いやすくておしゃれなものをプレゼントしてあげたいものですよね。

そんなおばあちゃんにもぴったりなカバンも探してみると色々見つかりますよ。

例えば、ショッピングなどに出掛ける時など、カジュアルな洋服にもよく合うトートバッグやハンドバッグなどもおしゃれなデザインのものがありますし、高級ブランド品のカバンもあります。

機能性を重視して、手に持たない肩掛けタイプのバッグや、旅行が好きなおばあちゃんにはスーツケースなども良いかも知れませんね。

また、普段からよく着物を着ているおばあちゃんにもぴったりなデザインのカバンもありますし、化粧品や小物を持ち軽くのに便利なポーチなどもありますよ。

他にもシニア向けのカバンはたくさんあるので。

おばあちゃんの好みに合わせて選んであげましょう。

周りのお友達からも羨ましがられるような素敵なカバンをプレゼントしてあげればもっとお出かけするのも好きになるかも知れませんね。

ブランケット

ブランケットは手軽な割に何かと便利なアイテムなので、持っていて困る事はありません。

秋や冬は勿論、朝方など少しだけ寒いと感じる時もブランケット一枚あるだけでかなり寒さをしのぐ事ができます。

膝に掛ける使い方以外にも、マフラーのように肩にかけたり、冷えやすい足下に置いたりなど色々な使い方ができるのも良いですよね。

おばあちゃんはお出かけも好きですが、部屋でゆっくりと本を読んだり、お茶を飲んだりするのも好きなのでブランケットはきっと喜ばれるアイテムです。

おばあちゃんにも軽くて使いやすいブランケットがありますし、吸水性の高い素材でできているブランケットは寒い日だけでなくても、ちょっとお昼寝をしたい時にも便利です。

素材や大きさなども色々なブランケットがあるので是非チェックしてみて下さいね。

お花

女性の贈り物の定番ではありますが、おばあちゃんにお花をプレゼントしてあげてみてはいかがでしょうか。

シンプルに花束を贈るだけでも良いですし、最近では水やりをする必要が無いプリザーブドフラワーがおばあちゃんのプレゼントとしても人気にもなっていますし、枯れる心配のないドライフラワーも花束になっているものもありますよ。

他にも、花束と一緒にお菓子をセットにして贈ったり、お花と一緒に大好きなおばあちゃんにメッセージを伝えられるフラワー電報なども良いかも知れませんね。

また、うっかり注文をするのをわすれてしまったという人も、即日で配送サービスをやっているフラワーショップもありますので、間に合わないからといってあきらめずに探してみて下さいね。

勿論、フラワーショップでお花を買わなくても、花束やフラワーアレンジメントを手作りしたものをプレゼントするのもアリです。

きっと愛情が伝わる事でしょう。

お菓子

甘くて美味しい和菓子やおせんべいなど、おばあちゃんが大好きなお菓子をプレゼントしてみるのもおすすめです。

お菓子は幾つ年を重ねてもやっぱり美味しいと感じるものです。

せっかくなので、できるだけ上質で美味しいお菓子を選んであげましょう。

有名店のどら焼きや餡蜜などの和菓子や、バウムクーヘンやクッキーなどの洋菓子なども好きなおばあちゃんには喜んでもらえるはずです。

お茶とセットで贈るのも良いですね。

また、お子さんがいる家庭なら、親子で手作りのお菓子を作ってプレゼントするのも良いでしょう。

肩たたき

肩たたきと言えばおばあちゃんへの定番のプレゼントですよね。

自分が幼い頃におじいちゃんやおばあちゃんに肩たたきをしてあげたように、自分の子供におばあちゃんの肩たたきをさせてあげてみましょう。

孫が大好きなおばあちゃんはきっと喜んでくれるはずです。

手作りの肩たたき券を作れば、孫もおばあちゃんも会話をする機会が増えますし、肩たたきを通じてコミュニケーションを取る事もできるので一石二鳥です。

ディズニーランドに連れて行く

ディズニーランドに親子で訪れる人も多いかと思いますが、おばあちゃんを連れて3世代ディズニーランドを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ディズニーランドではサポートが充実しているのでお年寄りの人でも安心して家族と一緒に楽しめる事ができますよ。

家族みんなで夢の国でたくさん遊んで、おばあちゃんに良い思い出をいっぱい作ってあげましょう。

帰ってきた後もディズニーランドで撮影した写真やおみやげなどの楽しみもあるので、おばあちゃんもきっと喜んでくれるはずです。

車椅子が借りられる!

ディズニーランドではバリアフリーになっており、車椅子をレンタルする事が可能です。

また、車椅子に乗ったままでも楽しめるアトラクションや鑑賞できるショーなどもあります。

事前に予約をしていれば、レストランも並ばずに利用できるので、歩き回ったり長時間待たなくても大丈夫です。

ディズニーランドは人混みの中を歩くのが辛いというおばあちゃんでも安心です。

おばあちゃんでも大丈夫なアトラクションはたくさん

パーク内にはおばあちゃんでも安心して乗る事ができるアトラクションもたくさんありますよ。

また、レストランではメニューも子供からお年寄りまで豊富に取り揃えてあるので、家族みんなで食事をできます。

万が一、パーク内で体調が悪くなってしまった場合でも、救護室が設けてあるのでキャストに声を掛けるだけで連れて行ってくれるので安心です。

温泉に連れて行く

おばあちゃんを連れて温泉旅行に行くというのはいかがでしょうか。

ゆっくりと温泉に入れる旅館やホテルなどへ家族旅行をすれば家族との絆も深くなり、おばあちゃんにとっても一生の思い出になる事でしょう。

宿泊先によって、シニア向けや子供向けなどの部屋やサービスが異なるので、予約する際は事前に確認をしておくようにしましょう。

家族みんなが一緒に温泉を楽しむだけでなく、温泉に来たついでに近くの観光スポットなどを巡るのも良い思い出となります。

敬老の日や、おばあちゃんの誕生日などに合わせれば温泉旅行そのものがプレゼントとなりますし、宿泊先でサプライズプレゼントを用意しておくのもきっと喜んでくれるはずです。

悩みを相談する

おばあちゃんっ子な人にとっては、もしかしたらおばあちゃんが一番の相談相手という人もいるのではないでしょうか。

また、両親が共働きだったという人は幼い頃におばあちゃと一緒に過ごす機会が多かったという人もいるのではないかと思います。

そんな時の事を思い出して、おばあちゃんに悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

聞き上手なおばあちゃんは自分の子供や孫の話を聞くのが大好きなのです。

そして、おばあちゃんは長い人生の中で色々な体験をしてきました。

それだけに言葉には深みがあります。

普段は同世代の人たちと話す事が無いという人は、おばあちゃんに話を聞いてもらいましょう。

仕事や人間関係で落ち込んでしまった事など何でも構いません。

もしかしたら今まで思いつかなかった事をおばあちゃんが教えてくれるかも知れませんよ。

恋人の話をする

もし、自分に恋人いるという人はおばあちゃんに話をしてみてはいかがでしょうか。

今自分がどんな相手と付き合っているのか、人柄や性格などを教えてあげる事でおばあちゃんも安心するはずです。

まだ幼かった自分の孫が成長した事を実感できますし、恋人と仲良く付き合っているという事を知れるのは何より嬉しいと感じるでしょう。

また、恋人との話はデリケートなものなので、場合によっては普段仲の良い友人や家族には話せないような事もありますよね。

そんな時もおばあちゃんに相談をしてみましょう。

きっとおばあちゃんなら他人に喋ったりはしません。

何より、おばあちゃんは孫から相談をされるのが嬉しいのです。

そうやって二人だけの秘密を作れるのも、おばあちゃんの特権かも知れませんね。

幸せな結婚をする

おばあちゃんにとって自分の可愛い孫が幸せな結婚をする事は何より嬉しいプレゼントです。

結婚をする事を報告すればきっと喜んで祝福してくれるでしょう。

結婚式に招待してあげる事ができれば、おばあちゃんが楽しみにしていた孫の晴れ姿をその目で見る事ができます。

それこそがおばあちゃんの長年の願いであり、最高のおばあちゃん孝行と言えるでしょう。

孫の顔を見せる

おばあちゃんはとにかく孫が大好きです。

これから出産を予定している人は、是非おばあちゃんにも可愛い孫の顔を見せてあげましょう。

自分の孫が何より可愛いおばあちゃんですから、きっと心から会いたがっているはずですよ。

遠方に住んでいてなかなか孫を見せに行ける機会がなかったり、入院中で寂しい思いをしているおばあちゃんにはせめて孫の写真を送ってあげましょう。

プリントして送ってあげる事で家の写真立てに入れたり、普段から持ち歩く事もできますし、携帯電話やスマートフォンに画像データとして送ってあげれば待ち受け画面に設定できます。

直接会いに行けなくても色々な方法があるので是非試してみましょう。

おばあちゃんも孫の顔を見ればきっと元気になってくれます。

長寿祝い

日本には長寿を祝う風習があり、年齢によって種類があります。

還暦のお祝いで赤いちゃんちゃんこを贈るのは有名ですよね。

元々、長寿祝いは数え年で祝う事とされています。

最近では満年齢で長寿を祝うケースが多いようですが、60歳の還暦祝いに限り、数え年60歳及び満年齢60歳で祝う事となりますので注意しましょう。

ここからは主な長寿祝いの種類についてご紹介します。

還暦(かんれき)

還暦とはその名の通り、暦が還るという意味です。

満60歳で丁度、干支が一巡して生まれた年の干支に戻ってくる年齢になったという事になります。

元々は中国にあった古い言葉であり、日本では奈良時代の頃から長寿を祝う風習が始まるようになったと言われています。

また、古くから赤い色は魔除けとされていた為、赤いちゃんちゃんこや頭巾などを贈るようになったのだとか。

干支が一巡した事で、人生の再スタートを切るという意味もあり、益々長生きして欲しいという願いも込められそうですね。

尚、昔とは違い、現在では満60歳を迎えていても、まだまだ現役で仕事ができる人もたくさんいるので、赤いちゃんちゃんこはあまり喜ばれない事もあるようです。

その為、最近では赤い色の洋服や小物、ネクタイなどを贈るケースも多いというのも頷けますよね。

古希(こき)

古稀とも呼ばれ、70歳(満69歳)を迎えた時のお祝いです。

遥か昔、中国の唐にいた詩人杜甫(とほ)が作った曲江詩(きょっこうし)の中に70年生きる人は古くから稀であるという詩が由来となっていると言われています。

現在ではそれほど珍しくありませんが、当時は70年も生きる事は大変珍しいとされていたのです。

また、古稀祝いでは紫色をした物を贈る事が一般的とされています。

紫色は日本でも古くから風格や気品を表す色とされていました。

聖徳太子でも有名な、冠位十二階の最高位の色も紫色をしており、現在でも紫色の衣を身にまとう事ができる僧侶が最高位である証にもなっています。

喜寿(きじゅ)

喜寿は77歳(満76歳)を迎えた時のお祝いであり、日本が発祥と言われています。

その意味とは「喜」という草書体が「㐂」となり、上の七という字と、下が十七に見える事から合わせて七十七と読み、77歳を喜寿のお祝いとしたそうです。

尚、喜寿祝いも古稀同様、紫色の物を贈る事が良いと言われています。

傘寿(さんじゅ)

傘寿は80歳(満79歳)を迎えた時のお祝いです。

傘の略字を縦書きにして読むと八と十という字に見えるので、80歳を傘寿として祝う事になったと言われています。

また、八という字は縁起が良いと言われており、末広がりな物はこれから先もだんだん広くなっていくという意味として、古くから日本や中国で言い伝えられていました。

傘寿祝いでは、紫色や金色の物を贈る事が多いようです。

米寿(べいじゅ)

米寿は88歳(満87歳)を迎えた時のお祝いです。

米というを分解してみると八十八という字に読める事から、88歳を米寿として祝う事になったと言われています。

現在日本では男性で約80歳、女性で87歳が平均寿命と言われているので、ここまでくると長寿と言えますよね。

米寿では主に金色、黄色、金茶色などの贈り物が多いようです。

おばあちゃん、長生きしてね!

これまでおばあちゃんしてあげると喜んでもらえる事についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

最近あまりおばあちゃんと会っていないという人も、これを機におばあちゃん孝行をしてみてはいかがでしょうか。

孫が大好きなおばあちゃんはどんな時でもきっと温かく迎えてくれるはずですよ。

いつも優しく見守ってくれるおばあちゃんにもっと長生きしてもらうよう、家族で孝行できそうな事について色々とアイデアを出し合うのも楽しいものです。

大好きなおばあちゃんが心から喜んでもらえる事をたくさんしてあげられると良いですね!